山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP登山口~山頂 ≫ 山口県山口市 十種ヶ峰 ヤマシャクヤクルート [ルート編] 2015/05/02

山口県山口市 十種ヶ峰 ヤマシャクヤクルート [ルート編] 2015/05/02


十種ヶ峰ヤマシャクヤク上りルート全行程

十種ヶ峰には何度もいっているがヤマシャクヤクを見たことはなかった。花にさほど興味がないのが理由だったのだが、今年のGWは天候不順の予報のおかげで長期計画を立てることができなかったこともあり、ちょうど良い機会なので、重い腰をあげて人が多いであろう神角地区に向かうことにした。

togusagamine_yamashaku03.jpg
ヤマシャクヤクルート案内板

togusagamine_yamashaku02.jpg
駐車場のようす(特産品販売もしていた)


混みあうことが予測されたので、随分と早く出発したつもりだったが、現地に到着した時には既に数台に車の駐車があった。駐車についてはバイクでの来訪だったので心配していなかったのだが、入口では駐車料金の徴収を協力金の名目で徴収しているようだった。駐車場付近では地元の名産品であるワサビの加工品やお米の販売をおばさま方が中心に販売していた。

togusagamine_yamashaku04.jpg
玉のように可愛らしいヤマシャクヤクの花

togusagamine_yamashaku05.jpg
ヤマシャクは満開になると1日ほどで花が落ちるらしい

togusagamine_yamashaku06.jpg
もうじき落ちるであろうヤマシャクヤクの花


山道は沢沿いを登っていく険しいコースで山慣れしていない人にはキツイコースだと思う。細い道が多いため、足が遅い人がいるとたちまち渋滞してしまうので度々足が止まるのがもどかしかったりするがしかたがない。道は1本道だし、目印のようなものもあるし迷いようはない。まあ、このコースを芍薬時期以外で利用する物好きは少ないとは思うが…。

togusagamine_yamashaku07.jpg
分岐は群生地を少し登ったところにある

togusagamine_yamashaku08.jpg
稜線展望地からみた神角地区


ヤマシャクヤクは標高800mあたりの薄暗い斜面に群生していた。確かに多くの花が落ちた跡がうかがえて想像より寂しい感じだ。特に歩道沿いの花はほとんど落ちていて写真をとる活きのよい花を探すのに苦労させられた。それでも、標高が上がってくると奥の方で静かに咲いている花が多くみられそれなりに満足した。


十種ヶ峰山頂のようす


togusagamine_yamashaku09.jpg
山頂からの展望は相変わらず美しい

togusagamine_yamashaku10.jpg
いつもより人が多い山頂


いつもはそれほどいない山頂もこの時期ばかりは人で賑わう。十種ヶ峰は360度の展望が楽しめるのでそれなりに人気があるのだが、県内のお山はどこも似たり寄ったりで普段は人が少ない。山頂で少し休憩して下山を開始する。下りは下り専用コースで降りる。こちらも、よく整備されており駐車場までなんなく到着する。


十種ヶ峰ヤマシャクヤク下りルート全行程


帰りにしょうゆ漬けにするために葉ワサビを購入する。やっぱり、自分は花よりだんごだな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL