山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2015年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年09月

宮崎県えびの市 [霧島連山] 韓国岳 (からくにだけ) 山頂 2015/09/19


韓国岳コース2倍速全行程


シルバーウィークは、5日目を除く4日間は予定をいれず、山三昧するつもりで南九州あたりをブラリとしてきた。予定はいつものとおり、ほとんどたてず、19日の早朝出発する。これまた、いつも通りなんだが、高速は使わず、3号線をひたすら南下するルートを選択し、約10時間で鹿児島に到着する予定であった。

karkunidake001.jpg
えびら高原からみる韓国岳と大浪池

karkunidake002.jpg
道の駅ではなく足湯の駅えびの


ところが、久しぶりに3号線を走ると、市街を通るこのルートが、いかに渋滞が多く、いかにイライラさせられるかということに改めて気づかされる。これだったら、大分方面から抜けたほうが圧倒的に速いわけだが、今さらルート変更も面倒なので途中までは我慢して走っていたんだが、八女市街を走行中に何かが弾けて、高速にのることにした。

karkunidake003.jpg
えびの高原登山口


予定では、1日目に鹿児島県の開聞岳まで移動。2日目、早朝登山というプランにしていたんだが、高速のおかげで早くつきそうだ。とはいえ、いってすぐに登山をするには微妙な時間になりそうなので、2日目以降、登ろうと考えていた「韓国岳」に向かうことにした。向かったのは、登山口のある「えびの高原」である。

karkunidake005.jpg
硫黄山標識

karkunidake006.jpg
山頂へは硫黄山を経由して向かいます


到着したのは、13時過ぎで微妙な時間だったのだが、ビジターセンターの人に話を聞くと、登山道はシッカリしており、歩行時間は片道1.5H程度ということなので、登ることにして準備を開始する。準備中、鹿児島からキャンピングカーで余暇を楽しみに来ていた夫婦に声をかけられ少しばかり情報収集をして登山口へ急ぐ。


えびの高原を一望

karkunidake008.jpg
五合目

karkunidake009.jpg
五合目からの展望


本来なら韓国岳→新燃岳→高千穂峯への縦走が面白いのだろうが、新燃岳の火山活動が活発なため、縦走はできないのが残念だ。また、韓国岳の麓にある硫黄山も同様の理由で入山規制がされていて、同山を経由した登山道も規制されている。と、いうわけで、今回利用した登山道は硫黄山の横を通り、山頂を目指す一番ポピュラーなコースである。

karkunidake012.jpg
山頂標識

karkunidake013.jpg
山頂三角点


えびの高原が標高1200m付近にあるため、標高1700mの山頂までの標高差はたった500mしかない。火山なので、山麓以外の場所には低木しかなく、展望が開けていて、えびの高原の方面の展望が開けていて、爽快な気分が味わえる。とはいえ、山頂付近までは、基本ガラ場の面白みのない登山道が続くことになる。

karkunidake014.jpg
韓国岳火口

karkunidake015.jpg
降りたら面白そうだな…


8合目付近までくると、南側に火口池の大浪池が見えてくる。こういった、火口池は何度見ても面白い。大浪池が見え出したら山頂まであと少しだ。山頂は直径900m、深さ300mの切り立った火口があり迫力がある。山頂には当方のほかには1組の登山客がいるのみで、お茶をしながらしばし風景を楽しむ。


韓国岳山頂からの展望

karkunidake011.jpg
山頂付近からみた大浪池


山頂到着は15時過ぎで、無理をすれば大浪池周回も可能だが、初日から無理をするべきではないということで、ピストンで下山することにした。下山後は駐車場で車中泊の準備をし、歩いて5分のえびの高原温泉で入浴、食事をして早々に就寝することにした。さすがに標高があるので朝方は寒く、秋の始まりを感じざるえなかった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

山口県防府市 右田ヶ岳 [直登谷コース] 2015/09/13


右田ヶ岳直登谷ルート全行程


日曜日は九州に行こうと考えていたのだが、シルバーウィークの遠征を考えて中止することにした。それにしても最近の九州の噴火活動は尋常でない。活火山なんで、いつ動いても不思議ではないし、山からしたら、くしゃみ程度の活動でも人間にとっては一大事になるから困ったものだ。

migita_choku_tani01.jpg
前日にもみた標識


さて、九州遠征はシルバーウィークにでもとっておくとして、向かったのは前日に引き続き「右田ヶ岳」である。前日は「直登尾根コース」を登ったので、直登コースの片割れ「直登谷コース」もいっとくかなんて気分になったのだ。この日も夕方から食事の約束があり、のんびりしてられないので、到着するなりすぐに出発することにした。

migita_choku_tani02.jpg
足場が悪い沢沿いを歩くことになる


時間の余裕がなかったのか、ボケーとしていたのか定かでないが、直登コースへの分岐を見過ごしてしまい撮影に失敗する。しばらく考えたが、結局、駐車場まで戻って再度出発する。今度は分岐も問題なくクリアし谷コースを歩き始める。小さな沢を見ながら、足場の悪い山道をしばらく登り、沢が見えなくなってからは、谷間の急坂を詰めるように歩くことになる。

migita_choku_tani03.jpg
石室のような場所がある


足場が悪く、急坂で、展望もない、薄暗い状態が山頂直下まで続くため、面白みはほとんどない。このコースは体力づくりや思い出づくり以外での選択はないでしょう。だって、右田ヶ岳にはよいコースがいっぱいありますもん…。

migita_choku_tani04.jpg
この日も素晴らしい展望だ…


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県防府市 右田ヶ岳 [直登尾根コース] 2015/09/12


右田ヶ岳直登尾根コース全行程


久々の更新。今月は天気やら用事やらで山登りに行けず、フラストレーションが溜まる一方である。本来なら、天気が良いので遠征でもして溜まっているものを吐き出したい気分だったのだが、夕方から飲み会の予定があり遠出ができない。と、いうわけで「右田ヶ岳」にコース撮影にいくことにする。

migitachokutou_one01.jpg
どちらの直登を選ぼかな~


右田ヶ岳で撮影が終わってないのは、「直登コース」、「塔の岡コース」、「縦走コース」の3つである。まあ、他にも細かなコースはあるが、一般的にしられているのはこれくらいではなかろうか…。で、今回は「直登コース」の撮影をすることにした。「直登コース」は「塚原コース」登山口から登り、分岐から「直登コース」に足を踏み入れることになる。

migitachokutou_one02.jpg
岩場を登るコースが続いていく


「直登コース」分岐に小さな標識があるが、しおらしく、控えめなため、意識していないと見落してしまう。また、「直登コース」は途中で「尾根コース」、「谷コース」に分れている。「直登コース」は、危険だと思われているのか、利用者がさほどおらず、お気に入りのコースだ。

migitachokutou_one03.jpg
展望所からの景色もすばらしい


今回歩いた「直登尾根コース」は展望とスリルを楽しめる中級者向けコースである。登山道はそれなりに整備されているが、他コースに比べたら危険な場所も多く注意が必要だ。また、かなりの急坂を登ることになるのでそれなりにシゴカレル。まあ、所々にある展望所からの景色は素晴らしく、天徳寺コースと塚原コースの尾根の広がりを感じることができる面白さがある。

migitachokutou_one04.jpg
右田ヶ岳らしい岩場の連続である


山頂直下に到着するため、このコースのことを知らない人にあうと驚かれるのも楽しみの1つである。夏のような暑さのなか、ラーメンをすすり下山するのであった。

migitachokutou_one05.jpg
山頂からのカスミの少ない展望…


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ