山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 山口県の山頂
CATEGORY ≫ 山口県の山頂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

山口県防府市 夜の右田ヶ岳 2018/01/21

201801migita_yakei01.jpg
右田ヶ岳山頂からの夜景


久しぶりに右田ヶ岳夜間歩行しにいってきた。右田ヶ岳山頂の防府市街の夜景は県内屈指。車ではいけないし、山道しかないし、多少なりとも岩場もあるので面倒だが夜景好きならば行く価値ありです。この日も塚原コースで山頂に向かいます。また、暗く、静かで、一人しかいない感覚がなんとなく好きだ。

201801migita_yakei02.jpg
山頂標識


まあ、目的地があるから暗闇でも寂しくないし、街の灯りが遠くにみえるから孤独を感じないし、帰る場所があるから気をつけるし、本当の暗闇でもないんだけどね。暗闇から突然広がる市街の夜景はいつみても素晴らしい。交通量が多い車の動きや時たま走る新幹線の軌跡やら、中心街から拡がる放射状の光やら、色も形もナカナカのものだ。

夜景を撮影して紅茶を1杯のんで下山した。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

山口県山口市 東鳳翩山 初日の出登山 2018/01/01


東鳳翩山の2018元旦の初日の出


今年の初日の出は宮島弥山は諸般の事情でやめることにしました。代わりにといっちゃなんですが、山口市の東鳳翩山に登ることにしました。午前5時頃、二ツ堂登山口駐車場に到着すると、同じく初日の出登山をする人の車が駐車地になだれこんできます。思ったより人がいると感じたのですが例年より人が少ないようです。

20180101higashihoben01.jpg
2018元旦東鳳翩山初日の出


暗闇での登山でしたが何度も登っている山ですし勝手知ったるといった感じで山頂に到着。まだ、人はそれほど多くなかったので汗で濡れた服を着替え撮影ポイントを確保。日の出が上がるのを待ちます。今回は12月に新調したカメラでの動画撮影でまだなれていないおかげで上手く撮影できなかったのですがとりあえずアップしておきます。

20180101higashihoben02.jpg
元旦の東鳳翩山山頂


初日の出は曇りかもしれないという当初の予報に反して綺麗に顔を出してくれました。恒例らしい万歳三唱して解散です。今年もイロイロありそうですが楽しく1年が過ぎてくれたらそれでよし。解散後、特にやることもないのでとっとと下山して、湯田にある清水温泉によって初温泉。雑煮を食いに我が家に帰宅しました。


今年もボチボチ登山します。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 涼山 (すずみやま) 山頂 2015/11/21


涼山山荘跡コース全工程


ラグビー観戦が終わりこのまま帰宅するのもつまらないので、近場のお山に出向くことにする。向かったのは山口市宮野にある「涼山(すずみやま)」である。登山口は竜住山荘跡近くにあるらしいのでとりあえず山荘に向かうことにする。山荘跡には宿泊棟と思われる建物や石塔などが当時のまま廃墟化しており廃墟好きにはたまらない匂いを発している。

2015suzumiyama01.jpg
竜住山荘跡入口にある標識

2015suzumiyama06.jpg
竜住山荘廃墟1

2015suzumiyama03.jpg
竜住山荘廃墟2

2015suzumiyama04.jpg
竜住山荘廃墟3

2015suzumiyama05.jpg
竜住山荘廃墟4

2015suzumiyama07.jpg
竜住山荘をあとにして涼山登山口へ向かう

2015suzumiyama08.jpg
ここから山に取り付く

2015suzumiyama09.jpg
炭焼き窯跡

2015suzumiyama10.jpg
標識は適度にあります

2015suzumiyama11.jpg
反射板跡

2015suzumiyama12.jpg
道は快適です


涼山山頂の動画

2015suzumiyama15.jpg
山頂;秋葉社

2015suzumiyama14.jpg
山頂:三角点

2015suzumiyama16.jpg
山頂:展望標識

2015suzumiyama13.jpg
山頂:山口市街方面の展望


この山荘入口に涼山山頂まで2000mの標識があり、以後、適当な間隔で標識が設置されている。登山道は思いのほか綺麗に整備されているし、山頂まではほぼ1本道なので迷うことはないと思う。また、山頂からの展望は山口市街を一望できる良スポットで夜景も期待できる。山頂には秋葉社の社や三角点が隠れるようにある。

今回のルートの他にもう一つ代表的なルートがあるようなので機会があれば挑戦してみたいと思う。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県防府市 大平山 正面コース [ルート編] 2015/06/14


大平山正面コース全行程


九重山開き編が終わり、燃え尽き症候群気味なのと、梅雨に突入し天候に恵まれない週末状況を考えると遠出をする気になれないので近場で撮影登山をすることにした。向かったのは防府市の大平山だ。先日、阿弥陀寺コースの撮影をしたので、今回は正面コースと富海コースを撮影するつもりだ。

ohirayama_shomen01.jpg
閉鎖されたロープウェイ乗場

ohirayama_shomen02.jpg
登山口は山頂へ向かう道路沿いにある

ohirayama_shomen03.jpg
熊に合わないように準備しよう


まずは、正面コース登山口付近にあるロープウェイ乗場に向かうことにした。ロープウェイは先日完全終了したため閑散としていたが、駐車はできるのでバイクをここに置くことにする。実はここに来るまでにタイヤがジャリを噛み転倒、ステップが曲がるというアクシデントに見舞われ、修理費を思い相当テンションが下がっていた。

ohirayama_shomen04.jpg
登山道は分かりやすい

ohirayama_shomen05.jpg
稜線に到着。富海コースとの合流点でもある

ohirayama_shomen06.jpg
道路と山頂展望台が見えてきた


方にとっては「ラッキーな部類の不運?」ということにして立ち直ることにした。登山口はロープウェイ乗場から車道を山頂方面へ少し歩いた場所にある。正面コースは3コースの中で最も歩行時間が短く、迷いそうな箇所もほぼなく、初心者でも安心なコースである。付近はツキノワグマの生息地であり、遭遇に備え音のなるものは携行したほうが良いと思う。

ohirayama_shomen07.jpg
公園内の階段を登ると山頂公園に到着します

ohirayama_shomen08.jpg
公園からは山頂の電波塔群が見えます

ohirayama_shomen09.jpg
山頂からの防府市街の展望


終盤まで登りを中心に適度な平坦路が混在する適度に負荷がかかるコースで、稜線合流地点から山頂公園まで急坂が続く。山頂手前の公園に到着すると展望が開けて気分をスッキリさせてくれる。程なく、山頂に到着すると防府市街の展望を確認。本日も景色がボヤケて見えてスッキリしない。

ohirayama_shomen10.jpg
山頂標識


小休憩したあと、富海コースを逆走するように降りていくのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県周南市 道徳山・緑山 山頂 [後編] 2015/04/11


今回歩いた菅野ダム管理道周回コースの全行程


ピストンで登山口まで戻る予定だったが、前半戦の簡単さに周回コースを選択してしまった後半戦。実は山頂には隠れるようにトイレがあるのを発見。使えるかどうかは未確認。折角だからと予備のアクションカメラを使って撮影をすることにする。ルートは出発早々、荒れ気味で嫌な予感が沸々と湧き上がる。

susuma_midoriyama17.jpg
山頂から周回コースで道徳山を目指す

susuma_midoriyama18.jpg
道は段々と荒れてくる

susuma_midoriyama19.jpg
こちらのルートは放置状態


ルートを間違わなければ、道元山にいける周回コースだが、倒木や雑草、不明瞭な山道、東西の登山道のあまりの違いにウンザリしてくる。とにかく、道が荒れ放題で道を見失いそうになることしばしば。それでも、朽ちかけた道標と方位を頼りに少しずつ進んでいく。というより、少しづつしか進めない。

susuma_midoriyama20.jpg
沢を1回渡り…

susuma_midoriyama21.jpg
もう一度渡る

susuma_midoriyama22.jpg
2回目の沢を渡るとすぐに標識がある


様子が変わったのは、手製の標識を見たあたりからだ。周回コースの標識もあったので、ハッキリしている道を選択したのだが、歩いているとドンドン下っていく。こんな下るのはおかしいと思いながら、上を見ると黄色い札に赤文字で「火の用心」と書かれている標札が…、明らかに電力会社の管理道を歩いているようなのだ。

susuma_midoriyama23.jpg
この手作りの標識に惑わされた

susuma_midoriyama24.jpg
いや、確認不足の自分が悪い

susuma_midoriyama25.jpg
どうやら、電力会社の管理道に入ってしまったらしい


引き返そうとも考えたが、頭の上ではアクションカメラが稼働中。「引き返すのはちょっと…」と山人に思考停止になり、そのまま管理道を降りていく。しばらく歩くと「県有模範林」なる標識と菅野ダム管理道にでた(この時点では自分がどこにいるのかも分からない状態だったが…)

susuma_midoriyama26.jpg
とりあえず進むことにしたら

susuma_midoriyama27.jpg
車道に合流した

susuma_midoriyama28.jpg
こんな標識がある


地形を見るとそばに川が流れていて山沿いに続く道なので山の西側の道だということは分かるが、どの場所にいるかは分からない。まあ、進むしかないので管理道を南方面に歩くことにした。ところが、歩けど、歩けど目印になりそうなものが見つからない。こうゆう状態が一番いやだ。

susuma_midoriyama29.jpg
どうやら菅野ダムの管理道らしいがこの時は分からなかった

susuma_midoriyama30.jpg
歩いていると朽ちかけた標識がある

susuma_midoriyama31.jpg
しばらく歩くと「小原水位観測所」に到着


管理道を30分ほど歩いただろうか、ようやく、普通の車道にでると左手に「周南市長穂支所」の大きな建物を見つける。それでも、まだ自分の場所が分からない。結局、居場所が分かったのは長穂小学校と国道315号線を確認できたときであった。自分の想像よりあまりに西にいたため、地図上で見落していたようだ。

susuma_midoriyama32.jpg
そこから、少し歩くとようやく普通の車道と合流

susuma_midoriyama33.jpg
見上げると「周南市長穂支所」がある

susuma_midoriyama34.jpg
ここから、登山口のある須々万地区に車道をトボトボ歩く


少しばかりショックだったが、駐車地まで歩かなければ帰れないので、長穂から須々万に抜ける裏道をトボトボと歩く。途中、「ふれあいの森なんでも工房」という、看板があり興味をそそられたが頭の上で撮影中だし、疲れてるし断念。帰宅後、調べるとボランティアで運営するものづくり体験施設らしい。

susuma_midoriyama36.jpg
「ふれあいの森」入口を過ごし

susuma_midoriyama37.jpg
登山口へ向かう分岐を登ってしばらく歩くと

susuma_midoriyama38.jpg
登山口へ到着(エライ目にあった)


車道をトボトボ歩くこと1時間ようやく登山口に到着。歩きながらピストンしなかったことを少し後悔したが、これはこれでいい体験でした。さてと、疲れ切った足にカツをいれつつ、この日のメインイベント「大道理の芝桜」会場に向かうことにした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。