山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP山口県の山頂 ≫ 山口県下関市 西ヶ嶽 山頂 2015/03/08

山口県下関市 西ヶ嶽 山頂 2015/03/08


華山西ヶ嶽山頂からの展望


久しぶりに連れと一緒に山行することになり目的地を物色する。近場でコースに変化があり、それなりの距離高さで、展望が開けていて昼食にも適している場所がある等、少し複雑なことを考えつつ場所探しをしたもののナカナカ見つからない。初めは東鳳翩山にでもいこうかとも考えたが何度も登っているし面白くない。

nishigadake01.jpg
菊川自然活用村管理棟

nishigadake02.jpg
登山口は右下のキャンプエリアにある

nishigadake03.jpg
登山口のあるキャンプエリア兼駐車地


そこで、まだ見ていない山頂で馴染みのある「西ヶ嶽」にいくことにした。「西ヶ嶽」は「華山」との双耳峰で「華山」は別名「東ヶ嶽」ともいわれる。「華山」には何度も登っているが「西ヶ嶽」には行ったことがない。また、山頂には仲哀天皇殯葬所(ちゅうあいてんのうひんそうしょ)があり、見晴らしがよく休憩をとるのによさそうだ。

nishigadake04.jpg
登山口には標識がある

nishigadake05.jpg
沢沿いを右にいったり左にいったり

nishigadake06.jpg
小学生の応援看板のなかに大人が書いたであろうおどろしい看板も…。

コースは菊川自然活用村に登山口がある通称「岡枝小登山コース」。その名のとおり、地元小学校の「岡枝小学校」の登山コースになっているようです。この自然活用村は歌野川ダムの周囲に整備された公園で、活用センターを中心にキャンプ場、釣り堀、公園なんかがある。桜並木もあることから春に現地に訪れるとよさそうだ。

nishigadake07.jpg
標識は一定間隔であるので安心

nishigadake08.jpg
小さな滝がちらほらある

nishigadake09.jpg
4合目から急坂が始まる


駐車場は登山口のそばにありアクセスも良好。登山口からは沢沿いを稜線まで詰めるコースとなる。山道は良好。コースには岡枝小の関係者や生徒のつけた案内板があり迷うことはない。森の中を進む展望のない道をひたすら登るコースだが、序盤は緩やかなので助走にはちょうどよい。

nishigadake10.jpg
急坂にはロープもついている

nishigadake11.jpg
5合目、沢を離れ支尾根に取り付く

nishigadake13.jpg
ドンドン坂道を登っていく


このコースは4合目あたりまで緩やか、それ以降は急坂と平坦路の繰り返しといったコースだ。6合目手前で一旦車道と交差し、そこからしばらく急坂がつづく。途中、清流庵登山コースとの合流地点を過ごし、山頂まで一挙の登っていくことになる。山頂まで600m地点で3匹の犬に威嚇される。

nishigadake14.jpg
一旦、車道と合流

nishigadake15.jpg
また、山に入る

nishigadake16.jpg
適度にベンチなど用意されている


首輪はついていないが飼い犬のようで途中で飼い主と挨拶をするが、犬たちは飼い主の静止を聞かず山頂まで我々を吠えながらついてきた。よほど怪しい人間に見えたのだろうか…。山頂についてもしばらく犬の監視下におかれていたが、しばらくすると開放された。

nishigadake17.jpg
広い管理道と合流

nishigadake18.jpg
このあたりからワンちゃんの襲撃をうける(笑)

nishigadake19.jpg
華山分岐(ワンちゃんは威嚇しながら山頂方面へ撤退している)


山頂からは下関市街はもちろん、山陽小野田、宇部、阿知須のキララドームまでクッキリ見える快晴と展望で素晴らしい。仲哀天皇殯葬所(ちゅうあいてんのうひんそうしょ)の周りは芝生がきれいに刈り込まれており、休憩するには最高の場所だ。先週の比婆山のイザナミの御陵といい、この殯葬所といい2週連続皇室絡みの登山となった。

nishigadake20.jpg
引きながら攻撃する。戦闘のプロだな(笑)

nishigadake21.jpg
ワンちゃんと一緒に山頂に到着


今回はここで、キムチ鍋をして最後にうどんでしめた。1.5時間ほどお茶を飲んだり話をしたりでゆっくりできた。たまにはこういった山行もいいものだ。今回の山行でであった登山者は1人だけ…。この落ち着いた感じの山登りが地元の里山の良さだと感じる。

nishigadake23.jpg
仲哀天皇殯葬所

nishigadake22.jpg
仲哀天皇は実在したかで疑いがもたれているようだ

nishigadake24.jpg
山頂から響灘方面の展望

nishigadake25.jpg
下関から山陽小野田市方面の展望


山頂で充分休憩後、ついでなので東ヶ嶽[華山]にいくことにして出発するのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL