山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 食べ物

『アタリ』がうれしいものだと改めて気づかせてもらった

atari_gattai01.jpg
ファミマのアタリ棒と包紙のアタリ説明



小腹がすいたときなどコンビニの惣菜コーナーをよく利用する。中華まん、コロッケ、アメリカンドックなど手軽にお腹を満たしてくれるので重宝している。コンビニよってラインナップが少々違うし、味も多少ながら違うのでそれぞれ楽しんでいるのだが、よく行くのはファミマである。

理由をいつも考えるんだが、セブンを避けている理由だけはハッキリしている。ラインナップが貧弱で、量が少なく、値段が高いからだ。それでいて味も他所とさほど変わらないため、おのずと選択肢から外れているんだと思う。じゃあ、ファミマに行く理由を考えるとよくわからない。ローソンとファミマはセブンより惣菜に力をいれている印象があるんだが、ローソンよりファミマにいく。きっとローソンの店舗が少ないからだろう…。

で、先日もファミマに立ち寄って「鶏つくね棒」を買って食べたんだが「アタリ」が初めてでた。そう、ファミマの串系惣菜(ジャンボフランク、アメリカンドック、鶏つくね棒は棒にアタリ刻印がされていたらもう一本もらえるというウレシイ遊びがついているのだ。このことは包紙にかいてあるので知っていたのだが、自分が当たるとは思ったこともなく、刻印された文字を見ても最初は何のことかわからなかった。

鶏つくね棒1本130円だったか…。社会人になった当方としてはたいした金額ではない。それでも、ただでもう一本もらえるというシステムに興奮できる自分がまだいる。ただ、当たったあとアタリ棒をカウンターにもっていくのは些か抵抗ががある。いい歳をした人間が当たり棒をもってカウンターにいく姿を想像したときに恥ずかしくなってしまうのだ。


アタリ棒を記念品として所持するか、使うか、しばしの葛藤後、結局交換してもらうためにカウンターにいったんだが、ただでもらったつくね棒はやはり美味しかった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

山口県山口市 はあと農園 2017/03/20

2017heartfarm01.jpg
コンビニを改装した店舗


愛用のダウンハガー(シュラフ)が破れたのでモンベルに発送。帰り寄ったのが「はあと農園」である。ここの存在はオープン時から知っていたのだが、立ち寄る機会がなくこの日を迎えることになる。空き店舗として放置されていた旧コンビニを改装してつくられた喫茶店のような店舗は手作り感が漂い今時のカフェとは一線を画す。

2017heartfarm02.jpg
不揃いだが甘くて美味いイチゴがどっさり


裏手にあるイチゴ農園が運営していて、いちご狩りの受付も兼ねているようだ。いちご農園の出店だけあってメニューはイチゴだらけであり、イチゴ好きにはたまらない店舗である。注文したのは「いちごたっぷりパンケーキ 680円」と「いちごサイダー」である。出来栄えはプロというより素人っぽいのだが、その名に恥じないタップリのイチゴ、生クリーム、ボリュームあるパンケーキとこれでもかとイチゴが楽しめる。そうそう、パンケーキかけるソースもたっぷりのイチゴソースである。

2017heartfarm03.jpg
イチゴの味がちゃんとするサイダー(よく混ぜて飲むこと)


イチゴサイダーもたっぷりのイチゴジャム?を使用しているので本物のイチゴの風味を楽しめるのがよい。変に気取ってなく、ゆっくりとイチゴを楽しめるので個人的にすきな空間だ。ただし、いちご狩りにきている団体さんと出くわすと店舗が人でごった返してしまい、たちまち落ち着きのない空間になるのが玉に瑕か。

2017heartfarm04.jpg
手作り感タップリ・成長の余地ありで楽しみ


とにかく、いちごを純粋に楽しみたいかたにはお薦めのお店であると思う。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

福岡県嘉穂郡 かほラーメン嘉隈 2017/01/28

2017kahoramen01.jpg
かほラーメン嘉隈外観


ブログ更新が遅れがち。なんだかんだで忙しい。過去ログだがとりあえずのせとこ。

2017kahoramen05.jpg
少し塩辛さを感じた豚骨ラーメン

2017kahoramen06.jpg
チャーシューはジューシー

2017kahoramen07.jpg
味付け唐揚げは熱々で美味い


宝満山に登ったあと立ち寄ったラーメン屋「かほラーメン嘉隈」。メニューはラーメンと唐揚げが主役でライスがサブといった感じ。餃子のかわりが唐揚げといった感じだ。注文は迷わず唐揚げ定食。ラーメン、唐揚げ、ご飯orオムスビ、小鉢、味噌汁、漬物がつく。唐揚げは注文してから揚げるので時間がかかるようだ。

2017kahoramen03.jpg
紅しょうがと…

2017kahoramen04.jpg
辛子高菜は無料


辛子高菜と紅しょうがは無料。ラーメンは濃いめの豚骨。スープの塩気が多いのが気になりスープを飲むのを途中で断念。唐揚げは外はカラッと、中はジューシー。衣に味がついておりナカナカ美味い。とはいえ、こちらも味付けが濃く2個も食べれば満足する。濃いめの味付けが好きな人は御飯も進むし満足できるのではないだろうか…。

2017kahoramen02.jpg
どうやら餃子はないようだ…


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

福岡県福岡市 博多もつ鍋 一慶 西中洲店 2017/01/14

horumon_ikkei01.jpg
店舗外観


福岡編も今回で最後です。糸島をあとにして宿泊地の中洲でチェックイン。夕飯はホルモン鍋でも食べたいとフロントで良い店を聞くことにした。そこで紹介されたのが「博多もつ鍋 一慶」である。紹介してもらわなければ決して足を踏み入れないようない裏手のビルの2階に目的地はある。

horumon_ikkei02.jpg
ホルモン鍋(しょうゆ味)


入店すると店員に予約の有無の確認をされたが「していない」とにこやかにいうと、2時間でよければという返事が返ってきた。店内はほぼ満席で、このあとも予約が入っているのだろう。案内されたのは小さな個室で他のオープン席よりくつろげる。で、ホルモン鍋や牛タンやオチャケを飲んでいたらすっかり撮影を忘れていた。

とりあえず食べる前の写真だけは撮っておいたのでアップしておく。味は出汁が少し塩辛い感じがして、つくづく今日は辛目の店にぶつかる日だなと実感してしまった。次は水炊きを食べることにしてお店をあとにした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

福岡県糸島市 ごはん屋 格(イタル) 2017/01/14

gohan_itaru01.jpg
イタルの外門


意気消沈で牡蠣小屋をあとにした。とにかく、お口の中を上書き処理したいと思い牡蠣小屋で隣人が話していた糸島プリンなるものを探すことにした。調べると、糸島プリンとは「まいにちの塩」なる塩を使用しているそれは美味しいプリンらしい。とはいえ、糸島牡蠣にやられた余韻が残るなかでこの選択は間違いないのか…。

gohan_itaru02.jpg
喫茶のくぐり戸


まあ、時間もさほどないので選択の余地はない。場所も幸い近くだしナビに任せて向かうことにした。場所は市街から少し離れた田畑の中の一軒家だ。どうやら古民家を改装しているらしい。家の前に何台か駐車してあるのですぐにわかった。邸内には3つの建物があり、喫茶室、売店、食堂で構成されている。

gohan_itaru03.jpg
ごはんと喫茶は時間帯入替方式であるようだ


食堂は昼食時間と夜間、間の時間を喫茶として営業しているようだ。入口はくぐり戸、わざと便利の悪いくぐり戸にしている。中に入ると高い天井にむき出しの梁、石造りの土間、磨きこまれた廊下、暖かい炎があがる薪ストーブ。こうなると、食事も俄然期待してしまいます。

gohan_itaru04.jpg
花塩プリン

gohan_itaru05.jpg
濃厚なプリンにかわいいクッキーがのってます


飲食は居住区の居間だった場所ではないだろうか…。畳敷で中央にあった襖を取っ払い大広間にしたうえ、広めの卓袱台を10個ほどおいてある。敷いてあるのは座布団ではなく、厚めのクッションで座るにもよし、枕にするのもよし、広いのでイロイロと使えそうだ。席からは庭が見えて落ち着く。

gohan_itaru06.jpg
珈琲


メニューにはお食事・甘味・飲み物の項目があり、花塩プリンとコーヒーを注文した。透明のガラス製カップに1/3ほど入ったプリンは赤黄色で市販のプリンより色が濃い。中央にはクリームと魚の形をしたクッキーが添えてある。まずはクッキー。うん、普通のクッキーだ。そして、プリン。うん、おいしいプリンだ。いや、大変美味しいプリンだ。

実は、プリンだけでは物足りなかったので、ぜんざいも注文したのだが、そのぜんざいが絶品でありました。お店が近くにないのがとても残念です。このお店のおかげで牡蠣の上書き処理が完全完了。心置きなく宿泊施設を探すこともできるし、移動することもできそうです。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ