山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP食べ物 ≫ 大分県中津市 田中醤油店のジェノペーゼ風大葉ソース 2014/09/15

大分県中津市 田中醤油店のジェノペーゼ風大葉ソース 2014/09/15

tanakashoyu01.jpg
田中醤油店の外観


14日、由布岳に登ったあと、誰もいなくなったマタエで、当日の身の振り方を考えていた。時間は15時を過ぎていたし、今回の旅行は連れがいたので、下山に時間がかかる。宿の予約をとっていなかったので、下山後は帰るしかないんだが、なんだか面倒くさい。


携帯電波が届かないマタエ


というわけで、ネットで予約できるものなら泊まることに決定。とはいえ、マタエ付近はアンテナが全くなし。アンテナのある場所まで下山を開始する。湯布院の街が一望できる中腹付近でようやくアンテナがたったので検索開始。大分市街のホテルを確保できたので宿泊することにした。


ようやくアンテナがたった由布岳中腹ようす


前置きが長かったが、翌日朝、ホテルでぼんやりテレビを見ていると、ローカルTV番組で九州の食べ物をおすぎ(ピーコ)?どっちか分からないんだが、特産品を食べて美味しいか判定するというコーナーが流れていた。その中で紹介されていたのが、大分県中津市にある田中醤油店の「ジェノペーゼ風大葉ソース」である。

tanakashoyu02.jpg
大葉ソースの外観


どうやら、内閣総理大臣賞を受賞したことがある植木農園という農家で栽培された大葉を、知り合いだった醤油店に頼んで開発してもらったソースらしいんだが、醤油屋がつくっているのにもかかわらず醤油を使用していないらしい。そのソースをバスタに絡めてペペロンチーノ風に仕上げたものをピーコだかおすぎが食べているのがメッチャうまそうに見えたもんだから買うしかないと思いすぐに調べてみた。


帰り道に田中醤油店があることを確認し、立ち寄ってみたのだが店が暗い。鍵がしまっている。「Oh my GOD !」…と、うな垂れていると敷地内にいた従業員の方が当方たちを発見。担当者を呼んでくれた。担当者の一声は「大葉ソースかね?」である。どうやら、テレビで反響があったらしい…。


大葉ソース2個と味噌をお買い上げして帰路につくのであった。で、肝心のお味はまだ食べてないので分からないのだが、パスタにつかうか、ドレッシングとして使うか現在思案中である…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL