山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP山口県の山頂 ≫ 山口県山口市 要害岳 山頂 2013/02/24

山口県山口市 要害岳 山頂 2013/02/24




根啼山を下山後、向かったのは徳地の「要害岳」です。

県道184号線を北上して国道376号線にのり周南方面に進路をとると目の前に見えるお山が目的の「要害岳」である。今回は地形図は用意せず簡単な地図で山頂を確認後、山の様子を目視で確認して登山ルートを大体決めた。このお山は支尾根が何本もあるがルートさえ間違えなければ問題なく山頂に行けそうだ。


熊野神社参道


目視するとハッキリしている支尾根が山頂近くまで伸びているので、そこを外れず歩けば必ず山頂に着くはず。尾根に取りつけそうな場所を探していて適当だと判断したのはこの熊野神社である。

yougai02.jpg
ここを登山口にします


ここから、民家方面に進み山に入る。最初は道らしい道はないがとにかく支尾根に取りつくことを考える。尾根はハッキリしているがシダ、倒木、雑木などの障害が多く体力を消耗させられる。

yougai03.jpg
目印にする岩


時折見せる歩きやすい場所が気持ちを緩ませるが、すぐに荒道になって戦闘モードに戻さねばならん。この緩みが疲れを倍増させるわけだがとにかく突き進む。

yougai04.jpg
通常ルート合流手前にある王蟲岩


支尾根は分かりづらい場所があるが方角を確認しながら進めば問題なし。岩が綺麗に並んでいて王蟲に見える王蟲岩(←勝手に命名)がある。ここを少し先にいくと伏見ルートに合流する。ここから、山頂まで5分だ。

yougai05.jpg
昌福寺登山ルートの石仏


山頂は快適とはいえないが展望があり気分をスッキリさせてくれる。軽く食事をしたあと伏見ルートで下山をした。伏見ルートは八十八ヶ所巡拝路になっていて所々に石仏がある。こんな楽な登山道があったのか…。

yougai06.jpg
八十八ヶ所巡拝路にはこのような石仏がいっぱい


このルートは整備されていてとにかく快適に歩けるし石仏が気分を癒してくれる。下山時間は登りの半分。終点は昌福寺薬師堂の裏手になる。登山口の標識はないようだ。

yougai07.jpg
終点の昌福寺


今回は目視でのルート登山をしてみたが、やはり事前のルート計画はしなければならんなと改めて感じた山行であった。ただし、目視登山にはそれなりの楽しみもあり、今後もたまにはするんだろうな。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL