山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP県外のお山 ≫ 鳥取県西伯郡 伯耆大山 登山(その2) 山頂 2012/09/16

鳥取県西伯郡 伯耆大山 登山(その2) 山頂 2012/09/16




昨年同様ご来光が目的のため登山口を午前1時30分に出発する。出発時の天候は星空がはっきり見える快晴…。事前の天気予報がよくなかったことが理由なのか深夜登山の人はまばらである。夏山登山コースから山頂を目指すわけだが山頂まで階段や板場など比較的足場のしっかりした山道を歩くことになる。


山頂までの所要時間は通常3.5時間ほどだが今回は結果的に3時間ほどで到着した。6合目あたりから展望が良くなるので度々振り返って米子市街の夜景と星空鑑賞を楽しむ。下山時は昼間の展望も楽しめるので「2度おいしい」のである。あれほど良かった天候が8合目あたりから怪しくなり、風やガスが徐々に強くなか山頂を目指す。


山頂には非難小屋があり誰でも気軽に利用できる。横になるスペースもあるので日中到着した人がご来光目的で宿泊していたりする。山頂到着時は小屋に明かりはなく就寝中のため、汗で塗れたウェアの着替えと食事を室外で取る。着替えが済んで山頂にいったが、ガスが酷くご来光は期待できない予感が頭をよぎる。


夜明けまで少しあるため小屋で少し横になる。深夜登山をするために早めに就寝していたのでさほど眠たくなかったし疲れもほぼなかった。暗い小屋の中から小さな小窓ごしに天候の確認をたびたびするが良くなる気配はない。日の出30分くらい前になると、どこからともなくアラームがなり明かりがついて小屋内が活気立つ。


デジイチを準備して山頂展望台に場所取りのため出発するカメラマンたちとそんな様子を横目にザックからコンデジを取り出すわが姿には明らかな温度差を感じる。山頂に向かうと強風とガスのなか約20名が日の出を待っている。結局、日の出時間になってもお日様を拝むことはできなかった…。山頂からはみるみる人がいなくなり当方のご来光イベントはあっけなく幕を閉じた…。


で、このままだとあまりにも寂しいので昨年の登山の際のご来光の写真をはっておく。

伯耆大山(弥山)のご来光

昨年は天気に恵まれて素晴らしいご来光を見ることができた。こればかりは運があるので仕方がないな…


もうちっとあるので明日へつづく…

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL