山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPお知らせ ≫ 島根県大田市 三瓶山お鉢周り① 列車事故 2014/09/27

島根県大田市 三瓶山お鉢周り① 列車事故 2014/09/27




ようやく、大分旅行編が終了。実は、大分旅行中も抱えていた問題が帰宅後大きくなり、決着をつけなければならなくなる。結果的に問題は軽微なもの?だったのだが、気分をスッキリさせるために、企画したのが今回の「三瓶山お鉢まわり計画」である。

denshajiko01.jpg
事故で停車している山陰本線


「三瓶山」は島根が誇る名峰で、あまり知られていないが活火山である。今、大きな話題になっている「御嶽山」ほど頻繁な火山活動はなく、前回の火山活動が数千年前となればノーマークになるのも当たり前なのだが、自然が相手なので、いつどうなるのかは分からないのである。

denshajiko02.jpg
九の字の曲がっている車両


土曜日はどこにも立ち寄らず幕営地に直接乗り込むことにしていたので、国道をひたすら三瓶方面へ順調に進む。ところが、大田市街手前になると、車の動きが鈍くなる。「はて?、こんな場所で混むことはないんだが…」と右手をちらっと見ると踏切の手前にパトカーが止まっている。



とっさに前方にあった「すき家 9号大田店」に入ると、目の前に列車が止まっていて、多くの人が固唾をのんでその光景を見ていた。前方に目をやると先頭車両に突き刺さった車が九の字に折れ曲がっていた。けが人はいるのかとしばらくっ見ていたが、救急隊員の様子をみると、自動車内には人はいないようだ。



列車内の様子は伺いしれないが、救急車も静止しているようなので重症者はいないみたいだしよかったよかった。事故は遮断機のない踏切を渡るさいに何らかしらのトラブルで車が停車。そこに列車がきてドーンという感じかな。ATが主流の現在において、踏切内でのエンストはほとんど考えられないことを考えると、単なる前方不注意と考えるのが妥当な線かな?



興奮気味冷めやらぬなか現場をあとにして目的地にひた走るのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL