山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP温泉 ≫ 大分県九重町 筌ノ口温泉 新清館 その② 2015/05

大分県九重町 筌ノ口温泉 新清館 その② 2015/05


筌ノ口温泉 新清館 内湯


さて、夕御飯なんだが写真はない。会場での食事の場合、できるだけ周囲のお客の目障りにならないように心掛けている。それでも、気分次第なので、今回は気分がのらなかっただけなのだが…。料理はゼンマイ、鯉の洗い、鯉くち、馬刺し、キジ鍋、川魚など、素朴な山河料理が中心である。個人的にはゼンマイの煮物が一番美味しかった。

ukenokuchi_onsen06.jpg
内湯は別棟にある


連れは、料理が口に合わなかったようで、ガッカリした顔をしていたが、当方は経験のすべてをできるだけ楽しむように心がけている。まあ、こういった施設で食事に過剰な期待はしないほうがよい。さて、食事を早々にすませ内湯にいくことにした。脱衣所が小さかったので、もしやと思ったが、湯船は定員3名、洗い場は1名ほどのちいさな浴場で、リンスインシャンプーと固形石鹸がおいてあるのみの宿泊施設という概念を無視した施設だ。

ukenokuchi_onsen07.jpg
脱衣所は狭い


これは、よほどの温泉好き以外にはキツイ状態だ。また、脱衣所にはドライバーもない。泉質は申し分ないが、髪を洗うと乾燥したあと成分でゴワゴワになる。見落としたかもしれないが、真水もなかったように思える。温泉好きには硬派な良い施設ということになるのだろうが、これでは先行きが心配だ(別に心配しなくていいんだが…)

ukenokuchi_onsen08.jpg
ドライバーなどのアメニティはなし


山口県あたりの特徴のない温泉地帯からくると、こういった施設や温泉は訳もなく有り難くなるものだが、九州だとゴロゴロしているので競争も激しい。小さな温泉場も良質な温泉に胡坐をかいたり、○○を守る会など一般客を無視した思考で動いている人たちの意見をまともに聞いていると、ガラパゴス状態になって終わりが来る気がする。

ukenokuchi_onsen09.jpg
温泉は○がそれ以外は×


なんて、くだらないことを考えながら、温泉に浸かるのであった…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL