山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2016年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年01月

福岡県福岡市 博多もつ鍋 一慶 西中洲店 2017/01/14

horumon_ikkei01.jpg
店舗外観


福岡編も今回で最後です。糸島をあとにして宿泊地の中洲でチェックイン。夕飯はホルモン鍋でも食べたいとフロントで良い店を聞くことにした。そこで紹介されたのが「博多もつ鍋 一慶」である。紹介してもらわなければ決して足を踏み入れないようない裏手のビルの2階に目的地はある。

horumon_ikkei02.jpg
ホルモン鍋(しょうゆ味)


入店すると店員に予約の有無の確認をされたが「していない」とにこやかにいうと、2時間でよければという返事が返ってきた。店内はほぼ満席で、このあとも予約が入っているのだろう。案内されたのは小さな個室で他のオープン席よりくつろげる。で、ホルモン鍋や牛タンやオチャケを飲んでいたらすっかり撮影を忘れていた。

とりあえず食べる前の写真だけは撮っておいたのでアップしておく。味は出汁が少し塩辛い感じがして、つくづく今日は辛目の店にぶつかる日だなと実感してしまった。次は水炊きを食べることにしてお店をあとにした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

福岡県糸島市 ごはん屋 格(イタル) 2017/01/14

gohan_itaru01.jpg
イタルの外門


意気消沈で牡蠣小屋をあとにした。とにかく、お口の中を上書き処理したいと思い牡蠣小屋で隣人が話していた糸島プリンなるものを探すことにした。調べると、糸島プリンとは「まいにちの塩」なる塩を使用しているそれは美味しいプリンらしい。とはいえ、糸島牡蠣にやられた余韻が残るなかでこの選択は間違いないのか…。

gohan_itaru02.jpg
喫茶のくぐり戸


まあ、時間もさほどないので選択の余地はない。場所も幸い近くだしナビに任せて向かうことにした。場所は市街から少し離れた田畑の中の一軒家だ。どうやら古民家を改装しているらしい。家の前に何台か駐車してあるのですぐにわかった。邸内には3つの建物があり、喫茶室、売店、食堂で構成されている。

gohan_itaru03.jpg
ごはんと喫茶は時間帯入替方式であるようだ


食堂は昼食時間と夜間、間の時間を喫茶として営業しているようだ。入口はくぐり戸、わざと便利の悪いくぐり戸にしている。中に入ると高い天井にむき出しの梁、石造りの土間、磨きこまれた廊下、暖かい炎があがる薪ストーブ。こうなると、食事も俄然期待してしまいます。

gohan_itaru04.jpg
花塩プリン

gohan_itaru05.jpg
濃厚なプリンにかわいいクッキーがのってます


飲食は居住区の居間だった場所ではないだろうか…。畳敷で中央にあった襖を取っ払い大広間にしたうえ、広めの卓袱台を10個ほどおいてある。敷いてあるのは座布団ではなく、厚めのクッションで座るにもよし、枕にするのもよし、広いのでイロイロと使えそうだ。席からは庭が見えて落ち着く。

gohan_itaru06.jpg
珈琲


メニューにはお食事・甘味・飲み物の項目があり、花塩プリンとコーヒーを注文した。透明のガラス製カップに1/3ほど入ったプリンは赤黄色で市販のプリンより色が濃い。中央にはクリームと魚の形をしたクッキーが添えてある。まずはクッキー。うん、普通のクッキーだ。そして、プリン。うん、おいしいプリンだ。いや、大変美味しいプリンだ。

実は、プリンだけでは物足りなかったので、ぜんざいも注文したのだが、そのぜんざいが絶品でありました。お店が近くにないのがとても残念です。このお店のおかげで牡蠣の上書き処理が完全完了。心置きなく宿泊施設を探すこともできるし、移動することもできそうです。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

福岡県糸島市 糸島牡蠣小屋 岐志漁港 大黒丸 2017/01/14

itoshima_kakigoya10.jpg
大黒丸外観


先の牡蠣小屋が美味しくなかったのでリベンジのつもりで訪問したのが、同漁港にある大黒丸です。選んだ理由は全小屋のなかで一番人がいたからです。これが、同調行動効果なのか、人気店だからなのか、いざ挑戦です。今度は牡蠣を1㎏のみ注文して様子をみることにします。

itoshima_kakigoya12.jpg
貸出の汚れ除けジャンパー


程なく牡蠣がやってきました。牡蠣は前の店より大きく感じます。牡蠣は見た目では大きさくらいしか見分けがつかないので殻が開くまで分かりません。というか殻が開いてもさほどわかりません。というわkで、焼けたので食べてみます。先程の店舗と比較すると生臭さは減ったものの、塩辛さや味そのものの本質は変わりません。

itoshima_kakigoya11.jpg
メニューは各店舗微妙に違います


周囲を見てもこの牡蠣を美味しいそうに食べています。よって、ここの牡蠣はこんなものだと結論づけました。個人的には広島牡蠣のほうが圧倒的に牡蠣の旨み・甘さがハッキリしていて美味しく思えます。まあ、食べなれてるからなのかもしれません。まだ、結論を出すには早いかもしれませんが、ここの牡蠣は当方からみたら汐辛く美味しく感じない一品であるようです。

itoshima_kakigoya13.jpg
牡蠣の値段はどこも同じ、味もあまり変わらない


美味しいものは万国共通というのは誤りなのでしょうか…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

福岡県糸島市 糸島牡蠣小屋 岐志漁港 恵比須丸 2017/01/14

itoshima_kakigoya01.jpg
これが岐志漁港の牡蠣小屋群だ~(=゚ω゚)ノ


糸島牡蠣といえばカキの季節になるとニュースで取りざたされる有名牡蠣小屋スポットである。福岡県の北西部にある糸島半島付近の海域で養殖された牡蠣のことを主に糸島牡蠣といい、牡蠣小屋は漁港に所属している漁師さんを中心に営業されているようだ。漁師さんが営業している、即ち、新鮮な牡蠣を食べることができるというわけで期待も高まるわけです。

itoshima_kakigoya04.jpg
店内はよく見る牡蠣小屋といった感じ…


そんな糸島牡蠣小屋ですが、点在している5つの漁港にそれぞれ牡蠣小屋があり最初はどこを選べばいいかわからないものです。そこで、ネットのランキング情報から選んだ岐志漁港にある「恵比須丸」を最初のターゲットにしたわけです。山口から現地まで高速道路で約3時間で到着。13時到着時には駐車場には多くの車があり期待に胸躍ります。

itoshima_kakigoya02.jpg
でっかい大漁旗が糸島漁師の証です


岐志漁港には13の牡蠣小屋が並んでいて店舗数は全漁港中最大のようです。なぜこの漁港を選んだかというと、もし、お目当ての店が満席でもこれだけ店舗があればどこかで食べれるだろうと思ったからで。「恵比須丸」は駐車場から一番近くにあり、店先には呼び込みの人がいます。店内を少し覗くと「あれ…、人がいない」。ある人気投票で2位の店舗の「恵比須丸」なのにこんなに少ないの…。

itoshima_kakigoya03.jpg
メニューはこんな感じ

itoshima_kakigoya08.jpg
とりあえずお薦めの恵比須丸セットを注文


少しの不安がよぎったが、昼の時間も少し過ぎておりお客が少ないんだろうと気にせず入店することにした。店内に入るとまずは汚れを防ぐジャンパーを貸してくれる。ジャンパーは店によって個性があるようだ。それから席に案内される。大抵のお店は炭火焼で炭料をとる店ととらない店がある。

itoshima_kakigoya07.jpg
テーブルには軍手、割りばし、ナイフの三種の神器が置いてある。


二酸化炭素中毒防止のため隙間が設けているため風が強い日は隙間風が入り寒い。注文は店員に薦められた「恵比須丸セット」を注文する。セットの牡蠣飯と牡蠣汁を食べていたらお目当ての牡蠣と海鮮類がでてきた。牡蠣の焼き方は、平の面を下にして2~3分焼き、反対にして口があくまで待つ。カキ殻は大きく中も期待できる。

itoshima_kakigoya06.jpg
セットの牡蠣飯と牡蠣汁

itoshima_kakigoya05.jpg
そして、牡蠣とその他海鮮類


パカと口があき、プリンプリンの牡蠣ちゃんとご対面。早速、口に入れる。「なんだ、これ」、「汐辛く、生臭い」、あーたまたまハズレをひいちゃったのねともう一つ食べてみる。美味しくない…。一緒に来ていた連れも美味しくないという。よく焼くとなんとか食べれるが口を開けた程度で食べるともう無理です。食べれません。

itoshima_kakigoya09.jpg
でも、美味しくはありませんでした(´;ω;`)

わざわざ、こんな場所までこんなものを食べに来たと思うと気持ちが落ち込みます。食べ物でこれほどカッグリきたことは久しぶりです。このまま、帰るわけにはいきません。牡蠣小屋はいくらでもあります。他所の美味しい牡蠣を食わずして山口県に帰ることはできません。というわけで早々に移動を開始しました。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県宇部市 うべ新鮮市場 元気一番 2016/11/05

ubegenki101.jpg
うべ新鮮市場 元気一番外観


およそ昔のお話。宇部にシーマート的な施設ができたと噂で聞いたので探してみることにした。ところが、場所が分からずしばらくホッテおいた。それからしばらくして近辺を車で走っていたら,施設に誘導する小さな看板を見つけて当該施設を発見。第一印象は「ちっちゃいな(´・_・`)」そう、最近の巨大化する道の駅からするとそれは小さな小さな建物である。

ubegenki102.jpg
営業時間等は確認してね

ubegenki103.jpg
日替りメニューがうれしいね


建物内は小さな海産物の売場と20名程度入れる食堂のみ。売店には漁港でとれた魚を売っているのだが数はそれほど多くない。加工品も5分もみれば見終わるほど少ない。食堂入口には本日のメニューと書かれた看板がある。どうやら、メニューは600円の定食のみという、迷わなくてよいシンプルすぎるシステムだ。

ubegenki104.jpg
600円で豪華7品


しかも、営業日は金土日の3日のみで食堂の営業時間は11:00~14:00のみである(売り切れ次第営業終了)。これで儲かるのか?なんて心配をしながら料金を払う。座ったカウンター席からは船がとまっている漁港を見ることができるがそれほど綺麗とはいえない。店内はほぼ満席、揚げ物があるから少し待たされるようだ。

ubegenki105.jpg
特にハモの揚げ物が美味かった


待たされた定食には刺身、揚げ物、香の物、味噌汁など全7品。600円はハッキリいって安い。刺身はぶりとさわら、揚げ物はハモ、小鉢はエイの竜田揚げ、どれも美味しい。特にハモの揚げ物は絶品であった。もっと人が集まっても良いと思うのだがこの規模や営業形態ではこれくらいが限界かな…。

まあ、実験的な取り組みのような気がするし、今後の展開に期待します…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県宇部市 TOKIWAファンタジア2016 2016/12


2016TOKIWAファンタジアのようす


今年もというか、昨年のTOKIWAファンタジアは終わってしまった。終了して随分とたってしまったのだが、備忘録的にアップしておこうと思う。今年の特徴はというと…「特になし」かな。会場の広さや予算、協賛企業の規模なんかの関係もあると思うのだが、内容が随分とマンネリ化してきた印象がある。

2016tokiwafantasia06.jpg
入口のこれを見るとTOKIWAファンタジアが始まったことを感じる

2016tokiwafantasia03.jpg
観覧車の宇部興産

2016tokiwafantasia04.jpg
このイルミもお馴染みです


イベントには桜のように毎年同じ風景をみて安心というか癒されるものと、毎回、驚きや発見、感動などがあったほうが良いものがあるとおもうのだが、イルミネーションなんかは後者ではないだろうか…。そういった意味では今年は面白味が少ない感じがしたわけだ。それでも、来場者は平年並みか増加傾向にあるのではないだろうか。

2016tokiwafantasia02.jpg
これも最近毎年あります

2016tokiwafantasia01.jpg
これは今年初めてだと思う

2016tokiwafantasia05.jpg
面白い

2016tokiwafantasia07.jpg
これは新作だな


まあ、このイベントも最初に比べたら随分とパワーアップしてきたのだから、その歩みが鈍くなるのも当然か…。また、来年を楽しみに待とう♪(o・ω・)ノ))


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 [ラーメン] 結(ゆい) 2017/01/19

ramen_yui01.jpg
[結(ゆい)]外観

ramen_yui02.jpg
営業時間


この店舗は不遇のお店だった。というのも目立たない場所にあり、駐車スペースが少ないため、これまで入ったお店がすべて廃業していったからだ。自分の記憶だけでもイタリア料理、喫茶店、油そば、定食屋が入っては消えていった。居抜き物件をあてに格安で借りたはいいが実力がついていかなかったのだと思う。

ramen_yui03.jpg
一見パッとしない店内

ramen_yui04.jpg
牛骨ラーメンもよいが唐揚げが美味かったりする


実際、ほとんどの店に1回はいったが2回目行こう思う店はなかった。だが今回は違う。お昼はいつもお客でいっぱいだし、料理も手作り感がシッカリしており美味しい。メインは中華そばという牛骨ラーメンと各種おにぎりを中心とした惣菜類の2つだ。牛骨ラーメンは近辺では珍しく個性があるし、味も牛骨特有の濃いスープが個人的には好きだ。

ramen_yui05.jpg
独特な旨みの牛骨スープ

ramen_yui06.jpg
チャーシューはアッサリでスープにあう

ramen_yui07.jpg
天むす(イロイロな種類のオムスビを用意)


また、おにぎりは注文してから握るようであったかおにぎりをいただくことができる。惣菜はたべたことはないが、人気はあるようで早くいかないと主要なものはすぐになくなってしまう。この店は店内に嫌な雰囲気がなく心配しなければいけない場所が感じられないので今までのお店のようなことにはならないのではないだろうか…。

というかなくなってほしくないなあ~。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

島根県津和野町 みのや 2017/01/02

tsuwano_minoya01.jpeg
古民家風な外観


太鼓谷稲成神社で初詣をすませたあと、島根に行く前に腹ごしらえに立ち寄ったのは津和野駅近くにある甘味・めん処「みのや」です。外観は古民家風、店内は民芸品が多く、城下町津和野の雰囲気にマッチしている。座席は店内30席ほど、店外15席ほどで、冬場は店外はつらいと思う。

tsuwano_minoya04.jpeg
お品書きは木製


メニューはうどん、そばを中心にぜんざい、団子などの和甘味も充実しており、峠の甘味処といった感じ。お薦めメニューは「しこたまうどん」や「よもぎ串だんご」でしょうか…。自分は「山菜うどん」を注文する。狭い店内は満員。店の人はテンパっていて注文間違えらしき風景を何度か見ながらうどんがくるのをしばし待つ。

tsuwano_minoya02.jpeg
なぜかえのきが入っている山菜うどん

tsuwano_minoya03.jpeg
タケノコも入ってるんです


出てきた山菜うどんは想像よりも山菜っぽくなく拍子抜けだったが味は美味しかった。素朴な和甘味を食べるならここはいいかもしれない。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

島根県浜田市 有福温泉 旅館 樋口(内湯) 2017/01/03


有福温泉 旅館樋口の内湯


この旅館樋口には貸切露天風呂を日帰りで利用できるようなのですが、今回紹介するのは宿泊者が利用する内湯です。まあ、広くもなければ特徴もありませんので何もいうことはありませんが必要なものは当然揃ってますし、別途使用できるタオルを備え付けしてあります。

arifuku_higuchi01.jpg
内湯

arifuku_higuchi02.jpg
露天

arifuku_higuchi03.jpg
洗い場


まあ、この施設のウリは客室と料理だと思っておりますので内湯についてはこんなものかなという感じです。あくまでも参考までに掲載しておきます。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

島根県益田市 島根芸術文化センター グラントワ 2017/01/03


石州瓦が美しいグラントワのようす

grandtoit07.jpg
芳年展のチケットと特典のトレーディングカード


正月は宮島で初日の出、太皷谷稲成神社で初詣、有福温泉で湯治、そして、山口への帰路に立ち寄ったグラントワで締めくくったわけですが、グラントワについて少し…。グラントワは美術館と劇場が一体になった複合施設で特徴は建物の壁面と屋根に使われた28万枚の石州瓦である。

grandtoit01.jpg
壁面はすべて石州瓦の建物

grandtoit02.jpg
近くによるとこんな感じ…


その石州瓦の独特な色や形がただの建物をスゴイ建物にしていると思う。そのスゴさは外観だけではなく、贅沢なつくりの廊下や中庭、構造がむき出しの劇場に反映されており、初めて見た人は圧倒されるのではないだろうか。館内をぐるりと廻り、館内レストランで食事、その後、美術館で開催していた月岡芳年展に立ち寄ってみた。

grandtoit03.jpg
薄く水を張った中庭

grandtoit04.jpg
どこか圧倒される廊下


入場料を払うとトレーディングカードを1枚もらえる。カードには点数が入っていて、8点集めるとキラキラカードがもらえるようだ。面白い企画だが、この手の企画展をカード目当てに何度もくるかといわれたら些か疑問が残る。流行りとはいえ他になにかなかったのだろうか…。芳年なんていう浮世絵作家は知らなかったのだが、作品は素晴らしく正月休みに相応しい締めくくりとなった。

grandtoit05.jpg
むき出しの尻が見える劇場

grandtoit06.jpg
館内のレストランにてカレーを食す


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

島根県浜田市 有福温泉 御前湯 2017/01/03


昭和レトロな 有福温泉 御前湯


有福温泉は宿泊地としてよく利用する温泉地だと思う。日帰りだとあちこちまわったほうが面白いのだが、宿泊となると料理や雰囲気なんかも重要でトータルでなんとなく気に入っている。宿泊日は宿泊施設の内湯を利用したり、部屋に露天風呂がついてたりするんで利用するんだが、翌朝は外湯があればそちらを利用することが多い。

2017arifukuonsen_gozenyu01.jpg
昭和レトロ漂う外観

2017arifukuonsen_gozenyu03.jpg
洋風番台


有福温泉には3つの公衆浴場があるのだが、一番高い場所にあり、一番レトロチックで、恐らく一番人気の施設だと思う。故に入浴客は多く、朝一でなければナカナカ撮影は難しいと思う。そこで、当日は開館15分前に出向き、従業員に許可をもらい開館前に施設にはいることを了解してもらった。

2017arifukuonsen_gozenyu02.jpg
必要なものは揃っている脱衣所

2017arifukuonsen_gozenyu06.jpg
浴場の換気口も形がよい


いつ来ても落ち着く雰囲気のデザインなんだが、人の多さだけがネックになる。この日も開館と同時に多くの人で湯船がいっぱいになり、落着けないので素早く退散することとなった。宿泊施設にかえったあとは部屋の露天風呂に湯を張り有福最後の入浴を楽しむのであった…。

2017arifukuonsen_gozenyu04.jpg
なんといっても湯船のデザインがよい

2017arifukuonsen_gozenyu05.jpg
とくにこの岩がよい


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

山口県山口市 西鳳翩山 [吉敷畑コース] 2017/01/07


西鳳翩山吉敷畑コース全行程(ログ表示あり)


元旦の宮島ご来光登山の勢いをそのままに県内初登りに選んだのは「西鳳翩山」であります。本当は東鳳翩山にいこうと思っていたのですが、向かったのは西鳳翩山であります。西鳳翩山は山頂がアンテナ群にされたり、油ノ峠から続く舗装路だったりが雰囲気を台無しにしていたりするお山だが、それまでの行程は沢沿いを歩くナカナカ面白いコースとなっていて個人的に好きなコースである。

2017nishihoben_yoshiki03.jpg
吉敷畑コースの歩行ログ


何度も歩いて紹介もしているので書くこともないのだが、今回はこれまでやりたくて、でもできなかったことに挑戦してみた。それが動画にトラックログの動画をPinPすることである。これだと、見る側も全行程のどこを歩いているか分かりやすくなるのではなかろうかと前々から気になっていたのである。

2017nishihoben_yoshiki01.jpg
登山口の標識


調べた結果「カシミール3D」のカシバードを利用すればできるかもしれないと、試してみるがどうにもうまくいかない。それもそのはず、無料版だと地図の出力ができない(恐らくライセンスの関係だろう…)ため思ったような動作をしてくれないようだ。そこで、フルバージョン5日お試しを利用し編集したらどうにか動画作成まではできた。…が今度は出力方法が分からない。

2017nishihoben_yoshiki02.jpg
少しガスがでていた山頂


この時点で少々面倒になったので簡単に出力する方法はないかと考えた結果、デスクトップキャプチャーを使用することにする。当然、無料のデスクトップキャプチャーを使用するのだができるだけ簡単操作のものを選択しどうにか動画出力に成功。その後、編集してPinPの動画を作成してみた。

まあ、歩行ログと動画のズレはあるし、ログは見えにくいしで、全く満足はいかない代物だが面白いので良しとする。今後も利用するなら年間使用料を払うしかなさそうだが、やる価値があるかは検討が必要かな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

広島県廿日市市 宮島弥山 初日の出 2017/01/01


2017年元旦。宮島弥山山頂からの初日の出


2017年元旦。宮島弥山山頂のようす


2017年あけましておめでとうございます。

昨年後半はケガをした関係で山登りにいけない状態になっていましたが、完全完治ではありませんが年末に治療が一応終わったので、どのタイミングで山登りを復活させようか悩んでいたわけであります。結局、昨年同様、初日の出でも拝んで良いスタートをきりたいという思いもあり急遽向かうことにしたのは毎年恒例の宮島弥山であります。

2017miyajimamisen01.jpg
2017宮島フェリー乗り場元旦(ココの写真は毎年撮っている)


出発時間が遅くなったため高速でも乗ってやろうかともおもったが、結局、最後まで下道を走り、到着は4時、フェリーに4時半にのり、登山開始は5時をまわった頃だったと思う。この時点で初日の出をみるスペースが残されていないだろうことは予測できたが、山頂につくと予想通り人でいっぱいだった。

2017miyajimamisen02.jpg
夜の鳥居(登山前)

2017miyajimamisen03.jpg
朝の鳥居(下山後)


予想外だったのは何か月も山登りをしていなかった割にはちゃんと歩けたことだ。息切れは多少おきたものの悪くないペースで登れたことは大きな収穫であった。これで今年は完全復活できるし、雪山にもいけるのではなかろうか(雪は少ないが…)。また例年にくらべ寒さが厳しくないため比較的余裕をもって日の出を待てたのも良かった。

2017miyajimamisen04.jpg
こんな感じに垂木に引掛けて撮影した


あとは、どこから撮影するかだが主要な場所は埋まっているので無理そうなので、考え付いたのが自在三脚を屋根の垂木にかける方法だ。弥山展望台の2階屋根は垂木がむき出しになってかけれるので自在三脚をフック状にすれば誰にも邪魔をされず撮影ができるのである(また、手を伸ばさないので後方の邪魔にもならない。

2017miyajimamisen05.jpg
今年の初日の出もナカナカよかった(昨年ほどではないが…)

2017miyajimamisen07.jpg
日の出た後も人が続々と…


で、なんとか初日の出の撮影に成功し、今年のご来光を拝むこともできたわけである。ブログもケガに合わせて休眠させてきたがボチボチ再開して行こうと思うのでよろしくおねがいします。

2017miyajimamisen06.jpg
今年も人が多かった…


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ