山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ エアポケット

山口県萩市 おばあちゃんからのいただきもの 2014/10/04

obachan01.jpg
左から「獅子ゆず」、「ゆず」、「栗」


先日、萩市の「遠岳」を下山中、山腹で1台の軽トラとおばあちゃんに遭遇。挨拶を軽くかわす。が、おばあちゃんは日頃人気のない場所に現れた当方に興味があったのか話かけてこられた。周りに色づいたゆずがタワワになっている。クリの木には大きな実がなり、足元を見れば、猪が食べ残したくりが散乱している。

obachan02.jpg
ゆずも種無しと種有りがある


「遠岳」に登ってきたことをいうと、松茸が生えていた場所や、昔使っていた山道などの山のこと、山腹での畑のことなどイロイロと教えていただいた。猿がいるため、柑橘類でも、猿が食べないゆずやレモンやうめ、晩白柚など酸味が強いものしか生産できないらしい。

obachan03.jpg
栗は今年は豊作で猪が残すくらい


また、昭和40年代、当時の村長が「ゆず」を川上村の特産にしようと「ゆず」の生産開始。ところが「ゆず」をつくって売ってもさほど儲からない。そこで「ゆずみそ」などの加工品を考案。道の駅などない時代にスーパーや特産品フェアで拡販した結果、大成功し寝る間もないほど働いたらしい。

obachan04.jpg
ゆずとくらべると獅子ゆずの大きさがわかる


コープからは「梅干」の生産依頼が入り、ゆずからうめに生産を切り替え、梅干を漬けて販売するとこれも大当たり。現在では珍しくもない農家の生産組合みたいなことを昭和40年代からしていたというから驚きである。現在は、阿武川温泉の直売所にあまった農産物をだしているらしいが、ほとんどのものは人にあげるか、収穫されずにほっておかれるらしい。

おばあちゃん曰く、「とりすぎると悪いもんも寄ってくるから、人にもあげんとね」。要するに強欲でお金をもうけしすぎて人に与えないとろくなことにならないということらしい。今は、食べる分だけとって、あとは、ほとんど人にあげているらしい。という訳でおすそ分けいただいた次第です。

ゆずは種ありと種無し、クリはそのあたりに落ちているやつをいただいた。面白いものがあるというのでついていくと、馬鹿でかい柚子がなっている樹がある。「獅子柚子」というらしい。どうやって食べるのか聞くと、食べるものではなく鑑賞用らしい。以前は東京あたりの物産展にもっていくと売れていたらしいが最近はほってるらしい。

調べてみると、ブンタンの仲間で生食にはむかないが、和歌山あたりではマーマレードやピールに加工して食べているらしい。ふむ、せっかくいただいて帰ったので、しばらく鑑賞した後、ピールにでもしてみるかのう…。


おばあちゃん、ありがとうございました(見てるわけないか…)


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

山口県熊毛郡 (上関町) [正一位]白雲稲荷大明神 2014/05/18



「皇座山」山頂到着後、この後どうしようかと思ったが、山頂から南方面に見えた展望台のような建物に向かうことにした…。

sirakumo03.jpg

尾根沿いに車道を歩いていくと、左遠方に鳥居が見えたので立ち寄ることにした。「白雲稲荷大明神」というお稲荷様らしい。随分とくたびれた雰囲気で、あまり手入れがされていないようだ…。

sirakumo02.jpg

金属製の鳥居が拝殿まで何十も並んでいて壮観だが、錆が進行して朽ちたり、倒れたりして寂しくも儚くみえる…。

sirakumo04.jpg

寄進者の数をみると以前は参拝者で賑わっていたのだろう…。

sirakumo05.jpg

拝殿は鍵もかかってなく、中に入ることができたのでお参りさせていただくことにする。けっして、綺麗ではないが、誰かが手入れしているように見える…。

sirakumo06.jpg

拝殿の奥には岩戸のような場所があり、お参りできるようになっている。小さな祠が2つ祀られていて雰囲気がある…。

sirakumo07.jpg

このお稲荷様は、山腹の展望がある場所に建立されていて、平郡島をはじめ、瀬戸内に浮かぶ大小の島々を見ることができる…。

sirakumo09.jpg

流行りにあやかり、「天空のお稲荷様」という別に上手くもないネーミングが頭に浮かんでしまった(でも気に入っている)…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県熊毛郡 (平生町)神護寺銅鐘[山口県指定文化財] 2014/05/18



「箕山」、「大星山」の登山口にした。「神護寺(じんごじ)」の境内にある「神護寺銅鐘(じんごじどうしょう)」のご紹介…。

jingoji04.jpg

この、銅鐘は鎌倉末期船治国真により鋳造されたとされています。大きさは高さ72㎝、外径56㎝で、さほど大きくないが、造形が美しい銅鐘である…。

jingoji02.jpg

神護寺は明治4年現在の大和町(現:光市)石城山よりこの地に移り松連寺と合併したもので、銅鐘は松連寺の鎮守であった阿曽社につたえられたものらしい…。

jingoji03.jpg

ここの鐘楼は天井絵があって、鐘楼に天井絵があるのは珍しい…。

jingoji06.jpg

鐘にも歴史あり…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県岩国市 (錦町)木谷峡 姫岩 2014/04/26

himeiwa01.jpg

連休最終日を萩方面に山登りに行き、温泉に入り、気分よく家に帰ったまでは良かったが、今朝の冷え込みで鼻水がススリでる状態になってしまった…。

himeiwa02.jpg

というわけで、紹介が簡単な「木谷峡」の名所の一つ「姫岩」を紹介しよう。この「姫岩」見た目はなんてこたあないお岩さんなんだが、落ち延びた平家に連れ去られた源氏のお姫さま「朝狩姫」と地元の若者「清次郎」との恋物語の云われがあるらしいのです。

この手の話は結ばれぬ悲恋話で終わるのが普通なのですが、この話はハッピーエンドで終わる誠に愛でたいお話であります…。

himeiwa03.jpg

まあ、色恋沙汰に縁のない当方としては、このお岩が、ただの岩にしか見えないわけです(残念ながら)…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山陽小野田市 高泊保冷庫跡 2014/03/30

horeiko008.jpg

山陽小野田市の高泊漁協の近く、厚狭川のほとりにある保冷庫跡である…。

horeiko001.jpg

以前は厚狭川につけた船から荷をあげて保冷庫に保存していたのだろうか…。

horeiko009.jpg

左右に保冷庫があって、真ん中の通路に保冷機器が設置してあったのだろう…。

horeiko006.jpg

よい具合に熟れてますなぁ~。

horeiko010.jpg

たまたま、こういった物件を見つけるとグイッと惹かれるんだよなぁ~。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。