山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP県外のお山 ≫ 福岡県北九州市 皿倉山 山頂 夜景 2014/08/24

福岡県北九州市 皿倉山 山頂 夜景 2014/08/24




山登りができないことで溜まりきったフラストレーションを吐き出さなければ、いい加減オカシクなりそうなので、天気が怪しいなか、夜景を見に「皿倉山」に向かうことにした。

sarakurayama02_02.jpg
登山開始時はまだ明るかった…


過去の皿倉山登山は天候に恵まれず、まともな夜景を見ることができずにいた。「今日こそは!…」と車を走らせたが、関門トンネルを抜けて、北九州に入ると土砂降りの雨。引き返すことも考えたが、とにかく現地までいくことにした。

sarakurayama02_03.jpg
山頂まで600m地点では真っ暗


幸いにも現地に到着した18時頃には雨はあがり、雲もほとんどなく、山麓から山頂の電波塔の様子がクッキリと見えた。怪しい雲が全部通り過ぎたようで、天気の心配はまったくなくなった。



sarakurayama02_04.jpg
国見岩からの夜景(現物はすごく綺麗)


コースは正面ルートを考えたが、どうしても国見岩からの夜景が見たかったので、途中暗くなることを覚悟で国見岩コースを選んだ。お盆を過ぎたので、日暮が随分と早くなっており、山中だと7時頃には、かなり暗くなることが想定される。急がなくてはならない…。



sarakurayama02_05.jpg
天空ドームからの夜景も綺麗


コース事態は前回も歩いているので何の不安もない。焦らず急ぐという矛盾を抱えながら歩を進める。国見岩に到着したころには真っ暗になっていて、予想通りの夜景が目の前に広がっていた。平日だと会社や工場の明かりで、もっと綺麗に見えるのだろう。



sarakurayama02_06.jpg
展望フロアと夜景がグッドマッチ


国見岩から山頂までは約10分、途中、天空ドームからの景色も楽しむ。天空ドームは、夜になるとドームの外郭の電燈がついて、山頂からその姿をクッキリ見ることができる。山頂は人でいっぱいになるが、こちらは、あまりいないので、カップルにはお薦めである。

sarakurayama02_07.jpg
新日本三大夜景の名に恥じないイルミネーション


山頂からの夜景は予想を上回り圧巻。山口県の「火の山」の夜景もいいが、街に広がりがある分「皿倉山」のほうが一枚上手である。撮影したり、ホケーと眺めたり、ムシャムシャおやつを食べたり、小一時間くらい夜景を見てた。不思議に飽きない夜景でありました。



sarakurayama02_08.jpg
ケーブルカーもカッコええ~


下りはスロープカーを使わず、徒歩で山上駅まで移動。前回撮影できなかった。ケーブルカーの様子と下りの動画撮影をしてストレス発散終了。やっぱり、山登りはやっぱりええなぁ~。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL