山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2013年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年05月

山口県美祢市 (秋吉台) 笠木東[基準点名] 2013/03/23




久しぶりの投稿になるわけで…。

ゴールデンウィークが終了後、多忙な仕事と土日は鳥取・島根・熊本に飛びまくっていたため、ブログの更新がままならなかったが助走をつけつつ再開したいと思う。

さて、笠木山あとにして向うのは笠木山の東にある三角点ポイントだ。基準点名[笠木東]の名前どおりほぼ真東にある三角点に向かい、焼け野原を真東にあるく。三角点は分かりやすい場所にはないので地形図を頼りに場所を推測して見つけた三角点地点からは笠木山が良く見えた。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

山口県美祢市 (秋吉台)笠木山 山頂 2013/03/23




先日、蓮華山に登ったので秋吉台最後のお山「笠木山」に登った。

このお山は夏に1度挑戦したが、深い緑に阻まれて無念のリタイア…。そんな痛々しい記憶が蘇る笠木山も今は坊主頭になって「よいこ・よいこ」している。

akiyoshi_kasagi03.jpg
笠木山山頂


というわけで思いのままに気の向くまま適当にチョロチョロと歩いていると山頂に到着した。山頂には秋吉台のお山の証の石標がある。展望は秋吉台の他のお山と同様にスカッとさせてくれる素晴らしいものだ。

笠木山はいつ登るか…
やっぱ、今でしょ!

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県美祢市 (秋吉台)蓮華山 山頂 2013/03/20




この日は野焼きが終わった秋吉台に行ってみた。

秋吉台のお山でまだ登っていないのは「蓮華山」、「笠木山」の2つ。野焼き後の今が歩きやすいお山である。この日は昼からの出発だったのでどちらかに登れればOKという感じだった。

akiyoshi_renge01.jpg
良悟松の標識(アップ表示可能)


駐車地は長者ヶ森の近くの大型駐車場である。ここから、中国自然歩道を歩いて蓮華山に向うことにした。行程は北山方面→冠山方面→良悟松→別府方面→蓮華山である。

akiyoshi_renge04.jpg
良悟松付近からの地獄台の様子


良悟松の存在は知ってはいたが、見るのは初めてで少し興味がある。…が、現地について見ると松らしきものが何もない。なんで…?後から調べてみると1995年にすべて枯れているようだ。標識だけあってもなぁ~。

akiyoshi_renge02.jpg
良悟松を中心にした付近の案内図(アップ表示可能)


良悟松あたりから地獄台が良く見える。なんで、地獄台なのか?と思っていたが標識をみて納得。秋吉台って全体が丸見えなので迷うことがなさそうだが、迂闊してるとどうやって戻ったらいいか分からなくなる恐ろしさがある。

akiyoshi_renge03.jpg
地獄台標識


この時期は野焼きのおかげでどこからでも登りやすいが、黒こげていて景色がイマイチなのが玉にキズなのだ。三角点は草むらに隠れていて探すのに苦労したがなんとかゲットして、西の西山を経由して下山した。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県下関市 珠数山 2013/03/17




三郎山を下山してこの日、最後のひと山に選んだのは珠数山だ。

動画のテロップの[数珠山]は間違いなのでこの場を借りて訂正しておきます。[数珠山]と紹介している他サイトも多くあり、どちらが正しいのかすらも定かではないが地図に書いてあるものを正解とする。

juzu01.jpg
登山口にしたシニアウェルネス奥の管理道


珠数山の山頂は西大坪町の「シニアウェルネス下関壱番館」がある場所と思われるが、響灘方面から南側に森が残っている。今回はこの珠数山中腹あたりを散策したつもりだ。よって、番外編扱いとしている。

juzu02.jpg
廃墟1


山中は竹林と雑木で構成されていて、さほど荒れていない。奥に進んでいくと何やらコンクリートで出来た建造物が目の前に現れた。中を見てみると昔のブラウン管テレビや鍋など生活臭のするものが残っていた。

juzu03.jpg
廃墟2


あとから分かったのだが、どうやらこの施設群は大戦中、珠数山に設置されて砲台設備とその関連施設らしい。その場では何の施設か分からなかったが、その風貌に些か興奮してしまった。

juzu04.jpg
廃墟3


施設群のすぐ下の斜面に民家があって、こんな住宅街にまだこんな施設が残っているとは驚きだ。こんな、中途な状態で置いておくより、保存するなり解体するなりハッキリしたほうがよいと思う。

juzu05.jpg
廃墟4


こうした廃墟マニアを唸らせるものばかりでなく、山中には子供が作ったのか、住居目的でつくったのか本格的な秘密基地らしき小屋の残骸が何か所かあり興味をそそられた。

juzu06.jpg
廃墟5


今回の低山巡りでは下関市街の小さなお山の魅力を充分に楽しむことができた。実は、登りたいお山が他にも何箇所かあったのだがタイムアップのため次回に持ち越しだ。

juzu07.jpg
廃墟6


実は[下関低山巡り第2弾]も先日行ってきたのでいずれ紹介できると思う…。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県下関市 三郎山 山頂 2013/03/17




火ノ見山をあとにして向かったのは蒲生野にある三郎山である。

昭文社の地図に表記されていたお山で場所の特定は紙地図のみでしている。帰宅してほぼ間違いないことを確認して掲載することとした。

saburou01.jpg
県道247号線沿道からお山に向う


三郎山は下関球場の北に位置し、山頂付近まで住宅が建っている。一見お山には見えないが、東側から見ると確かにお山である。県道247号線沿いにセブンイレブン(球場の近く)があるので駐車させていただきお山に向かう。

saburou02.jpg
縄が立派な道祖神?


住宅地を抜けてお山に向っていると、道祖神の類だろうか…。今でもしっかり祀られていて信仰が絶えてない石神様がある。ここから、北に少しいくと山麓に到着する。

saburou03.jpg
登山口にした場所


三叉路にでるのでごみ集積場の方面に進み、少しいった場所を登山口とした。笹薮の中に踏み跡があるので思い切って突撃するとすぐに開けた雑木林が広がる。

saburou04.jpg
踏みあとはしっかりある登山口


ふっくらと盛り上がっている程度のお山なので、なんとなく登ればアッという間に山頂につく。とはいえ、どこが山頂なのか分かりづらい…。雑木の間から山頂付近に建っている民家が見えるので山の雰囲気はまるでない…。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県下関市 火ノ見山 山頂 2013/03/17




権現山[権現山公園]をあとにして火ノ見山に向かう。

権現山から火ノ見山までは車で10分もかからない。麓の豊神社に駐車させてもらい登山開始だ。この神社には言い伝えがあって案内板がでていた。詳しくは現地にいて見てもらいたい。

hinomi01.jpg
豊神社入口


神社入口には「火ノ見山ふれあい登山道」なる標識もあり整備された山道を想像させる。…が、実際は歩くのに問題ない程度の山道で山頂まで直登する急坂を登らなくてはならない。

hinomi02.jpg
登山口標識


逆をいえば、ほぼ直登なので迷いようもなく最短距離を山頂まで突き進むことになる。山頂は藪で覆われていたようだが、キレイに刈り込まれている。

hinomi03.jpg
豊神社拝殿


展望はないが、石祠と三角点があるし信仰のお山の雰囲気を醸し出しており悪くない。とはいえ、寛ぐ場所もないのでいそいそと下山して次のお山に移動する。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県下関市 (大学町) 権現山[権現山公園] 山頂 2013/03/17




大鳥越山をあとにして権現山[権現山公園]に向かう。

鳥越山から10分もかからない場所にあり付近までは簡単にいけるのだが、南側入口から登ろうとして失敗した。南側入口付近は道が狭い上、駐車地だか私有地だか分からない空き地しかないので駐車してよいか迷ってしまう。

daigaku_gongen01.jpg
南登山口


それでもなんとか駐車地を確保して登山を開始。雑木林を5分も歩けば公園メインロードと合流。約10分の行程は呆気なく終了…。山頂は公園化されていて山頂付近にお堂がある。

daigaku_gongen02.jpg
権現山入口


よく整備されている綺麗な公園だ。桜の季節になればお花見もできるのではないだろうか…。展望も北方面に優れていて市街のオアシス的公園といえる。登山はメインロードを使うことをお薦めする。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県下関市 大鳥越山(鳥越山)  山頂 2013/03/13




茶臼山をあとにして大鳥越山(鳥越山)に向かう。

最初は宝町集会所あたりから取り付こうと考えて付近までいったのだが、駐車地の確保が難しいと判断し、その場を離れ東側の斜面から取り付くことにして移動する。

torikoshi01.jpg
マリーゴールドガーデンヒルズから登山口へ


矢風呂池あたりの造成地付近に駐車して、ローソンを目印に斜面に建てられた住宅地の間を階段をつかって登っていくとケーブルネット下関の建屋が見えてくる。

torikoshi02.jpg
登山口


ケーブルネット下関とマリーゴールドガーデンヒルズの間の道を奥に進むと山に取り付ける場所があったので、ここを登山口とする(手前に写っている車輌はケーブルテレビのもの)

torikoshi03.jpg
下山地にした新椋野配水場


このお山は南北2つのピークで構成されていてまずは南のピークを目指す。山道は一部荒れているが難なく南ピークに到着。北ピークには尾根道沿いに向かえばいいのだが三角点の場所は分かりづらいので注意が必要。

torikoshi04.jpg
配水地への道沿いに駐車地に戻る


山頂の展望は南ピークは全くなく、北ピークは東側に開けている。造成のため斜面が大きく削られていて柵がしてある。下山は南ピークから柵を避けて配水場に向かって降りて道沿いに駐車地まで戻ることにした。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県下関市 (前田)茶臼山 山頂 2013/03/17




大唐櫃山を下山後、前田にある「茶臼山」に向かう。

大唐櫃山駐車地から県道246号線を下関市街に10分ほど車で走ると目的のお山が目の前に見えてくる。このお山は高さもないし、ほぼ、おわん型をしているのでどこから登るかというより、どこから登れるかというお山である。

maeda_chausu05.jpg
登山口1


共同萩森生コンの先に降り口があったのでここから山に突撃する。外からは分からなかったが、山全体がほぼ竹林で、手入れがされていないので歩きづらい。

maeda_chausu04.jpg
登山口2


地形なりに上へ登っていけばアッという間に山頂に到着する。このお山は三角点もないし、山頂が平坦なため、ここが山頂だ~という気持ちにはなれないがとにかく山頂についた。

maeda_chausu01.jpg
山頂に咲く椿の花をみる。


山頂の展望は期待していなかったが、見えるのは竹・タケ・たけである。また、山頂まで侵食が進んでいる竹が原因で全く落ち着けない。山頂付近に椿の花が一輪咲いていて救われた気分になった…。ありがとう。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。