山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP地域情報 ≫ 山口県美祢市 道の駅みとうのマガモのお遊戯 2015/03

山口県美祢市 道の駅みとうのマガモのお遊戯 2015/03


「道の駅みとう」を散歩するマガモたち


先日、仕事途中で「道の駅みとう」に立ち寄ったのだが、昼時にも関わらず人はまばらで平日とはいえナカナカ厳しいものを感じる。「小郡萩道路」の影響を最も受けた施設だと思うのだが、元々ソフトについては古い施設ということもあり弱さを感じざる負えない。

mito_magamo05.jpg
道の駅みとうのシンボル「大仏くん」


それでも、売店なんかは改装して以前より品揃えを多くしたり、小さいながら休憩所を設けたりして改善はしているようだ。もっとも、それが人を呼び込むほどの起爆剤にはなっていないように感じる。食堂についても、メニューは昔からほとんど変わらず、1日限定20食の日替わり定食を食べてみたが刺身以外はできあいのものを暖めて出しているのが残念だ。

mito_magamo07.jpg
施設の裏手にある大田川のビオトーブ


バイパス開発決定時点で「道の駅」を沿線に移設する計画があっても良かったのでは?と思うのだが話はあったのだろうか?そんな「道の駅みとう」なんだが面白いものもある。それが、裏手に流れている大田川のビオトーブだ。大田川の清流を公園にしていて野鳥を観察したり、水遊びができるようになっている。

mito_magamo01.jpg
敷地内を闊歩するマガモたち

mito_magamo04.jpg
みんなでくつろいでいます

mito_magamo02.jpg
雌のマガモ


特にマガモの生息数は多く、人馴れしているのであまり逃げないし、時には道の駅の周りを散歩する姿を見ることができる。この日は、たまたま散歩中のマガモを激写できたので紹介しようと思う。マガモ自体はそれほど珍しいものではないが、野生のマガモをこれほど近くで見たのは久しぶりだ。

mito_magamo06.jpg
850円の日替り弁当(限定20食)


マガモはその風貌の可愛らしさや動きの面白さで楽しませてくれる。道の駅きららの近くに観察公園があるが、文字通り観察はできても触れ合うことはできない。定期的に散歩しているようなら発信すれば面白いものになるのではと思ったがどんなもんだろうか?


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL