山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP県外のお山 ≫ 大分県 地獄と天国の協奏曲 秋の久住散策 その⑤ 星生山 2014/11/03

大分県 地獄と天国の協奏曲 秋の久住散策 その⑤ 星生山 2014/11/03


360度パノラマ展望の山頂


天狗ヶ城をあとにして、まずは久住分れにもどります。天候が回復してきたので、牧ノ戸峠方面から登山者がドンドン流れ込んできます。最後のお山を肥前ヶ城と星生山のどちらにしようかとも思いましたが、肥前ヶ城は今度、牧ノ戸峠方面からの登山のときまでとっておくことにして星生山に向かうことにしました。


天気がいいとどこでも絵になる九重山系

kuju032201411.jpg
天狗ヶ城をおりて御池畔で中岳を望む


星生山への稜線は岩場が多く、選択を間違えると少し危ない場所もあることから、九重のなかでは少しだけ敷居が高いように感じる。季節によって登る目的が違うから一概にはいえないが、この日の星生山への登山者は少ないように感じた。昼時ということもあり、狭い稜線上で食事をとるグループが何組かいたりして、遠慮しながら山頂へ向かう。

kuju033201411.jpg
星生山稜線上から阿蘇連山方面を望む

kuju035201411.jpg
稜線上から星生山山頂方面を望む

kuju036201411.jpg
星生山山頂あたりの岩場


予定より少し時間がかかったが難なく山頂に到着。ここで、用意しておいたラーメンでも食べようかと思ったが、前半のこともあり、下山して美味しいものが食べたいと考えた。というわけでおにぎりだけを口にいれて下山することにした。九重は大抵の山頂で素晴らしい景色を堪能できるが、ここからの景色もよい。でも、素晴らしい景色ばかり見ていてはダメだな…。これが当たり前になってきて飽きちゃうんだよな~。そんなことを思いながらイソイソと下山を開始するのであった。

kuju037201411.jpg
山頂標識と三俣山

kuju038201411.jpg
長者原方面の展望

kuju039201411.jpg
久住山、中岳方面の展望

kuju040201411.jpg
硫黄山、三俣山方面の展望

kuju041201411.jpg
肥前ヶ城方面の展望


秋の久住散策レポはこれでおわり。今回は前半の「危機一髪!オラ寒くて死んじゃうぞ…」編から、「九重スペシャル!雨降って地固まる」編まで、ジェットコースターのような山行でした。「帰るまでが遠足」という言葉がピッタリの山行でありました。季節はもう冬に入ろうとしています。安全で楽しい山登りをしたいものです。

kuju042201411.jpg
準備万全で登山は楽しみましょう…


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL