山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP山口県の山頂 ≫ 山口県山口市 野坂山 山頂 2014/10/18

山口県山口市 野坂山 山頂 2014/10/18




三原の不動板碑を見学後、そのまま「野坂山」登山口を探すべく前田集落を西へ移動する。しばらく歩くと道べりに無造作にお墓?が並んでいる不思議な場所がある。その先に山へ延びている道があり直感でこの道に間違いないと勘が働く。道の入口には「林道三原線」の石柱標識があり奥に進むことにする。

nosakayama01.jpg
登山口にした林道三原線入口

nosakayama02.jpg
何故か道端にお墓?の列が…

nosakayama03.jpg
林道三原線の石標

nosakayama04.jpg
しばらくは舗装道をいきます


車1台ほど通れる林道を奥にドンドン進んでいくと右手に砂防堤がある場所につく。ここで分岐があり、その少し先にもう1つ分岐がある。地形図の表記と違うのでどれが本物か分からない。最初は道なりに奥に進んだのだが、途中まで行き,
どうやら違うと判断、戻ってもう一つの道を選択。結果的に2度目で正解を導くことになる。

nosakayama05.jpg
砂防堤を過ぎた場所にある分岐(左の柵の奥へ…)

nosakayama06.jpg
奥へ奥へ進む

nosakayama07.jpg
道は細く山道になっていく

nosakayama08.jpg
目印はないが、沢をわたり対岸へ


未舗装の幅広の林道は奥に進むにつれ細くなっていき、林道が山道に変化していく。道は深めの谷を右手に見ながら山の北側に回り込むように延びている。地形を見ていると何となく山頂の真北に来た感じが分かったので、沢を渡り山に取り付くことにする。足場は柔らかく滑りやすく崩れやすいので気をつける。

nosakayama09.jpg
崩れた場所から山に取り付く

nosakayama10.jpg
足場は悪いがとにかく登ることにする

nosakayama11.jpg
一旦合流するも…

nosakayama12.jpg
また山に突入!


豪雨災害の爪痕を残す山中。大岩や倒木が無造作に道を塞いだりしている。歩けそうな場所を慎重に上に登っていく。このあたりからしばらくは道らしい道がないので帰りのことも考えながらルート選択していく。そうこうしていると林道へ合流。どこに続いているか分からないので林道をあてにしないで、予測した方角へ山中に突入する。

nosakayama13.jpg
やっとこさ、稜線らしきものが見えてきた

nosakayama14.jpg
林道と合流後、尾根沿いに進路をとる

nosakayama15.jpg
山道はない、尾根を進む


山中に入ると遠くに稜線のような光の帯が見える。予想が当たっていたら、山頂までのルートの目途が立つことになる。上まで登ると、そこは林道になっていて、山頂までいけそうな尾根筋も見える。尾根筋には道はないが、林道はどこに行くか分からないので通らないほうが良いと判断。雑木の中を強引に進むことにした。

nosakayama17.jpg
ようやく山頂に到着

nosakayama19.jpg
山頂三角点

nosakayama20.jpg
木間から見える津和野市街


道はないが歩きにくいというほどでもなく、なんとか山頂へ到着。三角点のみで展望は木間から遠くに津和野市街を窺うことができる。休憩できる場所があるわけでもなく、ゆっくりできないので下山して早々に津和野へ向かうことにした。この日は荒れ山に登るつもりはなかったのだが、結局登ってしまったな…。


こういう荒れ山を登ると山は高さではないことを感じてしまう…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL