山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2016年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年05月

山口県山口市 魚切山・黒河内山縦走 [馬頭観音コース経由] 2016/01/31


魚切山馬頭観音コース全行程


土日山にいけなかったので過去ネタをご紹介。この日は馬頭観音コースから魚切山・黒河内山・狐ヶ峰と周回したんだが、駐車地である愛護センターに戻ってくると真っ暗で撮影がうまくいかなかったので魚切山・黒河内山の縦走として紹介することにする。このコースは動物愛護センターを登山口にして「馬頭観音」に立ち寄り「陶峠」へ。その後、「魚切山」から「黒河内山」へ向かうコースです。


魚切山・黒河内山縦走全行程


周回コースになるとボリュームがそれなりにあるし、展望や史跡も点在しており歩いていてそれなりに楽しめたりする。最近は山道の面倒を見る人が減ってきたのか荒れているような気がするが仕方がないのだろう。最近は近隣を再度歩いているので近々もう一度歩くことになるのだろう。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

山口県防府市 矢筈ヶ岳  [森林公園コース] 2016/05/22


矢筈ヶ岳森林公園コースの全行程


この土日は天気が良かったものの忙しく時間が取れなかったのだが、日曜日夕方に少し余裕ができたので山登りに出かけてきた。火の山連峰にもう少し撮影できてないルートがあったりしたが、行き過ぎたせいか別の場所に行きたくなり、比較的近場の「矢筈ヶ岳」にいくことにした。

2016yahazu_shinrina.jpg
矢筈ヶ岳森林公園コースログ


矢筈ヶ岳は「敷山コース」は歩いたことがあるが、今回歩いた「森林公園コース」は初めてだ。とはいえ公園を起点にするコースに悪路なしというのがこれまでの通例だったので、大して下調べもなくとりあえず森林公園に向かった。ところが現地について驚いた。広大な敷地の公園は草が伸び放題、道路には倒木もあり荒れ放題でもはや憩いの場という雰囲気は微塵も感じられない状態だった。

yahazu_shinrin01.jpg
みなみの広場にある案内板

yahazu_shinrin02.jpg
みなみの広場元休憩所?


また、駐車場と分かる駐車場はなく、どこに停めようかと道路を走っていたら、いつの間にか公園内を1周して県道184号線に戻っていた。そこで、もう一度公園内に侵入し「みなみの広場」と呼ばれる場所まで戻り空地に駐車することにした。この場所には、以前、休憩所として使われていただろう建物があり駐車スペースもある。

yahazu_shinrin03.jpg
西峰標識


ここ起点に登山口を探すことにした。少してこずるかなと思われた登山口の捜索はあっけなく幕を閉じた。駐車地より50mほど登った車道沿いに標識があったのだ。ここから標識に従い山中に足を踏み入れた。最初は階段、途中から本格的な山道で急坂続きに西峰につく頃にはヘロヘロになる侮れないコースだ。

yahazu_shinrin04.jpg
展望大岩からの展望


振り返れば展望が広がる場所が何ヶ所かあるし、急坂とはいえ整備はそれなりにされておりトレーニングにはうってつけである。西側には人気の右田ヶ岳があり、影が薄いお山ではあるがこのコースはナカナカどうして面白い。西峰と東峰山頂の間には有名な展望石があり防府市街が一望できるし面白いお山であることを再認識した。

yahazu_shinrin05.jpg
山頂のようす


コースも敷山コースの他にも何ヶ所かあるようだし時間を見つけて歩いてみるかな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県宇部市 北向地蔵尊 2016/05


宇部市の名仏「北向地蔵尊」


宇部市片倉にある名仏「北向地蔵」をご紹介しましょう。病気回復や進学、縁結びにご利益があるとされている。線香の煙を患部に当てると良いとされ毎日のように多くの人が参詣している。より願をかけたい人などは患部と同じお地蔵様の身体をさわるようにしているようだ。

kitamukijizou02.jpg
北向地蔵尊外観

kitamukijizou03.jpg
線香をたき患部にかけるとご利益があるらしい

kitamukijizou04.jpg
北向地蔵も求めて毎日多くの人が訪れる

kitamukijizou01.jpg
休憩所には守りネコもいらっしゃる


境内には人に慣れたネコが何匹がいて癒しに一役かっている。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 火の山 [華光寺ルート] 2016/05/14


火の山[華光寺コース]の全行程


火の山に直登するコースである「華光寺ルート」を歩いてきました。華光寺登山口はもちろん境内にあるのですが、私有地の庭を通るため、初めての人は歩きにくいと思います。関係者がいた場合、挨拶ぐらいはしておいたほうが良いでしょう。コースは最初緩やかな登り、徐々に急坂になりながら山頂に向かうことになります。

2016hinoyamakekoji_map.jpg
火の山華光寺ルートログ


山道は迷うことのない1本道、急坂部にはロープやはしごもあり細やかな整備で歩きやすい。中腹には役の行者の石堂があり行程にアクセントをつけています。この日は天気がよく真夏日。夕方に近づいた山頂には誰もおらず、大岩の上でしばらく昼寝をして下山するのであった。

hinoyama_kekouji02.jpg
山頂の風景

hinoyama_kekouji01.jpg
山頂からみる亀山方面の展望


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 亀山・火の山 [亀山直登・セミナーパーク北登山口周回コース] 2016/05/08


火の山連峰[亀山直登・セミナーパーク北登山口周回ルート]全行程


この日はセミナーパーク南にある「亀山直登コース」から亀山経由で火の山に向かうことにした。亀山直登コースはセミナーパークの第八駐車場に登山口がある。当方は施設内にある「子供と親のサポートセンター」を起点にして出発した。登山道はよく整備されているが、岩場を登っているような急な場所も多々あるので注意は必要。

2016hinoyamarenpo_kamehino01.jpg
火の山連峰[亀山直登‐セミナーパーク北登山口周回コース]ログ


それでも、30分もかからず亀山山頂に到着する。ここから、火の山方面に進路をとる。何度も歩いている火の山連峰だが亀山から火の山方面に歩くのは初めてで知ってるコースでも新鮮に感じる。遠下山、梅の木山を過ごし火の山に到着。ここから陶ヶ岳に向かうか迷ったが予定があるため下山することに決める。

セミナーパーク北登山口経由での下山は前回実施済みで難なく下山完了。セミナーパーク敷地内を歩き、出発地点の「子供と親のサポートセンター」に帰還してこの日の行程を終わる。次回は華光寺から陶ヶ岳のルートでも撮影してみるかななんて思いつつ帰路につくのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県防府市 楞厳寺山 [佐野山立寄りコース] 2016/05/07


楞厳寺山登山全行程


夏に近づくと蜘蛛の巣だらけでいやになる「楞厳寺山」に向かうことにする。とにかく良い?時期になると登山道は蜘蛛の巣だらけになるのである。この時期ならまだ大丈夫だろう。登山コースは一般的に1つしかなく、楞厳寺山と佐野山の西側に登山口がある。山陽自動車道沿いの道に標識があるので分かりやすいと思う。

ryogon03.jpg
佐野山に立ち寄って楞厳寺山へ向かう


登山道は最初の分岐さえ間違わなければ1本道なので迷うことはないし稜線の合流地点には標識もある。ここで佐野山に立ち寄るか楞厳寺山に直接いくか決めても良いだろう。稜線合流までは暗い雑木林を歩くことになるが、山頂までは急峻な岩場を登っていくイメージである。振り返ると佐野山や防府方面の展望が開けているので登ってて気持ちがよい。

ryogon01.jpg
三角点に止まる蝶

ryogon02.jpg
近づいてもナカナカ逃げない


山頂からの展望も優れているので登ったかいがあるというお山である。山頂には蝶が多く、ヒョウモン系やアゲハ系がアチコチに見受けられる。山頂にこれだけの蝶が飛び交っているのは結構珍しかったりするのでいつも不思議に思ったりする。三角点に止まるあまり怯えない蝶を撮影して下山の途についた。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 一貫野の藤 2016/05/01


あまり綺麗にとれてない…


蕎麦ヶ岳下山後、登山口から車で10分ほどの場所にある「一貫野の藤」へ向かいます。連休の真っ只中、晴天ということもあり車が次から次へとやってきます。当方はバイクだったので駐車場所に困ることはありませんが、道は狭い、駐車場所もそれほどあるわけではないので休日はそれなりに苦労することがあります。

2016ikkannofuji03.jpg
次から次へとくる見物客

2016ikkannofuji01.jpg
川を渡って向こう岸へ

2016ikkannofuji02.jpg
咲き具合はイマイチかな…


初めての来訪なので、この時が見頃なのかどうかは分かりませんがナカナカ綺麗に咲いているように思えました。まあ、花にものすごい感動しないタチなので「綺麗だなぁ~」程度で終わってしまい終了。人と車がひっきりなしに来るので早々と立ち去りたいと思うばかりでありました。

一応、動画撮ってみたので興味のある方はどうぞ…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県光市・下松市 周南アルプス縦走 [虎ヶ岳-烏帽子山-茶臼山] 2016/04/29


周南アルプス縦走(虎ヶ岳→烏帽子岳→葉山→茶臼山)全行程


連休初日、今年は遠出ができないので近場でそれなりのボリュームがあって、初めての場所を検討した結果、光市から下松市に延びる周南山系として名高い[周南アルプス]を歩くことにした。参考にいくつかのサイトを確認したが、およそ10㎞の距離を6時間ほどの時間で歩いているようでまあまあ楽しめそうである。

2016shunanalpusmap.jpg
周南アルプス縦走ログ


当方は渓月院の麓の駐車地に車をおき出発、虎ヶ岳、烏帽子山、葉山、茶臼山まで一挙に歩ききり、茶臼山でしばし休憩。その後、虹ヶ丘タウン経由で光駅までいき、電車で高田駅まで移動。その後、防長バスで小周防までいき、渓月院までもどってきた。渓月院から光駅まで約4時間(休憩抜き)で完歩した。

shunanalpus01.jpg
渓月院を出発 (11:02)

shunanalpus02.jpg
岩嶽展望台 (11:23)

shunanalpus03.jpg
虎ヶ岳山頂 (11:56)

shunanalpus04.jpg
烏帽子岳山頂 (12:14)

shunanalpus05.jpg
葉山山頂 (13:16)

shunanalpus06.jpg
茶臼山山頂 (14:03)

shunanalpus07.jpg
茶臼山山頂からみる峨眉山


コースは稜線に取り付けば多少のアップダウンはあるものの基本緩やかで快適な山道を気持ちよく歩ける。また、この日は暑く気温も上昇気味だったが雑木のシェードのおかげで暑さをあまり感じなかった。駅からバスへの連絡は事前に調べてなかったが、意外に休日もバスが走っていてそれほど困ることはないように感じた。


都市部にあり、交通手段も比較的恵まれていて、コースバリエーションも豊富なので地元の人にとってはとても良いお山だと思う。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 鴻ノ峰 [山口大神宮コース] 2016/05/01


鴻ノ峰大神宮コース全行程


一貫野の藤を見学後、温泉にでもつかろうと湯田温泉へ。と、その前に時間も早いのでもうひとつ登ろうと向かったのは湯田温泉街の近くにある「鴻ノ峰」。今回は鴻ノ峰で最もポピュラーなコース「山口大神宮コース」で山頂を目指すことにする。このコースは山口大神宮を登山口にして中腹の稲荷神社や石堂を経由し、山頂である高嶺城跡に向かうコースである。

2016konomine_mapa.jpg
鴻ノ峰山口大神宮コースのログ

konomine_sekido02.jpg
中腹にある石堂の一つ

konomine_sekido01.jpg
似ているようだが違う石堂


登山道はシッカリしているし、片道30分ほどの行程なのでハイキングにはピッタリ、短い行程の割に渋い見所も多く、展望も所々あるので飽きないと思われる。山頂は城跡ということもあり平坦で食事などするにもピッタリだと思う。そういえば、前回来訪時は土砂降りだった記憶があるが、今回は天気も良く気持ちよく歩けたので満足して下山したのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 蕎麦ヶ岳 [一貫野コース] 2016/05/01


蕎麦ヶ岳一貫野コース全行程


久しぶりに蕎麦ヶ岳にいくことにした。あまりに久しぶりで登山口に行けずに迷ってしまった。一貫野の藤が見頃らしく、あちら方面にいく車をちらほら見かけた。帰りによってみるか‥。登山口である駐車場には数台の車が停めてあるので登山者はいるようだ。この一貫野コースは沢沿いを登っていくコースで稜線までダラダラと登りが続く。

2016sobagadake01.jpg
蕎麦ヶ岳一貫野コースログ


思いのほか稜線までが長く、こんなに距離があったっけなともおもったが思い出はいつも都合の良いように修正されるものだ。沢には石造りの堰堤が数か所ある。この堰堤の雰囲気がとてもよい。稜線まででると山頂まで何ヶ所の偽ピークを踏まされることになる。今度こそと思った山頂がそうでなかったときの喪失感は半端ないが、経験をつむと山頂でないことがなんとなく分かってくるものだ。

sobagadake01.jpg
晴天の山頂

sobagadake02.jpg
見晴らしは大変よい


以前とほぼ変わらない山頂からの展望は360度とまではいかないがナカナカの景色が楽しめる。天気がいいと影がないためエラく暑く感じるのだが、前回登頂時も暑かったことを思い出し水分を補給してとっとと降りることにした。ちなみに登頂時に2組の下山者と出会い山頂は1人締めの状態であった。

下山後、「一貫野の藤」を見ることにして目的地へ急ぐのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 [ラーメン] 亀山食堂 2016/04/23

ramen_kameyama01.jpg
亀山食堂(外観)


山口市で用事をすませたあと向かったのは中央にある「亀山食堂」である。亀山と表示された看板以外はないので、初めて見る人はここが食堂とは分からないだろう。以前から存在はしっていたのだが、これが初めての訪問となる。店内は座敷席とテーブル席、そしてカウンターの昔ながらの食堂といった感じ。

ramen_kameyama02.jpg
300円のラーメン

壁に張られたメニューに目を移すと、飛び込んできたラーメンの価格にビックリ。間違いなく300円とかかれている。他にもチャーハンなどのメニューはあるがどれも格安といえる。迷ったがラーメンがあるのならラーメンを頼むしかないのでラーメンを注文した。程なく出てきたラーメンは野菜と鶏肉のあんかけがのった中華そばといった素朴なもの。

ramen_kameyama03.jpg
あっさりスープに鶏肉と野菜のあんかけがのっている


アッサリしているのであっという間に完食。値段のわりに個性のあるお味でした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ