山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP温泉 ≫ 大分県竹田市 長湯温泉 ラムネ温泉 2015/01

大分県竹田市 長湯温泉 ラムネ温泉 2015/01

ramuneonsen02.jpg
ラムネ温泉外観


「ラムネ温泉」は芹川にある「ガニ湯」のすぐ近くだ。「ラムネ温泉」の外観はまるで教会のようだ。有名な温泉施設だけあって、入浴客が次々と訪れる。建物の大きさの割に入口は狭い。入浴説明のために説明人がおり、初めてのお客には説明用の資料が渡される。

ramuneonsen03.jpg
天然温泉看板


また、入浴棟は待合棟と別棟になっており、中庭を抜けて入浴棟にいくことになる。トイレは入浴施設にはないので、中庭で済ませておかなければならない。中庭には屋根がないので雨など天候の悪いときは不便である。また、バリアフリーも考慮されていない恰好だけの施設に見える。

ramuneonsen05.jpg
浴場にいくには中庭を通らなくてはならない


中庭には飲泉できる場所があり、軽く飲泉を済ませて入浴すると効果があがるのではないだろうか?脱衣所も狭い。これだけ人気の施設にも関わらず、4名もいれば不都合になる広さしかない。また、脱衣は棚に置くだけのシンプルなもので籠すら用意されていない。これでは満員時、荷物をよけることもできない。

ramuneonsen01.jpg
中庭には犬の銅像がある


加えて浴場への入口は異常に小さく狭いため、標準身長の当方でも屈まなければ入れない。これでは、体の不自由な人は不便で入りづらいだろう…。さて、浴場だが、内湯は定員約7名ほどの小さなものが3つ、露天は1つの湯船をランダムに区分けされたものんが1つある。恰好はよいので目で癒される感じがする。

ramuneonsen04.jpg
中庭にある飲泉場


サウナとシャワーもあり、温泉を楽しみながら汗をかくことができる。温泉は暖めている内湯では炭酸泉を感じることは少ないが、露天の低温泉では身体に吸い付く気泡をハッキリ感じることができる。が、期待が大きすぎたためが、興奮したのも一瞬であとはただただ、普通の温泉のように楽しむしかないのであった。

ramuneonsen06.jpg
狭い脱衣所


新しい施設なのに、利便性とデザイン性を共存できていない残念な施設に感じた。まあ、恰好がよければそれでよしという人には面白い施設であるように感じた。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL