山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP山口県の山頂 ≫ 山口県下関市 京ノ山 山頂 2015/03/14

山口県下関市 京ノ山 山頂 2015/03/14


何もない「京ノ山」山頂風景


先週の「弾正原(だんまさがはら)」の続き…。「弾正原」を下山後、次の目的地をどうしようかと悩む。「寺畑山」、「寺地山」、「大庭山」等も候補にあがったが、「弾正原」の北にある「京ノ山」に向かうことにする。実はネット地図(おそらくはゼンリン)では「弾正原」が「京ノ山」となっている。そして、「京ノ山」は「掛地山」と表記されている。

kyounoyama01.jpg
県道270号線(道も古いが看板も古い)

kyounoyama02.jpg
下峠標識

kyounoyama03.jpg
下峠造林記念碑と林道


真意は定かではないが、当方は国土地理院を基準にすることにしているので、ココでの「京ノ山」は県道270号線「下峠」北にあるお山を「京ノ山」とする。登るには南の270号線の下峠付近の沢アタリから詰めるつもりで移動開始。離合に困る車道を峠に向かって走る。

kyounoyama04.jpg
木より立派な記念碑

kyounoyama05.jpg
落ちていた鹿?の骨

kyounoyama06.jpg
落ちていた猟銃の薬莢


車を走らせながら登れそうな場所を探す。良い取り付きがあれば当初の予定は関係なく変更する。結局、峠までそれらしい良い場所が見つからず車を峠付近に停める。アタリを歩くと造林記念石碑と山頂方面に向かう林道がはしっているのを発見。これを使わないテはないだろうとここを登山口とする。

kyounoyama07.jpg
急坂の林道を登る

kyounoyama08.jpg
登り切った場所から谷沿いに取り付く

kyounoyama09.jpg
倒木や伐採木が行く手を阻む


谷沿いに走っている相当な急坂を登っていくと谷を横切るように林道がコの字になっている場所がある。ここから、谷沿いに稜線を目指すことにする。当然、道などなく足場も悪く、急坂である。何とかかんとか稜線に到着するとまずは、山の西側にある三角点を見に行く。このお山は3つの小さなピークで構成されていて、三角点は西のピーク下にある。


京ノ山西ピーク三角点

kyounoyama10.jpg
稜線と合流

kyounoyama11.jpg
まずは西ピークにある三角点へ

kyounoyama12.jpg
西ピークにある三角点


稜線合流地点から三角点まではあっという間の約2分。場所が中途半端なうえ展望などもないのですぐに東側にある山頂に向かう。山頂には稜線沿いに歩けばいけるはずだ。山道はなんとなくあって途中何ヶ所か支尾根との合流点があるので帰りは注意が必要だ。

kyounoyama13.jpg
稜線合流点まで戻り山頂へ向かう

kyounoyama14.jpg
ナカナカ歩きやすい稜線

kyounoyama15.jpg
ほどなく何もない山頂へ到着


山頂にはあっという間に到着。山頂標識もなく三角点もないので恐らくはココだろうという所で撮影。山頂付近は平地なうえ、倒木や雑木で荒れていて山頂らしき雰囲気まるでない。展望などもないのでピークハンター以外の人が登る理由は見当たらない。というわけでココに長居する理由はないのでトットとピストンで戻るのであった。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL