山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP山口県の山頂 ≫ 山口県下関市 (伊崎町)小戸城山[基準点名] 山頂 2013/05/04

山口県下関市 (伊崎町)小戸城山[基準点名] 山頂 2013/05/04



この日は「下関低山巡り 第二弾」を実施することにして、昼前にのんびりと自宅を出発!。
例によってルートなどは確認せず、地図をもっていき、現地で調整という勝手気ままな山行である…。

まず、向かったのが下関市伊崎町にある「小戸城山」である…。小門海峡(小瀬戸)付近の港あたりで駐車できる場所を探す。ところが、人、車、バス、警察官までいて騒然としている!(なんだこりゃ~)

どうやら赤間神宮の先帝祭に関係している神事に出くわしたらしい…。後で調べてみると、ここに赤間神宮小門御旅所があるらしく祭典が行われていた真っ最中だったようだ…。

当方も祭りの関係者と思われたらしく、邪魔にならない場所に駐車してもなんのお咎めもなかった。祭りを横目に見ながらさっそく登山口を探すことにした…。

地形図だと北は彦島道路が通っていて×、東は学校があるから×、南側は民家が立ち並んでいるし、祭りで近づけそうにない。消去法で西側を調べることにした…。

kotojou001.jpg

「報済園」とかかれた石標がある場所から西に小路があり行けそうである…。

kotojou002.jpg

小路を進むと石垣の上に古いお洒落な建物がある(これが「報済園」か?)。最初は老人ホームかなんかと思っていたが、どうやら歴史ある建物らしい。上にはあがっていないが、あの高杉晋作が七卿とここで会ったとされる石碑が残されているらしい(信憑性については疑わしいらしい…)

kotojou003.jpg

で、先に進むと「月見稲荷社」がある…。

kotojou004.jpg

漁業や造船の町らしく、海神さまでも祀っているのかな…。

kotojou006.jpg

さらに奥に進むと下関らしい階段の坂道があります。ここを上にいけば山の西側にいけるはずです…。

kotojou008.jpg

段々と人に気配がなくなり、廃墟が点々としだします…。

kotojou007.jpg

通り抜けできないような張り紙があって、鎖がしてあります…。
ここから先は廃墟しかありません。先に行くと行き止まりになっているので、廃墟の間を抜けて山に取り付きます…。

kotojou009.jpg

西側斜面にまともな道はありません。雑木の間を山頂まで適当に進んでいきます…。山頂付近が平坦なうえ、荒れているのでハッキリとしたテッペンが分かりづらいです。三角点は山頂より少し離れた東側にあります…。



展望はまったくないのですが、三角点はゲットできたので満足して下山しました…。

山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL