山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 県外のお山

広島県大竹市 三倉岳 [Bルート周回コース] 2017/11/04


三倉岳『Bルート周回コース』全行程


3連休の初日は私用で外出不可。2日目からは雲仙にいくか広島方面にいくか検討。下山後、アシックスショップにより、足サイズの計測とフォームのチェックに行いたいからとの理由で広島方面に決定。で、目的地を大竹市の『三倉岳』にした。このお山は登山者だけでなく、ロッククライマ―にも有名な場所で当日も多くの来訪者が駐車場やキャンプ場で幕営していた。

2017mikuradake01.jpg
素晴らしい山容の三倉岳

2017mikuradake03.jpg
駐車場にあった使われていないクライミングウォール


このお山の特徴はなんといっても外観。三叉槍のような三つの尖ったピークを持ち、それぞれ、朝日岳、中岳、夕日岳と呼ばれている。山の風貌を美しく見たいのなら『三倉岳休憩所』にいくべきである。山麓にある休憩所から三倉岳全貌をみたら必ず登りたくなると思う。

2017mikuradake04.jpg
休憩所に向かう途中の坂道にある『Bコース起点』

2017mikuradake05.jpg
10分ほどでA・Bコース分岐に到着する


現地到着は7時過ぎ。休憩所への道は午前9時までは封鎖されているので、県立自然公園駐車場に車を停めた。10台ほど駐車してあったが、そのすべてが前日からの泊まりらしかった。ストレッチを軽く済ませて早速出発する。道路沿いの楓は赤く染まりスッカリ秋の装いになっていた。このあたりは標高が高いせいか色づきが早いように感じ。

2017mikuradake06.jpg
稜線に向かう途中にある展望所からの朝日

2017mikuradake07.jpg
朝日岳・中岳稜線鞍部分岐標識


休憩所に向かって歩いているとBコース起点とかかれた標識があったのでそちらに進路をとった。あとから分かったことだが、休憩所からBコースに向かうこともできるので、一旦、休憩所に立ち寄って登山を開始することをお薦めする。休憩所からみえる山をみて登りはじめた方が俄然やる気がでると思う。


2017mikuradake10.jpg
朝日岳展望所大岩

2017mikuradake08.jpg
朝日岳からみる中岳・夕日岳方面の展望

2017mikuradake09.jpg
朝日岳からみる自然公園方面の展望

2017mikuradake11.jpg
ちょっと分かりづらい『中岳』に向かう途中にある鎖場


コースは各所に適切に標識があるし、道もよく整備されている。一部、足場が悪い場所や鎖場などもあるがそれほど恐れる場所はない。稜線に到着するまでは急な登りが続きますが、踊場のような場所が所々用意されていたり、展望所で一息できる工夫がなされている。

2017mikuradake12.jpg
中岳ピークの大岩

2017mikuradake13.jpg
中岳からみた夕日岳方面の展望

2017mikuradake14.jpg
中岳からみた自然公園方面の展望

2017mikuradake16.jpg
夕陽岳に向かう途中にある鎖場


コースはA・Bコースがあるが、多くの人がいっているようにBコースから登ってAコースで降りてくる周回コースをお薦めする。このルートがこのお山の面白さをお手軽に楽しめるコースだと思う。当方も今回、このお薦めコースを歩いてみた。今回は登山開始が早かったため、下山完了直前まで人に会うことはなかった。

2017mikuradake17.jpg
夕陽岳ピーク

2017mikuradake18.jpg
夕陽岳から三倉岳三角点ポイントへの展望


コースはまずは稜線まで一挙に登り、『朝日岳』に立ち寄り、『稜線分岐』までもどり『中岳』へ向かう。中岳への道中、名物の『鎖場』を楽しもう。『中岳』は3峰のなかで一番展望が開けており、ピークの岩場で休憩するのは大きな楽しみの1つになるだろう。鎖場は中岳から『夕日岳』に向かう途中もある。ピーク感は15分もあれば移動できるのではないだろうか?

2017mikuradake19.jpg
崩壊が進んでいる9合目小屋跡

2017mikuradake21.jpg
三角点ポイント方面からみた『夕陽岳』

2017mikuradake20.jpg
三倉岳三角点ポイント


3峰を楽しんだあとは、三倉岳三角点ポイントに向かう。夕日岳から一旦下った場所に9合小屋跡がある。潰れるがまま潰れて自然に帰ろうとしている小屋の姿が痛々しい。この9合目小屋跡から下山できるので、三角点によらず下山する人も多いらしいが、三角点好きな当方としては立ち寄らないわけにはいかないので当然のように三角点に向かって登りを選択する。

2017mikuradake22.jpg
Aコース5合目にある『見晴岩』

2017mikuradake23.jpg
Aコース4合目にある三倉岳案内板


三角点ポイントは展望が一切ないので三角点好き以外が立ち寄らないのもわかる。撮影だけしてとっとと9合目小屋跡まで戻ると、あとはひたすら下りのコースをひたすら歩く。5合目に展望大岩があるようですが当方はスルーして下山を続けます。結局、4合目小屋まで勢いで降りてきてそのまま下山完了。

2017mikuradake02.jpg
もうじき見頃を迎える紅葉


カメラの電池交換以外の休憩もほとんどとらなかったので2.5H程度で山行が終わってしまいました。もう少し、ゆっくりすればよかったと思いましたが、これから広島市街に向かうため結果的によかったのですが…。いい具合に足は使うし、さほど時間もかからないし、展望はいいし、山容もいいし、人気があるのも頷けます。機会があればまた登ってみたいお山ですね。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

兵庫県神戸市 勝手に六甲全山縦走大会 (その⑩完) 2017/10/08

2017rokkojuso75.jpg

2017年『勝手に六甲全山縦走大会』も無事終了しました。ログを見直して次回につなげる反省や見直しについて考えたいと思います。参考にしたのは『進行表さん』の六甲全山縦走大会13時間コースの進行タイムです。見ての通り13時間の参考タイムに対して約4時間半遅れでのゴールです。何故、こんなことになってしまったか振り返ってみましょう。

①高取山ー鵯駅までの住宅
この区間では自販機で給水したうえ休憩してます。いま、思えば飲料を購入するだけで休憩をとらなくてもよかったかもです。

②市ケ原ー掬星台
これまでの区間は市街地でのペース遅れが目立ってましたが、この区間は山中での遅れが気になります。各山頂でチョコチョコ休憩したのが響いているかもしてません。おそらく、休憩しなくてもクリアできたのでしょうが後半のことを考えて慎重になりすぎたかもしれません。

③掬星台ー丁字ヶ辻交差点
道の確認・迷いが少しずつタイムに影響しています。また、足指の状態が少しずつ悪くなってきたことが原因でペースが落ちてきました。

④丁字ヶ辻交差点ー六甲山最高峰
この区間が最悪でした。まず、ゴルフ場を通らず大回りをし、ガーデンテラスで道をロストしたあげく、アチコチウロチョロし、挙句、六甲山最高峰で休憩しなければならないことになる。この区間だけで約2時間ロスタイムが発生しています。

⑤縦走分岐ーゴール
縦走分岐から塩尾寺は暗闇のなか初めてのコースで慎重な足取りを余儀なくされペースが落ち、塩尾寺からゴールの宝塚湯本台広場まではコースを大幅に逸脱し約1.5時間のロスとなっています。


道迷い以外の反省点があるとすれば、ケガに対する事前の予防ですね。特に塩尾寺から宝塚までの区間、水ぶくれ痛みが原因で下りのペースが相当おちたので、怪しい箇所にテーピングなどの処置をしておけばよかったと反省しています。それ以外は疲労感もなく、筋肉痛などもなく普通にクリアできたと思います。


とにかく、これだけの距離やロケーションを1日で歩くのは充実感があり面白いですね。次回は盾をもらいに大会にでられればいいんですがどうなることやら…。これにて、2017年『勝手に六甲全山縦走大会』を終わります。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

兵庫県神戸市 勝手に六甲全山縦走大会 (その⑨) 2017/10/08

2017rokkojuso76.jpg
『一軒茶屋』に降りたときは相当暗くなっていた(17:51)


『六甲山最高峰』をあとにして『一軒茶屋』方面に降りて体制を立て直す。『一軒茶屋』に到着時、ほぼ日暮れて縦走路を探すのが困難な状態になっていました。ハッキリしていたことは、有馬温泉街に下る『魚屋道』下山口の確認はできたこと。公共交通機関は期待できないの2点でした。

そこで、いくつかの案を検討することにしました。

① 縦走を諦めて魚屋道で有馬温泉に下る
② あくまで縦走にコダワリ縦走路をさがす
③ 車道を下り西宮方面にトボトボくだる

そこで、まずは③の縦走路をさがし、見つからない場合は①・②のどちらかにする。①は順調にいけば一番早く下山できるが暗闇で初めてのコースが仇になる可能性がある。③は一番確実に下山できるが時間が相当かかるし、結構な交通量があるので危ない。②は縦走路を探しだせたとしてもそこから長い長い行程がまっているのである。

2017rokkojuso77.jpg
縦走分岐以降最初の標識(18:58)

2017rokkojuso78.jpg
とにかく、大平山の文字が消えるまで長かった


で、縦走路を探し始めたのだがあてのない縦走路を探すには材料がすくない。スマホで調べようにも圏外になっている。どうにもなりそうにないので『六甲山神社』で座って地図をみたりしたが、そこまで詳しくのっていない。で、このままだと体力だけ使ってしまうので、車道で西宮に降りることにして下山を開始する。

2017rokkojuso79.jpg
大平山の文字が消えたここが大平山(19:31)

2017rokkojuso80.jpg
ここから宝塚までが長かった


すると、見つけました『縦走路分岐』標識を…。神社の少ししたにあったのですね。暗いからわからなかった。ただ、分岐が見つかったからといって縦走路を歩くかは迷ってしまった。一旦、舗装路で下山と決めていただけにモチベーションが上がらなかったのだ。それでも、縦走路を選んだんだのはやっぱり完歩したいという気持ちがあったからだと思う。

2017rokkojuso81.jpg
暗闇のなかの標識が心強かった

2017rokkojuso82.jpg
ようやく『塩尾寺』に到着(20:53)


宝塚までの縦走路はもちろん人は1人もいないし、永遠とも思える真っ暗闇を1人で歩き続けた。暗闇から時々ライトに照らし出された縦走路の標識だけが励みだ。道は平坦な場所が多かっyたが、足場が悪い場所が何ヶ所かあり、足を使わされる。ようやく『塩尾寺』について少しを思いきや、アスファルトの下りが弱った足を容赦なく痛めつける。

2017rokkojuso83.jpg
塩尾寺から宝塚に向かう途中でみた宝塚の夜景(21:11)


それでも塩尾寺道路から見える宝塚に夜景を見たときは山行の終わりをはじめて感じて少し感動した。そんな気持ちを裏切るように最後にとんでもないお仕置きを六甲山の神は用意してくれていた。ゴールの湯本台広場にいく標識がなく、どこを歩いたらいいか分からず適当に歩いた結果、阪急宝塚駅にむかわず、阪急宝塚南口方面に歩いていることに気づき、最後の最後に大回りをさせられる。

2017rokkojuso84.jpg
宝来橋東詰交差点

2017rokkojuso85.jpg
ゴールの『湯本台広場入口』(22:13)


結果、『ローソン宝塚南口1丁目店』でゆっくり休憩してゴールに向かって歩いた。到着は22時17分。歩行時間17時間22分という惨憺たる結果に終わった。それでも、本大会に出場すれば、ギリギリとはいえ完走証明書がもらえる時間だったし、とりあえず歩けた満足感はしっかりと残った。

2017rokkojuso86.jpg
『阪急宝塚駅』(22:18)


とはいえ、宝塚に向かう途中、トレランしていた人たちが風呂に入り、一杯やって駅に向かっているの見つけると、たちまち複雑な心境にさせられてしまった。いや、今は考えまい。とにかく、完歩したし、やり切った。よかったよかった。駐車地『須磨浦公園駅』には山陽電鉄最終便でようやく帰還し、この山行がすべての行程がおわったのであった。


次回はログタイムを見ながら反省会


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

兵庫県神戸市 勝手に六甲全山縦走大会 (その⑧) 2017/10/08

2017rokkojuso68.jpg
自己責任なんだが、分かりやすい標識が欲しかった…


さて、『記念碑台』から『神戸ゴルフ倶楽部』に向かうつもりで出発。標識が分かりづらかったので『六甲山ガイドハウス』でルートを聞こうとも思ったが、時間がかかるのを嫌がった当方はそのまま出発。その結果、本来右折しなければならない道を直進し、おかしいと気づいたのは『六甲オルゴールミュージアム』についたときだった。

2017rokkojuso69.jpg
オルゴールミュージアムの先にある『高山植物園』看板(16:15)


地図で確認し、位置関係をみて愕然とする。『記念碑台』から『六甲オルゴールミュージアム』までは長い下りと登りがあり、いまさら戻っていたらリタイアするしかない。ルート復帰できないか見てみると大回りではあるが、今いる「サンセットドライブウェイ」から「サンライズドライブウェイ」を経由すれば縦走路に復帰できる。

2017rokkojuso70.jpg
縦走復帰を果たし『みよし観音』に到着(16:25)


例え縦走しても正規のルートでの完歩ではないので、自分自身満足できないのは分かっているが中途半端で終わるよりは良い。正規ルートの約2倍の距離を歩いて縦走路に復帰したものの、時間の遅れと精神的落ち込みがあり、このあたりからリタイアも頭によぎりだす。『みよし観音』到着時点で16時半近くなっており、六甲山頂まであと少しとはいえ全行程の半分ほど消化していないから仕方がない。

2017rokkojuso71.jpg
ガーデンテラスには縦走とは無縁の観光客だらけであった(16:30)

2017rokkojuso72.jpg
ようやく、縦走路標識を見つけた(ほんとに泣かされた)(16:51)


そして、ガーデンテラスにようやっと到着したものの、標識がなく何処を歩いたらいいか分からない。ロープウェイ山頂駅にいったり、舗装路をウロチョロしたりして迷歩する。ようやく、ビューパレスの奥に標識を発見。本当に嫌になる。ここから、『六甲最高峰』まで終わりの見えない山中と舗装路を繰り返し。

2017rokkojuso73.jpg
とりあえず、六甲山最高峰に到着(17:34)

2017rokkojuso74.jpg
とても綺麗な六甲山最高峰からの夕日


ようやく、『六甲山最高峰』に到着した時は夕暮れ5分前のうつくしい景色がまっていてくれた。ここで、気温の低下に備えて着替えと栄養補給を行う。準備の間に完全に日暮れてドンドン暗くなっていく。宝塚まではまだ26㎞近くある。緩やかな下りが続くとはいえ、初めての道を迷わず行けるか検討が必要だ。

恐らくは『縦走分岐』を簡単に見つけることができるかがキーになるはず。『縦走分岐』から縦走路にはいれば、エスケープルートはない1本道だ。迷うことはまずないだろうと予想した。とにかく、下に降りて縦走分岐を探そうと決めて『一軒茶屋』方面に降りていくのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

兵庫県神戸市 勝手に六甲全山縦走大会 (その⑦) 2017/10/08

2017rokkojuso57.jpg
摩耶の石舞台という展望地があるようだ(14:17)

2017rokkojuso58.jpg
少し迷って『オテル・ド・摩耶』に到着(14:18)


ようやく前回のリタイアポイントの掬星台までやってきた。ここから初体験の道が続くため道迷いによる時間ロスが心配である。結果からいうとここから幾度となく道迷いをして満足のいかない山行になってしまった。その反省も含めて記録していくことにしたい。掬星台を出発してまず向かうのは『オテル・ド・摩耶』であるが、どこを歩いたらいいかよくわからん。

2017rokkojuso59.jpg
『天上寺曽門』にくるのも微妙に迷う(14:21)


時間も時間なので登山者の数が極端に減ってる印象。移動ペースの早いトレランに人はまあまあ見かけるものの、目的地が分からない以上うかつについてはいけない。標識をさがすがハッキリわかるものが見当たらないので適当に歩くことにしてとにかく先に進む。やはり、1つ1つ確認しながらの歩行はペースはかなり遅れてしまう。

2017rokkojuso60.jpg
アゴニ―坂分岐(14:23)

2017rokkojuso61.jpg
アゴニ―坂が下り坂でテンション下がる…


間違わず『オテル・ド・摩耶』に到着したものの、次はどの方向にいくのか分かりづらい。なんとか『天上寺曽門』につくと標識がしっかりあり、今度は『アゴニ―坂』を歩く。てっきり登り坂だと思っていたら下り坂である。ハッキリいって登りのほうが楽なのだがとかブツブツ言いながら下っていくと奥摩耶ドライブウェイにでる。

2017rokkojuso62.jpg
『自然の家』を横目にすごす(14:44)

2017rokkojuso63.jpg
看板だけ観に『三国池』へよる(15:05)


ここから、舗装路と山中を繰り返し『三国池』に到着。ここを抜けると『丁字ヶ辻交差点』まで会社の保養所らしき施設が続く。『丁字ヶ辻交差点』についたとき、ここが『丁字ヶ辻交差点』であることに気付かず現在地確認に手間取ってしまった。で、ここから、交通量の多い西六甲ドライブウェイを歩くことになる。ここから、『記念碑台』までは道が狭いので特に注意が必要。

2017rokkojuso64.jpg
丁字ヶ辻交差点へ到着(15:19)

2017rokkojuso65.jpg
縦走者のオアシス『藤原商店』(15:24)


『記念碑台』に行く途中、『藤原商店』で一服。縦走者やトレラン、サイクリストなどのオアシスとして紹介されていることが多いお店である。で、このあたりから、つま先の違和感が気になりだす。おそらく「水ぶくれ」だろう。残念ながらテーピングはもってきてない。なんとか持たせるしかない。

2017rokkojuso66.jpg
ようやく『記念碑台』へ到着(15:44)

2017rokkojuso67.jpg
記念碑台からの展望


『藤原商店』からしばらく舗装路を歩いて、ようやく『記念碑台』に到着。このあと、縦走コースのなかで一番楽しみにしていたゴルフ場の中をあるくことになるのだが、ここでとんでもないミスを犯すことになる。

次回につづく…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ