山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP県外のお山 ≫ 鳥取県東伯郡 三徳山三佛寺 2013/05/18

鳥取県東伯郡 三徳山三佛寺 2013/05/18

山に話題を戻さないとアーカイブがたまって消化できないので頑張りたいと思います…(ノ△T)。

先日、大山登山のことを紹介したのだが、それよりも前、5月に観光のため鳥取県にいってきたので、昔のことだが記録しておきたい。

受付開始時間に合わせて向かったのは、今回の旅のメインである「三徳山三佛寺投入堂」である…。

このお寺は天台宗の古刹であり、主に麓にある輪光、正善、皆成の三院と三徳山の斜面を利用して建てられている 文殊堂、地蔵堂、納経堂、投入堂で構成されている。中でも「投入堂」は垂直に切り立った絶壁の岩窟に建てられた、宙に浮かんでいるような建物で国宝に指定されている。



投入堂の動画:建立方法は今なお謎らしい…。

mitoku001.jpg

三佛寺入口。

mitoku002.jpg

急な階段を登っていきます。

mitoku003.jpg

「輪光」、「正善」、「皆成」の三院を抜けて、階段登りつめると「本堂」に到着します。

mitoku004.jpg

苔むした姿が凛々しい狛犬。

mitoku009.jpg

案内図:この図の参道を投入堂まで歩くことになる。

mitoku014.jpg

ここが入口なんだが、まずは、登山事務所で受付をしなければならない。受付で靴の裏をチェックされて登山靴か同等の滑り止め機能のついたものでないと入山を許可されない。許可されない場合は、有料になるが、ワラジを購入し履き替えればOKである。また、雨など天候不良の場合も入山できない場合がある。

mitoku010.jpg

注意事項がいっぱいある。参拝客は場所柄、年配の人が多く滑落事故が多いためやむを得ないと思われる。

mitoku011.jpg

油断できない場所が多いので注意が必要である。

mitoku018.jpg

いよいよ、登山開始だ。始めからこんな場所を登ることになる。

mitoku020.jpg

こんな標識がある。

mitoku021.jpg

文殊堂まえの岩壁をよじ登る。

mitoku022.jpg

よくこんな場所に建てたもんだ。

mitoku023.jpg

文殊堂横には鎖場があり、結構危険である。



文殊堂の動画:下を見ると震えがくるよ。

mitoku025.jpg

こちらは地蔵堂。

mitoku024.jpg

地蔵堂からの展望。文殊堂の屋根が見える。



地蔵堂の動画:下を見たら震えがくるよ。

mitoku026.jpg

地蔵堂の次は鐘楼。鐘をつきつき次へ向かう。

mitoku027.jpg

馬の背から鐘楼をみる。

mitoku028.jpg

これは納経堂。素晴らしい…。

mitoku029.jpg

観音堂から納経堂をみる。

mitoku030.jpg

そしてこれが、お目当ての「国宝 投入堂」である。とにかく、スゴイの一言。

mitoku032.jpg

なぜ、こんなものをこんな場所に建てる必要があったのか。とにかく謎だらけ。



いつもは人で溢れかえるらしいが、この日は天気が崩れるとの予報がでていたせいか人が少なくゆっくり鑑賞できた。いやあ、えがった、えがった(´∀`*)。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL