山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 登山口~山頂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

山口県美祢市 桂木山 [景清洞コース] 2018/01/06


桂木山[景清洞コース]の全行程


久しぶりに山に行ける時間ができたので美祢市にある『桂木山』に向かうことにした。桂木山には登山コースがいくつもあるが、以前、トライして道迷いで撤退した『景清洞コース』に再トライすることにした。『景清洞コース』の登山口は景清洞から県道239号線を鎧峠方面に向かう途中にある。

2018katsuragi_kagekiyo03.jpg
2箇所道迷いしてます


撮影するのにコースを分かりやすくするために景清洞トロン温泉から出発した。登山口まではアスファルト道の坂道を歩きます。登山道に入ってからは、荒れ気味の道を道なりに進みますが、不明瞭な場所があり、山への取り付きと山腹支尾根途中の分岐の2箇所で道迷いをした。

2018katsuragi_kagekiyo02.jpg
出発地に景清洞トロン温泉にはお人形さんが…

2018katsuragi_kagekiyo01.jpg
こんなのもありました


2箇所目の道迷いは以前、迷って引き返した場所で随分と先に進んで迷いに気づき、大きく時間ロスした。このコースは稜線に合流するまで支尾根の厳しい斜面を登ることになる。また、稜線に合流しても山頂まで随分歩くことになる。山を歩いて疲労を感じたのは久しぶりだ。

2018katsuragi_kagekiyo04.jpg
山頂の石祠

2018katsuragi_kagekiyo05.jpg
山頂からみえる秋吉台

2018katsuragi_kagekiyo06.jpg
山頂からみえる日本海


桂木山の山頂には石祠が2つある。天気が良ければ日本海と秋吉台が見えるほぼ360度のパノラマ展望で風景もすばらしい。この日は生憎、霞みがあり展望はイマイチでしたが、やはり、面白いお山でした。コースがまだまだあるので、機会があれば別コースも歩いてみたいものです。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

山口県下関市 火の山 [火の山公園遊歩道コース] 2017/11/26


火の山公園遊歩道コース全行程


展望台がなくなってから初めて火の山を登ってきました。登山口は下関側の人道トンネル入口のある『みもすそ川公園』駐車場。ここから、火の山ロープウェイ山麓駅に向かい、公園遊歩道を歩き山頂へ向かいます。振り返ると関門大橋を臨む景色が広がる場所があったりして少しプレミアム感があります。

2017hinoyama_yuhodo01.jpg
みもすそ川公園そばの火の山ロープウェイ山麓駅入口が登山口です


季節の見所は山麓公園にあるチューリップ園です。4月に来訪すると華やかな遊歩道を歩くことができます。登山道に取り付くと山頂直下のロープウェイ山頂駅までつづら坂を直登することになります。現在は山頂展望台がなくなってますので、山頂の展望はよくありません。新しい展望台が2019年頃できるようなので楽しみにまつしかないでしょう。

2017hinoyama_yuhodo02.jpg
火の山山頂標識

2017hinoyama_yuhodo03.jpg
展望台があった場所は盛り土のみが残っている状態

2017hinoyama_yuhodo05.jpg
展望所も立入禁止(禁止場所に入っているアジア系外国人)


代わりの展望所といえばロープウェイ山頂駅の展望台で関門大橋と周辺の景色を一望できます。旧展望台からの景色はよかったですが、ガラス越しの景色に少し不満がありました。その点、ロープウェイ展望台はオープンスペースなので、ガラスによるストレスがないのが良いです。

2017hinoyama_yuhodo04.jpg
ロープウェイ山頂駅展望所からみる関門海峡の景色


山頂には車でもいけますが、山頂まで30分ほどなので時間ある人は歩いていってはいかがでしょうか。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県宇部市 霜降岳 [田代池コースAルート] 2017/11/19




山登りには雑用の合間しかいけない状態ですが、賞味期限に関係なく紹介しようと思います。今回は霜降岳[田代池コースAルート]です。霜降岳はこれまでなんども紹介したホームコースと呼べる里山ではありますが、細かいルートをいれるとまだあるので、機会があれば掲載いきます。

shimofuridake_tashiro01.jpg
末信地区からみる霜降岳全景


田代池コースAルートは末信地区を登山口にして、一旦、田代池を目指し、鳥越峠→鳥越池→前城を経由して山頂を目指すコースです。あまり一般的なコースでないうえ、登山口には獣対策の柵があり、とっつきにくいコースであります。今回は山陽本線の大馬場踏切を出発地点にして歩き始めました。

shimofuridake_tashiro02.jpg
山中にある田代池


のどかな田園風景を見ながら、厚東川にかかる末信橋を渡り、前方にそびえる霜降岳を見ながら登山口に向かいます。田代池までのルートには標識がなく、途中迷いやすい箇所がありますが踏み跡はあるので気をつければ問題ないでしょう。田代池は他コースとの合流点なのでココで管理道にいってもよし、鳥越方面にいっても良しという選択になります。

shimofuridake_tashiro03.jpg
夕暮れ間近な霜降岳山頂


このコースの霜降岳ではマイナーコースという以外の面白味は特にないのですが、あまり人が歩かない、紹介されていない場所を歩く面白味はあるので興味がある人は挑戦してもいいと思います。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 東鳳翩山 [二ツ堂コース] 2017/09/17


東鳳翩山二ツ堂コース全行程


先週のお話。右田ヶ岳の撮影が終わり、向かったのは『東鳳翩山』です。東鳳翩山のメインルートはほとんど歩いていますが1つだけ歩いたことがないルートがありました。『二ツ堂コース』です。『二ツ堂コース』は東鳳翩山で一番ベーシックなコースですが下山でしか利用したことがありません。なんとなく、面白くなさそうというのが理由だったのですが。今回利用することにしました。

2017higashihoben_futatsu01.jpg
山頂標識


二ツ堂コースを歩く場合の駐車地は錦鶏湖駐車場が便利がいいのですが、あえて錦鶏の滝入口駐車場から出発します。理由は特にありませんがいつも使っている場所なので気分の問題だけです。気分の問題がなければ錦鶏湖駐車場が便利がいいです。駐車場から登山口までの舗装路が微妙な距離で面倒です。

2017higashihoben_futatsu02.jpg
山頂からの山口市街の展望


登山口からはつづら折りの登りを稜線付近までひたすら登ることになります。展望もなく単調な登りですが、不思議と単調作業が空きません。このコースは途中、ナマナマコース、21世紀の森コースと合流点を経由して山頂に向かうことになります。迷うような箇所はなく、道もよく整備されているので家族連れの登山者をよく見かけます。

2017higashihoben_futatsu_gps1.jpg
東鳳翩山二ツ堂コースログ


稜線からは所々展望も開けてきて山口市街の景色をみるとそれなりの達成感が湧いてきます。山頂は山口市街を一望できるだけではなく、日本海も見渡せる自慢の景色が広がります。夕刻が近づいていたので皆さん下山、山頂は貸切状態です。夕刻は随分と冷え込んできました。いよいよ、秋らしくなってきました。

今年は近場でもいいので紅葉登山にでも行きたいものです。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県防府市 右田ヶ岳 [北ルート尾根コース] 2017/09/03


右田ヶ岳[北ルート尾根コース]全行程


最近は右田ヶ岳ばかり登っておりますが、ルート撮影は一部枝道を除いて完了したので、次回からしばらく別のお山にいくことにします。さて、「北ルート尾根コース」ですが、先日歩いた「北ルート谷コース」と登山口は一緒です。が、山頂まで直登できる尾根筋は展望が良く心地よい。

2017migita_kitaone01.jpg
この日も心地よい風が吹いてました

2017migita_kitaone02.jpg
この日の山頂標識

谷コース同様、通常のコース取りだと登れないので一旦、別コースから山頂を目指し、谷コースから下山、そして、尾根コースから山頂を目指すという面倒くさい段取りで歩きました。この1週間で空気はすっかり秋模様。日差しはありますが、気温は真夏に比べて3度ほど低いため歩きやすくなっています。

2017migita_kitaone03.jpg
最近はアタリ日が多い

2017migita_kitaone05.jpg
こちらは徳地方面の展望

2017migita_kitaone04.jpg
こちらは佐波川河口方面の展望


この日も天気が良く山頂からの展望は素晴らしいの一言です。さて、最近見慣れた山頂展望ですが、しばらく別のお山に移動しようと思っています。またね、右田ヶ岳。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。