山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP県外のお山 ≫ 福岡県(北九州市・直方市) 尺岳 山頂 [福智山系縦走] その① 2014/07/12

福岡県(北九州市・直方市) 尺岳 山頂 [福智山系縦走] その① 2014/07/12




この3連休は予定が重なり山行は1日のみ。行って来たのは「蓋井島」なのだが、本日より紹介するのは福智山系縦走記録である。本来「蓋井島」には12日に行く予定だったのだが、寝坊のため朝一の便に乘れなかったので急遽むかったのが「福智山」を含む福智山系なのである。

shakudake01.jpg


北九州最高峰の「福智山」は北九州国定公園の代表格のようなお山で、このような、ついでに登るお山なのかは甚だ疑問だが、船が出てしまって港に1人残されてしまった当方には車内にあった九州の山ガイドとニラメッコするしか選択肢が残されていなかったのだ。

shakudake02.jpg


「英彦山」や「宝満山」も候補にあがったのだが、一番近そうな「福智山」に登ることにして移動を開始した。ガイドに載っていた尺岳経由で福智山頂を目指すルートは竜門峡キャンプ場が登山口になっている。なんせ、下調べはしてないし、スマホなどネットでの情報収集も不可なのでどうなることやらと頭をよぎったが、国定公園の一部ならば、道は整備されているだろうし、問題なかろうと判断した。

shakudake03.jpg


竜門峡には、午前11時30頃到着。コースタイムは約5時間となっていて、微妙な感じだが、九州には熊がいないから山中泊のハードルは低い。必要な水と食料をもっていざ出発。ガイドには概略しか載っていないし、新道が何本かできていたので確認作業に時間をとられてしまったのは誤算だった。

shakudake04.jpg


竜門峡登山口を利用する場合、山瀬越か四方越経由で尺岳、福智山を目指すのが一般的のようだが、この日は、竜王ヶ丘公園を起点にして中国自然歩道→尺岳平→尺岳を目指すことになった。狙ってこのルートを選んだわけではなく、結果としてこうなったわけだが…。

shakudake05.jpg


このルートは尾根まで、切れ目のない急坂の連続、展望なし、しごきのルートであり面白みがないため、あまり使われてないルートであることは容易に予想できる。下ってくるご夫婦にルート確認をして、問題ないことをしり、少しホッとする。

shakudake06.jpg


息をあげながら、尾根へ到着。ここから北へ進路をとれば、尺岳平→尺岳山頂です。このルートは、おそらく、尺岳にいける最短ルートであろう。尺岳平につくと、大勢の登山者が休憩をしており、人気のルートであることを実感する。尺岳平から山頂までは5分とかからない。

shakudake07.jpg


山頂には尺岳権現が石祠で祀られている。三角点はないが展望は西側を中心に開けていて、直方や八幡方面の展望が楽しめる。時間もないので、撮影だけ済ませ「福智山」への長い尾根歩きを始めるのであった。

shakudake08.jpg

shakudake09.jpg


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

つづく。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL