山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP県外のお山 ≫ 鳥取県伯耆町 伯耆大山 弥山[冬山] 山頂 2015/01/25

鳥取県伯耆町 伯耆大山 弥山[冬山] 山頂 2015/01/25


伯耆大山弥山山頂と剣ヶ峰と雲海


予想天気図を見ると、この週末、特に25日は高気圧が中国地方を覆っており、天気が崩れようのない天気図になっている。今年は助走をつけて、最後は大山かなと思っていたので、今回は九重にでもいってみるかとも考えた。…が、天気ばかりは運まかせ。こんな天気がまた休みの日にくるとは限らない。少し無理をしてでもいったほうがよい。

houkidaisen_w01.jpg
午前7時には大山駐車場が満車状態

houkidaisen_w02.jpg
夏山登山道へ向かう駐車場近くの登山口

houkidaisen_w03.jpg
夏山登山道との合流地点


という訳で、「伯耆大山」にいくことにした訳だが装備に少し不安があるので、前日、不安を払拭するためにショップでイロイロと購入。朝一到着予定で深夜一般道を大山に向けて出発する。空を見ると星がよく見えており、当日の天気を期待させる。大山には朝6時に到着。大山駐車場に向かうとすでにほぼ満車状態。運よく、駐車することができて準備を開始する。

houkidaisen_w04.jpg
圧雪された夏山登山道は比較的歩きやすい

houkidaisen_w05.jpg
登山道0合目にある登山ポスト

houkidaisen_w06.jpg
1合目標識。かなり積もっているのがわかる


ちなみに大山登山に便利なのは、「大山駐車場」と「下山駐車場」なのだが、冬季は「下山駐車場」が除雪しないので使えない。「大山駐車場」が満車の場合、スキー場のあたりの駐車場を利用するしかなく、登山口まで少し歩かなくてはならない。また、冬季は駐車場が有料である。駐車開始時間によって料金がかわる。登山は朝が早いので1000円かかる。

houkidaisen_w07.jpg
無雪期とはまるで違う登山道

houkidaisen_w08.jpg
五合目はさらに積雪量がある

houkidaisen_w09.jpg
五合目からの展望


無料駐車場もあるにはあるが、相当はなれているし坂道をそれなりに登らなくてはならない。お金をかけたくない人は事前に調べていってほしい。話によると、朝9時頃には満車状態になることもしばしばらしい。まあ、冬場は除雪やらで経費がかかるわけだし、山の維持管理費用と考えれば納得の料金だといえる。

houkidaisen_w10.jpg
五合目から霧氷が広がってくる

houkidaisen_w11.jpg
よくついてるなぁ~

houkidaisen_w12.jpg
樹林帯を抜けると一挙に山頂まで景色が広がる


朝7時に登山口を出発。夜明け前だがヘッドライトなしで歩けるくらい明るい。圧雪された雪で足元が不安定になる。普通に登っても登れなくはないが、時間がかかりそうなので、すぐにアイゼンをつける。1合目の標識は8割方雪に埋まっている。アイゼンをつけてから順調に高度を稼ぐことができた。

houkidaisen_w13.jpg
完全に夜明けてない北壁

houkidaisen_w14.jpg
振り返ると米子市街の景色が見える

houkidaisen_w15.jpg
中腹に6合目避難小屋が見える


5合目までで10人程度の人にあう。アイゼンが4本、6本の人は歩くのがしんどそうに見える。夏場は木葉で見えない景色が冬場は隙間から周囲の様子がよくわかる。5合目から霧氷がシッカリついているので、急に景色がかわる。また、北壁や山頂もちらほらと見え始めてワクワクしてくる。

houkidaisen_w16.jpg
6合目避難小屋は雪で入口以外はほぼ埋没

houkidaisen_w17.jpg
6合目からしばらく急坂がつづく

houkidaisen_w18.jpg
8合目肩方面を振り返る


6合目避難小屋は人でいっぱいだ。また、避難小屋から山頂を目指す多くの人が見える。とにかく、白く染まった御山も山頂から延びる稜線もすべてが美しい。天候が悪ければここから、風やガスで行く手を阻まれるが、この日はガスなし、風なし、天気よしの3拍子揃っている。

houkidaisen_w19.jpg
白と黒と太陽

houkidaisen_w20.jpg
9合目。あと少しで山頂だ

houkidaisen_w21.jpg
標識も自然の芸術作品になる


景色を楽しみながら、写真を撮りながら山頂に向かって歩く。下山したあと、モンベルショップの店員さんと話をしたのだが、昨日の土曜日は7合目から強風で登れなかった人も多かったそうだ。当方は雪山男としてこれまで、天気でハズレはない(ハズレの日を選ばない)。

houkidaisen_w25.jpg
山頂避難小屋

houkidaisen_w28.jpg
弥山山頂から剣ヶ峰方面の展望

houkidaisen_w29.jpg
弥山山頂から避難小屋方面の展望


ようやく、山頂避難小屋がみえてきた。9割くらい埋まっている。山頂標識も見えない全部埋まっている。人がすごく多い。みんな撮影している。当方は剣ヶ峰がよく見える場所に稜線上を移動して撮影。お湯を沸かし、持参した抹茶ラテとおにぎりを食す。カップ麺を食べようとも考えたが時間が少し早いのと人が多くなってきたので、早々に退散することにする。

houkidaisen_w26.jpg
剣ヶ峰と雲海(かっこえええ~)

houkidaisen_w27.jpg
稜線上から弥山山頂の展望(山頂に人が並んでいます)

houkidaisen_w30.jpg
剣ヶ峰方面パノラマ展望(めっちゃええわ~)


下山していると、ゾロゾロと団体が上がってくる。団体だけでも100人以上はいたりしてビックリした。下りは別ルートでおりようとも考えたが、景色なんやら雪山なんかでお腹いっぱいで、これ以上、何かすると食べ過ぎでお腹を壊しそうなので、ピストンで降りることにした。

houkidaisen_w31.jpg
下山時の北壁

houkidaisen_w32.jpg
ユートピア方面

houkidaisen_w34.jpg
下山したあとモンベルショップからみた大山北壁全貌


いやあ、雪の大山。人気があるのが分かるわ!昨年は天候で毎年恒例の大山登山ができず残念だったが、今回の雪山登山で帳消しどころかおつりをいただきました。ちなみに駐車場で車のナンバーをみると、鳥取、島根が多く、次いで岡山、広島からが多いという状況。日帰りでは少し遠いので近場の人が羨ましいです。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL