山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP海外の山 ≫ 大韓民国釜山市 2017GWの旅 その⑭ 金井山城縦走トレッキング(その7)

大韓民国釜山市 2017GWの旅 その⑭ 金井山城縦走トレッキング(その7)

201705busan87.jpg
201705busan88.jpg
201705busan89.jpg
下山はニャンニャンが誘導してくれました。


姑堂峰(コダンボン)山頂に登頂して当初の予定を完遂できたし、もうじき日も暮れるので下山を開始した。すると1匹のネコが目の前で自分をまっているように座っていた。実は、山頂に向かうときも見かけたネコで山頂あたりを住処にしているようだ。そういえば韓国で初めてあったネコがコイツであることに気がついた。

201705busan90.jpg
201705busan91.jpg
お祭りだろうか…


で、このネコが当方を先導してくれるように降りていく。当方が停まると停まり、歩き始めるとネコも歩き始めた。そんなこんなで途中まで案内してくれて、いつの間にかいなくなった。おそらく登山客に食べ物をもらったりして生活しているんだろうな。どの国のネコもネコはネコだなと当たり前だが思ったりして…。

201705busan92.jpg
201705busan93.jpg
提灯の数が半端ない


で、北門まで戻り、梵魚寺(ポモサ)に向けて下山する。梵魚寺は韓国禅宗の総本山で韓国5大寺院の1つとされていたりする。梵魚寺に日暮れまでに到着するか微妙でしたが、18時半頃到着して見学もギリギリできました。境内にはカラフルな提灯が無数に吊るされていて、観光ブックやネットでは見たことにない光景が広がっていました。

201705busan95.jpg
201705busan94.jpg
願い事を書いているのだろうか(短冊のようなものもある)


で、梵魚寺に到着した頃にはスタミナがつきかけており、最寄りの地下鉄『梵魚寺駅』までバスで行きたかったのですが、小銭がないのでバスに乗るのが億劫になり、重い足をひきずりながら地下鉄まで歩くことにした。交通カードさえ買っておけばこんなことにならなかったのにと少し後悔してしまいました。

で、疲れ切っていたのでホテルまでの写真は撮りませんでしたというか撮るのを忘れるほど疲れていました。梵魚寺から駅までの途中、飲料がなくなり、自販機を探していたのですが、夕方になると自販機にカバーがかけられ買うことができないようで、ちょっとしたカルチャーショックとノドの渇きとWショックを受けてしまいました。

で、結局、ホテルに戻ったのは20時過ぎ。さて、疲れ切っていました。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment

No title
おはようございます。

お疲れ様でした。

猫さんどこでも可愛いですね。
提灯が多くて壮観ですね。
色もカラフルです。

台風は来週の月曜日くらいから影響が出そうですが、何事もなければよいですね。
2017.08.04Fri 08:40 ≫ 編集
Re: No title
ご覧いただきありがとうございます。

なんの出会いもないまま終わる旅もあれば、

小さな出会いがある旅もあります。

面白いものです。
2017.08.04Fri 15:33 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL