山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP観光地 ≫ 島根県大田市 三瓶自然館 サヒメル 三瓶小豆原埋没林 2014/08/16

島根県大田市 三瓶自然館 サヒメル 三瓶小豆原埋没林 2014/08/16




三瓶小豆原埋没林をあとにして向かったのは「島根県立三瓶自然館 サヒメル」です。サヒメルって何?といわれると、自然をテーマにした博物館といえばいいのだろうか?

sahimeru01.jpg
〈サヒメル外観〉

sahimeru02.jpg
〈サヒメルエントランス①〉

sahimeru03.jpg
〈サヒメルエントランス②〉


このサヒメルには本館と新館があって、本館ではビジュアルドームをつかったプラネタリウムや各種映像イベント、三瓶の自然を紹介するブースがある。新館には目的の三瓶小豆原埋没林と化石などの展示、体験コーナーや天文台があったりする。以前、山口県立山口博物館にいったことがあるのだが、規模も内容もサヒメルには遠く及ばない。

sahimeru04.jpg
〈ビジュアルドーム〉

sahimeru05.jpg
〈さんべ大昆虫展①〉

sahimeru06.jpg
〈さんべ大昆虫展②〉


料金は大人700円なんだが、三瓶小豆原埋没林のチケットをもっていけば550円になる。この日は天候が悪く、屋内で楽しめるサヒメルは親子連れでごった返していた。人ゴミが嫌いな当方は、少々ゲンナリ…、入館をためらったが、折角だからと入ることにした。

sahimeru16.jpg
〈島根県の自然と生態系コーナー〉

sahimeru12.jpg
〈日本海地域の生い立ちと自然コーナー〉

sahimeru11.jpg
〈こども博物館:体験コーナー〉


全てのブースを一通り見て回ったがナカナカ面白い。ビジュアルドームのイベントもイロイロあって、先着順で予約がとれるようになっている。当日中であれば、入退館が自由なので、目当てのイベント時間まで館外の観光地を周ることも可能。親子連れに混ざってプラネタリウムを観覧したのだが、プラネタリウムが開始するとそれまで騒いでいた子供も静かになるほどよくできている。

sahimeru13.jpg
〈三瓶埋没林コーナー①〉

sahimeru07.jpg
〈三瓶埋没林コーナー②〉

sahimeru14.jpg
〈三瓶埋没林コーナー③〉


今回は日帰りということもあり、時間が限られるので、企画展である「大昆虫展」などはザラッとみただけで終わり。渡り廊下を歩いて目当ての新館に向かうことにする。埋没林は2株のみの展示で「これだけか…」と腰砕け状態になったが概ね満足できた。

sahimeru09.jpg
〈反射望遠鏡室〉

sahimeru10.jpg
〈集団天体観測室〉


普通の博物館って、標本やら、剥製やら、説明板やらばかりで子供にとっては魅力が少ない。サヒメルも映像や何かを造ったり、遊んだりできる体験コーナーは大盛況だが、展示物のコーナーにはほとんど人がいなかった。こういった箱ものの場合、最初にお金をかけすぎず、継続した体験イベントに力をいれたほうが人が集まると思うんだが…。

そんなことを考えながら、次の目的地「横見埋没林公園」へ向かうのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL