山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年08月
ARCHIVE ≫ 2017年08月
      

≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

大分県竹田市 久住山 第65回 くじゅう山開き 2017/06/04


久住山山頂で開催されたくじゅう山開きのようす


長かった韓国編がやっと終わったのですが、掲載してない物件が多少残っているので、お盆までに消化に勤しみます。さて、今回は6月に参加した『第65回 くじゅう山開き』の話題にふれたいと思います。

2017kujubiraki01.jpg
牧ノ戸峠駐車場(満車である)

2017kujubiraki02.jpg
狭い登山道は人で渋滞


いつもは1人で参加しているのですが、話をすると「参加したい」という連れがいたので一緒にいくことにした。山開きの祭事は『久住山』と『大船山』の山頂で交互に開催されており、今年は『久住山』で実施される。久住山なら登山口は牧ノ戸峠が便利がよい。駐車場もそれなりにあり、コースもなだらかで危険な場所はさほどない。

2017kujubiraki03.jpg
扇ヶ鼻だったっけ?

2017kujubiraki04.jpg
遠くに見えるのは星生崎


まあ、それだけ競争率は高く、前日入りか深夜には到着しておかないと駐車地の確保が難しい。当方たちは午前2時頃到着したのだが、便利のよい峠付近の駐車場は満車で停めることはできず、長者原方面へ少し下った場所にある駐車地になんとか駐車した。そして、仮眠して午前6時頃に駐車地を出発し、牧ノ戸峠で準備をして久住山山頂に向かって歩き出します。

2017kujubiraki05.jpg
星生崎岩場

2017kujubiraki06.jpg
久住山小屋あたりからみる久住山山頂


いつものことながら登山者は多く、狭い道が続く前半戦は所々混みあいます。例年ならミヤマキリシマも満開になっているのですが、今年は遅咲きのようで満開は来週といった感じです。まあ、人が多いだけで、他は歩きなれた牧ノ戸峠コース。特に変わったことがあるわけでもなく、久住分れのある山小屋に到着。ここから見える山頂は人でいっぱいです。

2017kujubiraki07.jpg
山頂には人だかりが…

2017kujubiraki08.jpg
拡大するとこんな感じ


山頂につくと座る場所を確保して祭事が始まるのを待ちます。まってる間、牧ノ戸峠に続く登山道を歩く、蟻のような登山者を見るのが面白いです。祭事が始まると空には恒例のテレビ局のヘリコプターが飛び回り、登山者はスマホやカメラのシャッターをきります。祭事がおわると恒例のペナント配りが始まります。当方はこれ目当てに登ってきてます。

2017kujubiraki09.jpg
山頂からの展望①

2017kujubiraki10.jpg
山頂からの展望②

2017kujubiraki11.jpg
今年のペナント


無事ペナントを奪取したら食事をして下山を開始しました。時間がとれたら来年も来訪したいですね…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト