山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP山口県の山頂 ≫ 山口県山口市 龍野岳 山頂 2013/03/03

山口県山口市 龍野岳 山頂 2013/03/03




先日に引き続き仁保周辺のお山を攻めることにした。

まずは、龍野岳を登るのだが他にも登りたいお山があるので最短ルートを攻めることにした。最近は事前に何かの参考書などを見ることはなく、地形図であたりをつけて成り行き任せで登ることにしている。

tatsuno01.jpg
仁保病院跡


まずは道の駅「仁保の郷」に向かう。そこから県道123号線を徳地方面へ進み、今はリサイクル業者「ひらた」の敷地になっている仁保病院跡へ。

tatsuno02.jpg
仁保病院脇道から奥に進む


仁保病院の建物は見事に解体されて廃棄物や建材関係の置き場となっていて、当時の面影を残すのは入口にある「仁保病院」の標札のみだ。邪魔にならない路肩に駐車して地形図たよりにまずはトンネルを目指す。

tatsuno03.jpg
林道をさらに進む


途中までは車が通れるほどの道を沢沿いに歩くことになる。地形図を見るとトンネル手前あたりの谷間から尾根まで登り、尾根沿いに山頂まで歩くのが一番早いと判断したのだ。

tatsuno04.jpg
橋を渡る


しばらく歩くと明るい場所にでて車は進めなくなるが、橋を渡って道なりに進むと山口線の線路にあたる。SLが走る時期にはトリ鉄がいそうな場所だな…。

tatsuno05.jpg
線路を横切る


線路を渡ると藪になっているが奥に進むと川が流れていて、川沿いに細い道が山に向かっているので山方面に進む。トンネル入口まで進むと当初の予定通り、トンネルの上を渡って山中に侵入する。

tatsuno06.jpg
トンネルの上からの景色


ちなみにトンネルの上に電柱がたっているのだが、電柱に「大隅タクシー」・「秋穂タクシー」の広告シールが貼られている。タクシー会社のHPを見ると山口市のタクシー会社である。

tatsuno07.jpg
トンネルの上にある電柱(なんで広告が!)


HPにはタクシー革命なる項目があり、「ここがちがう!!」をウリにしているのだが、こんな革命的な広告は見たことがないなヽ(´~`;

tatsuno08.jpg
沢を登る


山中に進むと沢があり、沢沿いを少し歩くと目の前に4・5mくらいの垂直に伸びた大岩があって2本に水流が上から流れ落ちている。動画ではいまいちだが、実物はなかなか素晴らしい面持のお滝さんである。




tatsuno09.jpg
上から見た滝の様子


ガイドブックなどではこういった発見はないので地図読み登山はやめられない。滝を過ごすため巻くように滝の上に上ると谷の様子がハッキリ見える。

tatsuno10.jpg
植林帯に入る


滝の上を沢沿いに谷を詰めようとしたが、荒れが酷いので断念。植林帯を迂回して尾根を目指すことにした。急な斜面を徐々に移動して支尾根に取りつく。

tatsuno11.jpg
植林帯を支尾根に向かう


支尾根は人があまり歩いてないので荒れてはいるが、ハッキリしているので歩きやすい場所を選びながら山頂を目指す。途中あまりに荒れた急坂がつづくので一人で弱音を吐いたりした。

tatsuno12.jpg
支尾根を進む


そんな弱音を吐きつつ頑張っていると、ついに開けた尾根道に合流する。ここからは尾根沿いにひたすら歩くだけである。途中、通常ルートらしきリボンがついている合流点があるのでリボンに沿って進めば山頂だ。

tatsuno13.jpg
尾根分岐点(赤が通常ルート:黄色が今回のルート)


山頂はそこそこ広く、居心地はいいが期待していた展望はなく三角点だけが唯一の救いだ。このあと、経塚岳に登る予定だが手こずる予感がしたため足早に下山することにした。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL