山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月

『アタリ』がうれしいものだと改めて気づかせてもらった

atari_gattai01.jpg
ファミマのアタリ棒と包紙のアタリ説明



小腹がすいたときなどコンビニの惣菜コーナーをよく利用する。中華まん、コロッケ、アメリカンドックなど手軽にお腹を満たしてくれるので重宝している。コンビニよってラインナップが少々違うし、味も多少ながら違うのでそれぞれ楽しんでいるのだが、よく行くのはファミマである。

理由をいつも考えるんだが、セブンを避けている理由だけはハッキリしている。ラインナップが貧弱で、量が少なく、値段が高いからだ。それでいて味も他所とさほど変わらないため、おのずと選択肢から外れているんだと思う。じゃあ、ファミマに行く理由を考えるとよくわからない。ローソンとファミマはセブンより惣菜に力をいれている印象があるんだが、ローソンよりファミマにいく。きっとローソンの店舗が少ないからだろう…。

で、先日もファミマに立ち寄って「鶏つくね棒」を買って食べたんだが「アタリ」が初めてでた。そう、ファミマの串系惣菜(ジャンボフランク、アメリカンドック、鶏つくね棒は棒にアタリ刻印がされていたらもう一本もらえるというウレシイ遊びがついているのだ。このことは包紙にかいてあるので知っていたのだが、自分が当たるとは思ったこともなく、刻印された文字を見ても最初は何のことかわからなかった。

鶏つくね棒1本130円だったか…。社会人になった当方としてはたいした金額ではない。それでも、ただでもう一本もらえるというシステムに興奮できる自分がまだいる。ただ、当たったあとアタリ棒をカウンターにもっていくのは些か抵抗ががある。いい歳をした人間が当たり棒をもってカウンターにいく姿を想像したときに恥ずかしくなってしまうのだ。


アタリ棒を記念品として所持するか、使うか、しばしの葛藤後、結局交換してもらうためにカウンターにいったんだが、ただでもらったつくね棒はやはり美味しかった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

鳥取県大山町 伯耆大山(弥山) [夏山登山道ルート] 2017/03/19


雪の伯耆大山弥山


3連休の中日の日曜日、天気が良いということで鳥取県大山にいくことにした。出発は前日の10時、下道を休憩しながら延々と走り、午前5時過ぎに到着。登山口に一番近い駐車場は既に満車。スキー場の駐車場に駐車して1時間ほど仮眠。7時過ぎに夏山登山道から山頂を目指した。

2017daisen_winter01.jpg
登山口付近からみる大山北壁の景色

2017daisen_winter07.jpg
夏山登山道登山口

2017daisen_winter06.jpg
雪に埋もれたお地蔵様


積雪は約2mあり雪山を楽しむのには充分。雪は踏み固められていて、アイゼンを使用しなくてもいけそうだったので、避難小屋まで使用しなかった。天気がいいので人出がスゴク、少々嫌気がさしたが仕方がない。寝てない状態で登っていたわけだが思いのほかどうということもなく歩けた。

2017daisen_winter02.jpg
迫力の大山北壁

2017daisen_winter03.jpg
山頂へと続く尾根筋

2017daisen_winter04.jpg
ようやく山頂山小屋がみえてきました


途中からみえる北壁の景色はいつもながら圧倒される。が、不思議なほど感動がなくつまらなく感じた。天候は最高、風もなく、雪質も恵まれていたにも関わらず面白くないのだ。その気持ちは山頂についても変わりがなく写真や動画を撮り終えるとサッサと下山することにした。

2017daisen_winter05.jpg
山行一行

2017daisen_winter09.jpg
山頂避難小屋

2017daisen_winter13.jpg
山頂付近からみる夏山登山道


いつもいくモンベルショップにもいかず、温泉にも入らず、とにかく早く帰りたい気分だったのだ。というわけで遠征時に大山に行くことはしばらく控えることにした。

2017daisen_winter10.jpg
剣ヶ峰方面の景色

2017daisen_winter11.jpg
弥山山頂に人が固まってる

2017daisen_winter12.jpg
大山の尾根筋は綺麗だ


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 はあと農園 2017/03/20

2017heartfarm01.jpg
コンビニを改装した店舗


愛用のダウンハガー(シュラフ)が破れたのでモンベルに発送。帰り寄ったのが「はあと農園」である。ここの存在はオープン時から知っていたのだが、立ち寄る機会がなくこの日を迎えることになる。空き店舗として放置されていた旧コンビニを改装してつくられた喫茶店のような店舗は手作り感が漂い今時のカフェとは一線を画す。

2017heartfarm02.jpg
不揃いだが甘くて美味いイチゴがどっさり


裏手にあるイチゴ農園が運営していて、いちご狩りの受付も兼ねているようだ。いちご農園の出店だけあってメニューはイチゴだらけであり、イチゴ好きにはたまらない店舗である。注文したのは「いちごたっぷりパンケーキ 680円」と「いちごサイダー」である。出来栄えはプロというより素人っぽいのだが、その名に恥じないタップリのイチゴ、生クリーム、ボリュームあるパンケーキとこれでもかとイチゴが楽しめる。そうそう、パンケーキかけるソースもたっぷりのイチゴソースである。

2017heartfarm03.jpg
イチゴの味がちゃんとするサイダー(よく混ぜて飲むこと)


イチゴサイダーもたっぷりのイチゴジャム?を使用しているので本物のイチゴの風味を楽しめるのがよい。変に気取ってなく、ゆっくりとイチゴを楽しめるので個人的にすきな空間だ。ただし、いちご狩りにきている団体さんと出くわすと店舗が人でごった返してしまい、たちまち落ち着きのない空間になるのが玉に瑕か。

2017heartfarm04.jpg
手作り感タップリ・成長の余地ありで楽しみ


とにかく、いちごを純粋に楽しみたいかたにはお薦めのお店であると思う。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県防府市 右田ヶ岳 [招魂場→西峰経由ルート] 2017/03/11


右田ヶ岳の招魂場ルートを西峰経由にて


ダンダン暖かくなってきました。適度の冷たさが山登りにはちょうどよい季節です。この日は天気がよいので展望が優れた右田ヶ岳に向かいました。実は先日、アクションカメラを買い替えました。いや、先日といっても1ヶ月以上経過しているのですが、すでに随分と撮影しています。

2017migita_shokon_nishi_gps01.jpg
勝坂バス停を出発し、招魂場へ向かいました


以前のものはHDとはいえ720で、新規購入品は4K(30FPSとはいえ…)で撮影できます。さすがに4Kは現実的でないので1080(60FPS)で撮影します。それでも以前に比べて画質は綺麗です。細かいレポは機会があればするとして、登山レポにもどります。今回はあまり一般的ではない登山ルート「招魂場[招魂場]ルート」から山頂を目指します。

2017migita_shokon_nishi02.jpg
招魂場は墓場の奥を登った場所にあります

2017migita_shokon_nishi03.jpg
こんな標識があります

2017migita_shokon_nishi01.jpg
忠魂碑と石船山


このコースは下右田地区にある忠魂碑のある場所と登山口にするコースで天徳寺ルートと合流するまで人がほとんどいないのが魅力です。天徳寺ルートと合流するとすぐに西峰コースに入る分岐があるのですが標識等は特になく迷い込んだら西峰にきていたという話もよく聞きます。

2017migita_shokon_nishi04.jpg
相変わらず良い展望です


このコースは少しだけ危ないので筋力のない人は気をつけて登ってください。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山陽小野田市 本山岬公園 くぐり岩 2017/03/12


海の写真には音が必要な気がする


山登りにもボチボチいっているのですが、整理に時間がかかっているため、お手頃のやつを1つ。先日、干潮持に良いタイミングなので山陽小野田市の本山岬公園にあるくぐり岩に出かけてきました。山陽小野田市では景勝地として名高い「本山岬」ですが訪問するのは初めてです。

2017motoyamamisaki_kuguri05.jpg
駐車場から海岸まで約1分


10台ほどの駐車スペースがあり海岸まで徒歩1分です。くぐり岩は海岸線を少し歩いた場所にあり満潮時は行くことができないので潮見表で確認しての訪問をお薦めします。波で浸食された奇岩は奇門ととしてそびえ立っています。ナカナカいいじゃあないですか。前から後ろから遠くからと一通り見学したあと、夕焼けをバックに撮影して終了です。

2017motoyamamisaki_kuguri01.jpg
浸食された海岸線が面白い

2017motoyamamisaki_kuguri04.jpg
西部石油の貯蔵タンクが見える

2017motoyamamisaki_kuguri02.jpg
西側から遠目にくぐり岩をみる

2017motoyamamisaki_kuguri03.jpg
夕日をバックにしたくぐり岩はよい


さすが景勝地。夕焼け写真を撮ろうとシャッターを切る人がけっこういました。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ