山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

山口県山口市 Kitchen COTATSU 2017/10/22

2017kitchencotatsu02.jpg
『キッチンこたつ』は道沿いにある小さなお店

2017kitchencotatsu01.jpg
肩ひじ張らないイタリアンレストランです


ちょっと前のお話。山口市にあるイタリアン『Kitchen COTATSU(キッチン こたつ)』にいってきました。店舗は湯田温泉街へと続く国道沿いにあります。店内は狭くカウンターと座敷で20名座れるかどうか…。この日は生憎の雨で客足が鈍いのか座席に余裕がありました。メニューにあると必ず注文するミートソースがあったので注文。

2017kitchencotatsu09.jpg



サラダは『こたつのサラダ』というなまえだったかな?をチョイスしでてくるのをまつ。まずはサラダが到着。焦しベーコンが香ばしい。続いてパスタ。上に半熟たまごがのっているのが特徴。水分が適当にあり肉肉しさがあるソースで卵と絡めると旨みが増す感じ。ボロネーゼと絡めて食べたいのでガーリックトーストを注文。ミートソースとガーリックトーストは相性がよい。

2017kitchencotatsu03.jpg
ミートソース

2017kitchencotatsu04.jpg
半熟卵がポイント

2017kitchencotatsu07.jpg
ガーリックトースト

2017kitchencotatsu05.jpg
フレッシュトマトとモッツアレラチーズのピザ


2017kitchencotatsu06.jpg
薄皮生地とチーズが旨い


これだけだと少し足りないので『フレッシュトマトとモッツアレラチーズのピザ』を注文。トマト好きな当方からしたら、もう少しトマトの風味がほしいかな。そして、デザートは『みかんのプリン』だったっけ。これは、連れが注文したものを試食。みかん感が少し足りない感じはしたかな。車なのでノンアルコールビールを飲んだんだが、最近のノンアルビールは侮れないほどおいしくなったな…。

2017kitchencotatsu08.jpg
みかんのプリン


雰囲気がいい店だから、同じ値段なら変わった店で食べたいというときのチョイスとして面白いお店だと思います。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

広島県廿日市市 [ラーメン] とりの助物語 廿日市梅原店 2017/11/04

2017torinosuke01.jpg
とりの助物語廿日市梅原店


最近、仕事も休日も雑用で忙しいので山登りにいけないのでネタはなし。しばらく、食べ物ネタが続きます。先日、広島県の三倉岳にいった帰り、とりの助物語というラーメン屋に立ち寄りました。国道2号線沿いにあるので以前から存在はしっていたのですが訪問するのは初めてです。

2017torinosuke02.jpg
名物鶏そばが一押しメニューのようだ


このラーメン屋は鶏をベースにした鶏白湯スープが特徴。ラーメン屋にしては大きな店構えで『でかいラーメン屋に旨い店なし』という勝手な思い込みのもと避けてきた経緯があります。店内は外観でイメージするほど広くなく座席数は40程でしょうか。注文したのは『名物鶏そば』。この店の一押しらしくメニュー表でも一番大きな取り扱い。

2017torinosuke03.jpg
各種調味料

2017torinosuke04.jpg
無料の漬物4種


無料の付け合わせは漬物4種でラーメンの薬味というより『ごはんの友』といった感じで少し残念。程なく出てきたラーメンはスープがとても美味しそう。具はしっとりチャーシュー、シナチク、ネギ、焦がしニンニク、そして水菜。盛り付けを丁寧にしたらより美味しく見えると思うんだがもったない。

2017torinosuke05.jpg
何故か見た目が美味そうに感じだ

2017torinosuke06.jpg
鶏スープは美味しかった


味は豚骨とは一線を画すなめらか濃厚アッサリスープで個人的にグー。あとで調べるとバリ馬を展開しているウィズリンクが運営しているのですね。個人的にはバリ馬よりこちらの味のほうが好みですね。主に中国地方で展開されているお店のようで、山口県ではゆめタウン徳山店に出店しているようです。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県宇部市 [ラーメン] 湾岸ラーメン食堂 2017/10/21

2017wanganramen01.jpg
湾岸ラーメン食堂外観


宇部市の湾岸道路入口にある『湾岸ラーメン食堂』にいってきました。以前はカレー屋だった場所を居抜きでオープンしたお店です。注文は食券を購入するスタイル。お薦めメニューが『湾岸ラーメン』だということは分かるだが、なんの説明のない食券スタイルだと迷うことがある。また、混雑時は焦る。メニュー数が少ない店ならよいがこの店は迷うほどメニューが多い。

2017wanganramen02.jpg
食堂らしく調味料は豊富

2017wanganramen03.jpg
ご飯を頼むとおかわり自由


なんとか食券を購入。席に座って見渡すとどうやらご飯を注文するとおかわりは無料の案内がある。注文したのは湾岸ラーメンのチャーシュー麺。普段はチャーシュー麺は頼まないのだが、この日はなんとなく食べたくなった。昼時間を過ぎていたのでさほど人がおらず、待たされることなくラーメン到着。

2017wanganramen04.jpg
背油系だがアッサリスープ

2017wanganramen05.jpg
チャーシューはしっトロしている


具は、丸いしっとり系チャーシュー、煮卵、シナチク、ネギ。スープは見た目ほどコッテリしていないのでドロ系が苦手な人でもギリギリセーフかな。ラーメンをプロデュースしたのは『ユタカ』らしいが、よくありがちな味で他店との違いが分かりづらいのが少し気になる。まあ、ラーメンだけでなく定食もあったりするので近隣のサラリーマンが昼食で使いやすいかもしれない。


次回は違うメニューを食べてみるかな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

広島県大竹市 三倉岳 [Bルート周回コース] 2017/11/04


三倉岳『Bルート周回コース』全行程


3連休の初日は私用で外出不可。2日目からは雲仙にいくか広島方面にいくか検討。下山後、アシックスショップにより、足サイズの計測とフォームのチェックに行いたいからとの理由で広島方面に決定。で、目的地を大竹市の『三倉岳』にした。このお山は登山者だけでなく、ロッククライマ―にも有名な場所で当日も多くの来訪者が駐車場やキャンプ場で幕営していた。

2017mikuradake01.jpg
素晴らしい山容の三倉岳

2017mikuradake03.jpg
駐車場にあった使われていないクライミングウォール


このお山の特徴はなんといっても外観。三叉槍のような三つの尖ったピークを持ち、それぞれ、朝日岳、中岳、夕日岳と呼ばれている。山の風貌を美しく見たいのなら『三倉岳休憩所』にいくべきである。山麓にある休憩所から三倉岳全貌をみたら必ず登りたくなると思う。

2017mikuradake04.jpg
休憩所に向かう途中の坂道にある『Bコース起点』

2017mikuradake05.jpg
10分ほどでA・Bコース分岐に到着する


現地到着は7時過ぎ。休憩所への道は午前9時までは封鎖されているので、県立自然公園駐車場に車を停めた。10台ほど駐車してあったが、そのすべてが前日からの泊まりらしかった。ストレッチを軽く済ませて早速出発する。道路沿いの楓は赤く染まりスッカリ秋の装いになっていた。このあたりは標高が高いせいか色づきが早いように感じ。

2017mikuradake06.jpg
稜線に向かう途中にある展望所からの朝日

2017mikuradake07.jpg
朝日岳・中岳稜線鞍部分岐標識


休憩所に向かって歩いているとBコース起点とかかれた標識があったのでそちらに進路をとった。あとから分かったことだが、休憩所からBコースに向かうこともできるので、一旦、休憩所に立ち寄って登山を開始することをお薦めする。休憩所からみえる山をみて登りはじめた方が俄然やる気がでると思う。


2017mikuradake10.jpg
朝日岳展望所大岩

2017mikuradake08.jpg
朝日岳からみる中岳・夕日岳方面の展望

2017mikuradake09.jpg
朝日岳からみる自然公園方面の展望

2017mikuradake11.jpg
ちょっと分かりづらい『中岳』に向かう途中にある鎖場


コースは各所に適切に標識があるし、道もよく整備されている。一部、足場が悪い場所や鎖場などもあるがそれほど恐れる場所はない。稜線に到着するまでは急な登りが続きますが、踊場のような場所が所々用意されていたり、展望所で一息できる工夫がなされている。

2017mikuradake12.jpg
中岳ピークの大岩

2017mikuradake13.jpg
中岳からみた夕日岳方面の展望

2017mikuradake14.jpg
中岳からみた自然公園方面の展望

2017mikuradake16.jpg
夕陽岳に向かう途中にある鎖場


コースはA・Bコースがあるが、多くの人がいっているようにBコースから登ってAコースで降りてくる周回コースをお薦めする。このルートがこのお山の面白さをお手軽に楽しめるコースだと思う。当方も今回、このお薦めコースを歩いてみた。今回は登山開始が早かったため、下山完了直前まで人に会うことはなかった。

2017mikuradake17.jpg
夕陽岳ピーク

2017mikuradake18.jpg
夕陽岳から三倉岳三角点ポイントへの展望


コースはまずは稜線まで一挙に登り、『朝日岳』に立ち寄り、『稜線分岐』までもどり『中岳』へ向かう。中岳への道中、名物の『鎖場』を楽しもう。『中岳』は3峰のなかで一番展望が開けており、ピークの岩場で休憩するのは大きな楽しみの1つになるだろう。鎖場は中岳から『夕日岳』に向かう途中もある。ピーク感は15分もあれば移動できるのではないだろうか?

2017mikuradake19.jpg
崩壊が進んでいる9合目小屋跡

2017mikuradake21.jpg
三角点ポイント方面からみた『夕陽岳』

2017mikuradake20.jpg
三倉岳三角点ポイント


3峰を楽しんだあとは、三倉岳三角点ポイントに向かう。夕日岳から一旦下った場所に9合小屋跡がある。潰れるがまま潰れて自然に帰ろうとしている小屋の姿が痛々しい。この9合目小屋跡から下山できるので、三角点によらず下山する人も多いらしいが、三角点好きな当方としては立ち寄らないわけにはいかないので当然のように三角点に向かって登りを選択する。

2017mikuradake22.jpg
Aコース5合目にある『見晴岩』

2017mikuradake23.jpg
Aコース4合目にある三倉岳案内板


三角点ポイントは展望が一切ないので三角点好き以外が立ち寄らないのもわかる。撮影だけしてとっとと9合目小屋跡まで戻ると、あとはひたすら下りのコースをひたすら歩く。5合目に展望大岩があるようですが当方はスルーして下山を続けます。結局、4合目小屋まで勢いで降りてきてそのまま下山完了。

2017mikuradake02.jpg
もうじき見頃を迎える紅葉


カメラの電池交換以外の休憩もほとんどとらなかったので2.5H程度で山行が終わってしまいました。もう少し、ゆっくりすればよかったと思いましたが、これから広島市街に向かうため結果的によかったのですが…。いい具合に足は使うし、さほど時間もかからないし、展望はいいし、山容もいいし、人気があるのも頷けます。機会があればまた登ってみたいお山ですね。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県宇部市 UBEビエンナーレ27 2017/11

2017ubebiennale01.jpg
UBEビエンナーレ27


宇部ときわ公園で10月1日から開催しているUBEビエンナーレの様子を少しだけご紹介します。第27回になる今年のビエンナーレ277点の応募作品の中から選ばれた18点の野外彫刻と40点の模型作品が展示されているようです。個人的意見ですが今年は前回と比べて粒ぞろいだと思います。

2017ubebiennale02.jpg
UBEビエンナーレ彫刻の丘説明

2017ubebiennale03.jpg
UBEビエンナーレ彫刻の丘説明全景


宇部市は「花とみどりと彫刻のまち」がテーマの街づくりをしていますから、巷に彫刻が溢れているわけです。普段は車窓からアチコチある彫刻を空気のように見てるのですが、ビエンナーレになると入賞した作品を見学しにときわ公園に出かけます。昔は彫刻なんてものに税金をかけてなんの意味があるんだと思っていましたが最近は少し気持ちに変化が生まれてきています。


■作品たち(お気に入りを抜粋)


2017ubebiennale04.jpg

2017ubebiennale05.jpg

2017ubebiennale06.jpg

2017ubebiennale07.jpg

2017ubebiennale08.jpg

2017ubebiennale09.jpg

2017ubebiennale10.jpg


宇部市のいいところは彫刻を大切にしてるところです。いまだに何十年も前の彫刻がどこかにあったりする。子供のころみた彫刻も修復を重ねいまだに元気に街中のどこかに存在してたりする。そういったものをみて自分勝手に盛り上がったりできるのです。そういった長くつきあってるものは所有物でも少ないし、行政が真面目に管理してくれたら7歳のときみたものが80歳になっても残ってるかもしれない…。

そういった思い出が街中に残ってるのはなんとなく幸せなんじゃないかなと思ったりするのです。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ