山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP温泉 ≫ 島根県江津市 有福温泉 さつき湯とやよい湯 2015/01/25

島根県江津市 有福温泉 さつき湯とやよい湯 2015/01/25


やよい湯の外観と浴場内の様子


有福温泉には3つの公衆浴場がある。一番有名なのが「御前湯」で温泉街の高台にあり、そのレトロな洋風建築が今でも人気で観光客にお馴染みの施設。あと、2つは「さつき湯」と「やよい湯」でどちらも「御前湯」を見上げる場所にたっている。地元人の話だと、「さつき湯」は御前湯と同じ泉源で、「やよい湯」だけが違うとの話なので、地元の人は「やよい湯」を利用することが多いとのこと。

arifuku_yayoi01.jpg
やよい湯外観


そこで、まずは「やよい湯」の様子を見に行くことにした。「やよい湯」は有福温泉名物「善太郎餅」を製造販売しているお店の横にある。3つの施設で一番小さくて地味な印象だ。トイレは施設横に仮設トイレがあり施設内にはない。入口を開けるとかつて番台だった場所に料金箱を設置されている。

arifuku_yayoi02.jpg
やよい湯湯船


浴場は階段を降りた地下のような場所にあり、階段脇にロッカーが設置してある。脱衣所らしき場所はほぼなく、適当に脱いでロッカーにいれて浴場にいくというアバウトな施設で観光客が来ないのもうなづける。湯船は定員4名、カランの2個?で小さく薄暗いが、人がいなければ落着けていい感じだ。ただし、ドライヤーがないのでこの日は入浴しないことにした。

arifuku_satsuki01.jpg
さつき湯外観


「やよい湯」を撤退して向かったのは「さつき湯」だ。こちらは昔ながらの番台に人はいるが、券売機で券を購入しなければならない。脱衣所は広くはないが洗面所、鍵付きロッカーやドライヤーも完備していて申し分ない。湯船は「やよい湯」程度だが、周りが広く、明るいので家族連れでもギリギリOK。とはいえ3名以上の来訪の場合は「御前湯」にいったほうがよい。

arifuku_satsuki03.jpg
さつき湯分析表


お湯はアルカリ性単純温泉で無色透明、柔らかさはあるが特徴が分かるほどではないが入りやすい。カランにはシャワーがついてなく(1台だけある)、身体を洗うときに少し不便さを感じる。お客は適度に入れ替わり渋滞することはないが、多い時は広さがないので困るだろうな…。

arifuku_satsuki02.jpg
さつき湯ロッカー


入浴後、「有福cafe」で食事を済ませたあとゆっくり帰るのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL