山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 温泉

大分県九重町 九酔渓温泉 ホタルと絶景の宿 つれづれ 家族風呂 桧 2017/05/04


九酔渓温泉 つれづれ 家族風呂 桧


くじゅう山開きの帰りの立ち寄った九酔渓温泉 つれづれの家族風呂の桧をご紹介。この施設は九重に向かう県道40号線沿いにあり、いつも気になっていたのだ。今回もいつもと変わらず特に下調べもなく訪問。今回は家族湯に入ることだけは決めていたので、看板に家族湯ありの表記をみて即決した。

kyusuikei_tureture01.jpg
九酔渓温泉 つれづれ 外観


受付で家族湯の申し込みをすると何故か一般浴場を強く勧められた。まあ、一般入浴のほうが安いので親切心もあると思うが、この施設の場合、家族湯は専用施設ではなく、露天風呂付宿泊部屋を利用するので清掃の手間など考えると利用してほしくないなどの理由もあるかもしれない。まあ、押し切って家族湯を利用したんですが…。

kyusuikei_tureture04.jpg
桧部屋をチョイス


受付のある一般入浴施設と宿泊棟は道路を挟んで違う場所にあるのだが、交通量の多い40号線は注意が必要だ。宿泊棟は自然の中にある平屋の長屋といった雰囲気の良い外観である。土間で外靴を脱ぎ中に入ると4畳ほどの部屋にテレビ、冷蔵庫、卓袱台、ストーブなど必要なものがこじんまりと纏まって設置されている。

kyusuikei_tureture02.jpg
家族湯は宿泊部屋を利用


この、小さな居間に小さな脱衣所と洗面台、トイレ、浴室がある。浴室デザインは何タイプかあるようで今回は桧風呂があいていたようだ。家族湯の料金は1800円/時間で高くはない。部屋こそ狭いが宿泊するのに不都合なものもなく、料金も割安なので機会があれば宿泊してみてもよいかもしれない。

kyusuikei_tureture03.jpg
洗面所(シンプルだが使い勝手は悪くない)


浴室は部屋名のとおり総檜造りで落ち着いた雰囲気がある。窓からは自然が見えるのだが、期待していた渓谷の景色は見えない。渓谷に流れているだろう川の音は聞こえるのでそれなりの風景が広がっていると思われるが妄想するしかない。客室の泉質表示がなかったのだが、肌がつやつやする柔らかめのお湯です。帰って調べると炭酸水素塩線ということでした。

kyusuikei_tureture05.jpg
柔らかい日差しが差し込む桧風呂

kyusuikei_tureture06.jpg
源泉が絶え間なく注がれている


この手の貸切湯は大体1時間単位で貸し出すのですが、時間が短いので料金を少し上げても2時間か1.5時間単位にしてほしいと常々思っております(1時間だとゆっくり入れない)ということで疲れをとって帰路につくのでありました。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

山口県宇部市 片倉温泉 くぼた 2017/04


片倉温泉くぼた


最近、片倉温泉くぼたに再訪した。この施設、業態変更に伴う、休日、営業時間、料金などの度重なる変更、サービス内容の開始、休止を繰り返した結果、それまでの常連客にソッポを向かれた経歴をもっている。現在は内容を以前に近いものにして分かりやすい運営に変更している。

2017katakuraonsen_kubota01.jpg
施設外観

2017katakuraonsen_kubota02.jpg
脱衣所

2017katakuraonsen_kubota06.jpg
珍しい西本牛乳の自販機があります


ただ、浴場内での喫煙を容認したり、嫌なものを背負った人たちが闊歩していることもあり、普通の一般客が逃げる原因になっている要素をいまだに改善できていない。いいものをもっている施設だけに薄暗い未来に他人事ながら心配になったりする。施設内は内湯、露天、サウナ2つとシンプルだが使いやすく割と好きな構成である。

2017katakuraonsen_kubota03.jpg
広い洗い場

2017katakuraonsen_kubota04.jpg
明るい内湯

2017katakuraonsen_kubota05.jpg
喫煙場所が露天風呂(笑)


まあ、上記の点を改善し、利用日や営業時間など利用者目線の運営方法になることを個人的に希望したいところだがどうなることやら…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県宇部市 持世寺温泉 上の湯 温泉センター 2017/04


持世寺温泉 上の湯 温泉センター


久しぶりに利用した持世寺温泉上の湯の「温泉センター」。上の湯には安価に利用できる公衆浴場と広い浴場、サウナ、露天風呂、休憩所などが利用できる「温泉センター」がある。普段は料金が高い「温泉センター」は利用しないのですが、夕方から少し割引になるので時間を利用して来訪。

2017jiseiji_onsencenter01.jpg
施設外観

2017jiseiji_onsencenter06.jpg
2階脱衣所


「温泉センター」は2・3階にある。2階には大小3つに休憩室があり、昼間は食事もできるので時間が許せば1日中寛ぐことができる。脱衣所は2階と3階にそれぞれあり、3階の脱衣所は宿泊者が主に利用していると思われる。2階には大浴場とサウナがあり、3階には露天風呂、薬草風呂、小浴槽がある。

2017jiseiji_onsencenter04.jpg
2階大浴場

2017jiseiji_onsencenter05.jpg
2階サウナ

2017jiseiji_onsencenter03.jpg
3階中浴場

2017jiseiji_onsencenter02.jpg
3階露天風呂


夕方からは利用者が少ないの良い。そして、公衆浴場にないドライヤーがあるのも便利がよい。それでも、普段は料金が安い公衆浴場を利用することになるだろう。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

島根県浜田市 有福温泉 旅館 樋口(内湯) 2017/01/03


有福温泉 旅館樋口の内湯


この旅館樋口には貸切露天風呂を日帰りで利用できるようなのですが、今回紹介するのは宿泊者が利用する内湯です。まあ、広くもなければ特徴もありませんので何もいうことはありませんが必要なものは当然揃ってますし、別途使用できるタオルを備え付けしてあります。

arifuku_higuchi01.jpg
内湯

arifuku_higuchi02.jpg
露天

arifuku_higuchi03.jpg
洗い場


まあ、この施設のウリは客室と料理だと思っておりますので内湯についてはこんなものかなという感じです。あくまでも参考までに掲載しておきます。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

島根県浜田市 有福温泉 御前湯 2017/01/03


昭和レトロな 有福温泉 御前湯


有福温泉は宿泊地としてよく利用する温泉地だと思う。日帰りだとあちこちまわったほうが面白いのだが、宿泊となると料理や雰囲気なんかも重要でトータルでなんとなく気に入っている。宿泊日は宿泊施設の内湯を利用したり、部屋に露天風呂がついてたりするんで利用するんだが、翌朝は外湯があればそちらを利用することが多い。

2017arifukuonsen_gozenyu01.jpg
昭和レトロ漂う外観

2017arifukuonsen_gozenyu03.jpg
洋風番台


有福温泉には3つの公衆浴場があるのだが、一番高い場所にあり、一番レトロチックで、恐らく一番人気の施設だと思う。故に入浴客は多く、朝一でなければナカナカ撮影は難しいと思う。そこで、当日は開館15分前に出向き、従業員に許可をもらい開館前に施設にはいることを了解してもらった。

2017arifukuonsen_gozenyu02.jpg
必要なものは揃っている脱衣所

2017arifukuonsen_gozenyu06.jpg
浴場の換気口も形がよい


いつ来ても落ち着く雰囲気のデザインなんだが、人の多さだけがネックになる。この日も開館と同時に多くの人で湯船がいっぱいになり、落着けないので素早く退散することとなった。宿泊施設にかえったあとは部屋の露天風呂に湯を張り有福最後の入浴を楽しむのであった…。

2017arifukuonsen_gozenyu04.jpg
なんといっても湯船のデザインがよい

2017arifukuonsen_gozenyu05.jpg
とくにこの岩がよい


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ