山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2013年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月
      

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

山口県宇部市 新天町イルミネーション 2013/12/12

12月25日に終わったイベントなんだが、とりあえずご紹介しておこう…。
場所は宇部市の新天町商店街で開催されていたクリスマスイルミネーションである…。

shinten_illumi001.jpg

今年初めての挑戦らしいが、簡単にいえば、デジタルミラーボールを等間隔に設置してあるだけのものである…。

shinten_illumi002.jpg

商店街が巨大なカラオケボックスみたいだ…。

shinten_illumi003.png

動きがあるのはいいけど、内容としてはイマイチかもしれない。来年に期待したい…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

山口県宇部市 サンタ・クロスロード 銀天プラザ 2013/12/13

いまや「ゴーストタウン」という言葉がピッタリの「銀天街」…。
「サンタクロスロード」はそんな商店街のビックイベントの一つであるが、商店街は夜になると客引きや治安の不安から人はほぼ通らないので普段と状況はあまり変わらない…。

ginten_illumi006.jpg

それでも、メイン会場である「銀天ホール」はイルミネーションで彩られていて見ると盛り上がる…。

ginten_illumi002.jpg

そもそも商店街が寂れてしまった理由の一つである駐車場の問題がイベントを今一つにしている理由だと思う。来ている人は飲食目的できている客か、自転車移動の学生が多く、有料駐車場に停めてまでくるイベントなのかというとそうでもないような気がする…。

ginten_illumi003.jpg

それでもここのイルミネーションは結構気合いが入っていることを感じる。しかしながら、夜の飲食店を盛り上げるためのイベントになっていることに、この街の限界を感じてしまう…。

ginten_illumi004.png

ここにくると寂しさしか感じない…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県周南市 恋塚・隠坊渕 2013/12/15

周南市の「大谷山」にいく途中、立ち寄った「恋塚」と「隠坊渕」を紹介しよう…。


koizuka001.jpg

これが「恋塚」とよばれるものだ。ようするにここはお墓ということになる…。

koizuka002.jpg

説明によると、「道ならぬ恋に苦しんだ男女が滝の水で身を清めて隠坊淵で心中した」ということ…。

koizuka003.jpg

「恋塚滝」は規模の小さな滑滝でそれほどの迫力はない。水車がポイント…。

onbobuti001.jpg

こちらの「隠坊渕」で2人は身投げしたらしい…。

onbobuti002.jpg

渕は小さく水量もないので身投げに適しているとはいえない。以前と地形が変わっているかもしれない…。

koizuka004.png

この付近は「水車の里」と呼ばれていて、水車のある風景を楽しめる場所が何ヶ所かあるようだ…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 [ラーメン]桃華園 2013/12/26

このあたりにくるとよるのがこの「桃華園」だ…。

いつもは「中華丼」か「チャンポン」なんだが、ブログでなぜかラーメンばかり載せているので、じゃあ、「ラーメン」でもということで注文することにした…。

tokaen001.jpg

外観はいかにも中華料理屋といった感じ…。

tokaen002.jpg

メニューをよく見ると「雑炊」なんてものがある。初めてしった…。

tokaen004.jpg

中華ぞばといった感じのラーメン。よくある鶏ガラベースのスープだと思う…。

tokaen006.jpg

具はチャーシュー、ネギ、もやしの3種類。チャーシューは美味い…。

tokaen007.png

今度は雑炊でも頼んでみるかな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県周南市 嶽山 山頂 2013/12/22

この日、昼から時間ができたので周南市の「嶽山」にいってきた…。

dakeyama001.jpg

「嶽山」は「若山城址」の東に位置するお山である…。

dakeyama002.jpg

「若山城址」麓に駐車して国道2号線を東に向かう…。

dakeyama003.jpg

随分と歩くと「丸山町」の歩道橋が見えてくる…。

dakeyama004.jpg

歩道橋へあがる側道を進むと登山口の標識がある…。

dakeyama006.jpg

これが、登山口標識…。

dakeyama005.jpg

ここから、山へ向かいます…。

dakeyama007.jpg

畑を抜けて山へ入ります…。

dakeyama008.jpg

所々に青年団が設置した標識が山頂まで案内してくれます…。

dakeyama009.jpg

山頂までの山道はとにかく快適で迷いようがない…。

dakeyama010.jpg

途中のピークには石祠がある。ここで一息いれる…。

dakeyama011.jpg

石祠をすぎると山頂まで、少しキツイ急坂が続きます…。

dakeyama012.jpg

ここまでくればあと少し…。



山頂の様子(動画)

dakeyama013.jpg

山頂にはベンチがあり、休憩もできる…。

dakeyama014.jpg

展望も少しだがある…。

dakeyama015.jpg

反射板もある…。

dakeyama016.jpg

三角点もある。ハイキングちょうどよいお山である…。

dakeyama017.jpg

そのまま下山をしないで、山頂北側にある展望スポットに行いくことにする…。

dakeyama019.jpg

北ピークの展望所…。

dakeyama018.jpg

北ピークからの180度パノラマ風景…。

dakeyama020.jpg

山道は歩きやすく展望もよいのでハイキングにはもってこいのお山である…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県宇部市 [ラーメン]新式 2013/12/15

宇部市新天町の西にあるラーメン屋「新式」にいってみた…。

今回で2回目…。

shinshiki001.jpg

居酒屋のような佇まい。赤提灯でラーメン屋をアピール…。

shinshiki002.jpg

辛目の「RED」、焦ししょうゆの「BLACK」、そして、普通の「ラーメン」が三本柱。他にトッピング、飯物など比較的メニューは豊富…。

shinshiki003.jpg

一杯しながらのおつまみもある…。

shinshiki004.jpg

調味料も一通りおいてあるが驚きはない…。

shinshiki005.jpg

乳白色、あっさりめのスープ、コクもそれなりあるがそれなりである…。

shinshiki006.jpg

具は薬味も含め、チャーシューとネギのみ。チャーシューがボソボソで硬かったのが気になる…。

shinshiki007.png

前に食べた「BLACK」のほうが、圧倒的に美味かった気がする…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 日本のクリスマスは山口から 2013/12/24

12月22日にいった「日本のクリスマスは山口から」にもう一度いってみた…。
目的は先日見れなかった「イエス・キリスト」であります…。

2013Christmasshi010.jpg

ほら、「赤ん坊」がいるでしょ…。

2013Christmasshi011.jpg

先日の写真がこれ。ほら、いない…。

2013Christmasshi012.jpg

それにしても、よくできてるなあ…。

2013Christmasshi013.jpg

こちらは「山口カトリックセンター」で今日は照明がまだついている…。

2013Christmasshi014.jpg

ついでに「中市商店街」のイルミネーション。う~ん、イマイチ…。

2013Christmasshi015.jpg

商店街のSARAの前の広場にあるツリー。これは、なかなかいい…。

2013Christmasshi016.jpg

こちらは「YAB」のエントランス。遠目だとイマイチだが…。

2013Christmasshi017.jpg

近づくとナカナカ装飾が細かく綺麗だ…。

2013Christmasshi018.jpg

カラーバリエーション豊かな「YAB」マスコットキャラクター「ビープくん」。やっぱ、かわいくない…。

2013Christmasshi009.jpg

「ちょっと聖書を」を買ったので、読んでみようと思う…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 日本のクリスマスは山口から 2013/12/22

山口市で開催中の「日本のクリスマスは山口から」のイルミネーションを見にいってみた…。
まずは、「サビエル記念聖堂」にいくことにする。休みとあって駐車場は満車状態…。

2013Christmasshi001.jpg

「イエス・キリスト」降誕の様子。今はまだイエスがいらっしゃらないが、24日~25日にかけて展示されるらしい…。

2013Christmasshi002.jpg

教会だし、個性的な建物なのもあいまって幻想感が半端ないです…。

2013Christmasshi003.jpg

どの角度からみても、なかなかよい…。

2013Christmasshi004.jpg

これは、照明機器なんだがビー玉みたいだろ…。

2013Christmasshi005.jpg

こちらは、亀山公園の様子。焼失前のサビエル大聖堂がモデル…。

2013Christmasshi006.jpg

こちらも、結構な人で賑わっていたな…。

2013Christmasshi007.jpg

日本のクリスマスの起源が山口市にあるのは分かるのだが、本来のクリスマスとはかけ離れているだけに、盛り上げの材料に使われているだけのように感じるんだよなぁ…。

2013Christmasshi008.jpg

まあ、こうしてここにいると、確かになにかが暖かくなるんだよな…。

2013Christmasshi009.jpg

ケーキが特別な存在ではなくなったいま、クリスマスの意味は確実に少なくなっているような気がする…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県周南市 大谷山 山頂 2013/12/15

12月に入って寒さが厳しくなってきて、歩くのにちょうどよい季節になってきた…。
いったり、きたりの気分次第の掲載なわけだが、これはこれで楽しいので、このまま続けていこうと思う…。

migitani001.jpg

この日は、周南市にある「大谷山」に夕方近くに向かった…。

migitani002.jpg

県道27号線から鬼ヶ迫をとおり、石砂谷の林道に入りしばらくいった場所に登山口がある…。

migitani003.jpg

丁寧な標識があるので登山口を見逃すことはないと思う…。

migitani004.jpg

最初は道がハッキリしすぎていてイメージとは少し違う…。

migitani005.jpg

しばらくすると細く、荒い道になっていく。遠くに立派な石垣が見えると少しホッとする…。

migitani006.jpg

道には、リボンもあるので、目印にそって歩けば問題ない…。

migitani007.jpg

荒れた道を抜けると快適な場所を尾根まで歩くことになる…。

migitani008.jpg

尾根は縦走路になっていて標識がいろいろある…。

migitani009.jpg

「大谷山」に西へ向かいます…。

migitani010.jpg

あと少しで山頂です。快適な尾根道で安心できます…。

migitani014.jpg

山頂は展望もなく、寂しい限りです…。

migitani015.jpg

山頂標識と三角点があるのが救いになります…。

otani016.png

今年もあともう少し…。来年の初詣登山はどこに行こうか考えてる…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

福岡県北九州市小倉南区 (平尾台)千仏鍾乳洞 2013/05/26

北九州市小倉南区の「平尾台」にある「千仏鍾乳洞」に行ってきた記録です…。
随分まえのことですが、噂に違わぬワクワク体験ができる鍾乳洞であります…。

senbutsudo001.jpg

鍾乳洞のシルエットがシンボルの看板(血がしたたり落ちているようにみえる)…。

senbutsudo002.jpg

こちらは、POPでレトロな名物「カルストまんじゅう」がメインの看板…。


senbutsudo003.jpg

で、これが、鍾乳洞入口の売店で販売している「カルストまんじゅう」だよ…。
皮が中華まんじゅうで、具はサツマイモ餡で初めての組合せだが、美味しい…。

senbutsudo004.jpg

受付横には、鍵付ロッカーが併設されている…。

senbutsudo005.jpg

鍾乳洞は全長数キロあるらしいが、照明設備は「地獄トンネル」までの約900mしかない…。

senbutsudo006.jpg

ここが入口。これ、使用感漂うマイクロファイバーバスマットみたい…。

senbutsudo016.jpg

見下ろしていらっしゃる入口の「不動明王像」…。

senbutsudo007.jpg

ここからは、洞内の様子を適当のご紹介します…。
良さがさほど伝わらない写真だな…。

senbutsudo008.jpg

エイリ〇ンでもでそうな形です…。

senbutsudo014.jpg

入口からしばらくは普通に歩けますが…。

senbutsudo009.jpg

奥の細道と呼ばれるエリアから「洞内」を流れる水のなかを歩くことになります…。

senbutsudo010.jpg

水温14度なんて、そんなにあたたかくない。もっと冷たい…。

senbutsudo011.jpg

こんな感じでサンダルに履き替えます。入口で無料で貸してくれるので安心です…。

senbutsudo012.jpg

こんなところで転んだら、大変なことになります…。

senbutsudo013.jpg

奥に進んでいくと、やがて照明がなくなりますが、ヘッドライトをもっていったのでもう少しだけ奥まで探索。ここからは水嵩がまし、穴も小さいため進行を断念。引き返すことに…。

senbutsudo019.jpg

秋芳洞にはない「ワクワク」感がここにはあります。狭くて、暗くて、ちょっとした非日常を感じたい人にはお薦めです…。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県宇部市 サンタ・クロスロード ANAクラウンホテル前 2013/12/12

銀天プラザを中心に始まっている「サンタ・クロスロード」…。

メイン会場付近も気になるが、ANAクラウンプラザホテル前の黒川晃彦作品「ロンド」のみを見に行くことにした…。

黒川さんの作品は上半身裸の太った大男が、楽器を演奏しているのが一つの特徴である。みうらじゅんも「勝手に観光協会」のなかで全国の黒川さんをたびたび紹介している…。

ANA_illumi001.jpg

ホテル前交差点でサンタの衣装を着ているのが「ロンド」ご出演の皆様である…。

ANA_illumi002.jpg

いつもは裸のオッチャンもこの時ばかりはめかしこんでます…。

オッチャンの横には募金箱が用意されています。とても、良いアイデアだと思います(チャリ~ン)…。

ANA_illumi003.jpg

流れている音楽に合わせて、周りの電飾が点滅したり、この「ちょうこくん」が口パクします…。

ANA_illumi004.jpg

ホテルから銀天街に向かって、道しるべのように電飾が続いていますが、さみぃので早々に撤退しました…。

ANA_illumi005.jpg

やはり、黒川さんの作品は絵になるなぁ…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

鳥取県倉吉市 打吹山(打吹山城跡) 山頂 2013/05/18

三徳山三佛寺を後にして、向かったのは白壁の街「倉吉市」。
「白壁の街に当たりなし」と勝手に決めつけている当方としては、このまま街をを散策しても面白くないと考え、市街から見える「打吹山」に登れないかと考えた…。

utsubuki001.jpg

近くの観光案内所でパンフレットをもらって、麓の「打吹公園」から山頂にいけることがわかった…。

utsubuki002.jpg

この「打吹公園」は、[日本さくら100選]、[日本都市公園100選]、[森林浴の森100選]と結構な肩書があるなかなか立派な公園である。来訪時は桜は終わり、見ごろが過ぎた「ツツジ」がツツガなく咲いていた…。

utsubuki004.jpg

ポスターにある「倉吉春まつり」なるものが、倉吉市全体で実施されていて、一環として公園でお花見のためのぼんぼりが公園中に設置されていた…。

utsubuki005.jpg

ぼんぼりは地元企業の協賛で、ぼんぼりごとに企業名やマークが入っているのだが、写真のぼんぼりが、凄く気になったので調べてみると、地元企業で割りばしの製造や包装品などを扱う会社らしい。この、弱そうなスーパーマンがイメージキャラクターのようだ…。

utsubuki006.jpg

公園入口から「羽衣池」を見ながら、「椿の平」を通り、「飛龍閣」を見ながら少し進むと「鎮霊神社」方面への標識がある…。

utsubuki007.jpg

「鎮霊神社」入口の鳥居を抜けて境内に向かう…。

utsubuki008.jpg

「鎮魂神社」の境内入口あたりに山頂への道が続いている…。

utsubuki009.jpg

山頂への道は中国自然歩道の一部で快適な道が続く…。

utsubuki010.jpg

しばらく、道なりに歩くと見えてくる展望所。展望所からは倉吉市街が一望できる…。

utsubuki013.jpg

分岐ごとに標識がでているので迷うことはない…。

utsubuki011.jpg

標識通りに進んでいくと、「正面展望台」なる標識がある…。

utsubuki012.jpg

かつてあったお城をイメージして建てられたであろう「展望台」は2階建てでなかなか立派…。

utsubuki014.jpg

1階には水飲み場、2階が展望所となっている…。

utsubuki015.jpg

2階展望所からの景色。先程の展望台よりも高度があるので、展望はより広がって見える…。

utsubuki016.jpg

ここからは高度を稼ぐため、ほんの少しキツクなるが大したことはない…。

utsubuki018.jpg

「打吹城」の城郭があったであろう山頂のようす…。

utsubuki019.jpg

山頂には「打吹城址」の石碑がある…。山頂からの展望は木々が邪魔して思ったより大したことはなかった…。

utsubuki020.jpg

待ち合わせ時間が迫っていたので、慌てて来た道を下山したのだが、どうやら、小動物園もあるらしく、多くは見れなかったが、日向ぼっこをしているカメたちがいたことを付け加えておこう…。

utsubuki021.png

打吹公園は一応、観光地なのだが、県外からの観光客はあまりおらず、地元の人の憩いの場となっているようだ。公園内にある「倉吉博物館」に貼ってあった「ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展」のポスターが妙に気になったが、時間がなくて見れなかったことが心残り(いや、そんなにファンではないか…)となった(←調べてみると、5月12日には終了していたらしい…)。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県光市中央 [ラーメン]十五万石 光石店 2013/12/07

この日は「大将軍山・銭壷山縦走」後、「峨眉山」に登って家路に向かう途中、小腹がすいたので付近のラーメン屋を探すことにした…。

jugomangoku001.jpg

ナビで調べるとやたら、この「十五万石」という名前が支店ごとにでてくるし、西のほうでは聞かない名前なので、このあたりで幅をきかせているラーメン店だろうと予測。

昔から続く店にはそれなりの良さや運があるので、そこまでダメではないだろうし、調べないで飛び込む楽しさもあるのでそのまま店に入店した…。

jugomangoku002.jpg

メニューをろくに見ないで、「ラーメン」を注文…。
そのあと、メニュー表をよく見てみるとラーメンは豚骨、みそ、しょうゆから選べるようになっている(゚д゚ノ)ノ。

jugomangoku003.jpg

何もいわん場合、何が出てくるのかと待っていたら、やっぱり「トン子」がでてきました。乳白色のスープにチャーシュー2枚ともやし、ネギ、白ごまが薬味のシンプルな佇まい…。

どこかで食べたことがあるようなあっさりスッキリ味で後味が残らない分、記憶の隅にすぐに追いやられる感じかな…(でも、普通においしいと思う)。

jugomangoku004.jpg

来店したときには、1人だったが、後からゾロゾロと入ってきた客の注文に耳をそば立てると「カツカレー」、「チャーパン」などのラーメンとは関係ないオーダーもよく出ていた…。

メニューをみると「ラーメン屋」というより、ラーメン主体の「定食屋」といった感じなので、ラーメンはこんな感じのほうがいいんだろうな…。



フランチャイズなのか、直営店なのかは分からないが、この手のお店は時代の変遷で縮小することはあっても、故郷の味的な役割を担うことで、固定客を逃がすことはなく生き残っていくんだろうな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県岩国市由宇町 みなとオアシス ゆう ミクロ生物館 2013/12/07

先日、「大将軍山」、「銭壷山」のの縦走をしたあと、みなとオアシス ゆうにある気になる施設「ミクロ生物館」によってみた…。

micro001.jpg

この施設はミクロの世界のさまざまな生き物を中心に紹介する世界初の博物館らしく、地味だが結構スゴイ施設である(博物館にしようというほどの施設でないともいえる)…(^∀^;)。

micro002.jpg

みなとオアシスゆうの売店横に衝立一枚で仕切られたエリアに博物館エリアがある。太っ腹の入場無料である…。

micro003.jpg

ゾウリムシをゆるキャラ風に仕上げた、手作り感いっぱいのキャラクター。名前はわからない…。

micro004.jpg

館内は写真の「ふしぎなミクロ生物シアター」と要予約の「ふしぎなネイチャーラボ」の2つで構成されているようだ。ネイチャーラボの詳細はわからないが、生物シアターは顕微鏡で微生物の様子を観察したり、シアターで生体など細かな内容をチェックしたり、専門書やイラスト本などをパラパラとめくってみたりといった楽しみ方ができる…。

なかでも、顕微鏡でみる微生物などは、小学校のとき、ミドリムシを観て以来記憶にないので、その色や模様や動きに終始興奮しっぱなしだったな…o(^▽^o)(o^▽^)o。

micro005.jpg

手作りの資料も小学生レベルにつくられていてわかりやすいし、大人でも初心者にはトッツキやすい…。

micro007.jpg

写真ではわからないが、微生物の幾何学的模様は目にできる生物ではありえないものばかりで美しく勉強になるな…。

micro030.png
拡大できます。

顕微鏡で覗かなくても微生物をHD映像なんかで見れたりできたらいいと思う。微生物のフィギュアがないかググると海洋堂がインフルエンザウィルスのフィギュアを製作しているようだ…。

「もやしもん」みたいなデフォされたやつじゃなく、超リアルシリーズ化したらおもろいと思うのだが…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

[道の駅] みとう 山口県美祢市美東町 2013/11/29

山口と萩を結ぶ県道沿いにあり、山口萩道路ができるまでは休憩所として良い場所であったが、少しばかり客足が遠のいたように感じる…。

mito001_michieki009.jpg

「道の駅 みとう」…。まったく、ひねりがないストレートななまえ…。

mito002_michieki009.jpg

美東町には、奈良東大寺大仏鋳造のための銅を産出していた長登銅山跡があり、イメージキャラクターの大仏の赤ちゃんであるこのキャラクターが道の駅を守ってきたのだが、名前はなかったらしい…。

そこで、美祢市では現在、この大仏くんの名前を募集中らしい(平成26年1月15日まで)。着ぐるみになって、まるで別人になってしまったが「ゆるキャラ」にしようと思えばしようがないのであろう…。

mito003_michieki009.jpg

メインは食堂で言われなければ気づかないような場所に売店もある。また、裏手に流れる大田川が整備されており夏場は水遊びをする人が多く見受けられる…。

mito004_michieki009.jpg

以前は商売する気が感じられなかった売店(少ない品揃え、暗い、怪しい雰囲気)も、今では綺麗な販売所になっていてなかなかよい…。

売れ筋を聞くと、特産の「ごぼう」をつかった商品ということでいろいろ物色する。その中で地元のごぼうをつかった「秋吉台ごぼうのかんりと」を買うことにした…(地元産のごぼうをつかってない商品も多数ある)。

mito005_michieki009.jpg

[道の駅]、[キャラクター]、[地名]理想的なキーワードが入った良いスタンプである…。

mito007_michieki009.png
拡大できます。

何度か食事をしたことはあるが、特産のごぼうをつかったうどんくらいしか記憶がないなぁ…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

鳥取県東伯郡 三徳山三佛寺 2013/05/18

山に話題を戻さないとアーカイブがたまって消化できないので頑張りたいと思います…(ノ△T)。

先日、大山登山のことを紹介したのだが、それよりも前、5月に観光のため鳥取県にいってきたので、昔のことだが記録しておきたい。

受付開始時間に合わせて向かったのは、今回の旅のメインである「三徳山三佛寺投入堂」である…。

このお寺は天台宗の古刹であり、主に麓にある輪光、正善、皆成の三院と三徳山の斜面を利用して建てられている 文殊堂、地蔵堂、納経堂、投入堂で構成されている。中でも「投入堂」は垂直に切り立った絶壁の岩窟に建てられた、宙に浮かんでいるような建物で国宝に指定されている。



投入堂の動画:建立方法は今なお謎らしい…。

mitoku001.jpg

三佛寺入口。

mitoku002.jpg

急な階段を登っていきます。

mitoku003.jpg

「輪光」、「正善」、「皆成」の三院を抜けて、階段登りつめると「本堂」に到着します。

mitoku004.jpg

苔むした姿が凛々しい狛犬。

mitoku009.jpg

案内図:この図の参道を投入堂まで歩くことになる。

mitoku014.jpg

ここが入口なんだが、まずは、登山事務所で受付をしなければならない。受付で靴の裏をチェックされて登山靴か同等の滑り止め機能のついたものでないと入山を許可されない。許可されない場合は、有料になるが、ワラジを購入し履き替えればOKである。また、雨など天候不良の場合も入山できない場合がある。

mitoku010.jpg

注意事項がいっぱいある。参拝客は場所柄、年配の人が多く滑落事故が多いためやむを得ないと思われる。

mitoku011.jpg

油断できない場所が多いので注意が必要である。

mitoku018.jpg

いよいよ、登山開始だ。始めからこんな場所を登ることになる。

mitoku020.jpg

こんな標識がある。

mitoku021.jpg

文殊堂まえの岩壁をよじ登る。

mitoku022.jpg

よくこんな場所に建てたもんだ。

mitoku023.jpg

文殊堂横には鎖場があり、結構危険である。



文殊堂の動画:下を見ると震えがくるよ。

mitoku025.jpg

こちらは地蔵堂。

mitoku024.jpg

地蔵堂からの展望。文殊堂の屋根が見える。



地蔵堂の動画:下を見たら震えがくるよ。

mitoku026.jpg

地蔵堂の次は鐘楼。鐘をつきつき次へ向かう。

mitoku027.jpg

馬の背から鐘楼をみる。

mitoku028.jpg

これは納経堂。素晴らしい…。

mitoku029.jpg

観音堂から納経堂をみる。

mitoku030.jpg

そしてこれが、お目当ての「国宝 投入堂」である。とにかく、スゴイの一言。

mitoku032.jpg

なぜ、こんなものをこんな場所に建てる必要があったのか。とにかく謎だらけ。



いつもは人で溢れかえるらしいが、この日は天気が崩れるとの予報がでていたせいか人が少なくゆっくり鑑賞できた。いやあ、えがった、えがった(´∀`*)。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

[道の駅] シルクウェイにちはら 島根県鹿足郡津和野町 2013/11/09

「シルクウェイにちはら」についた頃には、日はすっかり沈み真っ暗…。

ここは遅くまで営業しているので山陰からの帰り道、ちょうどよい休憩地としてチョクチョクつかう…。

silk-nichihara001_michieki008.jpg

「シルクウェイ」というくらいだから、絹糸生産が特産だと思っていたが、道の駅を運営している指定管理者「石西社」が中国地方で唯一の生糸工場であることが名前の由来らしい…。

silk-nichihara002_michieki008.jpg

朝市、コンビニ、物産販売、食事処をはじめ、研修室、シャワー、ギャラリー等ある複合施設である…。

silk-nichihara003_michieki008.jpg

何故か、津和野銘菓が多い?。店の人に尋ねてここが「津和野」だということをしる。

売れ筋:NO1は「源氏巻」らしい。もみじ饅頭ならチーズもチョコもアリだけど、源氏巻はやっぱりアンコがよく似合う…。

silk-nichihara004_michieki008.jpg

絹糸、鮎、星空、わさびは「にちはら」の特産なのだろう。ちょっと寂しいが分かりやすいスタンプである…。



いつ来ても真っ暗なので、ほとんどの店は閉まっていたりする。今度は昼間によってみたいものだ…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山陽小野田市 [ラーメン]なんでんかんでん サンパーク小野田店 2013/12/01

「なんでんかんでん サンパーク小野田店」は説明不要なラーメン屋であるが、敢えて説明するなら深夜通販番組の司会をする芸能人というイメージか…。

東京で人気の落ちたラーメンを地方で勝負したらまだいけるんじゃないのか的な匂いがプンプンするのに少し腹立たしさを感じたためである…。

nanden001.jpg

じゃあ、行かなきゃいいんだが、どうにも野次馬根性でいってしまうわけです(まんまとのせられてる)…。

nanden002.jpg

普通の「ラーメン」を注文。「プリントのり」がスープにつかってフニャフニャ(パリッとしたの出してよ)
スープはどちらかといえば見た目よりあっさりして、もう少し物足りなさを感じるが悪くない…。

nanden003.jpg

こちらはバターご飯。ネギ、海苔、お好みで醤油をかけて食べる。ご飯が冷めていてバターが融けない(これは狙いなのか?)…。

nanden004.png
大きな地図で開く

店員が客が食事をしているのに、さほど用もないのに後ろをウロチョロしたり、食器を下げるときに席も整えておけばいいのをもう一度きてわざわざ直したり、少し鬱陶しさを感じた…。

元気が売りなだけの店なのか…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

今日は辛口になってしまったな…(・ε・` )

[道の駅] ゆうひパーク浜田 島根県浜田市原井町 2013/11/09

浜田魚港に沈む美しい夕日を見ることができる「ゆうひパーク浜田」なんだが、幸運?にも3度きて2度は夕日を拝めている…。

yuhi-hamada001_michieki007.jpg

特徴は2階建てであること、食事処が2か所とフードコートと呼ばれる軽食コーナーとモスバーガーがあり、とにかく食べる場所が多いことだ。売店もあり、加工品を中心に特産品を扱っている…。

yuhi-hamada002_michieki007.jpg

売店の売れ筋は魚のすり身にとうがらしを入れて揚げた「赤天」を使ってつくられた、この「赤天せんべい」である。ピリ辛味のエビせんといった感じで普通に美味しいが赤天といわれなければ多分わからないかな…。

yuhi-hamada006_michieki007.jpg

アトリウムには窓に石見神楽のお面をモチーフにした装飾がされている…。

yuhi-hamada004_michieki007.jpg

この日は良い夕日を見れました…。

yuhi-hamada005_michieki007.jpg

施設全体、道の駅のマーク、そして夕日を配したスタンプデザインである。道の駅のマークを入れることで、何のスタンプかすぐに分かるところがいいと思う…。



無性にモスバーガーが食べたくなった。…が、ここで食べなくてもいいだろと思いとどまった…。

yuhi-hamada007_michieki007.jpg
拡大できます。

一番の売りに出会うには、タイミングと運が必要だ…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県宇部市 2013ときわファンタジア 2013/12/01

今年も始まりました「ときわファンタジア2013」(*´∇`)ノ
いつもは人が少ない平日やイベントの終わりかけに行くのだが、今回は開催日の点灯式を見るため、混雑することを覚悟で常盤公園に向かった…。

2013tokiwa-fantasia001.jpg

市長他お偉方と地元の園児による点灯式…。カウントダウン後、スイッチオン!

2013tokiwa-fantasia002.jpg

正面入口のイルミネーションは毎年一緒…。

2013tokiwa-fantasia003.jpg

観覧車から見た、型崩れしたオリンピックマークに流行語大賞の「オモテナシ」…(≧▽≦)ゞ。

2013tokiwa-fantasia004.jpg

公園全体のイルミネーションが間近で見える観覧車はお薦めです…。

2013tokiwa-fantasia005.jpg

恒例の光のトンネル。今年はレインボー(去年のことは忘れた…)

2013tokiwa-fantasia006.jpg

今年は石炭記念館がイルミネーションになっている。興奮する(* ̄0 ̄)/ …。

2013tokiwa-fantasia007.jpg

さらに、日時は限定ながら展望台にも登れるのだ!石炭記念館に夜間入れるのはサマーフェスのときだけなのでこの機会に是非どうぞ…。

2013tokiwa-fantasia008.jpg

これが、石炭記念館開館日…。

2013tokiwa-fantasia009.jpg

さらに、1階・2階の展示場も見ることができる。石炭記念館好きの当方としては最高でし…。

2013tokiwa-fantasia010.jpg

一番のうりが「人気坑道」もとい「入気坑道」。海底炭田だった宇部の炭鉱の歴史を体験することができます…。

2013tokiwa-fantasia011.jpg

採掘場に降りて行くと坑夫の姿が!このマネキン何十年も変わってないんじゃないか…(◎ω◎)。

2013tokiwa-fantasia012.jpg

普通に歩くと5分とかからないトンネルなんだが、いつ来ても楽しめるんだよな。なんでだろう…。

2013tokiwa-fantasia013.jpg

働きすぎて顔色が悪くて心配になる…。

2013tokiwa-fantasia016.jpg

賑やかなバスのイルミネーションなんだけど、この角度から見ると少し寂しそう…。゚(゚´Д`゚)゚。。

2013tokiwa-fantasia015.jpg

ホームメイド感たっぷりのイルミネーションたち…。

2013tokiwa-fantasia017.jpg

観覧車は少し地味かな…(´・_・`)。

2013tokiwa-fantasia018.jpg

今年の流行り?。ぶら下がりイルミ…。

2013tokiwa-fantasia019.jpg

いなくなった白鳥たちをなんとかできないものか…。

2013tokiwa-fantasia020.jpg

メインイルミネーション。光の城…(`ー´〃)。

2013tokiwa-fantasia021.jpg

一部追加されているが、去年もあったような…。

2013tokiwa-fantasia022.jpg

これは結構かわいいな…:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜。

2013tokiwa-fantasia023.jpg

このちょうこくんはモノホンよりいいんじゃないのか…(b・ω・d)。



なんといっても、夜の石炭記念館には興奮したな。開催中にもう一度くらいはいきたいな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 [ラーメン]江戸金 2013/11/28

老舗で有名な山口市の「江戸金」にいってきた。たまに、行きたくなるのだが、夜、7時までしかやっていないらしいので、なかなか立ち寄れない…。

edokin001.jpg

白壁の家といった感じの品のある佇まいである…。

edokin002.jpg

店内はカウンターが2列のみ、紅いカウンター、紅いスツール、玉砂利入りのコンクリ敷、昭和の店づくりで懐かしい感じ…。

edokin004.jpg

頼んだのは「チャーシュー麺」、葱、もやし、多めのチャーシューでシンプル。麺は太目でスープは濃いが、アクは少なく後味もよい。個人的には太目の麺に少し違和感はあるが美味しい…。

edokin003.jpg

葱だけでももやしだけでも物足りない。両方あって一人前…。



店内は年季を感じさせない美しさで、厨房も綺麗だ。繁盛店なんかで厨房の様子がよろしくない場合、仕事にも疑問がわいちゃうんだよなぁ~。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県宇部市 常盤ミュージアム(温室) 2013/10/26

今日から、常盤ファンタジア2013が始まるので関連の話題を…。

tokiwa_museum001.jpg

常盤公園ランキングの第一位は石炭記念館なのだが、第二位はこの常盤ミュージアムの温室である…。

tokiwa_museum002.jpg

温室は、ラン室、サボテン室、熱帯植物室の3室があって、特にサボテン室はいついっても癒される…。

tokiwa_museum004.jpg

サボテン室には約370種のサボテンがあるらしいのだが、この「金鯱」はサボテンの王様といわれていて一番のお気に入り…。

tokiwa_museum005.jpg

この、「緋牡丹」はサボテンの上にサボテンを接いでいると聞いたことがあるが(間違っていたらすみません)可愛い…。

tokiwa_museum006.jpg

いろいろな、顔のサボテンの花が咲いているふうに見えて楽しい…。

tokiwa_museum008.jpg

もう一つ、温室に入って必ず見るのが、この「ピラニア」である。水槽が汚いのが残念である…。

tokiwa_museum009.jpg

現在、常盤公園はリニューアルオープンのため、至る所で工事が行われている…。

tokiwa_museum010.jpg

主に動物園が変更されるようだ…。

tokiwa_museum011.jpg

オリを意識させない仕掛けを考えているらしい…。

tokiwa_museum012.jpg

水族館みたいにいろいろな動物たちを一つのスペースを見れるようになるはずだ…。



いつ、リニューアルするかわからないが楽しみだな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。