山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP県外のお山 ≫ 大分県九重町 [くじゅう連山] 沓掛山(冬山)  山頂 2015/02/07

大分県九重町 [くじゅう連山] 沓掛山(冬山)  山頂 2015/02/07


沓掛山山頂の様子


先週の日曜日は久しぶりに県内のお山へ…。で、前週はくじゅう連山へ…。冬のくじゅう登山は初めてなのでどのルートから登るか少し悩んだが、距離はあるが、平坦で分かりやすい牧ノ戸登山口から久住山を目指すことにした。深夜走行で午前7時頃、峠駐車場に到着。駐車台数は多いものの、思ったほどではなく余裕で駐車。

kuju_2015_fuyu01.jpg
朝7時頃の牧ノ戸峠駐車場

kuju_2015_fuyu02.jpg
牧ノ戸ルート登山口


軽く朝食と準備を済ませ、さっそく登山開始。開始の頃には駐車場はほぼ満車状態になり人気コースであることを実感する。登山道は前日からの雪で適度に積もっていてスノーハイクを適度に楽しめる状態。天気は曇りがち、昼から崩れるとの予報なので、昼過ぎまでに下山が必要と考えていた。

kuju_2015_fuyu03.jpg
売店では車用チェーンや軽アイゼンなんかも販売している

kuju_2015_fuyu04.jpg
積雪量はそれほどではない登山道


登山道の状況は分からないが、登山口よりアイゼン装着で歩く。途中からはくのは面倒だし、登山者の多くはつけた状態で出発している。この日は天候が理由か人が少ないようで当方にとっては願ったりの状況。適度な緩やかな登りの続く雪道を登っていく。九重の積雪量は多くて40㎝ほどらしいので雪が障害になることはあまりない。

kuju_2015_fuyu05.jpg
霧氷な山々

kuju_2015_fuyu06.jpg
振り返ると長者原方面の展望


厄介なのはガスで季節に関係なくガスが発生すると登山道がハッキリしない場所では歩行が困難になる場合もあるので注意が必要。晴天ではないが、景色もほどよく見えるし、風もなく寒さも感じない快適な歩行。ボチボチいいペースで歩いていると見過ごしてしまいそうになる「沓掛山」山頂に到着。雪で山頂が分かりづらかった…。

kuju_2015_fuyu07.jpg
ガスさえなければ快適な登山道

kuju_2015_fuyu09.jpg
久住方面へ向かう登山道と山々


展望はといわれると、雪化粧の山々もいいし、遠くに見える街並みなんかもよいが、なにせ、山頂が岩場なので足元が不安定なのと、止まっていると身体が冷えるのでトットと出発する。久住山まではまだまだあるのでつづく…。

kuju_2015_fuyu10.jpg
沓掛山山頂からの展望

kuju_2015_fuyu11.jpg
沓掛山山頂標識


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL