山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP県外のお山 ≫ 島根県津和野町 津和野城跡(霊亀山)散策 その② 本丸(本城)跡 2014/10/18

島根県津和野町 津和野城跡(霊亀山)散策 その② 本丸(本城)跡 2014/10/18




三の丸をあとにして、本丸(本城)跡に向かう。日が傾き始めた城跡には誰1人いない。リフトが営業時間は分からないが、どうやら終わっているらしい。本丸への尾根沿いの道は1本道で歩きやすい。鞍部らしき広い場所には標識と案内板がある。

tsuwanojo12.jpg
本丸(本城)入口の鞍部

tsuwanojo14.jpg
東門:仮設通路

tsuwanojo15.jpg
崩落した二の丸石垣


本丸へ続く階段の先に石垣が微かに見える。階段を登り視界が広がる先に本丸跡の見事な石垣が目たの前にみえる。残念なのが、本丸石垣の一部が崩れていて修復もされないで放置されていることだ。同様に東門も崩れていて、本来なら東門から二の丸にいく通路が通行禁止状態。仮設通路をみて興ざめさせられる。

tsuwanojo16.jpg
太鼓丸石垣

tsuwanojo17.jpg
天守台方面からみた東門

tsuwanojo18.jpg
本丸の概略

tsuwanojo19.jpg
西門櫓


修復困難なのか財政面の問題なのかは分からないが、国の指定史跡であり、日本100名城にも選ばれている城跡にしてはあまりにも寂しい状態である。

tsuwanojo20.jpg
人質郭と三の丸方面

tsuwanojo21.jpg
天守台から三十間台をみる

tsuwanojo22.jpg
三の丸と南門櫓


二の丸に上がると西方面に台所がある。二の丸から天守台へのルートを石垣崩壊で通行止。三の丸方面から天守台、そのうえにあるメインの三十間台へ向かう。この三十間台が津和野城跡で一番高い場所にあり、出丸同様展望が素晴らしい。特に人質郭から三の丸の延びる城郭の風貌はさすが100名城といわれるだけはある美しさと力強さがある。

tsuwanojo23.jpg
三十間台からみる青野山

tsuwanojo24.jpg
太鼓丸からみる三十間台の石垣

tsuwanojo25.jpg
山頂にそびえる三十間台の石垣


津和野城跡には三角点が三の丸のど真ん中にあり、三角点好きにはたまらない場所にある。なぜ、三十間台に設置してないんだろうなんて疑問はさておき、思い切って登って正解であったと三の丸から三十間台を見上げながらシミジミと感じるのであった。




tsuwanojo26.jpg
三十間台からみる青野山と津和野市街

tsuwanojo27.jpg
三十間台からみる人質廊と三の丸


さて、日暮る前に下山しなければとイソイソと城跡をあとにするのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL