山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP旅館・ホテル ≫ 大分県竹田市 長湯温泉 やすらぎの宿 かどやRe 2015/01

大分県竹田市 長湯温泉 やすらぎの宿 かどやRe 2015/01


かどやReの浴場風景


今年の正月休みは温泉で、のんびり過ごしたいということで急遽予約をいれた大分県竹田市の長湯温泉 「やすらぎの宿 かどやRe」。総部屋数6室の小さな民宿で、正月ということもあり正月飾りが綺麗に施されていた。ロビーにあたる場所は綺麗にリホームされていて狭いながら古さを感じない。客室はロビーの側にあり、無用に歩かなくていいのは助かる。

kadoyaRe02.jpg
宿外観

kadoyaRe03.jpg
ロビーから客室はすぐそば

kadoyaRe01.jpg
部屋にはこたつ、冷蔵庫はない


10畳ほどの部屋にはエアコンの他、コタツがあり、アメニティもタオルや浴衣など揃っているが、バスタオルがなかったので必要ならもっていったほうがよい。また、冷蔵庫や金庫はないが、寒い時期なのでベランダに出しておけば問題ない(夏は困るかもしれない)トイレなどもリホームされていて洋式になっていて概ね綺麗である。

kadoyaRe04.jpg
露天(景色はないがぬるめでナカナカよい)

kadoyaRe05.jpg
内湯(熱め、カランは1つしかない)

kadoyaRe06.jpg
脱衣所(バスタオルはないが、脱衣所にタオルがおいてある)


料理は、料金のわりに多すぎるほどでてくるし、味も好みはあると思うが手作りで暖かい料理がでてくる。大きなホテルなんかだと、仕込みが早く味が落ちている場合もあるが、丁寧につくられている印象だ。唯一問題だと思うのが、部屋の壁の薄さで隣の音がまあまあ聞こえる。それも、礼儀正しい人ばかりで、夜遅くまで騒ぐこともなくゆっくりすることができた。

kadoyaRe07.jpg
料理(豊後牛の陶板焼き)

kadoyaRe08.jpg
料理(カニ~)


浴場は清潔にされているが、お世辞にも綺麗とはいえない。個人的にはこういった雰囲気は好きだが、万人受けするわけではないと思う。湯船は温泉成分で色も形も変わっていて、この良さが分からない人にはキツイかもしれない。まあ、内湯が不満なら、近くに公衆浴場がイロイロあるので、好みの場所にいけばよい。

kadoyaRe09.jpg
料理(馬刺し~)

kadoyaRe10.jpg
料理(締め。この他にも充分すぎる料理がでてくる)


過剰な対応もなく、料理は部屋食でゆっくり食べられるし、温泉は炭酸泉、値段もリーズナブルで気軽に泊まれるナカナカ良いお宿でした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL