山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP山口県の山頂 ≫ 山口県山口市 根啼山 山頂 2013/0224

山口県山口市 根啼山 山頂 2013/0224




三条山を後にして向かったのは「根啼山」です。

山名がおもしろいので前から気になっていたのだが、三条山から近いこともあり2番目はこのお山にした。県道24号線から184号線に乗り換えて徳地方面に車を走らせる。しばらく走ると伊賀地のバス停があるので付近に車を停める。


伊賀地バス停と神社


バス停から道を挟んだ場所に管理道入口があるのでここから登り始める。車幅ほどの道が山中に延びていて分岐が何箇所かあるが方角を意識しながら進めば間違うことはない。


管理道に続く登山口


管理道を進んでいくと谷間から水の流れる音が聞こえてくる。どうやら見えはしないが沢があるようだ。沢の音は段々と大きくなり、その音は明らかに沢の流れではなく滝の音のようだ。


縦横に延びている管理道


見下ろすと谷間に水が流れ落ちている場所があり滝のように見える。先を急ごうかとも思ったが、あまりに気になったので降りて確認することにした。滝の高さは4・5mといったところだがなかなか見栄えが良い。


根啼山北側にあるお滝


滝を見学して管理道に戻って滝を過すと沢沿いを歩くことになる。しばらく、沢沿いを歩くと石垣が右手に見えてくるので沢を渡り山に取り付く。


沢を渡ります


沢を渡るとしばらくは竹林を西に移動する。途中、大岩があるので帰りの目印にする。山頂のほぼ北側まで移動すると竹林帯は終わり雑木帯を歩くことになる。


竹林のなかの大岩


相当な急坂をしばらく登ることになる。山道はハッキリしていてちょっとエライが歩きやすい。ほどよいリズムで支尾根まで登りつめる。


竹林の中を進みます


支尾根は広く明るいが荒れている箇所が多く歩きづらい。尾根沿いを道なりに進むとシダ藪で歩くのが困難な場所がある。迂回もできそうにないのでシダを掻き分けながら進む。


支尾根を進みます


シダ藪を越えたら尾根に出る。ここまできたら山頂まであと少し。東に進路をとって緩やかな斜面を詰めれば山頂に到着する。


尾根につながるシダ藪


展望はないが三角点はある。北側からのコースはエキサイティングでなかなか面白い。山頂から南へリボンが延びているところを見ると通常は南からのコースが一般的なのだろう。

休憩後、ピストンで下山し早々に次のお山に移動した。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL