山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      

≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

山口県山口市 飯ヶ岳 山頂 2014/04/19



「三ツヶ峰-野道山」縦走を終えて、このまま、温泉にでも入って帰宅するか、別のお山を目指すか、悩んだまま「柚木滋生温泉」の前で駐車して、小腹を満たすためパンをカジっていた…。

iigadake01.jpg

時間はまだある。急坂にはなるが、標高差は約500m弱。登山口さえ素早く見つけられれば問題ない。取り付くとしたら、裾野の狭い東側から攻めるのが妥当である…。

iigadake02.jpg

柚木方面から、国道315号線を河内峠に向けて車を走らせる。峠の手前あたりから「飯ヶ岳」方面を見ながら登山口らしきものがないか探していると見つけました…。

iigadake03.jpg

「野道山」、「三ツヶ峰」の標識に似ている。山頂まで作業道終点から約50分らしい…。

iigadake04.jpg

作業道は車1台ほどの幅がある。所々、崩落している場所があり危険だ…。

iigadake22.jpg

作業道沿いの砂防堤をすぎれば、作業道終点まであと少しだ…。

iigadake05.jpg

作業道終点。登山口標識があるわりにはそれ以外の標識はなく分かりづらい…。

iigadake06.jpg

山中の山道は細いがハッキリしている。こりゃ、意外に早く登れるかもしれないな…。

iigadake07.jpg

迷うとしたらココだけだ。真っ直ぐ行かず折り返す。テープはあるが分かりづらい…。

iigadake08.jpg

折り返して、しばらくいくと支尾根にぶつかる…。

iigadake09.jpg

支尾根はきつい急坂で山頂直下の主尾根までつづく…。

iigadake10.jpg

なんと、ここにも「ささ藪」がある。急坂なうえに「ささ藪」…。

iigadake11.jpg

「ささ藪」には、ウンザリきていたし、急坂なので足取りは自然と重くなるし面白くない…。

iigadake12.jpg

足場もあれた場所が多く。「ささ」が足に絡まって進行を妨げる。ぅんもぅ~。

iigadake13.jpg

山頂らしきものが見えてきたので、結構やる気がでてきた…。

iigadake14.jpg

小バエかブヨかわからんが、顔の廻りをブンブンうざい。ついにこんな時期になったか…。

iigadake15.jpg

くたびれた標識を発見…。

iigadake16.jpg

消えかけた標識には「もうすぐ山頂…」も文字があるけど、ここから主尾根までの「ささ藪」がスゴイ!もうやけくそ…。

iigadake17.jpg

ようやく、主尾根との合流点に到着。もうメロメロ…。いや、ヘロヘロだ…。

iigadake18.jpg

登山道案内図をみると登山コースは6ルートほどあるようだ。ここから、山頂へは3分もかからない…。

iigadake19.jpg

山頂は解放的で広々としている…。

iigadake20.jpg

野道山から三ツヶ峰方面展望が一望できる…。

iigadake21.jpg

山登りで久しぶりに疲れを感じてしまった。十分な休憩をとってピストンで下山することにした…。

iigadake23.jpg

もう、「ささ藪」は当面御免だぁと繰り返しつぶやきながら帰路につくのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

山口県山口市 お食事処 大内太鼓 2014/04/28

ouchidaiko01.jpg

「お食事処 大内太鼓」は、吉敷交差点から湯田温泉方面へショートカットする道沿いにあります…。

ouchidaiko02.jpg

うどん・そばがメイン。定食や丼ものも充実している和風レストランといったところか…。

ouchidaiko05.jpg

注文は前金制。メニューをチラ見して、店名を冠した「大内太鼓うどん」が気になったので直感で注文…。

ouchidaiko03.jpg

予想通りの具だくさん。太目の麺に濃いめのスープ。ネギはお好みで入れられるように別途添えられている…。

ouchidaiko04.jpg

具は、餅、肉、とろろ昆布、蒲鉾、カイワレで見た目が豪勢。太目の麺は柔らかでコシは弱いがノド越しはよい。スープは見た目ほど辛くない…。

ouchidaiko06.jpg

店内には、カワセミなどの写真が一面掲示されていて、さながらギャラリーのようになっている…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 野道山 山頂 2014/04/19



「三ツヶ峰」を出発して、野道山‐下山道分岐点まで戻ります…。

nodoyama01.jpg

ここから、野道山への縦走路に突入します…。

nodoyama02.jpg

いきなり、噂の「ささ薮」が現れます…。

nodoyama03.jpg

ただし、縦走路がすべて「ささ藪」ではなく、たいたい、半分くらいかな「ささ藪」は…。

nodoyama04.jpg

遠くに見えるのは933mピーク…。

nodoyama05.jpg

大変そうな「ささ藪」だが、足場はシッカリしているし、ルートも迷いようがない…。

nodoyama06.jpg

登る、下るの繰り返しを何度か繰り返す。ピークの度に展望に変化があり面白い…。

nodoyama07.jpg

こ~んな感じの大岩もあります。登ろうとも考えましたが、時間がないのでスルーします…。

nodoyama08.jpg

933ピークに到着。「野道山」まではまだまだであります…。

nodoyama09.jpg

この付近は「ささ藪」が続きます。ようやく、遠くに「野道山」山頂が見えてきました…。

nodoyama10.jpg

ピークごとに「野道山」が近づいてきます(当たり前か~)

nodoyama11.jpg

この縦走路には2つの大岩(郡)あるんだが、これが2つ目のやつ…。

nodoyama12.jpg

「ささ藪」って最初は楽しいんだけど、だんだんウンザリしてくるな…。

nodoyama13.jpg

ようやく、野道山下山口分岐に到着。山頂まであと少しだ…。

nodoyama16.jpg

明るい稜線を歩けば…。

nodoyama19.jpg

山頂に到着。

nodoyama20.jpg

山頂には三角点と…。

nodoyama21.jpg

先客がいらしたので、ゆっくりと昼ごはんを済ませて…。

nodoyama17.jpg

見晴らしのよい展望を撮影…。

nodoyama18.jpg

山頂は2.3人もいれば、気になる狭さなので撮影がなければ長居はしたくないかな…。

nodoyama22.jpg

下山は分岐まで戻って、「野道山」下山道を利用します…。

nodoyama23.jpg

今回歩いたコースも嫌というほどテープや標識があるので迷いようがないのです…。

nodoyama25.jpg

それまでのユッタリ登山道と違って下山は急坂をドンドン降りていきます…。

nodoyama27.jpg

狭い足場を慎重に進み…。

nodoyama28.jpg

沢を渡りを何度か繰り返しながら、トラバースしながら「三ツヶ峰」方面へ降りていきます…。

nodoyama29.jpg

すると、林道(野道山登山口)に到着しますので、あとは、林道を降りていけばよし…。

nodoyama30.jpg

「野道山登山口」標識…。

nodoyama31.jpg

林道は所々荒れていて今ではさほど使用されていないようだ…。

nodoyama32.jpg

やがて、コンクリート舗装になり、道幅も広くなります…。

nodoyama33.jpg

2つ目の砂防堤の場所に、何故かピンクに目立つ、まだ小さな苗木が植えてあります…。

nodoyama34.jpg

砂防堤の完成記念で植えられたものでしょうか?。「御殿場桜」というらしいです。来年からの楽しみが増えました。大きく育ってほしいものです…。

nodoyama35.jpg

なかなか、かわいい感じです…。

nodoyama37.jpg

ようやく、「野道山」登山口に到着…。

nodoyama38.jpg

すでに「野道山」の文字は綺麗サッパリ消えて標識の役割はあまりありません…。

nodoyama39.jpg

あとは、車道を「三ツヶ峰」登山口のある駐車地へひたすら歩くのみである…。

nodoyama40.jpg

「三ツヶ峰」登山口へ到着…。

nodoyama41.jpg

山頂で手こずったので、「飯ヶ岳」に登らず、柚木滋生温泉でもよって疲れを癒し自宅へ帰還する予定だったんだが、温泉前まで来て、やはり、気分が変わり「飯ヶ岳」に登るため登山口を目指すのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口県 [ラーメン]新和歌山ラーメン ばり嗎 山口湯田店 2014/0424

bariuma01.jpg

「ばり嗎ラーメン」は、中国地方を中心に北は関東、南は山口まで展開しているラーメンチェーン店である…。

bariuma02.jpg

メニューは各種ラーメンの他、ギョーザや唐揚げなどの1品物も揃っている。一番押しは「ばり濃」というコッテリ豚骨醤油ラーメンらしいが、この店のベーシックなとんこつ醤油「ばり嗎」+豚めしランチを注文…。

bariuma03.jpg

漬物4種を無料提供…。

bariuma04.jpg

店内は昭和の古臭さをわざわざ演出している…。

bariuma05.jpg

これが「ばり嗎」である。確かに「ばり濃」よりアッサリしているが醤油はシッカリ効いている。味はこっちのほうが好みだな…。

bariuma06.jpg

具はネギ、シナチク、チャーシュー。普通かな…。

bariuma07.jpg

セットで頼んだ「豚めし」。可もなく不可もなし…。

bariuma08.png

ラーメンの味は、ほとんどの場合、ウマイかマズイかくらいしか分からない…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 ごはん処 やよい軒 山口大学前店 2014/04/25

yayoiken01.jpg

「ごはん処 やよい軒」は、スーパーアルク平川店内にテナントとして入っている定食屋です。以前は「はなまるうどん」が入っていたのだが、いつの間にか変わっていた…。

yayoiken02.jpg

タッチ式の券売機で食券を購入。画面が大きく使いやすいが1台しかないので、人が多い昼時なんかは待たされそうな予感…。

yayoiken03.jpg

メニューは、各種定食・丼などをコジャレタ感じで提供してくれるようで、「大戸屋」の廉価版といった感じに見える。頼んだのは「豚しょうが焼定食」。一見すると殺風景だな…。

yayoiken04.jpg

ところが、サラダもちゃんと味があるし、豆腐も30円豆腐でなく結構まともだし、生姜焼きは少し辛目だがまあ美味しい。ここは、定食のご飯はセルフで自由に取れるので、おかずが残ってご飯が足りなくなることはないし、ご飯もコダワリがあるようでナカナカいける…。

yayoiken05.jpg

山大生には少し割高な気がするがいかがなものか…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 三ツヶ峰 山頂 2014/04/19



日曜は、天気が崩れる予報。土曜日のこの日に登らなくてはならない。ターゲットは前々から狙っていた「三ツヶ峰~野道山」の縦走ルートである…。

mitsugamine001.jpg

登山口にしたのは、三ツヶ峰本谷登山口である。ここから、まずは「三ツヶ峰」山頂を目指します…。

mitsugamine002.jpg

このルートは「佐波川」の源流を目指すルートにもなっていて、「佐波川」を知っている人にとっては楽しみが増える行程になると思います…。

mitsugamine003.jpg

佐波川の源流に向かい、沢沿いを登りつめるルートで、展望があるわけでもなく、心を揺さぶられる何かがあるわけでもなく、タンタンと登り続けることになります…。

mitsugamine004.jpg

国土地理院の地図によると、この山は無名峰であったらしいが、少なくとも現在は記載されている(電子国土web上しか確認してないか…)

mitsugamine005.jpg

改めていうことでもないが、植林帯というのは画一的で面白くない(手入れは行き届いているようだが)…。

mitsugamine007.jpg

この森の小さな水流が、佐波川の大きな流れをつくっていると思うと、森の大切さを改めて感じる…。

mitsugamine008.jpg

沢を何度も渡りながら、少しづつ高度を稼いでいく。地形図より登りは緩やかに思える…。

mitsugamine009.jpg

山道はハッキリしているし、リボンやテープがあるので迷うことはまずない…。

mitsugamine010.jpg

少しづつ笹藪が見え始めた。縦走路の笹藪が楽しみだ…。

mitsugamine011.jpg

朝が早かったからなのか、人と会うこともなく、黙々とただ一人で歩く…。

mitsugamine014.jpg

「佐波川源流」の案内板を発見。ここが、源流だと最初は思ったが、中間地点でした…。

mitsugamine015.jpg

ココからまだまだ、先へ進みます…。

mitsugamine016.jpg

奥へ奥へ…。

mitsugamine019.jpg

上へ上へ…。

mitsugamine020.jpg

沢がドンドン細くなっていきます。時期に源流である…。

mitsugamine021.jpg

急坂を登ると…。

mitsugamine022.jpg

「佐波川源流」に到着。背後に光の線(稜線)が見えます…。

mitsugamine023.jpg

稜線に取り付いたら東に進路をとります…。

mitsugamine024.jpg

西へ行けば「野道山」にいける(後からいくぞ~)

mitsugamine025.jpg

最後の急坂だ(こたえる~)

mitsugamine026.jpg

山頂手前の分岐を左にとると「山頂」。右は「仏峠」へ向かう下山道である…。

mitsugamine027.jpg

山頂へ到着(思ったよりずっと早くついた~)

mitsugamine028.jpg

刈り込まれた平坦な山頂では「三角点」と「標識」がお出迎えしてくれる…。

mitsugamine029.jpg

明るくて元気な三角点だ~。

mitsugamine030.jpg

十種ヶ峰方面がよく見える北側の展望…。

mitsugamine031.jpg

弟見山方面が見える南側の展望…。

mitsugamine033.jpg

もう少しゆっくりしていたいのだが「野道山」がまってるので早々に出発することにする…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

つづく…。

山口県山口市 味処 味心 2014/04/22

mishin01.jpg

国道190号線沿いにある「味処 味心」は阿知須にあるウナギ・そば・どんぶりのお店です…。

mishin04.jpg

結構な老舗で前々から存在はしっていたのですが、今回が初来店となりました。界隈では「ウナギ」を看板に営業しているお店は少ないので貴重で希少な存在だといえます。メニューを見ると「初めてのお客様にオススメ」なる親切な項目を発見。ウナギを食べたいけれど、財布と相談して「五色そば」を注文…。


mishin03.jpg

テーブル席3つ、座敷席が3つ、カウンターに数名程度座れる、定員約30名といったところだろうか。満席なんだが、料理が出ていないテーブルが多く、随分と待たされている感じ。

「少し時間がかかるかも」と嫌な予感が…。

mishin02.jpg

随分と待たされて出てきたのは、5段の「割子そば」で「田舎そば」の上に5種類の具がのっているので「5色そば」なんでしょう…。

mishin05.jpg

具は「錦糸卵」、「山芋」、「カニカマ」、「イカ」、「白ごま」で、さほど目新しさはない。ところが、蕎麦はなかなか美味しい。いや、美味しい…。

mishin06.jpg

量が多いかなとも思ったがアッという間に完食。帰りに提供時間の遅れをお詫びするフォローもあり、それほど不満にならなかった。忙しいときには、迂闊にこれないお店ではある…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 [道の駅]仁保の郷 2014/0419

nihonosato001.jpg

「三ツヶ峰」・「野道山」・「飯ヶ岳」に登ったあと、道の駅「仁保の郷」に寄りました。

これといった商業施設がない仁保にとって、この施設は地域の中核商業施設といえる。見た目はコジャレていて、店内は、特産品売場、パン屋、売店、食堂などがある。道の駅の巨大化が当たり前になった今ではそれほど目立たないが、開業当時はそれなりの驚きがあった…。

nihonosato002.jpg

仁保の特産といってもパッと思い浮かぶものもなく、レジでお薦めを聞いても返答がない。青果では「イチゴ」らしいが、青果コーナーはすでに閉店しており購入できない。食べ物や加工品でなにかないか聞いても、色よい返事が返ってこない。

nihonosato003.jpg

困ったあげく、レジのおばちゃんたちが薦めてくれたのが「モモジャム」と「ブドウジャム」である。仁保産のモモでつくったジャムで、無添加・無着色である(ご購入)…。

nihonosato004.jpg

このスタンプは、なんだか分からないつまらない感じ。模様らしきもの(車かUFOか?)も、なんだか分からない…。

nihonosato006.jpg

仁保らしさが伝わる何かがほしいところではある…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県下関市 (豊田町)中山渓 2014/04/12

nakayamakei003.jpg

「中山渓」は「林道笹ヶ台線」と「遊歩道」を歩く周回コースになっていて、「雌滝さま」のところにエスケープルートがある…。

nakayamakei002.jpg

急いで登山口まで戻ってきて空模様を確認。寄り道する間は天気が崩れそうもないし、「中山渓」だけのために、ここまでくるのも少しシンドイのでグルッと周って帰ることにした…。

nakayamakei004.jpg

まずは「林道笹ヶ台線」を歩いて「雄滝さま」のある上流へ向かいます…。

nakayamakei005.jpg

しばらく林道を歩くと「雄滝」標識が見えてきます。車はここまで進入可能です(路面は荒れています)…。



「雄滝」の様子です…。

nakayamakei006.jpg

階段を降りると見えてくるのが、この「雄滝」です。大きさは3mくらいでそれほどでもないかな…。

nakayamakei008.jpg

沢沿いを歩くことができます。舗装はされていませんが歩きやすいです…。

nakayamakei009.jpg

しばらく、歩くと雌滝さまの少し上流にある橋に到着します。橋を渡って階段を登ると豊ヶ岳登山口にでます…。

nakayamakei010.jpg

ここから、足場が悪かったり、手すりが壊れてたり、危なかしい場所を下ります…。



「雌滝」の様子です…。

nakayamakei012.jpg

これが「雌滝」。滝というか、流れ込みという感じですかな。上方にエスケープルートの橋が見えます…。

nakayamakei015.jpg

上の写真は橋の上から撮ったもの、橋ごしにみたほうがカッコイイけど、やっぱり滝にみえないな…。

nakayamakei016.jpg

「奥ヶ迫溜め池」のほとりを歩いて今回の「中山渓」散策のゴール、遊歩道入口へ到着すれば今回の散策は終了します…。

nakayamakei017.jpg

夏場にくれば涼めるかもしれないな…。

nakayamakei018.jpg

ふれあい広場を利用するには「道の駅 きくがわ」で利用申請が必要ならしいです(今の現状での利用希望者はいないと思うけど)…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県下関市 (豊田町)豊ヶ岳 山頂 2014/04/12



この日は、昼から雨が降るということで、手早く登れそうなお山をチョイス。豊田町「中山渓」東にある「豊ヶ岳」に行くことにした…。

toyogatake001.jpg

地形図をみると、山頂西側にある「中山渓」谷間から北南に延びる主尾根に取り付けそうだ…。

toyogatake002.jpg

「中山橋」を渡り、豊田町東中山地区に入り、「中山渓」へ向かう…。

toyogatake003.jpg

「中山渓」には「ふれあい広場」と「遊歩道」がある。駐車は「中山渓」の駐車場を利用させていただく…。

toyogatake006.jpg

もう、随分と手入れをされた様子がなく、駐車場、トイレ、ふれあい広場などあらゆる施設が荒れ放題となっていて寂しさを感じる…。

toyogatake007.jpg

「中山渓」をゆっくり見てみたいが、天候のことがあるので時間があればよることにして、遊歩道にいかずに林道を進むことにした…。

toyogatake010.jpg

この「林道笹ヶ台線」を渓谷を右下にみながら上流に進んでいく…。

toyogatake052.jpg

林道をしばらくいくと「雌滝」方面へ降りる階段がある場所に到着する。ここは駐車地にもなっているので、ここまで車で進入してもよい(道は悪いですが…)

toyogatake014.jpg

この駐車地から奥に入れそうな山道らしいものがある。また、印っぽいものもある。どうやら、ここを登山口にした人がいるようだ…。

toyogatake015.jpg

「大浴私林道」なる石標に個人名が記載されているところをみると、ここは私有林なのか?…。

toyogatake016.jpg

登山口あたりの雰囲気から、予測できたんだが、やはりというべきか…。リボンやテープなど目印がベタベタと貼ってあるので、すでに少し「ゲンナリ」している。あれだけ目印があると道路標識となんらかわりない。

toyogatake017.jpg

支尾根にとりつくと、あとは急坂→踊場→急坂を繰り返すことになる…。

toyogatake020.jpg

急坂…。

toyogatake021.jpg

踊場…。

toyogatake023.jpg

急坂…。

toyogatake024.jpg

踊場…。

toyogatake025.jpg

急坂…。

toyogatake028.jpg

やっとこさ、見晴らしのよいピークに到着。ここには「下関市の地籍調査」の杭が建っている…。

toyogatake029.jpg

ここから東側に見える山頂に反時計回りで向かうことになります…。

toyogatake031.jpg

このあとも、登り、踊場の繰り返しがしばらく続きます。写真はありますが割愛します…。

toyogatake036.jpg

地籍調査杭以外の文明の匂いを見つけました…。

toyogatake054.jpg

豊田町の「村有林境界石標」。この境界標などは、ナカナカ立派なものでお金もかかってそうです…。

toyogatake045.jpg

山頂は伐採されています…。

toyogatake047.jpg

三角点もあり…。

toyogatake048.jpg

山頂標識もあり…。

toyogatake050.jpg

展望も良好です。ここから、「華山」がよく見えます。「華山」って形がいいんだよなぁ~。

toyogatake051.jpg

馬酔木(アセビ)がちょうど見ごろでした…。

toyogatake053.jpg

道案内のおかげで予定より早く完頂したので、「中山渓」でもよって帰ろうと早々に下山するのでした…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山陽小野田市 高泊保冷庫跡 2014/03/30

horeiko008.jpg

山陽小野田市の高泊漁協の近く、厚狭川のほとりにある保冷庫跡である…。

horeiko001.jpg

以前は厚狭川につけた船から荷をあげて保冷庫に保存していたのだろうか…。

horeiko009.jpg

左右に保冷庫があって、真ん中の通路に保冷機器が設置してあったのだろう…。

horeiko006.jpg

よい具合に熟れてますなぁ~。

horeiko010.jpg

たまたま、こういった物件を見つけるとグイッと惹かれるんだよなぁ~。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山陽小野田市 [国指定史跡]周防灘干拓遺跡高泊開作五挺唐樋 2014/03/30

goteikarahi003.jpg

この日は、西高泊にある「観音山」と「黒葉山」に登ったあと、迷い込んだ場所で見つけた「周防灘干拓遺跡高泊開作五挺唐樋」を紹介しよう。

goteikarahi001.jpg

イメージ図にあるとおり、この付近を開作する際に、排水するためにつくられた樋門で、この付近は水抜きしたあと開発されたのである…。

goteikarahi004.jpg

また、1668年に萩藩直営事業として始まった「高泊開作」の名残であり、当時の優れた土木技術を今に残す貴重な遺跡でもある…。

goteikarahi005.jpg

名前が長くてカッコイイどえす~。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 NEW きゃっする 2014/04/16

new_castle01.jpg

小郡にある「和風レストラン」。名物は「瓦そば」…。

new_castle02.jpg

うどん、どんぶり、カレー、定食など、和風メニューがイロイロ揃ってます。季節のメニューらしきものを発見。野菜カレーを注文したらないといわれた(ちょっとゲンナリ)…。

new_castle03.jpg

で、「季節の野菜天定食」を注文…。

new_castle04.jpg

天ぷらはカラッと揚がっていて美味しい…。

new_castle005.jpg

近くに競合「和み家」があるが、いつも人が多い。個人的には、食べた食器をすぐに下げられるところが気になった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 [ラーメン]味三 2014/04/15

ajisan001.jpg

本日は阿知須は「土路石」交差点の近く、メガネ屋トムフクダの道路を挟んだ向かい側にある老舗のラーメン店「味三」によってみました…。

ajisan002.jpg

店内は奥行のある紅いカウンターとテーブル席が何席かあって20名ほど座れるかな。チャンメンがすごく気になりますが、ラーメンを注文…。

ajisan003.jpg

目の前のマヨネーズボトルが妙に気になる…。

ajisan004.jpg

チャーシューが肉厚で印象的。麺はモチモチ感があり重量を感じる。スープは塩加減が強すぎかな…。

ajisan006.jpg

チャーシューは味は抑え気味で、歯ごたえがあって肉肉しい…。

ajisan005.jpg

ランチタイムは混みあうのでご注意を…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県長門市 (三隅上)観音山 山頂 2014/04/05



「城山」を下山したあと、降るはずの雨はまだ降らず、予定通り三隅上あたりにある「観音山」へ向かうことにする…。

misumi_kannonyama001.jpg

山頂南西の三隅中畑地区から、地形図では林道が山頂北西方面へ通っているようなので利用することにした…。

misumi_kannonyama002.jpg

民家しかないように見えるが奥に進むと確かに道がある…。

misumi_kannonyama003.jpg

途中、右手に鳥居が見えるので寄って見ることにした…。

misumi_kannonyama006.jpg

外観は多少保っているが、大方は改修されて「ただの建物」っぽくなっている…。

misumi_kannonyama007.jpg

この「中畑観音堂」が、観音山の山名の由来になっていると考えるのが自然ではないだろうか…。

misumi_kannonyama008.jpg

お参りを済ませたあと、元の道の戻ります…。

misumi_kannonyama009.jpg

いよいよ、山中に侵入することにします…。

misumi_kannonyama011.jpg

大規模伐採中で荒れ放題の林道ですが、気にせず奥に進みます…。

misumi_kannonyama015.jpg

「林道中畑線終点」の標識。林道は終わっても、心の林道に従って山頂を目指さないとなるまい…。

misumi_kannonyama016.jpg

道といえば道らしいところを見つけて奥に進んでいく…。

misumi_kannonyama017.jpg

平坦地にでて道は途絶えるが、沢の音を頼りに奥に進む…。

misumi_kannonyama018.jpg

沢伝いにしばらく歩くと、沢が割れて、分岐のような場所にでる…。

misumi_kannonyama019.jpg

分岐を右にとり、荒れ藪に突入します。ここから、山頂北にある東西のピーク鞍部を谷から目指します…。

misumi_kannonyama020.jpg

倒木やら藪やらで、足を取られながら歩き続ける…。

misumi_kannonyama022.jpg

人工の石垣がある。どうやら以前はこのあたりまで畑なんかがあったのかもしれない…。

misumi_kannonyama023.jpg

藪を抜けると一面の竹林。真ん中を足場を選びながら登っていきます…。

misumi_kannonyama025.jpg

これだけ、竹があるのにタケノコがまったくもってない!…。

misumi_kannonyama026.jpg

ようやく、鞍部に到着。ここから、進路を東にとって、山頂真北のピークを目指すことにする…。

misumi_kannonyama027.jpg

まずは、このシダ藪を登り、主尾根を南に進めば山頂並びに三角点地点にいけるはずだ…。

misumi_kannonyama029.jpg

主尾根は荒れた感じのところや…。

misumi_kannonyama031.jpg

山頂まで何ヶ所かあるピークをアップダウンを繰り返しながら歩くと山頂手前の大きな鞍部に到着する…。

misumi_kannonyama032.jpg

ここは自然に歩けば、山頂西側にピーク方面に行くことになるので注意が必要だ…。

misumi_kannonyama033.jpg

ここを登れば山頂ではなく、山頂西ピーク方面に行くので…。

misumi_kannonyama034.jpg

登り切った場所から東に進路をとります。ここが分かりにくい…。

misumi_kannonyama035.jpg

ここを下って登れば主尾根に戻れます…。

misumi_kannonyama036.jpg

主尾根との合流点。このあたりはほぼ山頂といっていいが、三角点はここより少し南にいった場所にある…。

misumi_kannonyama037.jpg

主尾根は相変わらず、なんとなくハッキリしないが、歩けないほどではない…。

misumi_kannonyama038.jpg

ようやく、三角点地点に到着。今回はここを山頂として紹介しようと思いやす…。

misumi_kannonyama039.jpg

展望もなく、雨もボチボチ降りはじめたので早急に下山を始めた…。

misumi_kannonyama040.jpg

ここは結構手こずったわ~。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 中国料理 隨園[山口グランドホテル] 2014/04/10

zuien001.jpg

ホテルのレストランは地方では都市部より馴染みが薄い印象があるが、値段の割にしっかりしたものを提供してくれる穴場といえる。とくに、テナントではなく、直営店なんかはより信頼できる場合が多い。まあ、少し前にあった一部ホテルの偽装事件のような、プレミアムな印象を与えるためにウソの表示をするようなホテルが多かったのも事実ではあるが…。

zuien002.jpg

この「随園」は新山口駅新幹線口側にある「山口グランドホテル」の地下にある中国料理(四川料理)である。今回は「お昼のサービスセット」のBセットをチョイス…。

zuien003.jpg

唐辛子、ネギ、餡を絡めたトリカラは辛味、甘味のバランスがよく大変美味しい。サラダ、漬物ともに普通。中華風コーンスープが美味しかった…。

zuien004.jpg

デザートの杏仁フルーツも普通かな…。

zuien005.jpg

メイン料理は間違いなく美味しい。量に不足を感じるかも…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 台湾料理 ふじ苑 2014/04/09

fujien001.jpg

「ふじ苑」は山口市では名の知れた「台湾料理」のお店なんだが、最近の台湾料理店出店ラッシュに何らかしら関係しているのかどうか気になるところである…。

fujien003.jpg

ランチライムに行くのは初めてなので「日帰りランチ」を注文することにする。日替わりランチはラーメンと1品料理を選べる…。

fujien004.jpg

ラーメンは「台湾ラーメン」、1品料理は「海老とブロッコリーの炒め物」、サラダは「胡瓜とネギのピリ辛ソース和え」、ライスもそれなりに装われている…。

fujien005.jpg

やっぱり、台湾料理のお店なのでラーメンは台湾ラーメンだよねぇ~。でも、知っている「台湾ラーメン」とはどこか違う…。

fujien009.jpg

具を惜しみなくつかっていてボリューム満点。塩味なんだがどこか物足りなさを感じる…。

fujien008.jpg

シンプルなんだが、これが一番美味しかったのだ…。

fujien010.jpg

相変わらず、コスパ高いな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県美祢市 (秋芳町)城山 山頂 2014/04/05



この日は午後から雨の予報。午前中ならば問題なかろうと、秋芳町嘉万の「城山」と、長門市三隅上の「観音山」に登る予定にした…。

akiyoshi_shiroyama001.png

まずは「城山」を目指したわけだが、地形図を見ると北と南に道らしき表示がある。北のほうが急斜面だが、うまくトラバースしながらいけば時間も稼げると判断して、北方面から攻めることにした…。

akiyoshi_shiroyama002.png

嘉万の国秀あたりの邪魔にならない側道に駐車して出発。地図どおりの道が山に向かっているので左折する…。

akiyoshi_shiroyama003.png

沢沿いには満開の桜が目を楽しませてくれる…。

akiyoshi_shiroyama004.png

分岐は標識のある「秋芳鉱業No2エンジン座」方面へいきます…。

akiyoshi_shiroyama005.png

やがて、遠目にエンジン座が見えてきます…。

akiyoshi_shiroyama006.png

エンジン座のところで、舗装道は終わり。ここから、山へ突入します…。

akiyoshi_shiroyama007.png

これが、エンジン座。このコンベアは仙崎港まで延びている…。

akiyoshi_shiroyama008.png

山道は意外とちゃんとしているような気がする…。

akiyoshi_shiroyama009.png

沢沿いになんとなく山道があるし、地籍調査の杭を所々見かける…。

akiyoshi_shiroyama010.png

小さな滑滝のような流れ込みを見ながら進んでいく…。

akiyoshi_shiroyama012.png

4~5m位の滝が目の前に現れる。小さな滝だが形はよく見応えがある…。

akiyoshi_shiroyama013.png

この滝を登らないと上に行けそうにないので、狭い足場を気をつけながら進む…。

akiyoshi_shiroyama015.png

滝壺をみながら登っていく。足を踏み外すとドボーンである…。

akiyoshi_shiroyama016.png

滝の上はこんな感じ。ここから、沢をもう少し詰めるか悩んだが、そろそろ、支尾根に取り付いたほうがよかろうと判断して、沢を渡り山に取り付くことにした…。

akiyoshi_shiroyama017.png

ここから、尾根に取り付くために、見た目以上の急斜面を登っていくことになる…。

akiyoshi_shiroyama018.png

光の線が見えてきた。尾根に到着したらしい…。

akiyoshi_shiroyama019.png

尾根は結構綺麗で歩きやすいようだ。尾根に取り付いたとき、荒れていると結構ゲンナリしたりする…。

akiyoshi_shiroyama021.png

しばらく、支尾根を歩くと分岐に到着。右に進むと何処にいくか気になるが、そろそろ南方面に行かなくてはならない。

akiyoshi_shiroyama022.png

分岐から少しいくと南に延びている主尾根らしき尾根を発見…。

akiyoshi_shiroyama023.png

主尾根も歩きやすく、快適な歩行がある程度約束されているようだ…。

akiyoshi_shiroyama026.png

たまに、倒木やシダ藪なんかで足をとられるが概ね問題なく進める…。

akiyoshi_shiroyama027.png

山頂手前の踊場に到着…。

akiyoshi_shiroyama028.png

境界杭のようなものがある…。

akiyoshi_shiroyama029.png

一旦、少し下って…。

akiyoshi_shiroyama030.png

登ると山頂に到着する…。

akiyoshi_shiroyama031.png

山頂は地形図通り、狭く尖がっている…。

akiyoshi_shiroyama032.png

展望はほぼないので、少し休憩したのち、来た道を下山した…。

akiyoshi_shiroyama034.png

滝はなかなか良かったな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県周南市 (大島)八合山 山頂 2014/04/06



大島半島?は「太華山」、「八合山」、「沖山」で構成されているが、「八合山」と「沖山」は、半島の先端に突き出た形で東西に延びているお山である。昼からの登山ということもあり、2つ登れるかどうか分からないなか、頭中で地形図とにらめっこしていた。結果、高さはあるが、山中への道が途中までハッキリしている「八合山」の方を選択した…。

hachigou001.jpg

車で県道170号線を粭島方面へ向かい、分岐を大島本浦簡易局方面へ左折して少しいくと「八合山」山頂西に向かう山道入口があります…。

hachigou002.jpg

民家があるところまでは、舗装されています…。

hachigou003.jpg

しばらくは荒れた耕作地を登っていきます(道は分かりにくい)…。

hachigou004.jpg

椿の屋根をくぐるような場所を通ります。振り返ると笠戸湾が広がる海の様子を見ることもできます…。

hachigou005.jpg

つづらになっている耕作地を抜けると、いよいよ、山中に入ることになります…。

hachigou006.jpg

道は山中のほうが、ハッキリしていて歩きやすいです…。

hachigou007.jpg

このあたりまでくると地形図にある山道に間違いないことを確信できます…。

hachigou009.jpg

時折、倒木があったりして、進路をふさいでいますが、迂回しながら奥に延びる道なりに進みます…。

hachigou010.jpg

やがて、道は途切れ、倒竹で進めなくなります。このまま、谷を詰める予定だったのですが予定変更を余儀なくされます…。

hachigou012.jpg

行き止まり地点には、こんな感じの小屋があります。山林管理の作業小屋のようです…。

hachigou011.jpg

谷を攻めれないなら、支尾根沿いに主尾根に取り付くことにして北側の支尾根に取り付きます…。

hachigou013.jpg

植林帯の比較的歩きやすいエリアを過ぎると藪、雑木、シダなどの波状攻撃で歩きにくいったらありゃしない。少しだけ面倒くさくなる…。

hachigou014.jpg

展望は雑木でほぼきかないが、時折、笠戸島が見えるスポットがあり、息抜きになる…

hachigou015.jpg

面倒な障害をクリアしていくと、遠くに光の線が見えてきた。どうやら、主尾根に到着したようだ…。

hachigou016.jpg

ここから、南に進路をとればあっという間に山頂に到着…。

hachigou017.jpg

山頂は原生林のようになっていて、三角点が隠れるように設置してある…。

hachigou018.jpg

ゆったりできるような場所ではないよのでトットと下山することにした…

hachigou019.jpg

このあと、先日ご紹介した「沖山」にいくことにした…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県周南市 (大島)沖山 山頂 2014/04/06



この日は、午後から時間がとれたので、以前、行こうと思っていけず~になっていた「太華山」の南にある「八合山」と「沖山」にいくことにした…。

okiyama001.jpg

まずは「八合山」に登ったあと、向かった「沖山」を紹介しよう。時刻は16時を過ぎでいて時間がないので、当初の予定通り、南麓の谷間から直登するつもりで現地に向かった…。

okiyama002.jpg

ところが、谷間ごとに家が建っていて登れそうにない。また、沖山は周囲を道路が走っているのだが、崖が多く登れそうな場所が少ないなか、山の西側に駐車地兼登山口になりそうな場所を発見…。

okiyama003.jpg

道らしい道はまるでないのですが、ほかにあてもないし、ここから東にいけば山頂にいけそうだ…。

okiyama004.jpg

まずは、尾根らしき場所に取り付くために、上へ上へ登ります。すると、今は雑木に覆われているが、かつては管理道らしき場所を発見。雑木を避けながらつづら折りの道を歩いていくと支尾根と管理道らしき場所が交差している場所をこれまた発見。ここから尾根らしき場所を東を意識しながら登っていきます…。

okiyama005.jpg

真西から真東に歩いていたつもりだったが、実際には西北西から東西に延びる尾根に向かって歩いてきたことに光の線を見て気づいたわけだ…。

okiyama006.jpg

東西に延びる主尾根に取り付けばあとは、迷うことはない…。

okiyama007.jpg

こういうのを見るとメイン道路を歩いている感じがするのう…。

okiyama009.jpg

偽ピークを抜けて、尾根らしいスッキリした山道を歩いていくと…。

okiyama010.jpg

最後の登りに到着。山頂に到着する予感がハッキリとしてくる…。

okiyama011.jpg

山頂に到着。暗くなる前に戻れそうだなとちょっと安心する…。

okiyama012.jpg

この日は時間に余裕がなかったので少しペースが速くなって、ゆったりした山行にはならなかったなぁ~。

okiyama014.jpg

そろそろ、泊まり込みで山行したいところだが、時間がないなぁ~。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

福岡県北九州市 (門司区)矢筈山旧陸軍施設跡 2014/03/22



先日紹介しきれなかった、北九州市「矢筈山」の山頂キャンプ場の旧陸軍史跡を様子をご紹介しよう…。

Mt_yahazu001.jpg

これは、兵舎跡と思われる壕の上にでている通風口である。兵舎や弾薬庫なんか数多く残っていて、それぞれの壕の上に形の違う通風口が残っている…。

Mt_yahazu002.jpg

こちらの壕も兵舎や倉庫なんかで利用されていたと思われる。現在もキャンプ場の備品や各種イベントで利用されているらしい…。

Mt_yahazu003.jpg

壕は郷内の通路で繋がってして行き来できるようになっている。明治時代の建設当時のまま補修はほとんどされていないのに痛みは恐ろしく小さい…。

Mt_yahazu004.jpg

周防灘と関門海峡川をつなぐトンネル兼、壕である…。

Mt_yahazu005.jpg

ご記帳には、個人名ごとの出勤簿のようになっていて、登った日に印をつけるようになっている。毎日登っている人のなんと多いことか…。

Mt_yahazu006.jpg

放映終了しているが「オリンピックの身代金」のロケをここでしたらしい…。

Mt_yahazu007.jpg

これは、見張りをするための堡塁跡…。

Mt_yahazu008.jpg

煉瓦には「いよみつ」と刻まれています。愛媛の伊予でつくられたものではないかとのこと…。



弾薬庫内の様子…。

Mt_yahazu009.jpg

これは、弾薬庫跡。扉のアタリは「ドラマ」の小道具として作成されたものらしい…。

Mt_yahazu010.jpg

地下に階段で降りれます…。

Mt_yahazu011.jpg

ここも、撮影に利用されたようです。今は写真が展示してあります…。

Mt_yahazu012.jpg

煉瓦を縦と横方向で組上げています。煉瓦の大きさからイギリス様式の煉瓦であることが分かるそうです…。

Mt_yahazu015.jpg

落下防止のためブロックで覆われた壕もあります…。

Mt_yahazu014.jpg

内部は他の壕よりも小さめです…。

Mt_yahazu016.jpg

こいつは砲台跡…。

Mt_yahazu018.jpg

ココは将校用壕を利用した図書室兼展示室…。

Mt_yahazu019.jpg

当時の写真がイロイロと展示してあるが、これは「海鮮レストラン ラ・メール雅」あたりらしいが、当時はなんにもないことが分かる…。

Mt_yahazu020.jpg

キャンプ場の管理人さんに教えてもらった受け売りです…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県長門市 [ラーメン]さっちょう 2014/04/05

ramen_sacho001.jpg

この日は「城山」、「観音山」に登ったあと、湯本温泉にでもいこうと移動していたんだが、小腹を満たすために寄ったのが「ラーメン さっちょう」である…。

ramen_sacho002.jpg

あいにくの雨の中、いそいそと店内に入って、席につこうとすると、店主らしき人がなにやらいっている。
「メニューはこちらです」と…。
メニューならカウンターにあるじゃんと思いながら、再確認すると「持ち帰りメニュー」しかない…。

ramen_sacho003.jpg

どうやら、入口付近に貼ってあるメニューを見て、料金を前払いする方式らしい…。

ramen_sacho004.jpg

普通のラーメンでも頼もうかと思ったが、飛び込んできた「みそラーメン」の文字にあらがえず、みそラーメンとライスを注文することにした…。

ramen_sacho005.jpg

スープは少し薄く感じたが、食べやすく飽きないおいしさである。具はナルトだけが味噌には合わない気がする…。

ramen_sacho006.jpg

知っているかぎり、展望県内一のラーメン屋ではないだろうか…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山陽小野田市 物見山(物見山公園) 山頂 2014/03/28



この日は、昼からしか時間が取れなかったので、近場でお手頃な「物見山総合公園」にいくことにした…。

asa_monomi001.jpg

山陽小野田市にある「物見山総合公園」は、貯水池を中心にキャンプ場、花菖蒲園、遊歩道があり、この時期は公園内にある約350本の染井吉野が咲き乱れ、花見客で賑わうらしいです…。

asa_monomi002.jpg

車は公園東側に約100台停めれます。トイレもあります…。

asa_monomi003.jpg

厚狭市街地から近いので、散歩で歩いている人が多いです…。

asa_monomi004.jpg

「貯水池」の周囲に遊歩道が整備されています…。

asa_monomi005.jpg

どちらからでも山頂へ行けますが、今回は右方向を選択。因みに「花菖蒲園」も同方向に行くことになります…。

asa_monomi006.jpg

右方向にいけば「花菖蒲園」がある。6月ごろには6000本の花菖蒲を楽しむことができるらしい…。

asa_monomi007.jpg

歩道はそれなりに整備されているんだが、標識はあまりなく初めての場合、どこを歩いているか分かりづらい…。

asa_monomi008.jpg

なんとなく、上を目指して歩いていく…。

asa_monomi009.jpg

アチコチに桜の開花が見え始めていて楽しませてくれる…。

asa_monomi010.jpg

やっぱり、普段靴で歩くと少しつかれるな(登山靴の威力を感じる~)

asa_monomi011.jpg

まあ、山を登っている感じはまったくない…。

asa_monomi012.jpg

どうやら、ここを登れば山頂のようだ…。

asa_monomi013.jpg

鳥居がある。山頂には何かが祀られているようだ…。

asa_monomi014.jpg

これは、即席八十八か所めぐりのお地蔵様たちではないのか…。

asa_monomi015.jpg

平坦な山頂を囲むようにお地蔵様が設置されています…。

asa_monomi016.jpg

「修行大師」=「弘法大師」=「空海」らしい…。

asa_monomi017.jpg

この石祠はなにかはわからない…。

asa_monomi018.jpg

登頂記念のようなものか…。

asa_monomi019.jpg

山頂からは厚狭市街が一望できる…。

asa_monomi024.jpg

小さくても、山はやま…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 ANDO吉祥 小郡店 2014/04/03 

ando001.jpg

新山口ターミナルホテル内にある「ANDO吉祥 小郡店」にランチしにいきました…。

ando002.jpg

少々割高ですし、種類も少ないですが、個室もどきですしゆったりできます…。

ando003.jpg

頼んだのは「海鮮丼」です。なかなか、かわいい器です…。

ando004.jpg

魚は美味い。飯も美味い。醤油とわさびの組み合わせで美味さが3倍にはならないのが海鮮丼だな~。

ando005.jpg

海鮮丼って相乗効果を感じない食べ物の一つである…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 [お好み焼き]桃太郎 2014/04/02

momotaro001.jpg

椹野川沿いの県道61号線側にある「桃太郎」というお好み焼き屋にいってみました…。

momotaro005.jpg

昔、対岸に「まいまい」というお好み焼き屋にはよくいっていましたが、ここは初めてです…。

momotaro006.jpg

店内は座敷、テーブル、カウンター席があり、一人掛けのカウンター席にも鉄板が設置されています…。

momotaro002.jpg

「お品書き」をみて「おや!」と思ったのが、この店は「広島風」、「大阪風」のどちらも食べられるのです…。

momotaro008.jpg

他にも、「たこ焼き」、「定食」、「麺類・丼」など、いろいろご用意しています…。

momotaro003.jpg

見た目も味も普通です…。

momotaro004.jpg

ランチタイムに人が少ないはなんでだろう…。

momotaro010.jpg

ご馳走様でした…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県宇部市 [ラーメン]一休 岬店 2014/03/30

ikyu001.jpg

「天下一品」を知らなくても「一休」を知らない人はいないだろうというくらい地元では有名なラーメン店である…。

ikyu002.jpg

メニューは各種トッピングラーメンと各種ラーメン定食があり、メニューは何十年と変わっていないように見える…。

ikyu004.jpg

紅しょうがと福伸漬けが付け合せでおいてある…。

ikyu005.jpg

ラーメンのついた定食を頼むと専用プレートに盛られたライスと餃子がついてくる…。

ikyu006.jpg

「一休」のラーメンは良くも悪くも、圧倒的な個性があり、忘れられない味なのである…。

ikyu007.jpg

具は「ネギ」、「シナチク」、「チャーシュー」といたってシンプルだが、ドロドロスープは独特である…。

ikyu008.jpg

「一休」のラーメンは宇部市の郷土料理といってもいいだろう…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

山口県山口市 オゴオリザクラ 2014/03/31

ogorisakura006.jpg 

◆オゴオリザクラ
オゴオリザクラは、花は八重咲きで、花弁は十五枚前後、おしべは五十本前後である。普通は八重咲きのものには、めしべが不完全で結実しないものが多いが、このサクラのめしべは健全で少ないながら結実する。
植物分類学的には、種の段階ではヤマザクラ、品種の段階ではヤエノヤマザクラになるが、栽培品名では今日まで記載されたものには該当するものがなく小郡以外にはないようである。
ヤマザクラとしては県下有数の巨木であるばかりでなく、未記載の品種としても貴重であり、昭和五十七年小郡町天然記念物に指定された。
山口市教育委員会


ogorisakura002.jpg

場所は小郡の「中領八幡宮」の北側の「泉福寺」境内跡にある…。

ogorisakura005.jpg

近くに駐車場がないので、車での来訪は注意が必要だし、住宅地にあるため配慮を忘れずに…。

ogorisakura007.jpg

老木は相当弱っていて、お手入れされている場所が痛々しい…。

ogorisakura008.jpg

サクラは花弁が多くかわいい…。

ogorisakura009.jpg

遠くに「狐ヶ峰」の山並みを見ることもできる…。

ogorisakura001.jpg

4月5日(土)には「オゴオリザクラまつり」というイベントもあるらしいので興味がある方は是非どうぞ…。

ogorisakura011.jpg

来年もみれるかな~。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。