山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

福岡県北九州市 (門司区)BEAR FRUITS 2014/01/26

先日、門司港を散歩にいった時に立ち寄った、スーパー焼カレー「BEAR FRUITS」のご紹介…。

bearfruits001.jpg

門司といったら、焼きカレーというくらい、焼きカレーのお店が多く、この界隈で30件以上の焼きカレーショップが点在している…。

bearfruits002.jpg

普通は、口コミNO1などのお店は敢えて選ばないのだが、この日は竹中直人もお薦めしているということで、このお店を選択。因みに上戸彩も絶賛しているらしいが、上戸彩のみのお薦めだったら、多分足は向かわなかっただろう…。

bearfruits003.jpg

海側の席に運よく座れたら、波止場の様子を見ながらのお食事も可能…。

bearfruits004.jpg

注文したのは「B set(スーパー焼きカレー+サラダ+スープ)のビーフ入り」で、単品と360円差があるのだが、サラダとスープはショボイ。特別理由がなければ、セットはお薦めしない…。

bearfruits005.jpg

これが「スーパー焼きカレー(ビーフ入り)」。これは、ハッキリいってうまい!見た目は辛目に見えるがまろやかな中に辛味が適度に効いている。さすが、竹中直人お薦めだけある(←特別ファンというほどではないが…)

bearfruits006.jpg

焼きカレーがこんなにうまいのに、サラダやスープがあまりにも平凡すぎて、その落差にガッカリしたわ~(・3・)


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

山口県山口市 広島風お好み焼き 八兵衛 2014/01/30

お好み焼きが食べたくなって、山口市矢原にある「広島風 お好み焼き 八兵衛」にいってきました…。

hachibee001.jpg

隣にローソンがあって、ローソンの駐車場に停めても問題ありません…。

hachibee002.jpg

「お好み焼き」の他には「広島つけめん」、「各種鉄板焼き」も楽しめる…。

hachibee004.jpg

注文したのは豚玉うどん入り…。

hachibee003.jpg

これは、お好み焼きというか~、焼うどんの下に小麦汁を敷いたものですな。ソースもかけすぎで辛目(; ̄д ̄)…。

hachibee005.jpg

残念なお味かな…。


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県下関市 [道の駅]きくがわ 2014/01/25

「道の駅 蛍街道 西ノ市」を出発したあと、向かったのは「道の駅 きくがわ」である…。

kikugawa001.jpg

菊川町といったら、「小日本(こにっぽん)」、「菊川の糸」、「菊川温泉」、「はちみつ」といったところか…。

kikugawa002.jpg

レストラン、特産品、パン屋があって見た目ほど売場は広くない。2階があるのに使っているのを見たことがほとんどない…。

kikugawa003.jpg

売れ筋を聞くと予想通り「乾麺コーナー」へご案内~(*´∇`)ノ。
乾麺全体が売れているということなので、お買い上げは「手延菊麺(菊芋入)」で下関うまいものづくり名人認定商品らしいです(←なんだそれ)…。

kikugawa004.jpg

とはいえ、菊川町といえば、やはり「菊川の糸」、そして、「菊川の糸」のパンの耳のような所、「バチソーメン」も販売しています。

kikugawa006.jpg

これは、案内所で販売していたご当地キャラ「カモンちゃん」のシール10枚30円( ̄□ ̄;)!!やすいーーー。
お・か・い・あ・げ…。

kikugawa005.jpg

スタンプはご当地キャラの「カモンちゃん」。ところが、滋賀県彦根市に同名のご当地キャラがいることを発見!。彦根といえば「ひこちゃんひこにゃん」ではないのか(゜ω゜)エッ。これは、聖戦の勃発か~。

kikugawa007.jpg

実はここで販売している「はちみつ」のほうが好きだったりする…。


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 どんどん 小郡店 2014/01/28

本日立ち寄ったのは、「どんどん 小郡店」。地元では知られた老舗うどん屋の支店のひとつ…。

dondon_ankake001.jpg

「どんどん」の特徴は、モーニングメニュー、学割、ネギ無料サービス、商品提供時間の速さかな…。

dondon_ankake002.jpg

いつもなら、「限定品」などの誘い文句に踊らされたりしないのだが、注文のときに口をついて出たのは「冬季限定 とき玉あんかけうどん」である…。

dondon_ankake003.jpg

うどんと一緒に明太子のおにぎりも注文。後から気づいたのだが、レンゲに隠れた「すりおろし生姜」がいる…。

dondon_ankake004.jpg

「ときたまご」と「アン」を絡めた具を「すうどん」にかけただけの落ち着いた佇まいであるが、見た目が美しく食欲をそそる。そのまま食べても充分に美味しいのだが、添えてあるスリ生姜を軽く混ぜると格段に味があがる…。

dondon_ankake005.jpg

安くておいしい冬のあったかメニューや~。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県下関市 [道の駅]蛍街道 西ノ市 2014/01/25

この日は「導州ヶ嶽」~「江船山」の縦走をしたあと、「温泉にでも入るか(○`ω´)ゞ」と寄ったのが、道の駅「蛍街道 西ノ市」である…。

nishinoichi001.jpg

「西ノ市」は県下の道の駅では3本の指に入る人気の施設ではないだろうか…。

nishinoichi002.jpg

温泉、食堂、野菜市、特産品売場(売店)、パン工房と、道の駅に必要なものがセンスよく揃っていて来客者の心は離さない…。

nishinoichi003.jpg

温泉に入ったあと、物産品売場に移動してレジ係のおばさんに売れ筋商品を聞くと「あんころ餅」が出ているとのこと。「あんころ餅」?とホケっとしていると売場まで案内してくれた…。

nishinoichi004.jpg

ところが、売場にある人気ランキングを見ると「あんころ餅」は地元人気商品第2位である…。

nishinoichi005.jpg

しかも、売れ筋ランキングというもう一つのランキングまであり、もはや、どれが本当の売れ筋なのか分からない。お薦めを買うべきか、売れ筋をかうべきか、地元人気商品を買うべきか、なんとも罪づくりなランキング表である…。

nishinoichi006.jpg

熟考のうえ、地元人気商品1位の「げんこつポン菓子(きな粉味)」と…。

nishinoichi007.jpg

店員さんお薦めの地元人気商品第2位の「あんころ餅」をお買い上げした…。

nishinoichi008.jpg

蜂にしか見えない蛍のキャラクターとひねりのないありがちなキャッチフレーズが残念なスタンプ…。

nishinoichi012.jpg

「あんころ餅」は美味かったのでお薦めです…。


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県美祢市 (大嶺町)白岩山 山頂 2014/01/19



この日は、美祢市大嶺町奥分にある「白岩山」に登ることにした。ガイドなどの参考資料は一切使わず、地形図でルートのアタリをつけて、現場で調整しながら山頂を目指す。

shiroiwa001.jpg

駐車地にしたのは大嶺町にある「桃木小学校」の少し北の側道空地である。駐車地には「庚申塚」があって、背後に目的地の「白岩山」が見えたりする…。

shiroiwa002.jpg

駐車地から、まずは「三ツ杉公会堂」を目指す…。

shiroiwa003.jpg

この赤瓦の建物が「三ツ杉公会堂」を左手に見ながら山へ向かう…。

shiroiwa005.jpg

最後の大きな民家を右手に見ながら山中に入ります…。

shiroiwa006.jpg

車が通れるほどの林道がしばらく続きます…。

shiroiwa007.jpg

沢にかかる最初の橋から沢におり、沢沿いを登っていきます。

shiroiwa008.jpg

沢沿いを少し行くと、植林帯を支尾根に向かって直登します…。

shiroiwa009.jpg

この山は東西に主尾根が通っているので、とにかく主尾根を目指すことになります…。

shiroiwa011.jpg

地形図よりも複雑で分かりにくいので、方位を確認しながら進みます…。

shiroiwa012.jpg

主尾根に取り付くまで、支尾根の乗継ぎを繰り返します…。

shiroiwa013.jpg

標高があがるほどに、歩きやすくなってきます…。

shiroiwa014.jpg

方角を確認するたび、主尾根でないことを確認して落胆の繰り返し…。

shiroiwa017.jpg

ようやく、主尾根へのアプローチへ成功。ここまでくればアッという間で山頂である…。

shiroiwa018.jpg

山頂らしき大木や標札はなく、三角点も木葉の下に隠れていて気付けず、高度計で標高を確認するまで山頂である確信が持てなかった…。

shiroiwa019.jpg

展望は木々の間から南西の方角に少し開けているだけで面白いものはなにもない…。

shiroiwa021.jpg

まあ、三角点をゲットしたからヨシとするか…。

shiroiwa022.jpg

久しぶりに事前知識を極力入れない山登りも、ナカナカどうして面白い…。


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 パスタのプーさん 2014/01/24

山口市にある「パスタのプーさん」に久しぶりに寄ってみました…。

pusan001.jpg

外観はシルバニアファミリー風の洋風の可愛らしい感じ…。

pusan002.jpg

名前の通り「パスタ」を中心に「ピッツァ」や「ドルチェ」などを楽しめるイタリア料理店です…。

pusan010.jpg

パスタで注文するのは、決まって「ボロネーゼ」なので、注文するのは「秋吉高原牛のボロネーゼ」に自然となります…。

pusan004.jpg

これは、夜注文するとでてくるらしい前菜で「店員」の声が小さいので、これがなんなのかよく分からなかった…・

pusan009.jpg

これは、パスタを頼むともれなくついてくる「サラダ」でこういった食事のときはサラダがほしくなる当方としてはありがたい…。

pusan005.jpg

これも、もれなくついてくる「パン」で特別なものではないが、パスタと相性はよい…。

pusan006.jpg

これが注文した「秋吉高原牛のボロネーゼ」である。一言でいうとスープボロネーゼといった感じ…。

pusan007.jpg

スープ状になっているので、肉肉しさがボヤケいるような感じ。以前はもっと肉肉しかったような気がするが…。

pusan008.jpg

こちらはデザートで頼んだ「ティラミス」。昔、大阪で食べたティラミスが感動的で、それ以来、ティラミスがあれば頼むようにしているが、あれ以上のティラミスはなかなかでてこない…。

pusan011.jpg

パスタは「ボロネーゼ」が一番…。


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 [ラーメン]白圭亭 2014/01/24

「白圭亭」は新山口駅在来線口側の大正町商店街南側にあるラーメン屋で、久しぶりの訪問となる…。

hakkeitei001.png

黄色の背景に大きく拉麵の文字の看板がとにかく目立つ。店内は10名ほど座れるカウンターのみです。

hakkeitei002.png

写真には出ていないが、トマトラーメンやカレーラーメンなんかの変わり種もあったりする。トマトラーメンは季節もので4月から再開するらしい…。

hakkeitei003.png

注文したのは普通の「ラーメン」。スープが艶やかで、見た目トロッとしているように見えるが、これがまったくコッテリしていない。とにかく、アッサリしすぎていて個人的にはもう一味足りない気がする…。

hakkeitei004.png

具は「モヤシ」、「チャーシュー」、「ネギ」でチャーシューは厚めで歯ごたえがある好きなタイプのやつです…。

hakkeitei005.png

食後はアイスかホットの「コーヒー」が希望があればついてきます(ホットを勧められたのは初めてです)…。

hakkeitei006.png

「トマトラーメン」は一度は食べてみたいです…。


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 回転すし 花子 新山口店 2014/01/23

今日は、小郡にある「回転すし 花子」でお食事。

お昼時にたまに寄るお寿司屋さんで、お昼の定食の充実ぶりは、他の回転寿司屋にはない特徴だ…。

hanako001.jpg

もともと、ここにあった回転寿司屋が閉店後、若干の改装をして開店、最初は目新しさがなかったからなのか、人も少なく心配したが、段々と客が増えてきている。山口市内は大手の回転寿司屋の開店ラッシュで競争が激化している。地元の回転寿司屋が少なくなるなかで頑張っていると思う…。

hanako002.jpg

お昼時、利用できる定食は10種類くらいあると思うが、頼むのは、「日替わり定食」か「寿司定食」である…。

hanako003.jpg

で、今日は「日替わり定食」を頼んだのだが、いつ注文しても「海鮮丼・サラダセット」がでてくる。たまには別のものも食べてみたいもんだ…。

値段の割にボリューム感はあるし、お昼時にはちょうど良い…。

hanako004.jpg

こちらのほうが人気のメニューでよくでているようだ。当方は、ほとんど「寿司定食」を注文している…。

hanako005.jpg

11貫と赤だしで630円なので赤だし分くらいはお得感があると思う。

hanako006.jpg

ここは、毎週金曜日(小鯖店と新山口店で交互開催)にマグロの解体を行い、重量当てクイズをしているらしい。一度だけたまたま居合わせたが、そのあと、解体したマグロのネタを食べれたりして面白かったりする…。


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県美祢市 [道の駅] おふく 2014/01/19

この日は「白岩山」、「谷山」に登ったあと、近くの道の駅「おふく」によることにした…。

ofuku001.jpg

「おふく」は、売店、食堂、温泉施設の3棟から構成されていて、外観がヘンテコな施設である。この形が災いしているのが温泉施設で、座りの悪い施設になっている(行ってみて確認してちょ)…。

ofuku002.jpg

名物は「手作りシャーベット工房」のシャーベットなんだろうけど、お土産としてのお薦めは、この「おふくまん」らしい…。
「ソーメン流し」って…デザインに味があって面白い…。

ofuku003.jpg

個包装も結構しっかりしたもので、安っぽくない…。

ofuku004.jpg

皮が固め、餡も固め、甘さ控えめ、「丸ぼうろ」の中にアンコが入った感じでなかなか美味しいぞ…。

ofuku005.jpg

福をむカエル「ケロくん」を全面に押し出したスタンプ。キャラについてはコメントを控えるとしよう…。

ofuku006.png

この日はたまたま、入浴料が半額の250円だったので久しぶりに入浴して帰ったのだ…。

山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県萩市 [道の駅] 萩・さんさん三見 2014/01/12

本来なら、「鵜山台」をサラッと済ませて、「道の駅」巡りをしようと思っていたのだが、意外な面白さに「鵜山台」を堪能してしまった。よって、行動修正して近場の「道の駅」に1件よって、温泉に入って帰ることにした…。

sansan001.jpg

で、やって来たのが、「萩・さんさん三見」です。平成22年4月に開駅した新しい「道の駅」で、訪問は初めてである…。

sansan002.jpg

外観は、新しい施設の割に小さめで拍子抜けさせられる。施設内は特産品の野菜と海産物を中心に販売している。最初は気付かなかったが、奥にはレストランもあるようだが、この日は閉店していた(残念(´・_・`))…。

sansan004.jpg

閉店準備をしていたので、遠慮気味に売れ筋を聞いてみると、「ひじきがでるよ」とのこと(; ̄д ̄)
まさか「ひじき」とは…。特産品とはいえ、そのまま、食べることができない商品を提供されても対応に困るのは個人的理由だが一瞬固まってしまった…。

それでも、「お薦め商品は買うしかあるまい(`ー´〃)」というわけでお買い上げ…。

sansan003.jpg

スタンプは欲張りすぎの特産品全部のせの「丼物」状態だが、なかなか可愛らしい…。

sansan005.jpg

今度はレストランを見てみたいねぇ~(*・∀・)b

山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県阿武郡 神宮山 山頂 2014/01/12



この日は、阿武郡の山口百名山の1つ「神宮山」にいくことにした。ゆきの心配が少しあったが、行ってから心配することにして出発した…。

shingu001.jpg

道路状況は道端に少しの雪は残っている場所もあったが概ね◎。国道191号線を北上していく…。
萩方面から行くと「大刈トンネル」少し手前の道を右折すると登山口の「御山神社」に到着する…。

shingu002.jpg

「御山神社」の入口…。

shingu004.jpg

「御山神社」拝殿。紀州熊野神社と関係があり、9合目のご神体を麓の御山神社に移しているらしい…。

shingu005.jpg

「もうちょっと、いてもいいじゃない(´・ω・`)」って顔してる…。

shingu006.jpg

境内からも登山口にいけることはあとから分かったのだが、神社入口まで戻って車道を登っていきます…。

shingu007.jpg

車道を登っていくと「ハイ」見つけました( ・ω・)ノ。

shingu008.jpg

「神宮山」と「奥宮」への標識があります…。

shingu009.jpg

さほど寒くなくてよかった。奥にドンドン進みます…。

shingu010.jpg

標識に従って上に登っていきます…。

shingu011.jpg

迷うことは、まずありえません。標識とおり歩きましょう…。

shingu012.jpg

棚田の向うに「神宮山」が見えます…。

shingu013.jpg

棚田を抜けて山のほうへ向かいます…。

shingu014.jpg

棚田からみた日本海。う~ん、ガンバローヾ(●´Д`●)ノ゙

shingu015.jpg

ようやく、「奥宮」1の鳥居だ…。

shingu016.jpg

手水舎もあるが、水はない…。

shingu017.jpg

「神宮山」といえばコレヽ(・∀・)ノ。階段天国…。

shingu018.jpg

100段ごとに標識があるので励みになります…。

shingu019.jpg

植林帯ばかりではなく、雑木帯なんかもあります…。

shingu020.jpg

500段手前くらいの場所に展望場所があります…。

shingu021.jpg

そこまでの景色ではないのですが、ちょっと一服します…。

shingu022.jpg

やっと、500段。半分くらいきたと思ってたのが間違いだと後から気づきました(´・ω・`)

shingu023.jpg

900段手前にある「二の鳥居」。

shingu025.jpg

でも、先をみて少々たじろぐ。まだまだかぁ~。゚(゚´Д`゚)゚。

shingu026.jpg

1200段手前の展望スポット。ここからの眺めはナカナカよろしいヽ(´∀`。)ノ

shingu027.jpg

この付近から、階段は足場が悪く、雪も残っていて歩きにくくなる…。

shingu029.jpg

「奥宮」手前の「三の鳥居」。あと少しで「奥宮」だ…。

shingu030.jpg

1478段目が階段の終着駅である…。

shingu032.jpg

石碑には、「御山神社」の云われが刻まれているが、詳しくは登って確認をお願いします…。

shingu033.jpg

お宮の後ろの巨岩がもともとの巨岩信仰の対象だったのだろうか…。

shingu034.jpg

ここで終わりでもよいのだが、山頂には三角点があるので、登らなくてはなるまい…。

shingu035.jpg

「奥宮」の西側から取り付ける場所を発見…。

shingu036.jpg

雪の残る滑りやすい山道を粘り強く登っていく…。

shingu037.jpg

雪はバージンスノー。誰も歩いていないようだった(((o(*゚▽゚*)o)))…。

shingu038.jpg

テンかなぁ~。先客があったみたいだぁ~(´∀`ゞ

shingu039.jpg

やっぱ、雪はええなぁ。雪山でもいくかなあ~。

shingu040.jpg

ここの階段は面白かったですv(-^∀^-)v


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 ビッグボーイ 山口中央店 2014/01/17

フラカッソ山口中央店があった場所がビッグボーイ山口中央店になってしばらくたつ…。

長府でもフラカッソ跡がビッグボーイになっているところを考えると、何らかしらの背景がありそうだが、あまり考えないことにする…。

bigboy001.jpg

ビッグボーイといえば、ハンバーグを抱えたお馴染みの少年?「ボビー」である。ファミレスのキャラでこれだけ印象的な奴はそうはいない…。

bigboy002.jpg

「ステーキ」、「ハンバーグ」を注文すると、サラダバー、ご飯(カレー含む)、スープ、デザートが無料サービスなのでお子様連れにはありがたいと思う…。

bigboy003.jpg

注文したのは大粒の高山ニンニクがトッピングされている「高山にんにく 大俵ハンバーグ」で、ミスター味っ子に出てきそうなメニューである。味は全体的にそれなりだが、無料オプションが気に入っていて何度か利用している…。


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県で「ボビー」に会える日が来るとは思いませんでした…。

山口県萩市 (大井)鵜山台 2014/01/12

国道191号線を阿武方面に向かう途中、一瞬だが見える看板がいつしか気になり始めてそれなりに経っていた…。

そいつが、この「鵜山(鵜山台)」だ。鵜山というくらいだから、山なんだろうし、山であれば小さな山であおうと登らなければいけない。というわけで、「神宮山」からの帰りよることにした…。

uyama001.jpg

鵜山は萩市大井にある半島のような場所にある。ここは、萩市のミステリーゾーンと呼ばれているらしい…。

uyama002.jpg

標識をみると半島を一周ぐるっと道が通っているようで、いろいろと見所があるようだ…。

uyama003.jpg

気になった「グロ」と「ニーナ神様」を山頂経由で見たいとおもい歩き始める…。

uyama004.jpg

写っている石垣がどうやら「グロ」というらしい。で、アーチ状のグロは珍しいとのことなので見に行くことにする…。

uyama018.jpg

島のほとんどが果樹園になっていて、多品種のみかんを栽培しているようだ。この一帯は異世界のようだ…。

uyama005.jpg

ここは山頂付近の場所で、電波施設が建っている…。

uyama006.jpg

鵜山台というだけあって、山全体が台状になっている…。

uyama007.jpg

「グロ」、「防風林」、「ミカン」の間を道が迷路のように通っていて迷いそうになる(標識はあてにならない)…。

uyama008.jpg

とにかく、「グロ」が美しい…。

uyama009.jpg

「グロ」は、元寇襲来に由来したものというのが一般説だが、ハッキリと分かっていないらしい…

uyama010.jpg

これが、アーチ型の「グロ」で、理屈抜きに圧倒的な何かを感じる…。

uyama011.jpg

「グロ」の中は果樹園だったようだが、今は荒れている…。

uyama012.jpg

「グロ」を堪能したあと、帰りにニーナ神社によることにした。

uyama013.jpg

海岸に降りて、北の突端に見えるのが「ニーナ神社」と思われる…。

uyama014.jpg

海流が原因か、海岸線はゴミだらけ…。

uyama015.jpg

この「ニーナ神社」は付近に生息する「ニナ」をお供えしてお願いをすればご利益があるらしいが、「ニナ」というものがわからない(貝の一種らしい)…。

uyama016.jpg

「ニナ」はなくとも、「おねがいニナ」とチャッカリお願い事して帰ることもした…。

uyama017.jpg

ふと、石祠の扉を見ると「ハート」マークを逆さにしたように見えたりする…。

uyama019.jpg

神社をあとにして「鵜山台」入口まで戻った。ここは、思った以上に面白い場所でもう少しゆっくり周ってみたいな…。


山口ブログ
が↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県美祢市 秋吉台サファリランド 2014/01/17

本日、私用で秋吉台サファリランドによることになったので、少しだけ動物たちを見ることにした…。

寄ったのは「ふれあい広場」内にある、「キッズサファリ」で子供たちが遊べる遊具やアトラクションがいろいろある…。

akiyoshi-safari001.jpg

ここは、「ふれあい広場」にある「イベントホール」的な場所で、冬場は寒すぎて動物たちと触れ合うどころか、人肌恋しくなるので、周りをシートで覆ってドーム状にして寒さを和らげている…。

akiyoshi-safari002.jpg

このドームの中には「ウサギ」を中心に「モルモット」、「ワンちゃん」などと触れ合えるようになっている…。

akiyoshi-safari009.jpg

とくに「ウサギ」は結構な種類がいて、メッチャかわいい…。

akiyoshi-safari003.jpg

どの「ウサギ」も毛がフワンフワンで気持ちいい…。

akiyoshi-safari004.jpg

人がほとんどいないから、動物たちもリラックスしている…

akiyoshi-safari006.jpg

これは、ドームの中にある「テント」で、寒さに弱い小動物がいるようだ…。

akiyoshi-safari007.jpg

中にはストーブがあって、暖かく休憩もできる…。

akiyoshi-safari005.jpg

中には、「モルモット」、「ネズミ」、「フェレット」など、可愛いやつらがいる…。

akiyoshi-safari008.jpg

萌え~(*´∇`)ノ

akiyoshi-safari12.jpg

人が多いと人前にあまりみせない「レッサーパンダ」も元気に遊んでいまし(*・∀・)b

akiyoshi-safari010.jpg

\(´・∀・`)/

akiyoshi-safari011.jpg

ホワイトではない「ホワイトライオン」。互いにずっとソッポ向いてる…。

akiyoshi-safari012.jpg

「キリン」も数が増えてる気がする…。

akiyoshi-safari014.jpg

冬のサファリも悪くない…。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県光市 大峯山 山頂 2013/12/08



千坊山山頂を離れてコバルトラインまで一旦戻ることにする…。

omine001.jpg

現在地は、コバルトラインから「市民の森」方面と、「大峯山」方面への分岐点となる駐車場のある場所…。

omine002.jpg

ここから、「大峯山」方面へ舗装された車道を約3㎞歩くことになる…。

omine003.jpg

ここが、「野鳥の森」入口になる。左右どちらを選んでも同じ場所にでるのだが、海側の道を選ぶ…。

omine004.jpg

車道をそのまま歩いてもいいのだが、敢えて「野鳥の森」に進入するも野鳥らしきものはまるで見られずガッカリ…。

omine005.jpg

こちらは、昼食をとった「野鳥の森」にある展望所からの「峨眉山」の姿が美しい…。

omine006.jpg

県道162号線とコバルトラインの交差点がある「大峰峠」がここだ…。

omine007.jpg

そのまま「大峰峠」を突っ切るように直進すれば「大峯山」方面になります…。

omine008.jpg

コバルトラインから「やすらぎの広場」方面に向かいます。

omine009.jpg

この先に進めば山頂です。荒れ放題な感じがするのは決して気のせいではないだろう…。

omine010.jpg

こちらが「大峯山」からの展望。少々邪魔があるのは残念だがなかなかの景色である…。

omine011.jpg

山頂には三角点もありんす…。

omine012.jpg

山頂を楽しんだあと、一旦、「やすらぎの広場」まで戻って、コバルトラインをさらに東に進みます…。



コバルト台地の動画であります。

omine013.jpg

コバルト台地の説明板にも関わらず、内容は峨眉山のことばかりである。なんで「コバルト台地」なの…。

omine022.jpg

「コバルト台地」からの景色も上上であります…。

omine015.jpg

下山は「大峰峠」まで戻って162号線を室積方面へ下っていきます…。

omine016.jpg

こちらは162号線を下っていった麓にある「森様社叢(もりやましゃそう)」です(カッコイイ名前だな)…。

omine017.jpg

これは、「森様社叢」にあるクスノキと九の辻の石祠で悲しい言い伝えがある…。

omine018.jpg

「森様社叢」から少し下ると162号線を離れて進路を西にとる…。

omine019.jpg

そのまま、道なりに歩き、千防台団地をすごし、セブンイレブン光市室積新開店のある場所にでる…。

omine020.jpg

あとは、国道188号線を駐車地の「冠山総合公園」まで戻って今回の山行は終了である…。

omine021.jpg

今回は長い車道をただただ歩く面白味に欠ける山行だったが、展望はどこもよくそれなりに楽しめた。それでも、次は車で来ることを密かに誓うのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県阿武郡 [道の駅] 阿武町 2014/01/12

駅数が900を超えた現在において、「道の駅」発祥駅という称号は地元に大きな自信を与えているのではないだろうか?また、そのプライドが今年4月にオープン予定の新施設にも込められているはずだ…。

abu001.jpg

現在は、新店舗を建設しつつ、「発祥交流館」と「温水プール」のみ営業しているようだ…。

abu002.jpg

「発祥交流館」には、売店、先日紹介したカフェ、パン屋、案内所があって、見た目より充実している…。

abu003.jpg

売店で売れ筋を聞くと、この「キウイフルーツ」だということだ。阿武町=キウイというイメージは全くもってなかったので少々驚いた。店員さんによれば、取れたてなので2・3日寝かせて食べてちょうだいとのこと…。

そこはそれ、いうことを聞かず、食べてみると実は固めで少し酸いが十分に美味しいと感じた…。

abu005.jpg

いいたいことをストレートに表現しているお洒落さがまるでないスタンプ…。

abu.jpg

つぎに来るときは新施設ができているだろう。楽しみだなぁ~

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

阿武町は萩市の一部だと思ってた(恥ずかしいです)…。

山口県山陽小野田市 台湾料理 萬盛 2014/01/03

海響館からの帰路、どこかで夕食でもと寄ったのが、「ドライブイン みちしお」の隣にある「台湾料理 萬盛」である。この手の台湾料理屋が最近あちこちで開店ラッシュが続いていてかなり気になる存在になりつつある…。

これらの店は「台湾料理」、「似通ったメニュー」、「似通った店内装飾」、「従業員は現地人」で似通ったところが多く店名は違っても何らかしらの繋がりを感じる…。

mansei_habu001.jpg

店名、お薦めメニューと値段、電話、営業時間がしっかり入った看板でウリが分かりやすい…。

mansei_habu002.jpg

メニューは定食ものから、一品ものまで幅広く揃っていて、内容・点数ともに「王将」なんて目じゃない…。

mansei_habu004.jpg

注文したのは「麻婆豆腐定食」で、麻婆豆腐、台湾ラーメン、唐揚げ、ご飯等、全体のボリューム感がスゴイ…。

mansei_habu005.jpg

ここの「台湾ラーメン」はニラ、唐辛子、挽肉ともども、量が少ないし、スープも薄めで当方には物足りない…。

mansei_habu006.jpg

麻婆豆腐は量がタップリ、甘辛口が好みの人には悪くないと思う…。

mansei_habu007.jpg

鶏唐はデガイというのがピッタリの大きさで噛むと油が出てくる…。

mansei_habu008.jpg

驚きなのは、量・内容の割に値段が安すぎることで、なんだか、材料の出どころが気になったりするが…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

いきなり、アチコチに出来すぎてしまった得体のしれない部分と異様な安さが気にならない人には味・量とも普通なのでお薦めです…。

山口県下関市 市立しものせき水族館 海響館 2014/01/03

「いちばのよこ」で腹ごしらえをしたあとお隣の「海響館」にいくことにした。水族館の面白さは、先日「アクオス」にいったときに確認している…。

kaikyoukan001.jpg

ここがエントランス。前は何度も通ったことがあるが中に入るのは初体験である…。

kaikyoukan002.jpg

正月用のディスプレイが入口付近にある…。

kaikyoukan003.jpg

午年つながりのタツノオトシゴ(英語でシーホース)の展示もしてある…。

kaikyoukan004.jpg

まるで、作り物みたいだな…。

kaikyoukan005.jpg

スロープエスカレーターで4階にあがる…。

kaikyoukan006.jpg

エスカレーターに乗ると映像と音楽が始って、不覚にも興奮させられてしまう…。

kaikyoukan009.jpg

実物の関門大橋を見ながら、その海中の様子を水槽で演出している。最初はただ、景色が最高だぁ~と思ってた…。

kaikyoukan010.jpg

海中トンネルのなかを泳ぐ「エイ」…。

kaikyoukan011.jpg

そして、イワシ…。

kaikyoukan012.jpg

案内板のタイポグラフィ…。

kaikyoukan013.jpg

関門海峡の海底の様子…。

kaikyoukan014.jpg

海響館は下関にあるので、フグの仲間たちの展示が多い…。

kaikyoukan016.jpg

一口にフグといっても、結構な種類がいるようでフグ好きにはたまらない展示だと思う…。

kaikyoukan017.jpg

ところが、フグに興奮しない当方にとっては宝の持ち腐れ…。

kaikyoukan018.jpg

軽~くスルーする…。

kaikyoukan020.jpg

海響館一番のお気に入り「マンボウ」。ず~と見てても飽きないから不思議…。

kaikyoukan021.jpg

これ、なんちゅうクラゲだったけな?

kaikyoukan022.jpg

海響館はクラゲの数が少ないように感じる。もっと、増やしてくれんかのう…。

kaikyoukan023.jpg

「ネンブツダイ」の集団。唐揚げで食べても美味しいらしい…。

kaikyoukan025.jpg

毛むくじゃらの「キングペンギン」の雛…。

kaikyoukan026.jpg

ペンギンの水槽。ペンギンたちが気持ちよく泳ぐ様子に癒されます…。

kaikyoukan029.jpg

こちらは、イルカとアシカの共演「アクアシアター」の様子…。

kaikyoukan030.jpg

イルカが飛んで…。

kaikyoukan031.jpg

アシカが歩いて…。

kaikyoukan032.jpg

あいさつにきたりします…。

kaikyoukan033.jpg

水族館は、季節・天候に関係なく一日楽しめる娯楽施設の一つで、この寒空のなかでも大勢の人で賑わっていた…。

kaikyoukan035.jpg


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県阿武郡 CAFE846 [道の駅 阿武] 2014/01/12

「神宮山」に登ったあと、昼ごはんによったのは、「道の駅 阿武」にある「CAFE 846」であ~る…。

cafe846_001.jpg

道の駅 一号駅として知られるこの「道の駅 阿武」…。

cafe846_002.jpg

お土産屋、パン屋、軽食コーナーの他、今回食事をしたカフェも入っている…。

cafe846_003.jpg

入口にはかわいい看板があるのだが、実際の店舗はCAFEというか定食屋という感じで、コーヒーやソフトドリンクの他に刺身定食や無角和牛を使った丼やハンバーグ定食など地元食材を使った商品があるようだ…。

cafe846_004.jpg

今回は無角和牛のハンバーグ定食を注文してみた。メインのハンバーグに付け合わせ、魚の南蛮漬け、大根の煮付け、お吸い物、漬物、ごはんという和洋折衷のハチャメチャな感じの内容…。

cafe846_005.jpg

ハンバーグは、手ゴネでつくるときにありがちな、肉の断片化ができていて少し残念だったが、そのものは美味しかった…。

cafe846_006.jpg

今年4月に向けて新しい建屋を建築中…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 元祖 ばりそば本舗(春来軒) 小郡店 2014/01/09

山口市にある「春来軒」は、市内では有名な「バリそば」のお店である…。

ganso_barisoba001.jpg

この日向かったのは、「春来軒」の小郡支店である…。

ganso_barisoba002.jpg

メニューは「バリそば」と「ラーメン」が中心で飲み物とおつまみがあるようだ…。

ganso_barisoba003.jpg

これは「バリそば(小)」で小でもソコソコある。見た目は皿うどんだが、皿うどんよりも麺が太目でスープのトロミがすくない…。

ganso_barisoba004.jpg

具だくさんの餡をパリパリ感のある揚げめんにかけてあるのだが、この2つの相性にそれほど感動しないので、おいしいのだが、それほどの感動はない…。

ganso_barisoba005.jpg

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

トロミランキング:麻婆豆腐、中華丼、青椒肉絲…。「バリそば」は、たまに食べるのがちょうどよい。

山口県山口市 食堂 おかむら 2013/01/10

今日は小郡の大正町商店街にある「食堂 おかむら」でお昼ごはんをいただいた…。

okamura001.jpg

うどんや丼、定食ものだけでなく、回転焼やかき氷も販売していたりする…。

okamura002.jpg

この時期のお気に入りはこの「鍋焼きうどん」で、なんといってもこのお鍋(ホーロー製だと思うが…)が風情があって大変よい…。

okamura003.jpg

具は蒲鉾、竹輪、わかめ、おあげ、肉、卵、ネギと鍋焼きに欠かせないアイテムは大概入っている。うどんもだしもさほど特徴はないのだが、その普通さがよいと思う…。

okamura004.jpg

しばらくはこの鍋焼きうどんのお世話になるだろう…。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

寒い日にはこれが一番。

山口県山口市 ファミーユ(famille) 2013/01/08

山口市小郡にあるパン屋「ファミーユ」は、県道28号線沿いにある小さなパン屋さんです…。

famille001.jpg

ここは、セルフでとる形式ではなく、注文した商品を店員さんがとってくれます(ケーキ屋のようです)

famille002.jpg

菓子パンが中心で惣菜パンと食パンなどのシンプルなパンの割合は少ないのが残念ですが、どこのパン屋もそんな感じなのでしようがありません…。

famille003.jpg

菓子パンが苦手な当方が注文するのは「クロワッサン」、「カレーパン」で、とくにここの「クロワッサン」の焼き上がりは見事です…。

famille004.jpg

個人的には、もう少しバターが効いていてほしいのですが、外はパリッと、中はモチっとしていて1日たってもパリッと感がなくなりません。また、クロワッサンは1つずつ包装してくれます…。

famille005.jpg

ここのパンたちは、焼き上がりが美しく見るからに美味しそうです。甘めの苦手な当方でも、ツイツイ食べたくなります…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

次行ってもやっぱり「クロワッサン」を頼むんだろうな…。

山口県下関市 いちばのよこ 2014/01/03 

今年のお願いも八幡さまにしたので、この日の目的地「海響館」にいく前に、腹ごしらえをするためによったお店がカモンワーフ2Fにある「いちばのよこ」だ…。

itibanoyoko01.jpg

昼時になると、人が相当並んでいるのだが、並べばいいのか、記帳が必要なのかのアナウンスがない、もしくは分かりづらく途中まで、記帳することに気付かなかった。また、店員もそのことを積極的に知らせようとしていないように見える…(呆)。

itibanoyoko002.jpg

メインは「フク定食」系で何種類かある。当方は999円の「とらふく刺し定食」を頼むことにした…。

itibanoyoko003.jpg

値段も値段なんであまり期待はしていなかったが、メインの刺しが5枚と皮、フク唐と味噌汁とおまけ2品である。まあ、値段なりのお味であったことだけご報告しておこう…。

itibanoyoko004.jpg

ふぐ料理はやはり、コース料理で楽しむのが一番だと思うし、それなりの値段を出さないと美味しいものは食べれないということなのか…!?。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

初詣編:続く…。

山口県宇部市 琴崎八幡宮[初詣] 2014/01/03

初詣は宇部市の「琴崎八幡宮」へ3日比較的早い時間に到着しました…。

kotozaki_hatimangu001.jpg

琴崎八幡宮といったら、700種類以上あるといわれるお守りやお札が有名…。

kotozaki_hatimangu002.jpg

最近では随分見なくなったが、看板を見るだけで可笑しくなるくらい前時代的な代物になりつつあるような気がする…。

kotozaki_hatimangu003.jpg

まず、参拝をすませ、おみくじをする。今年は「小吉」でたいして良いことは書いていなかった…。

kotozaki_hatimangu004.jpg

最後にお守りを買う。毎年、こういうデラックスタイプを購入する。昨年は大きすぎて置き場所に困ったので、今年は小ぶりなものをチョイスした…。

kotozaki_hatimangu005.jpg

屋台でリング焼を買って小腹を満たしたあと、下関に向かうのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

初詣編:続く…。

広島県廿日市市 (宮島)ミヤトヨ本店 2014/01/01

下山後、アナゴ飯でも食おうかと物色していたが、メボシイ場所には行列ができていて、並ぶ気にならなかったのでお土産だけ買って帰ることにした…。

月並みではあるが、もみじ饅頭がよかろうと、道なりに見ていくことにした。毎年、スゴイ人だかりができている「木村屋」は今年もスゴイ人なのでパス。「やまだ屋」や「藤い屋」はよく食べているのでパス。とにかく、もみじ饅頭を売るお店が多いので迷ってしまう…。

miyatoyo006.jpg

桟橋方面に参道を歩いているといい匂いがするお店を発見。それがこの「ミヤトヨ本店」です…。

miyatoyo004.jpg

自動でもみじ饅頭をつくるお店が多い中で、ここは手焼きでつくっているらしい…。
あとから、知ったんだが「チーズもみじ」を考案したお店らしい…。

miyatoyo005.jpg

もみじ饅頭の具は9種類あって、限定販売でスイートポテト味があったので全部で10種類。
で、「10個入りの箱に10種類いれてください」と頼むと「スイートポテトは賞味期限が短いから箱には入れられない」とのこと。結局、チーズを2個入れてもらった箱を2箱とバラでスイートポテトを2個買うことにした…。

miyatoyo001.jpg

この時期、お菓子を買うと粗品を配るお店が多い。このミヤトヨ本店は2000円以上のお買いもので、この干支土鈴をもらえる。どうやら、種類は2種類あるらしい…。

<miyatoyo002.jpg

こちらは、買い物した人全員?がもらえる「経木」である…。

miyatoyo003.jpg

この「経木」は毎年12月31日午後6時、厳島神社でおこなわれる鎮火祭で松明の火を移して焼いたもので、神棚にお祀りして一年間の火災除けの護符とする…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

宮島編 これで終了…。

広島県廿日市市 (宮島)前峠山 山頂 2014/01/01



「焼山」で休憩をしていたら、青ペンキで矢印らしき目印があるので、辺りを見ると西に延びる山道らしきものがある…。

どうしたものか…。一旦、分岐まで戻って「大元コース」経由で下山すれば小一時間で宮島口につくが、それではつまらない…。

道があるなら、どこかに繋がっているだろうし、道がなくても、戻ってくればいい…。

maetouge001.jpg

多分この道は西側にそびえ立つ「前峠山」に向かっているに違いない…。
周囲の地形確認をして出発することにした…。

maetouge002.jpg

「焼山」山頂から見えるこの平らな岩を左に見ながらすごす…。

maetouge003.jpg

右手には宮島町市街が遠くに見えたりする…。

maetouge004.jpg

どんどん、ドンドン下っていきます…。

maetouge005.jpg

本来、宮島は森が深いのでこういった感じのルートのほうが断然面白い…。

maetouge006.jpg

急斜面を「焼峠」までくだっていきます…。

maetouge007.jpg

時折見える、町の景色が気分を少しホッとさせる…。

maetouge008.jpg

所々、テープがあるので迷うことはなさそうだ…。

maetouge009.jpg

多分、ここが「焼峠」だ。「前峠山」には西にまっすぐ進むことになる…。

maetouge010.jpg

「焼峠」から少し行くと、「大元公園」方面と「前峠山」方面への分岐がある…。

maetouge011.jpg

こんな感じでテープで分岐表示がしてある…。

maetouge012.jpg

「前峠山」への山道はシダの中を歩くことになる。丈は低いので走行に問題はない…。

maetouge013.jpg

拡大してあるが、遠くに厳島神社の赤鳥居が見える。西側に移動してきたのが分かる…。

maetouge014.jpg

山頂の様子。標識が何個かある…。

maetouge015.jpg

これは三角点ではない。水準点でもないようだがなんだろう…。

maetouge016.jpg

山頂展望岩。ここからも廿日市市街の様子が見える…。

maetouge017.jpg

山頂をあとにして大元公園近くまで伸びている尾根沿いを下山できそうなので進むことにした…。

右手に「焼山」と「駒ヶ林」の雄姿を見ながら下山することになる…。

maetouge018.jpg

「宮島らしい」こんな枯れ木がたっている風景を見ながら下山していく…。

maetouge019.jpg

ドンドン町が近づいてくるのが分かる…。

maetouge020.jpg

どうやらこのお山はシダの植生があるようだ…。

maetouge021.jpg

下山中は展望スポットが多くついつい足が止まってしまう…。

maetouge025.jpg

「水質管理センター」が見えてきた。あと少しで大元公園だ…。

maetouge026.jpg

道が広くなってきて登山終了のカウントダウンが始まった…。

maetouge027.jpg

公園に到着。1時間で下山する予定が遠回りの4時間かかってしまった…。

maetouge028.jpg

あとは公園を抜けて桟橋に向かえばよい…。

maetouge030.jpg

冬の公園は人もいないし、寂しいな…。

maetouge031.jpg

多言語の登山標識。さずが、世界遺産…。

maetouge032.jpg

お鹿さまが、メンドーくさそうにお出迎え…(どっかのかーちゃんみたいだな)。

maetouge033.jpg

大元神社に到着。お土産でも買って帰るかな…。


maetouge034.jpg

今年はとっとと帰って雑煮でも食おうかなと思っていたが、昨年同様遅くなってしまった。無計画はいつものことだが、本年はもう少し計画をたてるクセをつけなければ…。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

宮島編(もうちっとつづく)…。

広島県廿日市市 (宮島)焼山 山頂 2014/01/01



「駒ヶ林」の大岩の上で展望を見ていたら西側のピークが気になった…。

そういえば、なんて山か定かではないが、「大元コース」より西側を歩く迂回コースがあったはず…。
ところが、今回は地形図などの準備はしていないのでどうしたものかと悩んでみたが、解決しそうもないのでとりあえず歩きながらアレコレ考えることにした…。

miyajima_yakiyama001.jpg

まずは、分岐点まで戻って「大元コース」大元公園方面に歩くことにする…。

miyajima_yakiyama002.jpg

大岩の下のお地蔵様をすごす…。

miyajima_yakiyama003.jpg

道なりに進むと「駒ヶ林」と「焼山」の鞍部に到着…。
とはいえ、「焼山」についての案内はまるでない。とはいえ、地形上ここしかないことは分かるので、兎にも角にも進むことにする…。

miyajima_yakiyama004.jpg

足場のない岩場を少し登ると、「ほーら、ごらん」階段のあとをみ~つけた…。

miyajima_yakiyama005.jpg

山頂までは、アっという間に到着…。

北側の展望はこの「焼山」もよいが、何よりもここから見える「駒ヶ林」北面の一枚岩が素晴らしい(詳しくは動画をどうぞ)。ここでクライミングしたら間違いなく面白いだろう(ここが世界遺産に関係していたら無理だろう)…。

miyajima_yakiyama006.jpg

大岩の上から見る南側の展望。「駒ヶ林」同様、小黒神島が見える…。

miyajima_yakiyama007.jpg

「駒ヶ林」の様子も窺える…。

miyajima_yakiyama008.jpg

ここで、鞍部まで戻ればよいものを、ルートを発見したので鞍部に戻らず、そのまま、西側に見える「名も知らぬお山」を目指すことにした…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

続く…。

広島県廿日市市 (宮島)駒ヶ林 山頂 2014/01/01



初日の出を見たあと、山頂にてどん兵衛などすすりながら、これからの予定について考えていた…。

① 駒ヶ林経由の大元コースで下山して喜ばれるお土産を手にして家路へ向かう。
② ロープウェイで下山して、とっとと家に帰る。
③ 大聖院コースで降りて、あなご飯でもくらう。

結果、とりあえず「駒ヶ林」までいって考えることにした…。

山頂には、「駒ヶ林」への標識があるので見落さなければ自然と行けるだろう…。

komagabayashi001.jpg

早速、「駒ヶ林」へ出発することにした。駒ヶ林に向かうには、大聖院コースと大元コースの分岐点である「仁王門」まで行くことになる…。

これは出発してすぐの場所にある「干満岩」である…。

komagabayashi002.jpg

この岩穴の水は満潮のときは水が溢れ、干潮の時には乾くらしい。しかも、水は塩分を含んでいる(不思議だ)…。

komagabayashi003.jpg

次は、弘法大師が修法の道場として建てた御堂「大日堂」だ…。

komagabayashi004.jpg

ここでも、弘法大師の伝承が伝わっているらしい…。

komagabayashi005.jpg

階段を降りると「駒ヶ林」への標識がある…。

komagabayashi006.jpg

高度は結構あるのだが、お鹿様がいらっしゃいます…。

komagabayashi007.jpg

これが仁王門。金剛力士像は中国四大仏教聖地の一つ善陀山よりいただいたものらしい…。

komagabayashi008.jpg

う~ん、目から何かが出てきて攻撃されそうだな…。

komagabayashi009.jpg

仁王門を抜けると「大聖院コース」との合流地点にでる…。

komagabayashi010.jpg

ここで「大聖院コース」には向かわず、「大元コース」に向かうことにする…。

komagabayashi011.jpg

合流地点からしばらく歩くと標識があるので「駒ヶ林」方面へ足を進めます…。

komagabayashi012.jpg

「駒ヶ林」へはしばらく登りが続くが、あっという間に山頂に到着…。

komagabayashi013.jpg

北側の展望:廿日市市街が一望できる…。

komagabayashi014.jpg

南側の展望:小黒神島が見える。その名のとおり神々さがある…。

komagabayashi015.jpg

ここから、素直に「大元コース」で下れば良かったのかもしれない…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

続く…。

広島県廿日市市 (宮島)弥山 山頂 2014/01/01



2014年あけましておめでとうございます…。

今年もご来光登山を考えていたのだが、どこにしようか迷った挙句、展望台が新しくなった宮島「弥山」に昨年同様登ることにした…。

昨年は電車でいったんだが、今年は他行事出席もあり、終電に間に合わないので車で向かうことにした。到着したのは午前4時前で意外なほど簡単に駐車できたのは、ほど良い誤算だった…。

miyajima_misen001.jpg

宮島口フェリー乗り場は意外なほど人がいない…。

miyajima_misen002.jpg

宮島行きフェリーはJRを利用しない。いつも「宮島松大汽船」を利用する。理由は特別ない…。

miyajima_misen003.jpg

午前4時15分出発のフェリーに乗り込むことにする…。

miyajima_misen004.jpg

片道10分で宮島に連れていってくれます…。

miyajima_misen005.jpg

宮島側のフェリー乗り場の様子。昨年と全く同じ印象…。

miyajima_misen006.jpg

厳島神社への参道には屋台が賑わっている。今でも多いが下山するころにはまともに歩けないくらいになっているはずだ…。

miyajima_misen007.jpg

昼間よりもライトアップした鳥居のほうが興奮するな…。

miyajima_misen009.jpg

厳島神社はさすがに人が多い。当方はスルーする…。

miyajima_misen011.jpg

宮島ロープウェイ入口看板。「紅葉谷コース」の登山口でもある…。

miyajima_misen012.jpg

もみじ谷公園を抜けて、ロープウェイ乗場入口に行かず、登山道に入ります。初めてでも大丈夫、標識がでてますから…。

miyajima_misen013.jpg

登山道は当然真っ暗、ヘッドランプは必須。とにかく、合流地点までは階段地獄…。

miyajima_misen014.jpg

ロープウェイ乗場と山頂への合流地点の標識。ここまでくると大したことはない…。

miyajima_misen015.jpg

弥山本堂にあるお守り販売所っていったら怒られるか…。

miyajima_misen016.jpg

こちらは「霊火堂」。真っ暗でまるで写っていない…。

miyajima_misen017.jpg

こちらは「弥山本堂」。結構な人が休憩しいていた。山頂にはそれなりの人がいることが予想できる…。

miyajima_misen020.jpg

飲み物を提供する臨時のお店も出ていた…。

miyajima_misen018.jpg

「三鬼堂」への階段。

miyajima_misen019.jpg

しばらく歩いて「くぐり岩」を抜ければ山頂はすぐそこだ…。

miyajima_misen021.jpg

明るさを増していく空…。

miyajima_misen030.jpg

暗がりのなかの三角点…。

miyajima_misen022.jpg

盛り上がる山頂の人・ヒト・ひと。新しい展望台は2階は調整中らしくまだ使えない…。

miyajima_misen023.jpg

日の出は予定時刻が過ぎても雲が阻んでなかなかでてこなかったが、こんな感じででてきたよ…。
諦めて岩から下におりたときにでてきたので中途な写真しかとれなかった。くぅ~、くやしか~!

miyajima_misen024.jpg

ご来光を見るとみるみるうちに人がいなくなり快適な場所に早変わり…。

miyajima_misen025.jpg

今年の祈願をしてみる…。

miyajima_misen026.jpg

新しい展望台から山頂の様子を撮影する…。

miyajima_misen028.jpg

今年はご来光を見れたが、不完全燃焼なのでもう一度行くことになるだろう。次は電車で行くしかないんだろうな…。
この後は、とりあえず「駒ヶ林」によって帰るつもりだったが困難な道を辿ることになることをこのときは想像していなかった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

続く…。