山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP山口県の山頂 ≫ 山口県下関市 角倉山 (つのくらやま) 山頂 2015/03/22

山口県下関市 角倉山 (つのくらやま) 山頂 2015/03/22


角倉山山頂のようす


「杓子山と河原城山」を下山後、本日最後にするつもりで向かったお山は「角倉山」である。このお山は特牛駅から遠くない場所にあり、周囲を畑で囲まれた小さなお山だ。山頂途中まで何本か林道のようなものがあるので、どれかをつかって山頂を目指そうと、山の西側から南に周りこむように車で移動する。

tunokurayama01.jpg
登山口にした山頂南側

tunokurayama02.jpg
最初は荒れている


登山口は山頂のほぼ南にあった元管理道といった荒れた雰囲気のある場所だ。この道が北に向かっていたので利用させていただく。若干荒れてはいるものの歩くのに問題なし。次第に道は広がり歩きやすい状態になる。道は北に延びており予想通り山頂近くまで行けそう。

tunokurayama03.jpg
ダンダン歩きやすくなる

tunokurayama04.jpg
道なりに進む


道なりに歩いていると林道終点までくる。そこから山頂へアプローチするため山に取り付く。明確な道がないためできるだけ分かりやすいところを探す。なんとなく、道になっている場所を見つけて高度を稼いでいく。迷いそうな場所には人には分からない印をつけていく。テープやひもで山を標識だらけにするのは賛成できない。

tunokurayama05.jpg
管理道終点に到着

tunokurayama06.jpg
藪中を歩いて道を探す


角倉山は山頂付近の地形がそれほど複雑ではないので明確な支尾根を見つけさえすれば自然と山頂まで連れていってくれる。問題は登りではなく下りだ。高さはないしどこからでも降りれるのだが、自分の思った通りに降りるのも楽しみだし、駐車地まで遠回りするのが面倒な場合もある。

tunokurayama07.jpg
道らしき場所を発見

tunokurayama08.jpg
支尾根に取り付けば山頂まで少しだ


そんなこんなであっという間に山頂に到着する。山頂は雑木で覆われていて展望はない。三角点と下関要塞第二区地帯標がある。このあたりのお山には日本軍関係の遺構がチョコチョコあることから重要な拠点だったと想像できる。というより、開発されてない場所が多く、当時のまま残っているといったほうがよいのか。

tunokurayama09.jpg
三角点のある山頂のようす

tunokurayama10.jpg
山頂三角点

tunokurayama11.jpg
山頂にある下関要塞第2区地帯標


三角点タッチを済ませて来た道を戻り、この日最後のお山に向かうのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL