山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP登山口~山頂 ≫ 山口県宇部市 霜降岳 [ルート編] 2015/03/29

山口県宇部市 霜降岳 [ルート編] 2015/03/29


霜降岳の周回コースを撮影してみました


先週末はイロイロあり、山登りにいけないと思っておりましたが、日曜の午後から時間が取れたので久しぶりに宇部市の霜降岳にいってきました。霜降岳は厚東氏7代の武光が築いた山城で本城を中心に前城、後城、中城、二嶺で構成されています。登山口は主に4つあり、今回は持世寺温泉のある持世寺登山口から出発することにしました。

ルートは放射状に広がっているピークの間を多数の山道が用意されていて、歩き方によってルートは多数選択できます。今回は登山口(持世寺)→後城→本城(山頂)→前城→旧キャンプ場→登山口(持世寺)の周回コースを歩きました。このコースは登山口から後城までの登りが全コース中一番きついところでしょう。

時間の関係でカメラでの撮影はせず、アクションカメラで周回コースのすべての撮影をしてみました。当方のもっているカメラは手元で対象を確認しながらの撮影が困難なため、最初の調整がうまくいかないと残念な結果になってしまいます。よって、毎回最初に試し撮りをして歩きはじめますがうまくいかないときも多いです。

久しぶりに歩いて気づいたのは木にやたらと樹木名のかかれた標札がかけられていたこと。たまに、この樹はなんだろうと思うことがあるが、標札があれば分かりやすい。また、道標も既存のものと新設されたものがあった。それ以外は何も記憶と変わらない、変わらない霜降岳でした。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL