山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月

福岡県宇美町 難所ケ滝の大氷柱(氷瀑) 2017/01/28


宝満山の難所ヶ滝(河原谷)の大氷柱2017


福岡県太宰府市にある宝満山の北にある仏頂山。その仏頂山の北西の中腹斜面に難所ヶ滝があります。滝といっても普段は岩盤をチョロチョロと水が滴る程度のモノですが、1・2月の厳冬期になると水が凍り氷柱や氷瀑になります。今年は先週のドカ雪で雪が積もったうえ、天候が悪く、気温が低かったおかげで氷柱が出来ている可能性が高い。

2017nanshogataki01.jpg
エレガントな感じの難所ヶ滝の氷柱


また、翌日は雨の予報で、雨ならば氷柱は確実に溶けてしまう。ということで重い腰を上げて出発することにした。難所ヶ滝に行くには宇美町の昭和の森キャンプ場を登山口にして宝満山へ向かうルート「河原谷コース」からいくのが一般的だ。キャンプ場には午前8時頃到着したが都合のよい駐車場は既に満車に近かったが何とか無事駐車できた。

2017nanshogataki03.jpg
見頃から過ぎた感じ


普段ならそれほど大したコースではないのだろうが、この時期は人が多く(それも団体で…)、残雪もあり、尚且つ踏みしめられて凍っているので足元が滑りやすくなる。ほとんどの人は軽アイゼンをもってきているので問題ないのだが、慣れない人が未装着者の場合、迷惑以外の何物でもなくなる。

2017nanshogataki02.jpg
今年はこれで終わりかな…


かなりのスローペースで目的につくとお目当ての氷柱がシッカリと残っていた。これでも1月上旬に比べると3割くらい落ちているようだ。それでも、充分満足できるレベルだ。多くの人が氷柱の大きさに驚きと喜びを感じているようで歓声があがっていた。当方はもう少し興奮するだろうと思っていたのがそれほどでもなかったことが残念でたまらなかった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

福岡県福岡市 博多もつ鍋 一慶 西中洲店 2017/01/14

horumon_ikkei01.jpg
店舗外観


福岡編も今回で最後です。糸島をあとにして宿泊地の中洲でチェックイン。夕飯はホルモン鍋でも食べたいとフロントで良い店を聞くことにした。そこで紹介されたのが「博多もつ鍋 一慶」である。紹介してもらわなければ決して足を踏み入れないようない裏手のビルの2階に目的地はある。

horumon_ikkei02.jpg
ホルモン鍋(しょうゆ味)


入店すると店員に予約の有無の確認をされたが「していない」とにこやかにいうと、2時間でよければという返事が返ってきた。店内はほぼ満席で、このあとも予約が入っているのだろう。案内されたのは小さな個室で他のオープン席よりくつろげる。で、ホルモン鍋や牛タンやオチャケを飲んでいたらすっかり撮影を忘れていた。

とりあえず食べる前の写真だけは撮っておいたのでアップしておく。味は出汁が少し塩辛い感じがして、つくづく今日は辛目の店にぶつかる日だなと実感してしまった。次は水炊きを食べることにしてお店をあとにした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

福岡県糸島市 ごはん屋 格(イタル) 2017/01/14

gohan_itaru01.jpg
イタルの外門


意気消沈で牡蠣小屋をあとにした。とにかく、お口の中を上書き処理したいと思い牡蠣小屋で隣人が話していた糸島プリンなるものを探すことにした。調べると、糸島プリンとは「まいにちの塩」なる塩を使用しているそれは美味しいプリンらしい。とはいえ、糸島牡蠣にやられた余韻が残るなかでこの選択は間違いないのか…。

gohan_itaru02.jpg
喫茶のくぐり戸


まあ、時間もさほどないので選択の余地はない。場所も幸い近くだしナビに任せて向かうことにした。場所は市街から少し離れた田畑の中の一軒家だ。どうやら古民家を改装しているらしい。家の前に何台か駐車してあるのですぐにわかった。邸内には3つの建物があり、喫茶室、売店、食堂で構成されている。

gohan_itaru03.jpg
ごはんと喫茶は時間帯入替方式であるようだ


食堂は昼食時間と夜間、間の時間を喫茶として営業しているようだ。入口はくぐり戸、わざと便利の悪いくぐり戸にしている。中に入ると高い天井にむき出しの梁、石造りの土間、磨きこまれた廊下、暖かい炎があがる薪ストーブ。こうなると、食事も俄然期待してしまいます。

gohan_itaru04.jpg
花塩プリン

gohan_itaru05.jpg
濃厚なプリンにかわいいクッキーがのってます


飲食は居住区の居間だった場所ではないだろうか…。畳敷で中央にあった襖を取っ払い大広間にしたうえ、広めの卓袱台を10個ほどおいてある。敷いてあるのは座布団ではなく、厚めのクッションで座るにもよし、枕にするのもよし、広いのでイロイロと使えそうだ。席からは庭が見えて落ち着く。

gohan_itaru06.jpg
珈琲


メニューにはお食事・甘味・飲み物の項目があり、花塩プリンとコーヒーを注文した。透明のガラス製カップに1/3ほど入ったプリンは赤黄色で市販のプリンより色が濃い。中央にはクリームと魚の形をしたクッキーが添えてある。まずはクッキー。うん、普通のクッキーだ。そして、プリン。うん、おいしいプリンだ。いや、大変美味しいプリンだ。

実は、プリンだけでは物足りなかったので、ぜんざいも注文したのだが、そのぜんざいが絶品でありました。お店が近くにないのがとても残念です。このお店のおかげで牡蠣の上書き処理が完全完了。心置きなく宿泊施設を探すこともできるし、移動することもできそうです。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

福岡県糸島市 糸島牡蠣小屋 岐志漁港 大黒丸 2017/01/14

itoshima_kakigoya10.jpg
大黒丸外観


先の牡蠣小屋が美味しくなかったのでリベンジのつもりで訪問したのが、同漁港にある大黒丸です。選んだ理由は全小屋のなかで一番人がいたからです。これが、同調行動効果なのか、人気店だからなのか、いざ挑戦です。今度は牡蠣を1㎏のみ注文して様子をみることにします。

itoshima_kakigoya12.jpg
貸出の汚れ除けジャンパー


程なく牡蠣がやってきました。牡蠣は前の店より大きく感じます。牡蠣は見た目では大きさくらいしか見分けがつかないので殻が開くまで分かりません。というか殻が開いてもさほどわかりません。というわkで、焼けたので食べてみます。先程の店舗と比較すると生臭さは減ったものの、塩辛さや味そのものの本質は変わりません。

itoshima_kakigoya11.jpg
メニューは各店舗微妙に違います


周囲を見てもこの牡蠣を美味しいそうに食べています。よって、ここの牡蠣はこんなものだと結論づけました。個人的には広島牡蠣のほうが圧倒的に牡蠣の旨み・甘さがハッキリしていて美味しく思えます。まあ、食べなれてるからなのかもしれません。まだ、結論を出すには早いかもしれませんが、ここの牡蠣は当方からみたら汐辛く美味しく感じない一品であるようです。

itoshima_kakigoya13.jpg
牡蠣の値段はどこも同じ、味もあまり変わらない


美味しいものは万国共通というのは誤りなのでしょうか…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

福岡県糸島市 糸島牡蠣小屋 岐志漁港 恵比須丸 2017/01/14

itoshima_kakigoya01.jpg
これが岐志漁港の牡蠣小屋群だ~(=゚ω゚)ノ


糸島牡蠣といえばカキの季節になるとニュースで取りざたされる有名牡蠣小屋スポットである。福岡県の北西部にある糸島半島付近の海域で養殖された牡蠣のことを主に糸島牡蠣といい、牡蠣小屋は漁港に所属している漁師さんを中心に営業されているようだ。漁師さんが営業している、即ち、新鮮な牡蠣を食べることができるというわけで期待も高まるわけです。

itoshima_kakigoya04.jpg
店内はよく見る牡蠣小屋といった感じ…


そんな糸島牡蠣小屋ですが、点在している5つの漁港にそれぞれ牡蠣小屋があり最初はどこを選べばいいかわからないものです。そこで、ネットのランキング情報から選んだ岐志漁港にある「恵比須丸」を最初のターゲットにしたわけです。山口から現地まで高速道路で約3時間で到着。13時到着時には駐車場には多くの車があり期待に胸躍ります。

itoshima_kakigoya02.jpg
でっかい大漁旗が糸島漁師の証です


岐志漁港には13の牡蠣小屋が並んでいて店舗数は全漁港中最大のようです。なぜこの漁港を選んだかというと、もし、お目当ての店が満席でもこれだけ店舗があればどこかで食べれるだろうと思ったからで。「恵比須丸」は駐車場から一番近くにあり、店先には呼び込みの人がいます。店内を少し覗くと「あれ…、人がいない」。ある人気投票で2位の店舗の「恵比須丸」なのにこんなに少ないの…。

itoshima_kakigoya03.jpg
メニューはこんな感じ

itoshima_kakigoya08.jpg
とりあえずお薦めの恵比須丸セットを注文


少しの不安がよぎったが、昼の時間も少し過ぎておりお客が少ないんだろうと気にせず入店することにした。店内に入るとまずは汚れを防ぐジャンパーを貸してくれる。ジャンパーは店によって個性があるようだ。それから席に案内される。大抵のお店は炭火焼で炭料をとる店ととらない店がある。

itoshima_kakigoya07.jpg
テーブルには軍手、割りばし、ナイフの三種の神器が置いてある。


二酸化炭素中毒防止のため隙間が設けているため風が強い日は隙間風が入り寒い。注文は店員に薦められた「恵比須丸セット」を注文する。セットの牡蠣飯と牡蠣汁を食べていたらお目当ての牡蠣と海鮮類がでてきた。牡蠣の焼き方は、平の面を下にして2~3分焼き、反対にして口があくまで待つ。カキ殻は大きく中も期待できる。

itoshima_kakigoya06.jpg
セットの牡蠣飯と牡蠣汁

itoshima_kakigoya05.jpg
そして、牡蠣とその他海鮮類


パカと口があき、プリンプリンの牡蠣ちゃんとご対面。早速、口に入れる。「なんだ、これ」、「汐辛く、生臭い」、あーたまたまハズレをひいちゃったのねともう一つ食べてみる。美味しくない…。一緒に来ていた連れも美味しくないという。よく焼くとなんとか食べれるが口を開けた程度で食べるともう無理です。食べれません。

itoshima_kakigoya09.jpg
でも、美味しくはありませんでした(´;ω;`)

わざわざ、こんな場所までこんなものを食べに来たと思うと気持ちが落ち込みます。食べ物でこれほどカッグリきたことは久しぶりです。このまま、帰るわけにはいきません。牡蠣小屋はいくらでもあります。他所の美味しい牡蠣を食わずして山口県に帰ることはできません。というわけで早々に移動を開始しました。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ