山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP県外のお山 ≫ 福岡県(直方市) 福智山 山頂 [福智山系縦走] その③ 2014/07/12

福岡県(直方市) 福智山 山頂 [福智山系縦走] その③ 2014/07/12




福智山山頂から西に見える「鷹取山」に向かうため、稜線上に綺麗に延びている登山道に向かいます。本来なら、山頂下の分岐を上野越経由で鷹取山へ向かえばよいものの、なにを思ったか八丁峠方面への新道へ向かってしまう。




これが、悲劇の始まりだったわけだが、快適な山道や景色に目を奪われているこの時の自分は何も考えていなかった。八丁峠付近には大きなケルンがあって、振り返ると福智山山頂の美しいフォルムを見ることができた。

takatoriyama01.jpg


そこから、徐々に下っていくわけだが、眼下に鷹取山山頂の城跡がくっきりと見えるポイントに到着する。高度があるせいか距離があるように感じるが、降りていけば自然と到着するだろうとその時は考えていた。

takatoriyama02.jpg


ところが、しばらく降りていくと林道らしき場所にでる。ガイドブックで確認すると、どうやら「鷹取山」南東の林道にでたようだ。すでに足が弱ってきていることもあり、このまま、林道経由で下山するかどうか迷ったが、どこかに登山口があるはずだと林道を鷹取山登山口を探しながら降りていった。

takatoriyama03.jpg


林道を下っていくと、もう夕方になろうという時間なのに登ってくる登山者数名とすれ違う。おそらく、山小屋泊でもするのだろう。限界に近い足に鞭打ちながら下っていくと車止めの門がある。ここで山に入る登山道を発見。道標等はなかったが、鷹取山真南であることから、必ず山頂にいけるはずだと山中に進むことにする。

takatoriyama04.jpg


登山道は鷹取山南から東麓を過ごしながら奥に延びていて、途中、白糸の滝への分岐がある。周りも暗くなりはじめ、天候も怪しくなってきたこともあり、下山しようかと考えたが、あと5分と決めて先に進む。結果的のこの5分が山頂へのルート、九州自然歩道合流点発見につながる。

takatoriyama05.jpg


ここから、山頂まで約10程度だろうか。山頂ルート発見でそれまでの疲れが一旦リセットされる。山頂は八丁峠からみたとおり、平坦で城跡にふさわしい風景が広がっている。所々残る石垣や濠跡なんかも綺麗に残っていて素晴らしい。福智山下山時より厚い雲が空全体を覆ってきており、雨が降り出すもの時間の問題かなと思い始めた矢先に小雨がパラツキ始めた。

takatoriyama06.jpg

takatoriyama07.jpg


山頂からの360度パノラマ展望は素晴らしくもあったが、レインウェアを持ってきていない現状だと厳しいことになるので早々に下山を開始した。実はこの時までは、大栂林道経由で上野登山口まで下山して、上野バス停から竜門峡の近くまでバスで行けばよい。福岡県だし便もあるだろうと勝手な予想を立てていたのだ。

takatoriyama08.jpg

takatoriyama09.jpg


この希望的観測が絶望的現実に変わることになる。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

つづく…。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL