山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP温泉 ≫ 山口県萩市 日本海温泉 鹿島の湯 2014/05/06

山口県萩市 日本海温泉 鹿島の湯 2014/05/06

kashimanoyu01.jpg

萩登山巡り終了後、リニューアルした「道の駅 阿武町」にいってきました。

以前より大幅に広くなった店内には、地域の特産品をはじめ、県内のお土産品を幅広く置いてある。また、オリジナル商品もオープンに合わせて企画したのか目立つ場所で販売されていたりもする。

とはいえ、「これぞ」という1本柱が見えにくいせいか、施設全体がぼやけた感じに見えるのは当方だけだろうか…。

まあ、新鮮な野菜や魚なんかを市価より安く買えることが、「道の駅」最大の魅力だと思うんだが、それらにたいして興味がない当方としては魅力的に見えなくてもしようがないと思う。

とにかく、近隣の道の駅よりも明らかに見劣りしていたハードを何とかできただけでも集客効果があるんだろうし、ここには近隣施設にはない「温泉」という武器もあるんで、今後も期待できるんではないだろうか(温泉が集客効果にどれだけ期待できるかは不明だが)…。

kashimanoyu02.jpg

で、お目当ての「温泉」は、建屋の東側の端にある。入口のあまりにも自己主張しない看板に、うちのチームはエース級のピッチャーはいないが、守りを中心にした「全員野球」で手堅く勝ちを拾うチームなんだと主張されているようで、勝手にこの施設のコンセプトを分かったつもりになってしまった…。

kashimanoyu03.jpg

まあ、「温泉」がエースになれないのは、そもそも、身体が小さく(浴場スペースが狭く)、必殺球も持ち合わせていない(特別な設備があるわけでもない)のでしようがないところもあるんだが…。

kashimanoyu04.jpg

ここは、2階に浴場があり、1階はご覧のとおり待合室(休憩所)みたいになっている。2階にも同じようなスペースがあるので、他に有効利用はできなかったものだろうか。例えば、この施設の利用客は地元の人が多いだろうからゆっくり話ができる休憩室なんかを2階につくってもよいのでは…。

kashimanoyu05.jpg

フロントは2階にあり、エレベーターでも、階段でもいける。ここは靴置場は基本フリー。靴を適当において受付をする。靴の紛失が気になる人は確か鍵付きロッカーも設置してあったと思う…。

kashimanoyu06.jpg

ロッカーがとにかく大きく使いやすいと思う。30Lのザックが余裕で2つ入る大きさなので、手荷物が多い人は便利が良いと思う…。

kashimanoyu07.jpg

洗面台にはドライヤー、ティッシュが設置されていて、個人的には問題ない…。

kashimanoyu08.jpg

湯船は10名も入ればいっぱいになる小さなものだが、シンプルで飽きがこないデザインだし、カランも湯船定員に合わせて6個ほどでちょうどよい。サウナも小さいながらついていて水風呂もある。以前は見えなかった日本海の景色もvery goodです…。

kashimanoyu09.jpg

いままでは、萩周辺のお山に登ったあとの入浴はなんとなく「阿武川温泉」一択だったんだが、これからは2択で迷うことになるだろう…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL