山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP観光地 ≫ 広島県×愛媛県 しまなみ海道自転車放浪記 その⑨ 完走編 2014/11/23

広島県×愛媛県 しまなみ海道自転車放浪記 その⑨ 完走編 2014/11/23


来島海峡の美しい景色が広がる糸山公園展望台


今治駅に到着して、しまなみ海道サイクリングコースは完走したわけですが、これから、尾道まで今日中に戻らなければなりません。予定していた各島の登山もできず、メボシイ観光地によることもできず、このまま走り抜けることになります。今治駅出発が午前11時、先日のことを考えると日のあるうちの到着は微妙です。

shimanami080.jpg
午前11時今治駅出発

shimanami081.jpg
今治造船のクレーンたち


まずは来島海峡大橋まで戻ります。今治造船のクレーン群がカッコイイので写真をパシャリ。どこにもよるつもりはなかったのですが、折角だからと来島海峡大橋入口から300mほど北の高台にある「糸山公園展望台」によることにしました。この展望台からは、来島海峡大橋はもちろん、今治市街の様子も一望できる好スポットでお薦めです。

shimanami082.jpg
糸山展望台入口

shimanami083.jpg
糸山展望台


少しの休憩後、来島海峡大橋を渡ります。天気の良い日中ということもあり、朝とはくらべものにならないくらいの人が歩いたり、自転車で移動しています。橋を渡り終わると、朝は閉まってした道の駅が開いているので寄ることにしました。時
間は昼前で、ここで何か食べておかないと、これから先にメボシイ食事処がないと思ったからです。

shimanami085.jpg
糸山展望台からみる来島海峡大橋

shimanami084.jpg
糸山展望台からみる自転車道のループ橋と今治造船のクレーンたち


道の駅はものすごい人で混雑しており、食堂での食事は時間がかかるのでできません。そこで、売店で売っていた「鯛飯」とおにぎりを買っていただきました。「鯛飯」は美味かった。食事を終えたあとは、伯方島まで自転車をこぎまくり、「道の駅 マリンオアシス はかた」で塩ソフトを食べて、また、こぎまくります。

shimanami087.jpg
道の駅よしうみいきいき館の名物 鯛飯


「マリンオアシスはかた」を出発してからは、多少の休憩をいれつつも、寄り道することなく次々と島を渡っていきます。夕暮れが近づくにつれて自転車の動きが慌ただしくなります。16inchの小さな自転車なのでしようがないとはいいつつ、以前はレースに参加していた当方としては、次から次へ抜かれていくのは、なんとなく気分がよくない…。

shimanami088.jpg
大島からみた能島村上水軍の能島城跡と鵜島


因島大橋への入口に到着するころには、日はほとんど暮れた状態になる。向島に渡ったころには、ほとんど自転車の姿をみなくなり、1人きりでの夜間走行に入る。まあ、真っ暗な海沿いの道を渡船乗場のある向島ドック方面に走る。山登りで脚力には自信があったのだが、使う筋肉をことを痛烈に感じさせてくれた。

shimanami091.jpg
休憩で立ち寄った「道の駅マリンオアシスはかた」

shimanami089.jpg
「マリンオアシスはかた」で食べた塩ソフト

shimanami090.jpg
「マリンオアシスはかた」からみた、見近島と伯方・大島大橋


18時30分頃渡船乗場に到着。今治駅からここまで7時間半かかっている。行きは向島運航㈱のフェリーを利用したが、帰りは尾道渡船㈱のフェリーで尾道を目指す。こちらの方が駐車場に近いのだ。船上からみる尾道の夜景はナカナカのもので、数分のクルージングは今までの疲れをいやしてくれるようだった。


夜の尾道渡船と尾道の夜景

shimanami092.jpg
尾道汽船で尾道にかえる


ほどなく、尾道に到着。人がすっかり少なくなった商店街を駐車場へ向かうのであった…。今回のしまなみ海道サイクリングは、以前から計画してして、天候や休みやらの関係でずっと先延ばしにしていた計画の1つ。計画の甘さから目的は半分しか達成できなかったが自転車で走るだけでも充分に楽しめた。次回くるときは、是非ともロードを用意して再挑戦したいものだ。


次回、お食事と温泉の「番外編」。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL