山口県の山頂から

山口県の山頂の様子を紹介してます。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP観光地 ≫ 山口県下関市 忌宮神社(いみのみやじんじゃ)のニワトリとハトたち 2015/05/16

山口県下関市 忌宮神社(いみのみやじんじゃ)のニワトリとハトたち 2015/05/16


忌宮神社境内にいるニワトリとハト


この週末は用事で山登りはお休み。で、用事を済ませ帰りに下関市長府をぶらり、まずは「功山寺」によるも、山門が修復工事中で残念。国宝の仏殿だけ軽く見て、次なる目的地「忌宮神社」へ向かう。「忌宮神社」は奇祭「数方庭祭」で有名な神社である。歴史ある神社にしては敷居が低く、境内は子供たちの遊び場として開放されている。

choufu_iminomiyajinja03.jpg
忌宮神社拝殿

choufu_iminomiyajinja04.jpg
神紋は鶴ではなく「白鳥」らしい


もともと、神社は子供たちの遊び場だったんだが、子供がいなくなったのか、遊ばなくなったのか、遊べなくなったのか分からないが、境内で遊ぶ子供を見なくなったような気がする。なんにせよ、風格やら格式だけの神社より、地域に密着した雰囲気が大変良い。で、拝殿に行くと中に立派な神輿があってビックリするのだが、もっとビックリしたことがある。

choufu_iminomiyajinja02.jpg
なんだか住宅メーカーの謳い文句みたい…


どこからともなく聞こえてくるその声は聞き覚えがあるアイツの声である。振り返ると至るところに赤いとさかのアイツがウロチョロしているのである。どうやら、逃げ出してきたのではなく放し飼いしているようだ。周りにはハトもいてなんだか新鮮な光景が目の前にある。

choufu_iminomiyajinja01.jpg
境内には白いやつやマダラのやつがウロウロしてます


そのニワトリ(烏骨鶏)たちの鳴き声を聞いていて、「コケコッコ―」とは鳴いてないよな~なんて素朴な疑問が湧いてきたので調べてみると、どうやら、標準語として明治政府が教科書に採用した言葉だったようだ。ちなみに「お父さん」「お母さん」という言い方も国定教科書で使用して全国に普及させたとありました(間違ってたらすみません)。

choufu_iminomiyajinja05.jpg
カラスではなくハトもチョロチョロしてます


ひよこの鳴き声の「ピヨピヨ」も教科書絡みのようですな…。


山口ブログ
↑参加してます。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL