山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP地域情報 ≫ 山口県宇部市 耳観音 2015/04/05

山口県宇部市 耳観音 2015/04/05


耳の病にきくといわれる「耳観音様」


荒滝山の中腹にある「荒滝の滝」、そして、その下流にある「耳観音」に滝鑑賞のついでによってみました。この「耳観音」も道路沿いに手作りの標識があって分かりやすい。目的地までは少し下ることになる。薄暗い雑木の中にある観音様の周りには穴のあいた石が数多くお供えしてある。

2015mimikannon04.jpg
耳観音入口

2015mimikannon03.jpg
雑木林の中にひっそりとたたずむ


室町時代末期、内藤隆春が荒滝山頂に城を構築したと思われる頃、当時の名称に千畳敷という地名があり、馬の試練場であったという。また、その下には敵の襲撃を見張る所で物見ケ峠という地名があった。その頃の伝説として、次のような話が残っている。
 内藤隆春の家臣のひとりが、耳の病気にかかり城主より破門され、やむなく山を降り、麓にある夫婦滝にこもり祈願した。ある日、その道すがら、大きな石灰石の中ほどに、人間の耳によく似た穴があるのが目につき、何気なくさわり、その指を自分の耳にあてた。するとかすかに虫の声が聞こえるような気がしたので不思議に思い、また翌日も、といった風に繰り返すうちに、だんだんと耳が聞こえるようになった。そこで再び山に登り、城主にお願いをして、破門を解くことを許された。その御恩に報いるため、この石のそばに観音像を安置したという。



2015mimikannon01.jpg
信仰が続く耳観音

2015mimikannon02.jpg
耳観音にお参りするときは穴のあいた石をもっていくとよいらしい


本来の参道は下にあり、お参りするなら県道30号線から荒滝集落に入り、下からお参りしたほうがよさそうだ。今でも年2回祈願祭が執り行われているようだ。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL