山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP山口県の山頂 ≫ 山口県美祢市 (雨乞山)天子山[基準点名] 山頂 2013/02/17

山口県美祢市 (雨乞山)天子山[基準点名] 山頂 2013/02/17




美祢の雨乞山にある三角点(天子山)目指すことにしました。

ただ、この雨乞山は地形図を見るとセメント会社が砕石場になっていてすでに昔あった山容をなしていない。また、山の大部分がセメント会社の所有物のようなので登る際には配慮が必要だと考えた。

天子山01
駐車地の長楽寺


そこで、西側に伸びる尾根を攻めるために国道315号線から大嶺町北分の奥山地区に入る。奥山地区は奥に入ったら行き止まりの上、駐車スペースもないので長楽寺前の側道に停めさせてもらう。

天子山02
奥山瀬にある登山口入口


奥山地区まで入り、最奥にある石垣が見事な民家の脇に林道を見つけたのでここを登山口として歩き始めた。左右に植林帯が続く林道を奥に進むと最近は人が入っていないのか倒木が目立ちはじめた。

天子山03
登山口から山中に続く林道


林道を奥に進むと行き止まりになる。目を凝らすと竹に赤い目印がうってある。とても道に見えないがよく見ると細い道が奥に伸びている。方角もあっているので進むことにする。

天子山04
分岐1(竹に赤ペンキ印)


所々、歩行の邪魔をする倒木や雑木がありとても歩きにくい。大体等間隔に赤いペンキが吹き付けてあり、雨乞山方面に誰か入っていることが予想できる。

天子山05
43の数字の書かれた石標


しばらくいくと印が尾根に伸びています。確かに直進すると道が荒れていて進むのに苦労しそうだ。付近には大岩がゴロゴロしている。


尾根に続く急坂


むき出しの大岩が続く急坂を尾根まで登る。尾根はハッキリしており荒れていない。最初から尾根伝いに登っても良かったかなと残念に思いながら東に進路をとった。

天子山07
尾根に出て東に進みます


尾根道を道なりに進むとテープが一旦南に下っている場所があるが、下らずそのまま尾根道を進む。荒れた箇所がほとんどないので快適そのものである。

天子山08
測量用のリボンに惑わされずに尾根を直進する


途中、小野田セメント(現:太平洋セメント)と書かれた境界杭が尾根上に打たれていた。ここまでくれば山頂はすぐそこだ。

天子山10
ここまでくれば山頂まであと少し


山頂には三角点があり雑木の隙間から砕石場の様子がのぞける。実は、ピークから少し東に降りると砕石の運搬道が走っている。一帯が砕石のため削られて平地のようになっていて昔の姿は想像できない。昔の写真でもあれば昔を懐かしむことができるかもしれない。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL