山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2012年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年11月

山口県美祢市 鞍掛山 山頂 2012/10/28




「eva Q」は「オバQ」よりも難解なことを理解したなぁ…。

上映開始から1週間強が過ぎた平日に観にいった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」は平日のラスト上映ということもあって20~30人ほどしかおらずいささか拍子抜けだったなぁ…。

いつもどおり評価を二分する作品なんだが今回も御多分に洩れず評価が分かれているようだなぁ。個人的には映画はスッキリ、面白ければそれでいいといった感じなので鑑賞後いろいろ考えさせられそうな作品は意図的に避ける傾向があるわけだが流行ものでもあるし、一応全て目を通してきたので今回も足を運んだんだなぁ。

で、感想をいうと言われているほど「難解ではない(説明不足ではない)」し、「evaらしさが戻ってきたというほどでもない」し、「ストーリーが飛びすぎているわけでもない」し、4部作の3つ目ということで起承転結の転だといえば納得もいく。そもそも、オリジナル作品そのものが中途な作品だったので、補完する形の劇場版は別にして、オリジナル版を元にした全く新しいストーリーである今回の新劇場版はもはや別の作品として観るのが自然なのではないのかなぁ…。

とはいえ、些か強引ともいえる今回の作品のおかげでなんとか完結編への道筋がついたのではないのだろうか?また、全体的に演出が効いていて飽きることなく最後まで楽しめたわけで不満はそれほどなかった。新劇場版の場合、これまでの成功があるので、監督自身がやりたいことを詰め込んできている雰囲気が伝わってくるし、それを良し悪しとする世論もこの作品の追い風になっているのは間違いない。

お願いがあるとすれば次回の完結編で良くも悪くもevaという作品は最後にしてもらうほうがいいような気がするなぁ。大人の事情でまたリメイクや派生作品なんかが出てくると痛い以外のなにものでもない。謎は謎として知らないほうがいいこともあるし、それ以外でも楽しめるエンターテイメントとしての内容はあるわけだから…。



小郡萩道路(無料区間)の鞍掛山トンネルが通っているお山「鞍掛山」に登ってきました。山頂に各社通信施設が建っているので山頂まで管理道が走っています。「赤間関街道・中道筋」の”下の峠”付近を出発点にして管理道に入ります。管理道は車が通れるほど広いですが、舗装されていないのでそれなりに山を歩いている気分にはなれます。

山頂にはNHKの通信施設が建っています(うる覚え…)。ここのはなかなかカッコいいです。展望はありませんし、ひっそりと隠れている三角点をゲットして早々と下山します。ここのようなトンネル山に最近興味がでてきてトンネル山シリーズなんかつくったら面白いかも…と考えています。


ポップコーン 映画館しか 食べないよ

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

山口県美祢市 桂木山 山頂 2012/10/28

文珠堂_紅葉


今年、最初で最後の紅葉狩り…。

三連休の最後の日に周防大島アルプス三山縦走をしてきました。その出発点の文殊堂の銀杏です。樹のほうは葉の大部分が落ちて残念ですが、落ちた葉が一面を黄色に染め上げています。もう少し早ければもっと綺麗な状態で見れたでしょう。わざわざ紅葉狩りに出かけることはないですが棚ボタな気分です。






秋空が見え始めた頃にようやく桂木山に登ってきました。夏場の桂木山頂は虫の大群が襲ってくるので癒されないのですが、この時期になるとそのての輩がいなくなるのでまったりくつろぐことができます。当日は鐙峠コースで山頂を目指しました。このコースは展望のない単調な長い尾根道歩きが続くので白糸の滝コースに比べると人気がないように思うわけです。山頂は360度の展望が望めるので天気が良いと気分をスッキリさせてくれます。


てくてくと あるくおねみち 無我夢中

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県周南市 永源山公園 山頂 2012/10/21




カロリーメイトは「ポテト味」が一番だなぁ~と思う。

「メープルシロップ味」もいいが、「ポテト味」はカロリーメイト独特の生地がポテトのホクホク感になんとなく似ていてお似合いだと思う。逆に苦手な「フルーツ味」は生地に入っているレモンピールとピーナッツの食感が口にあわない…。でも、ポテト味は大抵のコンビニには置いてないんだよぉ~。



旧新南陽市が市制事業の一環で永源山の公園化を実施。野外ステージ、プール、散策道、遊具等がある現周南市を代表する総合公園の1つである。中でも、一際目立つのが山頂に設置されたオランダ風車で周南市街からでもその様子を伺うことができる。山頂には展望台もあり周南市街が一望できるので夜景スポットとしても魅力的だと考えられる。今度、夜景を見にいくぞ~!


こうえんの 喫茶いくたび きにかかる

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

福岡県北九州市 (門司)古城山 山頂 2012/10/14




探し物をしていたら、ワンダースワンが出てきた…。

バンダイが発売した携帯ゲーム端末で最大の特徴は単三アルカリ電池1本で動く手軽さである。当時のバッテリー式電池は性能がよくなく、携帯ゲーム機に載せても稼動時間を稼げないことや、本体が大きくなる問題があった。そこで、液晶画面のバックライトを省くことで省電力化を実現し電池1本での運用を可能にした。

…が、これが失敗のもとでもある。バックライトがないため暗い場所でも明るい場所でも問題があり、よく見えないためゲームに集中できない…。その他理由もあり、発売後4年あまりで販売中止になった残念な製品です。

電源を入れると動いたので、保管しておいたFF4を挿入して遊んでみたが「なかなか、おもろい!、画面暗いけど…」。こういった不遇の子ほど久しぶりに会うと懐かしさがこみ上げてくるものだ。



出発点が関門海峡人道トンネルという変り種の北九州市門司にある古城山に行ってきた。下関側の人道トンネルから門司に渡り→めかり公園から古城山に向かう。今は人が使わなくなった荒れた遊歩道を利用して展望台まで行き、車道沿いに山頂を目指します。

古城山はその名のとおり城山で門司城(門司関山城・亀城)があったようだ。関門海峡が一望できるこの場所は物流、軍事面などの戦略上重要な拠点だったはずだ。山頂は関門大橋と関門海峡を見渡せる絶好のポイントで火の山とは違う景色を楽しめる。手軽にいけるお散歩コースとして歩いてみてはいかがだろうか。


うみのそこ ぶらりぶらりと さんぽみち

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県周南市 (湯野)天狗岩[基準点名] 山頂 2012/10/13




欲しいものは手に入れるまでが1番楽しいな。

ipod touchが予定通り、旅先帰った日曜日に到着しており開封の儀を実施した。薄く、軽く、美しくさすがAppleといった感じだ。さっそく、4th touchからの移行作業にとりかかる。移行事体はバックアップから復元するだけなのでさほど手間ではない。1時間ほどで作業が終えていろいろさわったが思ったより感動がない…。確かに個々の性能は正常進化しており不満はない…。が、驚きはまるでない。この程度の驚きしか体験させれないAppleの将来にちょっと不安を感じてしまうのは私だけだろうか…。



さて、(湯野)城山から大谷山方面には大幅の林道が通っているのだか、最初の分岐を大谷山方面ではなくもう一方に進路をとる。林道を突き当りまでとにかくあるく。そこから山に取り付くわけだが、途中までは踏み跡があるが少しずつなくなっていく。そこからは道なき森を尾根に向かってひたすらあるく。尾根に上がって東にしばらく進路をとると山頂である。

山頂には三角点があるのみで展望もなにもなしだし、基準点名の[天狗岩]らしい岩もないようだし、これといった情報もないのだがこういったあまり人の通らないルートはドキドキ感がたまらんのである。最近、計測にきたであろうピンクリボンが山頂付近に結びつけられてはいる。三角点好きの変わり者には手頃なお山だといえると思う。


ほしいもの くるときまでが はなざかり

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県周南市 (湯野)城山 山頂 2012/10/13




ipod touch の到着を心待ちにしているこの頃です。

新しいipod touchをアップルストアに注文して約1週間、上海の税関まで到着したであろうmy touchは予定通りだとあと3日で到着するだろう。現在使用中のmy touchの容量は残り180MBほどになり困っていたのと、電池が半日持たない状況で予備電池が手放せない状況であり買い替えを決意したわけだ。

iphone5も検討したが、さほど使わない電話とネットのために高い月額料金を払うのも馬鹿らしいし、iphoneを持つ諸経費を考えるとtouchを何台も買える計算になる。ネット接続したければWiFiルータでも契約すればいいし、現物を見ると薄くて軽く、カラーバリエーションがある分iphoneよりいい部分も多い。

早くお目見えしたいが、週末は出かける予定があり拝見するのは日曜の夜になりそうだなぁ。



(湯野)城山に向かうにあたって、大谷山への縦走も考えたがなんだか味気ない気がして、城山→天狗岩(三角点)→大平山の縦走をすることにした。湯野温泉登山口から登りはじめたわけだが、参道ということで道ははっきりして迷うことはない。むしろ、標識が整備されていない登山口までのほうが分かりにくいかもしれない。

時間短縮のため、裏参道コースを選んで山頂に向かう。山頂まで続く適度な斜面を休むことなくどんどん進む。山頂手前の急坂を登ると山頂の石祠が出迎えてくれる。遮る木々が少しあるが、ほぼ、360度の展望を楽しむことができるので到着時の爽快感がある。しばし、休憩して天狗岩(三角点)に向かうことにした。


さんちょうの しろやまおもい こしかける

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県防府市 高黒石 山頂 2012/10/08




風力発電の風切り音は予想以上にすさまじいな…。

風車は何度も見たことはあるが廻っているのは初めて見た。風切り音とモーター音が予想以上に大きいので驚いた。騒音と低周波音が問題としてとりだたされているが近隣に家があれば当然問題になるだろう。自然エネルギーで環境にやさしいようなフレコミだが、機器を設置するのに山をあれだけ切り崩さなくてはならないなら自然の大概やさしくないきがするな~。



今日は前回紹介した「龍野山」のちょっと先にある「高黒石」の紹介だぁ。このお山の特徴は三角点があること以外は特にない…。展望もあまりなく、山道も中国電力の管理道なのでキレイすぎるし、山頂というか峠といった感じで面白みはほとんどない。

地元人のおっちゃん2人と話したが1人は山名を言ってもまったく分からずこちらが説明する始末…。もう1人の齢83歳のおじいさんの話だと、昔は現在ある車道はなく街にいくのに登山口から山道を入り街まで行っていたそうだ。街に行くのは年に数回で基本は自給自足の生活だったとのこと。山道にはそのなごりなのか石標が残っている。

今回は湯野側から登ったが、防府側から登ったほうが近いし分かりやすいと思われる。


てっぺんで 食べるあんぱん おいしいな

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県周南市 龍野山 山頂 2012/10/08




リコールになると封書一枚で済ませる不可解…。

先日、当方の車がリコール対象である旨の封書がきた。点検でも、車検でもこまめに電話してくるのにリコールとなるとな~んの連絡もなし。お好きにどーぞという感じ…。外車に乗ってたときのリコールの場合は電話連絡ありのしっかり対応だったのだが…。やっぱりこんなもんなんでしょうか?TO○OTAさん。



龍野山は湯野上河井登山口から高黒石に向かう道すがらにあるお山です。山頂には周南市の地籍図根三角点があるのみで、展望もなく人生の通過点のように通過したら振り返ることも思い返すこともなさそうなお山です。山道は中国電力の管理道が通っているのでキレイではっきりしているのですが、標識はないのでご注意を…。


おもひでは そのほとんどが やぶのなか

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 佐波山 山頂 2012/10/08




お好み焼きは関西風派のうーめんです。こんばんわ。

粉の塊といわれようが、誰でも作れるといわれようがやっぱり関西風が好きだな。広島風はクレープに挟まれた蒸し野菜という感じがする。ただ、広島風のほうがつくるのに技術がいりそうなぶんありがたみがあるような気がするなあ。近所のお好み焼き屋も広島風が多く、関西風のファンとしては選択肢が少なくて困る…。



佐波山登山の一番の難所は谷あいの登山口から沢を詰めた場所にある露岩登りとその上のシダ藪登りといえる。岩は滑りやすく、シダ藪は足元が見えず急登で登りにくい。ここさえクリアすれば開けた展望のよい場所にでる。そこから見える佐波山の雄姿はなかなかのものである。

尾根から先は道が悪い箇所がいくつかあるが迷うことはない。佐波山の尾根にでて、わずかに残る荒山道をずんずん進むと展望の開けた山頂につく。山頂からは右田ヶ岳、防府市街と遠くに周防灘が一望できる。山、町、海の配置がよく、なかなかよいお山である。


おもしろい 難所攻めの あるお山

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県宇部市 塩見山 山頂 2012/11/04



見つからなかったものが見つかった時の嬉しさは幾つになっても同じだな~。

本日、山口県宇部市にある塩見山の三角点を発掘したわけです。塩見山は宇部72カントリークラブ阿知須コースの北側にある小さなお山ですが、三角点があるし完頂しなければと思っていたわけです。これまで、山頂付近のシダ藪がものすごく、登頂者を退けてきた当山ですが、何度かの挑戦の結果やっとこさ三角点を発見したと同時に登頂も果たせたので大変嬉しく思っております。



塩見山は高さはないもののアプローチに時間がかかること、山頂付近が背丈ほどのシダのおおわれているため、山頂付近までいってもあきらめて帰る人が多いと思う。実際ここ数年塩見山の三角点を拝んだ人はいないと思う(そもそも拝む必要があるかは疑問だが…)しかしながら、塩見山は山頂が分かりにくい地形なので三角点を見た見ないでは登頂感がまるで違う。

今日は三角点を拝むにあたって、それなりの準備をしていった。前回行ったときにはなかったピンクのリボンが山頂付近にあったが三角点は発見できずに帰ったらしい。シダ藪の中から三角点を発見後、周りをキレイに散髪しておいた。…が、登山口や山道は相変わらずのシダまみれである。

今回はイレギュラーな紹介をしだが、次回からは通常の紹介をしていきたいと思う。


塩見山 三角点の おでましだ

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県美祢市 (大田)極寒山 山頂 2012/10/07




プリムスよりもEPI派です。こんばんわ、うーめんです。

EPIガスの好きなところはガスカードリッジのデザインがカッコイイところかな…。15年前くらいに初めて買ったストーブとランタンがたまたまEPIガスだったのでカードリッジを共通にしたいがため、その後もEPIガス製品を買うようになってしまった。とはいえ、ランタンの1台だけがキャンピングガスなんだけどね~。



決して極寒ではない「極寒山」に登ったわけです。山に登った実感がないほど山頂はなだらかでどこが山頂かわかりません。ということで、山頂あたり全体を撮影したわけです。展望はないし、三角点もないし、おもしろいものもなし。名前に似合わず地味~。


名前負け しているお山 そこにある

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。