FC2ブログ

山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2019年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年02月

初のぼり

2020miyajima01.jpg
2020miyajima02.jpg
朝も早いのか人はそれほどいない


初日の出登山は爆睡していて行けませんでした。時々こんなことがあります。今年は連れが行きたいというので、それなら宮島に初詣もかねていくかということになり「弥山」にいくことにしました。渋滞が嫌なので早朝に出発。宮島口には8時半に到着しました。駐車場もまだまだ空きがあり、いつもの場所に駐車してフェリーで宮島に向かいます。

2020miyajima03.jpg
2020miyajima04.jpg
大鳥居は改修中。霊火堂で白湯を飲む


正月も4日ともなれば早朝の参拝客はそうでもない。厳島神社もこのときは並ばずに入れてました。まあ、下山すると大行列になってたんですがね…。コースは例年どおり「紅葉谷コース」を利用する。見知ったコースですが、暗闇を歩、くことが多いのでそれなりに新鮮ではある。登山客は学生の集団が多かったな…。

2020miyajima05.jpg
2020miyajima06.jpg
山頂は結構な人出。展望は最高。


霊火堂までいくとロープウェイ経由のお客も多く賑わっていた。連れは久々の登山でヘロヘロ。山頂まで行かず帰りたいと泣き言をいう始末。それでも、あと10分だという言葉にしぶしぶ納得。山頂に到着すると思った以上に人がいて驚き。天気がよいので展望は最高。本当はここでランチでも食べればよいのだが、下山してアナゴ飯を食べることにしていたので早々に下山開始。

2020miyajima07.jpg
2020miyajima08.jpg
瀬戸内海と広島市街の展望がいつもながら素晴らしい


ことしは何回のぼれることやら…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



初フィッシング

sakana02.jpg
リリースサイズのメバルをフィッシュオン!!(古)


あけましておめでとうございます。

正月2日は何を思ったか久しぶりに釣りでもしようとタックルを引っ張りだし海へでかけたわけです。もともとバスしかしてこなかったので海用のタックルはなく、ルアーは急遽購入。竿とリールはバス用のを流用して近くの宇部港に向かいます。冬だし、干潮だし、朝だし、釣る人はほとんどなく、久しぶりにロッドを振りたいなとちょっと思っただけだったのですが…。

なんとか、かわいい、かわいいメバルが1匹釣れました。

釣れたので満足したのか30分ほどで撤退。タックルの見直しをして時間があれば仕事帰りに寄りたいと思うのでした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

2019 KOBE六甲全山縦走大会(その③)

rokko21.jpg
欲しかった完走記念の盾

rokko22.jpg
認定証


掬星台でリタイアする人が多いようだ。ロープウェイで山麓まで降りれるため決断する人が多いのだろう。また、これまでは坂で団子状態になって渋滞していたが、ここから一軒茶屋までは車道歩きが多く、渋滞しないので集団がバラケてくる。当方はペースの同じ人についていって六甲山山頂を目指した。

rokko14.jpg
名物「六甲山郵便局休憩所」

rokko15.jpg
名物「神戸ゴルフクラブトンネル」


掬星台から六甲山へは思った以上に遠く六甲山郵便局で休憩。いただいた甘酒が染み渡る。その後、ゴルフ場を抜けて、ガーデンテラス、正規縦走ルートを外れ車道を一軒茶屋までひたすら歩く。あとで、確認すると正規ルートのほうが距離が近いらしいので損をした気分になった。

rokko16.jpg
六甲ガーデンテラス(最後のエスケープポイント)

rokko17.jpg
一軒茶屋チェックポイント


一軒茶屋への道中で日は暮れ真っ暗ななか歩き続ける。車道を歩くのも飽きたころ四番チェックポイント「一軒茶屋」に到着。ここまでくればあとはくだりだけだがゴールまでの約17kmはとにかく長い。まあ、例年下りでも混み合う場所があるらしいが、ゴールまで目立った渋滞に巻き込まれなかったのがすくいか…。

rokko18.jpg
塩尾寺(ここからゴールまでの下りがつらい)

rokko19.jpg
宝塚市街の夜景


途中、集団の一人として歩いていたが、段々とバラケて、塩尾寺直前2kmになるとたった一人で歩くことになる。以前歩いてなければ不安になっていただろう。この大会で一番きついのは塩尾寺からゴールまでの舗装路だと思う。前回歩いたときは血豆やかかとの擦れで痛くて歩けなかったが、今回は対策していたので問題なかった。

rokko20.jpg
ゴールの湯本台広場


足の故障が完治していないなか、様子を窺いながら歩行となり、タイムこそ約14時間強と平凡な結果となりましたが、完歩できて本当によかった。ほしかった完歩証である盾もゲットしたし大満足。しばらく出場することはないと思うがまた出場したいと思った。最後に大会関係者、参加者、また、用事もないのに神戸くんだりまで付き合ってくれてゴールで出迎えてくれた○○っぺに感謝を申し上げたい。ありがとう…。


おわり…


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

2019 KOBE六甲全山縦走大会(その②)

rokko02.jpg
スタート地点(05:05)


KOBE六甲全山縦走大会は「六甲全山縦走市民の会・神戸市.」主催の大会で毎年11月に開催されている。今年は11月10日と23日の2日開催されました。当方は23日(土)出場のため前日入りして翌日参加に備えた。コースである六甲連山は須磨から宝塚にかけて登山道が整備されており、総距離約56kmを早朝から深夜にかけて歩くことになる。

rokko04.jpg
おらが茶屋(まだ暗い…)

rokko05.jpg
400階段(すごく混み合った)


スタート地点の須磨浦公園にタクシーで約1時間前に到着。スタート地点にはすでに200人くらい並んでた。スタートは5時、最初のチェックを受けて出発。当方は5時5分くらいに受付を済ませたようだ(写真をみるとその時刻だった)。天気はよさそうで思ったより寒くなく歩きやすい。

rokko06.jpg
須磨アルプス(馬の背)

rokko07.jpg
妙法寺(立ち寄らずどんどん歩きます)


登りになるとすぐ渋滞する。その度に強制休憩させられる。400階段あたりまでくると日は登りヘッドライトは不要になった。ペースは程よい渋滞でとてもよい。不安だった膝の調子も悪くないが下りは慎重に歩くことを心がけた。この大会は競争ではないし、初参加の当方の目標は完歩だけだ。

rokko08.jpg
高取山(山頂には立ち寄らずスルー)

rokko09.jpg
菊水山(第二チェックポイント)


おそらくそれぞれに目的や目標があって歩いていると思うが、タイムにこだわりのある人もいるのだろう。強引に前の人を追い抜かしながら歩いている人も多い。また、勝手なライバル心を持って歩くひともいるようだ。トイレは指定された場所が用意されているが、数が少ないので込むことが多い。

rokko10.jpg
鍋蓋山からの展望(天気がすこぶるよい)

rokko11.jpg
大龍寺(ここからしばらく下り)


次のチェックポイントの菊水山ですが異常に遠く感じる。この山の登りで大渋滞。山頂近くでまったく動かない状態がしばらく続く。到着は11時。渋滞続きの割りにまあまあのペースではないだろうか?ここで早めの昼食を済ませる。足は疲れているものの問題なし。前回の教訓を活かし、つま先など擦りやすい場所へのテーピングに効果があったようだ。

rokko12.jpg
第三チェックポイント「掬星台」(ようやく中間点)

rokko13.jpg
掬星台からの展望(さすが日本三大夜景の展望)


また、この大会のため購入したノースフェイスの「ウルトラファストバック3」がとんでもなくフィットしている。軽いし、クッション性や剛性のバランスがよい。このあと、このコース最大の難関「掬星台」へ向かう。「大龍寺」・「市ヶ原」への下りもきついが、「掬星台」へ最後の登りは大渋滞もあいまって疲れを倍感じる。

14時42分掬星台のチェックポイントに到着。天気も展望も最高。さすが、日本三台夜景の一つ掬星台の展望だ。夜景が見れないのが残念だがしばし休憩して六甲山山頂目指してまだまだ歩くことになる。


つづく…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

2019 KOBE六甲全山縦走大会(その①)

IMG20191123191656.jpg
ゴール手前の展望地(神戸の夜景)


お久しぶりです。

山に行く機会がほとんどなく投稿をしておりませんでしたが、先月、「六甲山全山縦走大会」に参加してきましたので、遅らせながら投稿したいと思います。六甲山を全山縦走するのは2回目、大会出場は初めてでした。プライベートの都合上、出場できるか分からないまま申し込みをしたのですが出場資格を得たので頑張って参加してきました。

大会前は山にいけないので、走ってばかりいましたが8月に故障。11月前半まで本格的な練習もできず参加することになって不安でしたが、前回ほど苦しむこともなく完歩することができました。今年の締めくくり投稿が今年の初投稿みたいになってますが、何回かわけて投稿したいと思いますのでお付き合いください。