山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2016年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月

山口県下関市 堂ヶ岳 [伊藤田コース] 2016/06/26


堂ヶ岳伊藤田コース全行程


雁飛山を下山後、向かったのは近くにある堂ヶ岳です。ここなら下山後、俵山温泉に近いし一応山口県百名山にもなっているので多少注目度もあります。何年か前に登っているのですが全くもって印象にないお山で登山口がどこにあったかも忘れてしまっており少し迷ってしまいました。

2016dogadake_gpsa.jpg
堂ヶ岳伊藤田コースログ


見所も面白味もないお山でなぜ百名山に選ばれたのかはよくわかりません。行程の約半分は林道歩き、残りの半分は道なき道の急坂登り、そして展望のない山頂という、先程登った雁飛山を上回るウリのないお山であります。敢えてあげるなら、野生の鹿との遭遇率がウリでしょうか?動画の5:00にも集落に逃げていく鹿が映り込んでます。


逃げまくってる鹿

2016dogadake01.jpg
堂ヶ岳山頂


今回再登頂して何故記憶から消えているかなんとなく分かった気がしました。また、しばらくしたら忘れてしまいそうです。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

山口県美祢市 雁飛山 [上田代コース] 2016/06/26


雁飛山歩行全行程


折角の晴れにどこにも行かないわけにはいかないので、登山後の入浴も考慮して美祢から長門方面の山にのぼることにした。最初は一位ヶ岳に登ろうかとも思っていたが、途中で気が変わり美祢の雁飛山に向かうことにする。以前登った時は雨の中歩いた覚えがあるが本日は実に良い天気である。

2016ganbisan.jpg
雁飛山[上田代コース]ログ


雁飛山には大きく「西畑コース」と今回使用した「上田代コース」がある。上田代コースは植林と雑木で覆われた薄暗い中を歩くうえ、足元が悪い場所が続く急坂が続く面白味はさほどないコースである。まあ、綺麗な沢を途中まで横目に見ながら歩けるのが唯一の救いといえるだろう。

2016ganbisan01.jpg
雁飛山頂風景

2016ganbisan02.jpg
南方展望

2016ganbisan03.jpg
北方展望

2016ganbisan04.jpg
三角点


山頂は平らな場所が広く、展望も南北に開けており解放感があり休憩するのにちょうどよい。珍しく朝早く出発したためもうひと山登れそうなので早々に下山することにした。さて、どこにいこうかな‥。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県防府市 矢筈ヶ岳 [敷山城跡コース] 2016/06/18


矢筈ヶ岳[敷山城跡コース]全行程


この週末は土曜が晴れ、日曜はぐずる天気予報となっていたため、土曜日、急いで用事をすませ山に向かうことにする。向かったのは矢筈ヶ岳の敷山城跡コース登山口。昼が終わり夕方の空模様になりかけの時間に現地に到着。誰もいないだろうと思っていたが駐車場に2台の車があった。

yahazu_sikiyama01.jpg
どこが城址なのかわからない史跡

yahazu_sikiyama04.jpg
展望テラスはいつきてもよい


少し怪訝に思ったが簡単に準備を済ませて登山開始。このコースは8合目にある敷山神社までは参道としてなんとなく整備されているので歩きやすい。あっという間に神社に到着すると、今度は山道らしい細く険しい道を稜線まで登ることになる。稜線に到着すればすぐ近くの展望所に立ち寄り防府市街を一望し、山頂へもうひと踏ん張り登ります。

yahazu_sikiyama03.jpg
鉾岩と防府展望

yahazu_sikiyama05.jpg
寂しい山頂


山頂には展望はありませんが少し下った場所に鉾岩という尖った岩があり展望所になっています。近づくと断崖で恐ろしいのですが防府方面の景色は絶景なので立ち寄ってもいいかもです。以前登ったときはもっと疲れたと記憶しておりますが、片道約30分のお気楽なハイキングでした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

大分県中津市 [ラーメン] 宝来軒 洞門店 2016/06/11

houraiken_domon01.jpg
外観

houraiken_domon02.jpg
メニュー


くじゅうからの帰り腹ごしらえのために立ち寄ったのは青の洞門近くにある「宝来軒 洞門店」。宝来軒といえば大分県では知らない人はいないのではないかといわれるラーメン屋であり定食屋でもある。他の支店だが何度か立ち寄ったことはあるのだがラーメンを食べるのは恐らくは初めてだ。

houraiken_domon03.jpg
ラーメン

houraiken_domon04.jpg
ラーメンアップ


当方は普通の「ラーメン」を注文する。値段は670円と少し割高な印象。程なくでてきたラーメンは見た目、普通のラーメンで驚きはなにもない。ただ、スープは自分好みの濃厚とサッパリが両立していてグイグイいける。唯一の具といえるチャーシューもこれといった特徴はないがスープと麺の相性は良いと感じた。

値段なりの満足のお味でした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

大分県九重町 宝泉寺観光ホテル温泉 湯本屋 駒吉の湯 2016/06/11


宝泉寺観光ホテル温泉駒吉の湯


平治岳のミヤマキリシマ見物も終わり温泉を探すことにする。時間は昼前で夜までに家につけばいいので余裕がある。特にここにいこうというのはいつものことながら決めてなかったが看板に従いむかったのは宝泉寺温泉街である。宝泉寺温泉郷は「壁湯」、「川底」、「宝泉寺」の三ヶ所の温泉地を合わせた呼称で今回は宝泉寺温泉に向かった。

2016hosenji_yumoto01.jpg
施設入口


宝泉寺温泉にたどりついたものの公衆浴場があるのか、日帰り入浴ができる施設はあるのかなどは一切調べてなかったので苦労するかなともおもったが、施設入口に日帰り入浴OKみたいな看板がでていた「宝泉寺観光ホテル」で入浴することにした。フロントで聞くと日帰り入浴は外の露天風呂になるそうで簡単な案内をされてあとはご自由にといった感じだった。

2016hosenji_yumoto02.jpg
入浴棟外観


露天風呂といっても休憩所やトイレもあるし、脱衣所には有料だが鍵付ロッカー、ドライヤーも完備しており申し分ない。浴場は壁はあるものの一部は自然の岩壁で滑滝のように上方から水が流れている。雑木も人工的とはいえいい感じで植えられており気分が落ち着く。湯船に入ろうとすると熱湯で入れずビックリしたが水で加水できるバルブがあったので勝手に加水した。

2016hosenji_yumoto03.jpg
なげかわしいのぅ~


まあ、途中で気になったのか従業員がきて湯温について確認されてきたので事情を説明した。どうやら、朝晩は湯温が高くなるらしい。まあ、源泉温度は54度あり自然冷却しているようなので客が少ないとドンドン熱くなることはなんとなく分かる。ついでなんで地震について少し話したが、やはり来客数は減っているらしく温泉がでなくなった施設もあるらしい。

2016hosenji_yumoto04.jpg
露天風呂

2016hosenji_yumoto05.jpg
洗い場


泉質は単純温泉、無味無臭で特徴はないのだが人は少なくゆっくりできたので満足できた。まあ、露天施設なので冬場は身体を洗うのがキツクなるだろうが、それ以外の季節はリラックスできる良い施設だと思う。温泉で汗を流したあとは下道でゆっくり山口まで帰るのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

大分県由布市 日本名水百選 男池 (おいけ) 2016/06/11


くじゅう連山 男池(おいけ)動画


平治岳の下山のついでに行きしなよれなかった「男池(おいけ)」によることにした。くじゅう連山黒岳から1日2万トン湧き出るといわれている。その池の色はトルマリンともブルーサファイアともいえる色で光の加減で見え方がかわる。当然のごとく日本名水百選に選ばれている。登山口から男池を経由して平治・黒岳方面への登山道へアクセスできるの立ち寄って登山を楽しんでほしい。


2016oike01.jpg
男池➀

2016oike02.jpg
男池②


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

大分県竹田市 ミヤマキリシマ咲く平治岳 [男池登山口コース] 2016/06/11


平治岳男池登山口コース全行程


ここ何週間は山登りにいけなかったのだが、恒例の九重登山にいくことにした。とはいえ夕方には帰っておかないといけないので強行日程での山行となった。出発したのは、金曜日深夜、道の駅くすで1時間ほどの仮眠、午前5時頃男池駐車場に到着。今年は震災の影響で車は少ないと思っていたのだが結構な数が駐車していた。

2016kuju_oike22.jpg
今回歩いた男池登山口コースの歩行記録


少し休憩でもしようと考えていたが、すぐに出発しないと人でごった返すなと予感して準備をしてすぐ出発することにした。男池コースというくらいだから、男池は見ておきたいと思ったが立ち寄らず先へ進んだ。立ち寄っても本道に戻れるかどうかわからなかっただが、あとから戻れることが分かって少しだけ後悔した。

2016kuju_oike01.jpg
男池駐車場標識

2016kuju_oike02.jpg
登山口詰所


男池登山口からのルートは大きく黒岳へ向かい大船山経由へ向かうルートと平治岳に向かうルートがある。今回はかくし水、ソババッケ、大戸越を経由して平治岳山頂を目指すことした。登山道は明瞭かつ不明瞭で迷うような場所はないが分かりづらい場所もある。ダラダラと坂道が続く印象でソババッケから大戸越までのガラ場で多くの登山者の生気を抜かれている。


かくし水の動画

2016kuju_oike03.jpg
かくし水➀

2016kuju_oike04.jpg
かくし水②


ソババッケの動画

2016kuju_oike05.jpg
ソババッケ

2016kuju_oike07.jpg
大戸越からみた平治岳


当方はカメラ換装以外は休みを一切取らず山頂まで一挙に登り切った。お目当てのミヤマキリシマだが、終わりかけとはいえ、虫害が少なかったことが幸いしたのが、山頂付近ではまだまだ楽しめるほどの花たちが出迎えてくれた。まだ、朝が早いということもあって人が比較的少なかったのでゆっくり鑑賞することができたのは良かったといえる。

2016kuju_oike08.jpg
2016kuju_oike09.jpg
2016kuju_oike12.jpg
2016kuju_oike13.jpg
2016kuju_oike15.jpg
平治岳のミヤマキリシマいろいろ


山頂で朝飯を食べ終わったころには次々と登ってくる人たちが見え始めたので下山をすることにした。頭に黒岳に立ち寄ることもほんの少しよぎったが、花を見て満足したのかそのまま降りることを選択。帰りに男池に立ち寄り下山完了。さてさて、温泉でも探してゆっくりしますかな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

大分県竹田市 平治岳のミヤマキリシマ 2016/06/11


平治岳のミヤマキリシマ2016



詳細は次回更新時にするとして、6/11に行ってきましたくじゅう連山平治岳のミヤマキリシマです。今年は震災がありどうかなとも思いましたがいって買い物でもして盛り上げるのが一番という思いもあり…、というか行きたかったからいってきました。今年は虫害の被害もなく、花はすこぶる元気なようで見頃は少し過ぎていましたが昨年比べたら上出来、上出来です。



2016kuju_oike21.jpg
山頂標識と傍らに咲くミヤマキリシマ



2016kuju_oike15.jpg
山頂付近に咲き乱れるミヤマキリシマ



2016kuju_oike16.jpg
大戸越方面の斜面に咲くミヤマキリシマ



2016kuju_oike17.jpg
平治岳稜線から見える北大船山



2016kuju_oike19.jpg
遠方に見える三俣山とミヤマキリシマ




大戸越のミヤマキリシマ2016



2016kuju_oike20.jpg
前週これたらよかっただろうミヤマキリシマ



山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ